セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

曖昧な情報から住所を特定・・・ネットの電話帳
 昨日、おじ(母の弟)から母に電話がありました。K本S太郎さんの33年忌があるとのこと。

 S太郎さんは母と兄弟同然に育ったそうです。それで33年忌には出席したいので連れて行って欲しいとのこと。ぼくは承諾しました。

 住所がわかれば google ナビでそこまで行くことができるはずです。

 それで住所を母に尋ねると、「中城村安里」まではわかるが番地は知らないとのこと。息子の名前は「K本T志」だそうですが、漢字は曖昧なようです。

 叔父に再度電話し、住所を尋ねるのですが、分からない、近くにYの浦会館があるので、そこまで行けば、母が家は知っているはずだとの返事でした。

 さて、確かにそうすれば行けるでしょう。
 でも、僕は何とか住所が調べるのではないかと思い、コンピューターを開きました。

 以下、少し試行錯誤しましたが、そこは省いて書きます。

 まず「ネットで電話帳」を開きます。
ネットの電話帳

 「ネットの電話帳」を検索すれば、すぐに出ます。

 そして「沖縄県」を選択。⇒「中頭郡中城村」を選択⇒安里を選択します。

 そしてページ内検索の欄に「K本」と入力し、「検索」ボタンをクリックしました。
 
 すると、3人のK本さんの名前が出てきました。住所、電話番号もあります。

 しかし、母が言った「K本T志」はありません。でも「K本T市」があります。
 母に尋ねると、そうかもしれないと答えるだけであいまいです。

 グーグルマップでその住所を開くと、すぐ近くにYの浦会館があります。
 僕はこれで多分この住所で正しいなと思いました。

 その後、母はおじに電話をして確かめたところ、僕の言うように「T市」だったそうです。これではっきりしましたね。

 とても便利だなと感じました。でも、その反面プライバシーがなくなっている、恐ろしいなとも感じています。
スポンサーサイト

ダイソーのチューブ絞り
 先日100円ショップのダイソーに行ったら、チューブ絞りがありました。

 面白そうだなと思って買ってきました。

 早速歯磨きのチューブをセットしました。なかなかいいです。
 面白いアイデアですね。きちんと絞れそうです。
IMG_20170119_074559.jpg

漢字の成り立ち、白川静氏の説明は藤堂明保氏の説明よりとても難しい
 漢字の学習書「成り立ちに沿って学べば漢字は楽しい」を作っています。

 漢字の成り立ちには、まだ定説はないようで色々な説明があります。

 その中で最も有名なのが、白川静さんと藤堂明保さん。

 漢字が出来上がったのは、占いからだと聞いています。それで白川静さんの説明の方がそこを重視しているので、白川静さんの説明を取り上げて学習書を作ってきました。

 ただ、作っていくうちに、彼の説明がかなり難しいことがだんだんわかってきました。

 それに比べると、藤堂明保さんのはとてもやさしいのです。

 例えば 「休」という漢字
 白川静さんの説明は次の通りです。

 人と木とを組み合わせた形。木は古い字型では「禾」の形で、横木のついている柱を表し、軍門の両脇に目印の木として立てられた。戦争で手柄を立てた人を表彰することを「休」
と言い、「休」は「幸い、めでたい」というのがもとの意味であった。王が褒美を与える時に、貴重な貝や馬などの品物以外に休みを与えることがあり、「休」は「やすむ」という意味にも使われるようになった。


 それに対して藤堂明保さんのは

 人と木とを合わせて、人が木のかげで休む様子を表す字


  とあります。

  何が正しいかは分かりません。白川静さんのは深い読みをしているように思います。何か正しそうな感じもしますが、悪く言えば、まわりくどい。

 藤堂明保さんのは、単純でわかりやすいが、悪く言えば薄っぺらな感じもします。

 わかりやすいのは藤堂明保さんのだというのははっきりしていますね。

 僕が作ろうとしているのは、漢字をはじめて学ぶ人のためのものです。その人たちにとって役に立つのは何かということを考えれば藤堂明保さんの説明でしょう。

 その方がわかりやすいので覚えやすく覚えやすいはずです。

 学習書作成は小学生の漢字の3分の1ほど終わりました。

 これから作り直すとすると大変ではありますが、漢字をはじめて学ぶ人がの役に立つものということで、これから作り直すつもりでいます。

読谷村社協の車椅子を借りる
 母が家を建て替えるので、その間読谷村の僕の家に同居しています。
 88歳になる母は、他はいいのですが足がだいぶ弱っていて、亀のようにゆっくりゆっくり歩きます。

 色々な面で意欲はまだまだあり、色んな所に行きたがります。
 でも、足がついていけないので、残波岬に行っても、少し歩いて結局 Uターンして帰ってきました。座喜味城址でもそうでした。

 それで車椅子があればいいのに、と思ったのです。

 介護保険で、市町村から車椅子を借りることもできると聞きました。

 母の住民票は那覇市にあります。那覇市から車椅子を借りることができるようにということで、ちゃーがんじゅう課の窓口を訪ねました。

 すると介護認定が必要で、そのためには医者の意見書が必要だとのことでした。

 それで、母が通っていたかず整形外科に行き、意見書をお願いしたところ、快く引き受けてくれました。

 それで、再び那覇市ちゃーがんじゅう課に行き、手続きをしました。

 後日、かず整形外科外科から連絡があったので、11月16日に整形外科に出かけ出かけ、問診を受けました。母はちゃんと答えていました。

 11月30日の午前、那覇市の要介護認定の調査員がいらして母の状況を調査しました。

  1月2日、兄の住まいで行われる新年会で行くと、那覇市から通知が届いています。
 開けると、要支援2の評価がついています。ただ、それだけでは、車椅子を借りることができるかどうか分かりません。

 仕事始めの1月4日、車椅子借用について那覇市地域包括支援センター繁多川に電話をしました。
そこで、いろいろ調べてくれて、読谷村社会協議会で、車いすを貸してくれるように紹介してもらいました。

 それで、すぐに読谷村社会福祉協議会に行きました。話をするとすぐに分かってくれて、借用書を書いただけで、車椅子を借りてくることができました。
IMG_20170105_153634.jpg

 1月10日火曜日、母仲松江美をざわわ接骨院に送迎しました。その帰りに、車いすもあるのだからと、読谷村楚辺の「艦砲ぬ喰ぇーぬくさーあの碑」見学してくる。車いすがあると便利です。
IMG_20170110_124335.jpg

 さらに、1月16日も、 読谷ざわわ接骨院で、母を迎え、そして読谷村残波岬に行きました。そして、車椅子で残波岬の灯台のところまで行き、ゆっくり楽しむことができました。
IMG_20170116_131938.jpg

 車椅子を積極的に利用して、母をあちこち案内したいです。

「林」と「森」の違いについて
 漢字の学習書「成り立ちにそって学べば漢字は楽しい」を作成しています。

 象形文字は終わり、会意文字のところに入りました。
 まず、林と森から学べば、会意文字の意味が分かるかなと思って、そうしています。

 木が2つで林ですね。そしてさらにこの林に1つ木を加えると森になります。漢字というのは面白いです。

 ところが「林」と「森」の意味の違いはどうなのだろうか、と考えてみると、僕自身曖昧だということに気づきました。

 なんとなく、木がたくさん集まったところが「林」で、その林よりさらに木が多くなると「森」になるというくらいの認識しかありませんでした。

 それで色々調べてみました。結構難しいです。

 農林水産省は、人工的に作られたのか、自然にできたのかで、林と森を区別しているそうです。

 でも、それに対して、
同種類の木でできているところが林で、たくさんの種類の木でできているところが森という定義がなされています。

 その他に、生活に直結しているか、していないかでの区別もされています。

 そして、規模の大小によっての区別もあるようです。

 僕は色々な辞典を調べてみました。すると、その規模の大きさで区別している辞典が多いですね。

 つまり、木がたくさん生えているところが林で、林よりも樹木が多いところが森だというわけです。

 僕が何となく考えていたことでいいのかなと思っています。

 以下に僕が調べたもののを書き出してみます。


「森」と「林」と「森林」の違い | 違いがわかる事典
から、あちこち引用すると

農林水産省の定義では、自然にできた樹木の密集地を「森」、人工的に作られた樹木の密集地を「林」としている。
森は「盛り」と同源で、木が多くこんもりと盛り上がったところ
林の語源は「生やす」の名詞化「生やし」
様々な種類の木があり、深く生い茂るようなところを「森」
同じ種類の樹木が多く立ち並んでいるところで、木と木の間隔がさほど狭くないところを「林」
森は大規模なもの、林は小規模なものという区別もされる。
また、林は、生活に直結した範囲にあるもの。
森は、生活に直結しない範囲にあるものという区別もされる。



 そうです。

三省堂の新明解国語辞典

「林」
[果樹園・並木・植木畑と異なり]一帯に同種の高木が枝を交わらすようにたくさん生えており、一目で他と区別されるところ。

 「森」
[遠くから見ると濃い緑が盛り上がって見え、近づいてみると日の射すことがほとんどないところの意]周りに比べて際立って高く大きな木が茂っているところ



学研のジュニアアンカー国語辞典


木がたくさん生えているところ


薄暗いほどにたくさんの木が茂っているところ



ベネッセのチャレンジ国語辞典

 林
たくさんの木が集まって生えているところ

 森
大きな木がたくさん茂っているところ



 旺文社の標準国語辞典

 林
①木がたくさん生えているところ ②同種類の物事が多く集まっていること (例)煙突の林

 森
大きな樹木がかたまってたくさん茂っているところ。林よりも樹木が多く、木深い。



デジタル大辞泉 

はやし【林】 の意味
1 樹木がたくさん集まって生えている所。「武蔵野の面影を残す林」「雑木林」
2 同類のものが立ち並んでいる状態。「アンテナの林」

もり【森/×杜】 の意味
1 樹木がこんもりと生い茂った所。「森の都」
2 神社がある神域の木立。「鎮守の森」



Google フォトの PC とスマホ間の同期について
 Google フォトは結構便利です。

 まず Google フォトをスマートフォンとパソコンにインストールします。

 すると、スマートフォンでうつした写真が自動的にクラウド上の Google フォトにアップロードされ、同期してパソコンで見ることができます。

 年賀状にスマートフォンで写した写真を利用する時などに便利です。

 これまでは、スマートフォンで写した写真をメールで送付したりしていましたが、そういう手間が必要なくなったのです。

 さて、自動的にできるはずの同期が、そうではないようです。

 スマートフォンで写した写真をパソコン上で見ようとしても、見ることができないことがあります。

 なぜだろうか、色々試行錯誤した結果、わかりました。

 スマートフォンで写した写真を同期するためには、それをアップロードする必要があります。特にそ面倒な操作をする必要はありません。スマートフォンの Google フォトのページを開くだけです。

 開いている間に、自動的に写真のアップロードが始まります。よく見ると写真の右下の方でぐるぐると回るのが見えます。アップロードしているのです。

 たくさんの写真だとやはり時間がかかります。こまめに スマートフォンの Google フォトをひらいてアップロードしたらいいですね。

 それが分かってからは同期がとても簡単になっています。

繰り下がりの引き算の指導(2)・・・引き算九九
 昨日の続きです。

 13ー9 の計算がタイルで理解できたものとします。
 次は計算です。

 13-9の場合には、次の次のように言わせながら計算させます。
 

 ① 3から9は引けない
 ② 10から9を引いて1
 ③ 1と3で4

 それで答えは4ということになります。

 そして、〇ー9の問題を数問解かせます。

 次は引く8の計算です。

 

 ① 3から8は引けない
 ② 10から8を引いて2
 ③ 2と3で5

 それで答えは5ということになります。

 そして、〇ー8の問題を数問解かせます。

そして、-7, -6, -5,・・・・ ー1
と全てさせます。これで一応できるようになるはずです。

 ただもっと定着させるために、「繰り下がりの引き算九九」を覚えさせたらどうだろうか、と思います。

 僕は小学生の頃にそろばん教室に通っていました。そろばんでは「繰り下がりの引き算九九」を何度も言って覚えさせられたものです。それは学校の筆算にも役に立ちました。

 それを子ども達に覚えさせたらどうかと思うのです。

 

 ひく9は、10をとって1加える
 ひく8は、10をとって2加える
 ひく7は、10をとって3加える
 ひく6は、10をとって4加える
 ひく5は、10をとって5加える
 ひく4は、10をとって6加える
 ひく3は、10をとって7加える
 ひく2は、10をとって8加える
 ひく1は、10をとって9加える


というようなものです。それをきちんと覚えさせます。

 そして、ランダムに、「ひく2は?」「ひく7は?」などと質問し、「10をとって8加える」などと言えたら合格にします。

 すらすら答えることができるまで、何度も練習させます。

 それができれば、繰り下がりの計算もできると思います。

 これをぼくは、いま「繰り下がりの引き算九九」と名付けました。

 【九九】 の意味は、
「1から9までの数を互いに掛け合わせた数の一覧表。また、その唱え方。「一一 (いんいち) が一」から「九九 (くく) 、八一」まで。」

 です。だから、「引き算九九」というのは、厳密には間違えた使い方です。ただ、ぼくは、意味を拡大解釈し、きちんと暗記するための唱え方ととらえ、そう名付けました。

 ついでに、「繰り上がりの足し算九九」

 たす9は、1を引いて10加える
 たす8は、2を引いて10加える
 たす7は、3を引いて10加える
 たす6は、4を引いて10加える
 たす5は、5を引いて10加える
 たす4は、6を引いて10加える
 たす3は、7を引いて10加える
 たす2は、8を引いて10加える
 たす1は、9を引いて10加える




 なお、前にも書きましたが、セルフ塾は自学自習の塾なので、文字がきちんと読める小学2年生から指導をしてきました。それで小学1年生の指導はやっていません。

  これが有効な効果かどうかは実践では証明してません。
  ただ、うまくいくのではないかと思っています。だれか実践してみて、その反応を教えていただければ、うれしいです。

算数の繰り下がりの引き算の指導(1)
 Nさんから質問がありました。

 

1年生の繰り下がりの引き算では、さくらんぼ計算を使って加減法で進めていましたが、繰り下がりの引き算では、さくらんぼを書くスペースを省略して、減減法で解くように言っていますが、これは問題があるでしょうか。混乱しています。


 さて、申し訳ないのですが、さくらんぼ計算というのを僕は知りませんでした。それから、加減法、減減法というのも知りません。

 今ネットで調べて少しは理解できました。

 さて、それは別にして、僕なら繰り下がりの引き算をどう指導するかを書きます。

 まず、10になる数を確実に暗記させます。

 10になる数というのは、1と9、2と8、3と7のようなものですね。

 まずは、りんごでもチョコレートでもいいから、実物を使って説明し、理解させ、そしてタイルを使って説明して理解させます。

 それからきちんと覚えることです。
 「10になる数を言ってごらん。8と?」と質問し、
 「2」と答えたら正解ということにします。

 それを確実にさせてください。これは掛け算九九と同じ程度に、いやそれ以上に大切な概念です。

 それができたら、足し算や繰り下がりのない引き算を終わってからのことですが、
 10から引く引き算をさせます。

 例えば「10ー9、10ー6」などです。
 10になる数をきちんと理解し、覚えていたら楽勝な問題だと思います。

 さて、これから繰り下がりの引き算です。

 まず、絵でも構いませんが(できれば実物かなにか)、10個のチョコレートが入ったつつみを1包み書きます。1列にならべて長くしたものを包むという感じです。

 そして3個のチョコレート。これで13個になりますね。

 そのことを確認します。それから
「この中から9個のチョコレートを取ってごらん」と言います。

 そのままでは取れませんね。バラになったのは3個しかありませんから。

 それで1包み10個のチョコレートをほどいてバラバラにする必要があります。十の位にあるものを一の位に繰り下げバラバラにして繰り下げるということです。
 1本と3個から、10個と3個になったのです。

 それだとバラになったチョコレートが13個あるので、9個を取ることができます。

 これは、最初にバラにあった3個と10個の中から6個を取るという方法でも出来ますし、10個バラにしたものから9個取り,残った1個と3個を加えて4個とする方法もあります。

 最初はどちらも正解でもちろん構いません。

 ただ、後の方法で教えます。
 10個から9個をとり、残った1個と3個で4個という方法です。

 これは僕がいつも参考にしている麦の芽出版の「楽しい算数」の方法にそっています。水道方式の本です。

 次はタイルで指導します。
 「10のタイル1本と1タイル3個。これから9個のタイルを取ってごらん」ということにします。

 もちろん、そのままでは取ることができません。
 10のタイルをバラにしなければいけませんね。そこが繰り下がりです。10のタイル一本と1タイル10個を交換します。

 そしてそれから9個を取るということです。
 3個残ることが実際に経験できます。

 長くなったので、つづきは明日にします。

小学英語は、会話中心で
N 様から質問を受けました。Nさんのお子様は小学1年生だそうです。

 英語の勉強の仕方について
 英語は、小学校3年生から授業でやると聞いているので、この一年間はスピーキングを中心に行ってきました。ライティングが壊滅的です。
 最近はプレキソ英語とリーディングの本「レッツゴー」を夫と進めたり、 skype のオンラインレッスンを受けています。
 英検5級を受けたら落ちました。リスニングはほとんどできて、文法はほとんど落としました。ちょうどプログラム学習の英語を購入したところですが、まだ実施していません。やっぱり文法でしょうか。


 さて、お答えいたします。と言っても、僕は小学生にぼくの本をさせたことはありますが、本格的に小学生のための英語ということで教えたことはありません。

 小学生で英語を学ぶことは基本的に反対しています。

 ただ、学校の授業でやるとなったら、それに何らかの対応はした方がいでしょう。

 それで、僕が親ならどうするかということで書いていきます。

 まず、基本的に英語の学習は文法を中心にと思っていますが、それは中学生の場合です。小学生の場合には文法ではなく会話中心で行った方がいいでしょう。

 文法というのは抽象的な概念です。抽象的な概念を扱えるようになるのは中学生の頃からですね。数学で言えば文字式などを扱える段階です。

 具体的にはどうするかといえば、僕なら NHK の英語教育放送を利用するでしょう。

 今調べてみると、次の2つがあります。

えいごであそぼ
プレキソ英語

 それを繰り返し親子で一緒に見るということです。そして、そこで学んだことを日常の親子の会話の中で取り入れてみたらどうでしょうか。
 言葉は繰り返し使わなければ忘れていくものです。日常では基本的には日本語で話しても、テレビで学んだ英語表現を少しでもいいから会話の中に入れるのです。

 「ハロー」「サンキュー」は普通の日本人も使いますね。そういうのを増やしていけばいいというくらいの気持ちで。

 そして何よりも子供が楽しんでいるのかどうかというのを重視してください。

 僕の本のことですが、国語、算数の学習が十分に進んでいて、余裕ができている生徒には、4年生くらいからさせたことがあります。そのような子は理解力もあるので僕の本で十分に進めることができました。

 子どもの様子を見ながらそういうのも検討してみたらどうでしょうか。

 英語検定についてですが、根本的な文法の学習ではなく、過去問題を繰り返し行ってみたらどうでしょうか。英検では、同じパターンの問題がよく出されます。

 そういうのを繰り返しやれば合格できると思います。検定では、合格体験が次のやる気につながります。過去問題をさせてみて、十分に合格できるな、と思ったところで受けさせた方がいいですね。

 また僕はよく知らないのですが、児童英検というのがあったと思います。そういうのも検討したらどうでしょうか。

 何かありましたら、またご質問メール下さい。

僕も自立していない
ウレー、ママックヮドゥ ヤンナー(この子は、継子なのですか)

で、

 僕は自他共に認める自立心の強い人です。
 甘えるのが苦手です。というよりも、他人に甘えて何かやってもらうよりも自分でやった方が楽なのでそうしているのです。


 とえらそうなことを書きました。

  さて、このように書いて後、自分を振り返ってみると、
 僕も自立していないではないか、甘えているではないのか、と思うようなことありました。

 最近の例では、「オランダ人女性と読谷を回る」に書いたことが起こったときです。

 オランダ人女性が沖縄にきて、その人と会うことになりました。

 僕は人見知りが激しく、人に会うととても緊張します。人間は好きですが、苦手なのです。

 それで僕は、妻のKyokoに、彼女に会うときに、ぼくといっしょに来てほしい、と
お願いしました。

 つまり僕一人では行動できなかったので、妻に支えてもらったのですね。

 神奈川県のKさん一家が来た時もそうです。一人では会うことができなかったので妻にお願いしました。

 それだけではありません。新年の年始回りもそうです。

 年始回りでは、おじさん、おばさんの家を回ります。その時も一人では難しかったので、長男兄さんに、一緒に連れていってもらいたいとお願いし、後ろからついて行ったようなものです。

 こういうことを考えると、そういう面ではまだまだまだ一人前ではない、自立はしていないな、と反省しています。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.