セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

なぜ九は象形文字で、五は仮借文字なのか?
漢字には,その成り立ちによって象形文字や仮借文字などがありますね。

象形文字(しょうけいもじ)とは、ものの形をかたどって描かれた文字からなる文字体系で、絵文字からの発展によって生まれたと考えられている。

仮借(かしゃ、かしゃく、假借)とは、その語を表す字がないため、既存の同音あるいは類似音をもつ字を借りて表記することをいう。


 さて、白川静著「常用字解」の「五」の項目から引用します。

 (解説)仮借。木を斜めに交差させて作った器物の二重の蓋の形。これを数字の五に用いるのは、その音だけを借りる仮借の用法である



 ということで、五の文字は仮借文字に分類されています。

 さて、次は数字の九の項目です。

 (解説)象形。身を折り曲げている竜の形。(中略)
数の九の意味に用いるのは、その音を借りる仮借の用法である。


 数字の五は仮借文字と分類されているのに、なぜ九の字は象形文字になっているのか。

 別々に考えると分からないこともないです。

 数字の九は、もともとは竜の象形文字だったわけです。それの音を借りて数字の九になった。
 仮借文字は、借りるのですから、元々の漢字があったはずです。それが、九の場合、象形文字だった。

 それで、象形文字に分類した。

 でも、同じように考えると五も象形文字に分類した方がいいのではないでしょうか。

 五という意味では仮借文字ですが、木を斜めに交差させて作った器物の二重の蓋という意味では、象形文字に分類されるはずです。

 何が違うのか。
スポンサーサイト

仮借文字は当て字
 漢字の成立と用法で分類すると、象形文字・指事文字・会意文字・形声文字・転注文字・仮借文字の6つになります。

 そのうちの一つ仮借(かしゃ)文字を辞書で調べると、

漢字の六書 (りくしょ) の一。音はあるが当てるべき漢字のない語に対して、同音の既成の漢字を意味に関係なく転用するもの。食物を盛る高い脚の付いた器の意の「豆」の字を、穀物の「まめ」の意に用いる類。


 この説明で分からないことはないですね。

 昔、中国の人たちはまず象形文字を作っていきます。
 山の絵を描いて絵文字にし、段々簡略化して「山」という文字ができてくるのです。

 そういう風にしてたくさんの象形文字を作りました。

 でも、いちいちそれで作るのは大変です。

 穀物の「まめ」の象形文字を作ろうと考えますが、面倒だなと思ったのでしょうか、別の方法を考えます。

 その頃には、食べ物を盛る高い脚のついた器の象形文字「豆」は作ってありました。

 それの発音は「トウ」です(正確に言えば違うかもしれませんが)。

 穀物の「まめ」も「トウ」と言いました。同じ音です。

 それで穀物の「まめ」も同じ発音だからと「豆」にしようということになったのでしょうね。

 このように音を借りた漢字を仮借(かしゃ)文字というのです。

 さて、それについて考えていると「当て字」のことではないかと思ったのです。

 当て字とは、

日本語を漢字で書く場合に、漢字の音や訓を、その字の意味に関係なく当てる漢字の使い方。狭義には、古くから慣用の久しいものについていう。「目出度 (めでた) し」など。借り字。


 最近は、外来語はなんでもカタカナで書きます。
 でも、明治時代はそうではなかった。漢字で書き表そうとつとめたのです。

 英語のcoffee。をいろいろ考えて、「珈琲」と語句を発明したのです。そのままだと「カヒ」という発音なのでしょうね。でもよく似ています。

珈の意味は「婦人のかみかざり」
琲の意味は、玉をたくさん連ねた飾り。
だそうです。
 コーヒーとはまったく意味がちがいます。

 音が似ているというだけですね。
 古代の中国人もこのようにして、穀物の「まめ」の漢字を「豆」にしたのでしょう。

 なお、「仮借文字、当て字」で検索すると、ウィキペディアには、次のようにありました。仮借文字はやはり当て字の一種だったのです。

仮借(かしゃ、かしゃく、假借)とは、漢字の造字法および用字法を説明する六書(りくしょ)の一つ。その語を表す字がないため、既存の同音あるいは類似音をもつ字を借りて表記することをいう。当て字の一種だが、特に一字で表記し、定着して後まで伝わったものを指す。


当用漢字とは、当座(しばらくの間)用いる漢字
 僕が中学生、高校生の頃は「当用漢字」というのがありました。
 今は「常用漢字」になっていますね。

 その頃、「当用漢字」の「当用」とはどういう意味だろう、と少し不思議に思ったものです。でも、深く考えることも、調べることもしませんでした。

 なぜ当用かは別にして、日常生活で使われる漢字のことなのだと理解していました。それで、全く不自由をすることはありませんでした。

 さて、松岡正剛著「白川静 漢字の世界」を読んで、それがすっきりしました。そこに白川静氏の「桂東雑記Ⅲ」からの引用があります。孫引きになりますが、引用します。

わが国はとんでもない戦争を引き起こして、とんでもない負け方をして、そして「国語はやめよ、ローマ字で綴れ」という進駐軍の要請を受けた。
 しかし、それは一足飛びにはそうはなりません、というので、しばらくの間漢字を使わせて下さい、と言って「当用漢字」を作った「当用」というのは「当座」という意味ですよ。(以下略)


 当座(しばらくの間)用いる漢字ということで当用漢字が出来たのですね。

 戦後、漢字をなくしてローマ字で綴るという話があったことは、知っていました。
 ただ、それとの関連で、当座(しばらくの間)用いる漢字ということで当用漢字ができたのは知りませんでした。

 学生の頃、漢字を覚えるのが苦手で、嫌いだった僕でさえ、現在は、漢字のありがたさが分かります。

 当座ではなく、ずっとこれからも漢字を使い続けた方がいいですね。




中国では、ふりがな(ルビ)は?
 日本で文字を学ぶ時には、まずひらがな、カタカナを学び、そして漢字を学びますね。

 教育漢字でだけで1006字の漢字を学びます。そして常用漢字(2136字、その数には教育漢字を含みます)。

 ただ、仮名が分かるので、ふりがなをつければ、どんな漢字でも読むことができます。便利ですね。

 さて、僕は以前から疑問に思っていたことがあります。
 中国ではどうなんだろうか。

 中国は、漢字だけの国です。ひらがな、カタカナはありません。
 発音記号があるのでしょうか。そういう話も聞いたことがありません。僕が知らないだけなのかもしれない、とも思いました。

 さて、 平凡社新書松岡正剛著「白川静 漢字の世界観」を読みました。そこに次のようにあります。

 中国人は、漢字1文字ずつの発音をどのように表記していいか、長い間ほったらかしにしていたのです。工夫をしてこなかった。むろん、発音記号にあたるものもなかったし、後の日本のかなにあたるものもついに発明しなかったのです。
 そこでもっぱら言葉に詳しい者が漢字を読誦して読み聞かせ、各自が漢字の読み音を学んでいたのですが、だからこそ、中国では読み書きの学校や塾のようなものが早くから発達したのですが、しかし、それでは各地で発音が異なってきます。実際には、広大な中国大陸では、今なお地方による漢字の読み方がかなり異なっています。


 先生から漢字の読み方を教えてもらうしかなかったのですね。
 例えば、「東」は「とう」、「京」は「きょう」と読むんだよ、
 と先生が話すのを耳から聞いて覚えるしかなかったわけです。

 さらに続きます。
 

そこで、6世紀の梁の時代の前後に、漢字の音を漢字で当てはめるという方法が工夫されました。これを「反切」といいます。
 例えば、東という漢字をどう発音するかというとき、「徳紅反」という風に示して、(日本の漢字音でいえば)「東という文字は、徳のtokuと紅のkouの、徳はtokuのtを、紅はkouのouをとって touと 読みなさい」というふうにしたのです。


 「徳紅反」の「徳(toku)」の子音、「紅(kou)」の母音を組み合わせて[tou]という発音になる、ということで表したのでしょうね。

 これだと、いちおう、漢字の発音は分かります。漢字辞典のようなもので読み方を説明する言葉できるはずです。

 ただ、ふりがな(ルビ)というものにすることができませんね。

 私たちの先人は、ひらがなカタカナという文字をよくぞ発明してくれたものです。感謝しなければいけませんね。

 中国は、日本から仮名を輸入すればいいのに。


ハイビーム使用で横断死亡96%の意味すること
 昨日、昼に、たまたまテレビをつけるとワイドショーをやっており、次のニュースが話題になっていました。

 歩行者が夜間に道路を横断中、車にはねられた昨年1年間の全国の死亡事故625件のうち、96%の車のライトがロービームだったことが警察庁の調査でわかった。


 そして、司会者やコメンテーターなど出演者みんなが、ロービームでは事故になるんだ、ハイビームにしたほうがいいんだ、などという意見を言っていました。

 その96%なる数字を、そのまま信じるのかと不思議に思いました。

 では、次のような調査結果が出たら皆さんどう思いますか。

 歩行者が夜間に道路を横断中、車にはねられた昨年1年間の全国の死亡事故625件のうち、99%が靴をはいた歩行者で、げたをはいて横断した歩行者は1%だったことが警察庁の調査でわかった。

 それからすると、下駄を履いていたら交通事故にあわないんだ、と言えるでしょうか。もし、そのままそう思う人はもっと考えてもらいたい。

 今日本人で下駄を履いてる人は何パーセントいるでしょうか。1%にも満たないでしょう。ほとんどの人が靴を履いています。とすると、交通事故にあうのは靴をはいた人が99%でもおかしくありません。靴かげたかの話ではありません。

 僕は車を運転しますが、時間的に言うと99%以上はロービームです。

 対向車や前にいる車に迷惑だからです。
 ロービームの時間がほとんどです。山の中を走る時はたまにしかありません。

 だから、事故のうち、ロービームで走っていた割合が96%になると言っても、それをそのままロービームかハイビームかと問題にはなりません。

 ハイビームにしましょうというわけにはいかないでしょう。

 今日この記事を書くために検索をすると次のページを見つけました。

ハイビーム使用を…横断死亡96%が「下向き」

 そして、それには、次のようにあります。

 昨年の死亡事故が213件と、都道府県別で最多だった愛知県では、夜間の歩行中の死亡事故50件のうち、ハイビームは1件だけで、残りはロービームや消灯だった。同県警の検証では、このうち26件でハイビームを使っていれば、ドライバーも歩行者も互いに早く気付き、命が助かった可能性が高いという。


 「50件のうち26件」です。およそ50%。96%ではありません。

 ハイビームにしたほうが事故が防げることはあるでしょう。対向車や前に車がないときには、ハイビームにすべきです。

 でも、96%という数字だけで、そのままハイビームの方がいいということにはならない、ということはワイドショー出演者も分かってもらいたいと思いました。

 96%のほうがインパクトは強いでしょうが、50%という数字をつかうべきだと思います。

こんなふうにして、数字にだまされることがあるんだなと思いました 。 

アマゾンの商品配送料
 アマゾンをよく利用しています。

  デンタルフロスのハンドルが欲しくなり、商品を探しました。

 たくさんあります。その中から1つ選んでレジまで進むと商品代がおよそ1000円のところ、配送料は2000円ほど。沖縄だからでしょう。

 以前は沖縄へも結構無料で送ってくれましたが、最近は送料が高いのが多くなってきたように感じます。

 沖縄は遠いので仕方がないかな、とも思いますが・・・。

 それでも、送料が安いのがないかな、ということで色々探しました。

  プライスマーケットですが、商品の価格が980円のところ、配送料が490円のがありました。別のところに比べるとまだいいほうです。

 それで、それを注文し、送ってもらいました。

 ところが、やってきた封筒を見ると、120円の切手が貼られているのです。

  送料として490円払いながら、切手代120円とは、何か騙されたような気がしますね。


 規格外の封筒ですが、それで十分なのです。

 送料を120円とすれば、沖縄の人ももっと気楽に買い物ができただろうと思いますが 。

テレビに向かって「歌番組をやって」
 便利な世の中になってきましたね。
 スマートフォンに向かって喋ると、色々なことが分かるし、やってくれます。

 さて僕の母は歌謡曲が大好きで、テレビの歌番組をとても楽しみにしています。

 ただ番組表をちゃんと見ることができません。それで僕が色々な方法で教えてあげています。

 先日テレビを見ながら話しているときに、僕が
 「テレビに向かって『歌番組をやって』と言ったらやってくれるようになるかもしれないよ」と冗談に言いました。

 それで大笑い。

 しばらくして妻が「でも、これは本当にそうなるかもしれしれないよ」と、真顔で言いました。

 考えてみると、遠くない将来にそういうことになるかもしれませんね。

 カタログなどを見ると、現在のビデオは2週間分の番組を全て録画しているそうです。また人工知能もがとても発達してきました。

 テレビに「歌番組をやって」と話しかけると、人工知能が録画しておいた番組の中から歌番組を探し出してくれることは、そんなに難しくはないのかもしれません。

 最近は、IoT の時代になったのだそうです。インターネット オブ シングス。
  冷蔵庫やエアコンなどがインターネットにつながっていて、スマートフォンで色々操作できるようになるとのこと。

 テレビという物(Thing)もインターネットに繋がって、色々なことができるようになるかもしれません 。

「分厚い本ですが、しっかりやれば効果大!」ひとりで学べる理科 中学2年生にもアマゾンカスタマーレビュー
 「ひとりで学べる理科 中学2年生」にAmazon カスタマーさんの、アマゾンカスタマーレビューがつきました。投稿者 地域さんは、小学算数のレビューも書いていただいていますね。ありがとうございます。


5つ星のうち 5.0 分厚い本ですが、しっかりやれば効果大!

, 2016/9/11
投稿者 地域

レビュー対象商品: ひとりで学べる理科 中学2年生 (朝日学生新聞社の学習シリーズ) (単行本(ソフトカバー))
去年、長男が使っていてとても良かったので、次男にも購入しました!
出そうな箇所や重要ポイントがわかるので、定期テスト対策にぴったりでした。
とても分厚い本ですが、レイアウトがシンプルなのでどんどん前に進めるみたいです。
どんな参考書もそうっですが、必ず一冊やり通してほしいと思います。


「シンプルで使いやすい!」ひとりで学べる理科 中学3年生にもアマゾンカスタマーレビュー
 「ひとりで学べる理科 中学3年生」にAmazon カスタマーさんの、アマゾンカスタマーレビューがつきました。ありがとうございます。


5つ星のうち 5.0 シンプルで使いやすい!, 2016/9/10

投稿者 Amazon カスタマー
レビュー対象商品: ひとりで学べる理科 中学3年生 (朝日学生新聞社の学習シリーズ) (単行本(ソフトカバー))
完全に文系人間の娘のために購入しました。レイアウトがシンプルで、非常に取り組みやすい参考書だと思います。来年の始めには公立高校の入試を控えており、何とかこの参考書で満点を取りたいと思います!


「毎日コツコツやる!」ひとりで学べる理科 中学1年生にもアマゾンカスタマーレビュー
 「ひとりで学べる理科 中学1年生」にアマゾンカスタマーレビューがつきました。ありがとうございます。投稿者地域さんは、小学算数3年,5年生、6年生のと同じ方ですね。


5つ星のうち 4.0 毎日コツコツやる!, 2016/9/11
投稿者 地域
レビュー対象商品: ひとりで学べる理科 中学1年生 (朝日学生新聞社の学習シリーズ) (単行本(ソフトカバー))
中学生の理科に不安がありましたが、毎日コツコツやることの大切さをこの
参考書で知りました。私自身が理科を子供に教えられないので、この参考書にまかせたいと思っています♪

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.