セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ブログを書きつづけることが脳の老化防止に
 佐藤愛子著「九十歳。何がめでたい」の「おしまいの言葉」から引用します。


 私の最後の長編小説「晩鐘」をかきあげたのは八十八歳の春で、その時はもう頭も心配もスッカラカンになっていて、もうこれで何もかもおしまいという気持ちでした。今まで何十年も頑張ってきたのだから、この後はのんびりと老後を過ごせばいいと友人からもいわれ、自分もそう思っていました。

 ところがです。愈々(いよいよ)「のんびり」の生活に入ってみると、これがどうもなんだか気が抜けて楽しくないのです。
 (中略)

 そうしてだんだん、気が滅入ってきて、ご飯を食べるのも面倒くさくなり、たまに娘や孫が顔を出してもしゃべる気がなくなり、ウツウツとして「老人性うつ病」というのはこれだな、と思いながら、ムッと座っているのでした。

 女性セブンのKさんが訪ねてきたのはそんな時でした。エッセイ連載の依頼です。(中略)

 そうしてこの隔週連載が始まって何週間か過ぎたある日、気がついたら、錆びついた私の脳細胞は(若い頃のようにはいかないにしても)いくらか働き始め、私は老人性ウツ病から抜け出ていたのでした。


 僕は毎日このブログを更新しています。

 毎日何をテーマに書こうが頭を使います。大変ではあります。ただ頭にとってはかなりいいだろうなと思っています。

 佐藤さんの脳細胞から錆びが取れるように、僕の脳細胞からも錆びが取れていくだろうなと期待しています。
 きっと脳細胞に良い結果をもたらし、ボケ防止になるはずですね。

 もちろん内容は佐藤さんと比べものにならないことはわかっています。
 それでも僕にとっては大変な作業なのです。ぼくはぼくなりにがんばっていますから。

 そして、ただ文を書くだけではなく、ブログにしてアップし、他人に読んでもらうのも刺激になります。拍手をもらったらり、コメントをいただくと、やる気にもなります。

 そうすることで、脳の老化防止にもなってくれるといいですね。
 それを信じて、これからも書いて行きます。
スポンサーサイト

アマゾン kindle本を開くことができません。端末から本を削除し、再ダウンロードして下さい。
 Amazon kindle で「蜜蜂と遠雷」を買いました。

 まず、スマートフォンに入れました。ちゃんと読むことができました。

 アマゾンのアカウントが同じなら、他のデバイスでも見ることができます。
 それでパソコンで読もうとするとできません。

 本を開こうとすると次のような表示が出ます。

 kindle本を開くことができません。
 端末から本を削除し、再ダウンロードして下さい。


 それで、削除してダウンロードをするのですが、駄目です。開きません。

 何度繰り返しても駄目です。
 再起動を何度かしましたが、駄目です。

 それでweb検索をして対処法をを調べると、次のページが見つかりました。
Kindle for PCで本を開くことができなくなった時の対処法 | メモトラ

 登録を抹消して、そして再度再登録をしてやるというもの。
 最終的には、その方法で出来たのですが、そのページの順序では進むことができません。

 アマゾンの形式が変わったのかもしれません。僕が見つけきれないだけかもしれません。

 登録の削除がどこでできるのか見つからないのです。
 色々試しているうちに、次の順序で登録を削除し、そして再登録をすることができました。

  Amazon kindle のアプリをまず開くのです。キンドルの電子本を読むときに開くものです。

 その上のバーに「ツール」がありますね。それをクリック。
 「コンテンツと端末の管理」をクリック。

 アマゾンにサインインします。
   アマゾンの「コンテンツと端末の管理」が開きます。

 上の「端末」をクリックし、端末ページを開きます。

 Kndle for PC の左の四角の枠をクリックすると、小さなウィンドーが開き、その中に「登録の削除」があります。

 すると、

「お客様の端末は現在Amazon.co.jpに登録されています。別のお客様に端末を譲渡する場合のみ、端末の登録を解除してください。登録を解除すると、この端末でコンテンツを購入できなくなります。」

 という注意書きが出ます。

 さあ、そこで、「登録の解除」をクリックするのですが、ぼくはそれをするのにとても勇気が要りました。でも、ない勇気をふりしぼってクリック。

 Kndle for PCがなくなります。
 Kindle は登録解除されました。

 キンドルを再度開きます。

  kindle は amazon .co.jp のコンテンツと端末の管理ページから登録解除されました
 
 とでて、
  サインインのウィンドウが開くので
 Eメールアドレスとパスワードを入力しサインインします。

  これで再登録終了。

 「蜜蜂と遠雷」をダウンロードし、開くと無事読むことが出来ました。

 ここまでするのに2~3時間はかかりました。大変でした。

佐藤愛子著「九十歳。何がめでたい」 とても面白い、お勧め
 佐藤愛子著「九十歳。何がめでたい」を読みました。


 とてもとても面白い本です。おすすめです。

 琉球新報で広告があり、面白そうだったので88歳の母にプレゼントするために買いました。

 母は、今別の本を読んでいる、あなた達から先に読みなさい、と言います。

 それで僕が先に読みました。
 広告に偽りなしです。

 本当に面白いです。家で読んでいる時には、大声で笑いながら読みました。

 診療所にも持って行き、待合室で読みました。

 その時はとても長い時間待たされたのですが、全く退屈することがなかったです。
 ただ家にいる時のように大きな声で笑うわけにはいきません。
 笑いをこらえながら読んでいましたが、周りからは笑っているのが分かったでしょうね。

 とにかく笑いながら元気になる本です。
帯には「46万部突破」とあります。売れるのも分かります。
 お年寄りへのプレゼントでもいいし、若い人たちが読んでも元気になります。

 とても気軽に読みますから、気軽に買って読んでみて下さい。

アマゾンマーケットプレイスで注文した本が届かない・・・アマゾンが保証、返金
 5月4日, 木曜日 12時1分
恩田 陸 著「蜜蜂と遠雷」 をアマゾンマーケットプレイスで注文しました。

 中学のクラスメートの山田くんがおもしろいとすすめてくれた本です。

 アマゾンマーケットプレイスでは、アマゾンのサイトで、アマゾン以外の売り手が出している商品を買いします。

 5月7日, 日曜日 午前01時15分、本を発送したとの連絡メールが届きました。ここまではいつものパターンです。

 でも、本が届きません。最近、アマゾンの商品の届きが遅くなっているように感じていたので、そのせいだろうとゆっくり待ちました。

 2週間近く待っても来ません。いくら沖縄でも遅すぎます。
 それで、5月19日 出品者に、まだ届かないむねをメールで送りました。
 
 アマゾンマーケットプレイスの場合、直接出品者に送るのではなく、アマゾンのメールフォームで出品者に送ります。

 すぐにアマゾンからメールが届きました。

大変申し訳ありませんが、このたび、以下のEメールを配信できませんでした。受信先のアカウントがAmazon.co.jpの利用を終了したか、Eメールによる通知を受け取れない可能性があります。


 出品者がいなくなっているのです。大変なことです。

 それで、アマゾンに注文した本が届かないことを訴えるメールをおくりました。

 すぐに返事がきました。


詳細ヘッダー2017/5/19, Fri 19:05

このたびは、Amazonマーケットプレイスのご注文について、ご迷惑をおかけしておりますことをお詫びいたします。

Amazon.co.jpでは、Amazonマーケットプレイスの出品者から注文した商品について、ご請求後の問題に対して解決を図ることができない場合(商品が届かない、出品者に連絡がつかない、など)に、配送料を含めた購入総額のうち最高300,000円までを保証するプログラム(Amazonマーケットプレイス保証)を用意しております。

今回は出品者との解決が困難な状況のため、カスタマーサービスにて代理申請をいたします。つきましては、お手数をおかけしますが、Amazonマーケットプレイス保証規約に同意する旨をご連絡ください。Eメールまたはチャットでご連絡をいただく際は、「規約に同意する」とご記載をお願いいたします。


 出品者がいなくなっているので、アマゾンが商品代を保証してくれるというのです。
 それで、「規約に同意します」というメールをアマゾンに送りました。

 翌日、「調査が終了した」との返事がきました。ぼくの書き送った内容が正しいことが調査で分かったということです。出品者に連絡がとれないのですから、当然です。

 そして、その後、返金したとのメールが届きました。

詳細ヘッダー2017/5/20, Sat 07:34Message body
Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。
ご注文(注文番号:503-5598644-******)に対して、*****からお客様へ¥1,427の返金処理が完了しましたので、ご連絡いたします。


 とのこと。

 これで、一件落着です。お金が返ってよかった。

 欲を言えば、待たされた慰謝料も欲しいのですが、まあそれはいいでしょう。

 さて、出品者がいなくなったという連絡を受けても、ぼくは特に不安にもなりませんでした。アマゾンが保証してくれるのを知っていたからです。

 これまで何度となくアマゾンを利用していますが、こういうことはほとんどありません。

 ただ、以前、一度だけ商品が届かないことがありました。そのときは初めてのことだったので、不安に思いながら、アマゾンとやりとりをし、最終的に返金してもらいました。

 そういう経験があったので、今回は平常心でいることができました。

 このようなこともあるのです。でも、アマゾンなど大手を介してのショッピングはまず大丈夫ですね。

「プレバト!!」の俳句コーナーから考える、文学作品と説明文
 TBS系バラエティー「プレバト!!」(木曜午後7時)の俳句コーナーが面白いですね。
 夏井いつき先生の毒舌がいい。

 ただの毒舌ではありません。芸能人が作る面白くない俳句を、彼女の添削が、見事に面白い俳句に変えていきます。

 先日は見た番組の中で「説明をするな」「目に浮かぶような情景をうたいなさい」と言っていました。

 説明によってではなく、情景によって、読者が理解するようにさせなさいということだと思います。なるほどと思いました。

 これまで何度か文学作品と説明文の違いを書いてきました。


星新一著「ボッコちゃん」 行間を読む

「謂ひおほせて何かある」

物語文は,なぜ説明文よりむずかしいか

 説明文では、とにかく説明をして、読者に分かってもらうようにします。

 それに対して文学作品では、説明をしないのです。説明をしてしまったら面白さがなくなってしまう。

 そこのところは読んだ人が補いなさいということになるのでしょう。
 読者が作品に参加するようにしかけるのです。

 文学では、おもしろさが、説明文では分かりやすさが重視されます。

 僕の文はいつも説明文です。
 わかりやすいという評価は受けますが、面白いという評価を受けたことはほとんどありません。

 俳句は17文字。世界で一番短い、究極の文学作品ですね。
 それだから説明はしないと言うのが徹底されているのでしょう。

テレビのミステリー番組、原作の有無をリモコンで確認
 テレビのミステリー番組をよく見ます。
 テレビの番組表を見ると、ミステリーものが数多くあります。

 その中で、一般に原作があるのは面白いです。そのことについては以前書きました。

テレビのミステリー番組は原作があるもの

 さて先日、
 弁護士・森江春策の裁判員法廷 - 土曜ワイド劇場
を見ました。
 とても面白かったです。

 これは妻が録画したのです。

 妻も、ミステリー番組は原作があるものの方が面白いという僕の意見に共感しています。

 それで原作のあるのを特に録画するようにしているようです。

 テレビの番組表だけでは、原作の有無が分からないことが多いので、最近はリモコンを使っているそうです。

 リモコンには、「番組表」というボタンがあり、それを押すと、テレビに番組表が出てきますね。
 その番組の内容を詳しく見ることができます。

 すると、だいぶ下の方に、原作の有無が確認できるかしょがあります。

 そこで「弁護士・森江春策の裁判員法廷」にも原作があったからということで、録画したとのこと。

 僕もこれからはそうしようと思います。少々面倒ですが。

一太郎のファイルが開かない・・・・苦戦して、なんとか復元
 急に一太郎のひとつのファイルが開かなくなりました。

 漢字の学習書「成り立ちに沿って学べば漢字は楽しい(仮題)」の10番目のファイルです。

 開くためにダブルクリックしても、ずっとくるくるくるくる回っているだけです。そのうちに応答なしになります。

 何度やってもダメです。

 他の一太郎ファイルは開きます。だからその ファイルだけが駄目になっているのです。

 ファイルの名前の上で右クリックをすると、「以前のバージョンで復元」というのが出ます。それをクリックすると、以前の日時が出て、その日の段階での復元はできるようです。それをやっていました。

 うまく開きました。ところがその日時後に作ったものは保存されていません。もちろんですね。

 2~3時間分の作業です。全体からみればわずか数パーセントなので、まあここまでは復活できたということで、少しほっとしました。

 でもその分もなんとか開けたいです。

 フォルダーを見ると、一太郎のそのファイルの上に影のようなファイル名があります。名前は同じですが、後ろが(.$td)になっています。

 だいぶ前にそれを開けたことがあります。それは、バックアップしたファイルになっているのです。

 それを開けることができれば、完全に復活できそうです。

 ところがダブルクリックをしたり、右クリックで「他のプログラムで開く」でやっても駄目です。

 それで Google 検索で調べてみると、次のページが見つかりました。


同じ名前のファイル(.$TD)が保存されているが、これは何か?

 それに沿ってやってみると、うまくいきすべて復活できました。

 これで大丈夫です。保存し直して、また新しく作業を始めました。

 そのページを見ればやり方が分かるはずです。ただ一番初めがはっきりしません。一太郎ソフトをまず開くのです。その後はそのページを参照すれば、大丈夫です。

 一太郎では、そのバックアップのファイル以外に2箇所にちゃんとしたファイルが保存されるようになっています。

 ほんの少しの手間ですが、それを面倒くさがってやっていませんでした。
 これからはそれをすることにします。



Google 翻訳昨日の続き

 昨日は、 Google 翻訳のことを書いた文が、琉球新報の声の欄に掲載されたことを書きました。

 さて、1週間ほど前のことです。琉球新報社から電話がありました。女性の方です。

 その1週間ほど前に、僕は別の文を投稿しました。論壇用に、1000文字の文です。

 その琉球新報の女性の方によると、内容はよく、分かりやすいし、自分にとっては勉強になったが、論壇の内容ではない、この内容をティールーム用に600文字にして、具体例を加えて、書き直してもらいたいとのこと。

 僕は、数日前に論壇あった
 英語では文法よりも話すことの方を重視している意見に対しての意見のつもりでしたが、そうは理解されなかったようです。

 とにかく、そのそういうことで文を書き直していたのが昨日の文です。

 その前に書いた文も、このブログには残しておきます。以下の文です。


 ごくまれにですが、英語でメールのやり取りをすることがあります。読みとるのは何とかできます。難しい単語が出ても、コンピューターでカーソルをその単語の上に添えると、日本語訳が出てきます。だから大抵は大丈夫。

 問題は書くことです。英作文は難しい。それで、僕はまず、日本語で伝えたいことを書きます。そして Google 翻訳を使ってその日本語を英語に翻訳してもらいます。

 日本語の文を作るときには、できるだけ英語らしい日本語にします。例えば、「バス停で待っています」ではなく「私はあなたをそのバス停で待つつもりです」のように書きます。主語、目的語、時制などをはっきり書くのです。日本語では省略することが多いですね。

 そのように気を使いながら日本語を英語に翻訳させるのですが、出来上がった英語はまだまだダメです。そのままでは使い物になりません。英語のページを日本語に翻訳してくれるサービスがあり、それを使うととてもおかしな日本語が出てきますね。日本語から翻訳した英語も同じようにおかしいのです。

 将棋や囲碁で人工知能がプロに勝つ時代です。もうすぐGoogle 翻訳もパーフェクトになるかもしれませんが、まだしばらくだめでしょう。

 それでも、たたき台としては充分に使えます。専門用語などの難しい単語は見事に英語にしてくれます。辞典を引くよりずっと早いし、スペルミスはゼロです。その Google 翻訳でできた英文に手を加えて、英語を仕上げていきます。これは過去の文にしたほうがいいな、ここの主語は別なものに替えた方がいいな、前置詞はこれでいいかな、などなど。そして、できあがった英文をメールで送りますが、話はちゃんと通じているようです。

 そこで必要になるのが英文法の力です。それがなければ Google 翻訳で出来上がった英文がおかしいところにも気づかないし、手直しすることはできません。

 英語は話せばいい、文法はいらないという人もいます。でも、英語でちょとした会話がスムーズにできても、文法が分からなければ、このような英文を直すことはできません。

 今インターネットでは、英文での情報があふれていて、それを読む力があれば、多くの情報を利用でき、世界が広がります。

 英語を話すことも大切ですが、それ以上にこれからは英語を読んだり書いたりする力が求められるでしょう。そのためにも文法をきちんと学んで身につけてもらいたい。

google 翻訳の英文をたたき台に
 妻と2人で、しばらくカナダにいました。妻も僕も持病があります。地元の病院に行き、薬をもらわなければいけません。

 通訳をつけると1万円ほどかかるそうなので、通訳なしでやることにしました。

 正確に病気の状況を話し、薬をもらわなければいけません。前もって英作しました。

 まず日本語で伝えたいことを書きました。そして、 Google 翻訳でそれを英語に直します。その時に、できるだけ英語らしい日本語にします。「僕は高血圧です」ではなく、「僕は高血圧を持っています」にします。このように気を使いながら日本語を書き翻訳させるのですが、出てきた英文はそのままでは全く使い物になりません。

 それでも、たたき台としては十分に使えます。「高血圧」や「眼圧が高い」と言った専門用語は見事に英語にしてくれます。辞書を引くより早いし、スペルミスはゼロです。

 病院に行き、医者の前でその英文を読み上げました。カナダ人の医者は、静かに聞いてくれました。その後英語でいくらか話し、薬をちゃんとをもらうことができできました。ほっとしたものです

 将棋や囲碁で、人工知能がプロ棋士をやぶる時代です。そのうちにパーフェクトな翻訳ができるかもしれません。でもしばらくは英文を直すための英文法の力が必要です。

 ごくまれに英語でメールをやり取りすることがありますが、 google 翻訳の英文をたたき台にする方法でこなしています。


  きょうの琉球新報、声の欄に掲載されました。

スキャン_20170516


坂本龍馬や高杉晋作は、寿命を考えればそれほど幼くなかったのかも
 明治維新のころに活躍した人たちを年齢はとても若いですね。

 享年を調べてみると、
 高杉晋作27歳、坂本龍馬31歳、吉田松陰29歳、土方歳三34歳。

 その他の人たちも、かなり若いときに明治維新を迎えています。
 昔の人はすごかったんだなと思います。

 さて本川達雄の著「長生きが地球を滅ぼす」には

 ついこの間まで人生は50年だったのです


 とあります。

 人間の寿命は50歳だったのです。

 寿命が50歳だとすると、その半分は25歳。

 高杉晋作も坂本龍馬も吉田松陰も土方歳三も、そのころの寿命の半分を過ぎていたのですね。

 現在の寿命はおよそ80歳。その半分は40歳。

 昔の25歳は、今で言うと40歳ぐらいの感覚だったのかもしれません。

 現在は、22歳で大学を出て社会人になり、そしてしばらく修行してやっと一人前になる。それが30歳ぐらいでしょうか。

 昔は、15歳で元服して、そしてすぐに結婚し、子どもが出来、20歳を過ぎる頃にはすっかり立派な大人だったのかもしれません。

 今の感覚で明治時代の活躍をした人の年齢を見るので、幼いのによくやったものだと思うのかもしれません。

 あの頃の感覚からするとそれが当たり前だったのかも。

 僕は今64歳。昔の感覚からするとすっかり長老でしょうね。
 今死んだら「天寿を全うし」ということになるのかもしれません。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.