セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ストリートビューで店の中に入る
 Google のストリートビューはほとんどの人がよく知っていますね。
 あれを見た時にはびっくりしたものです。

 そのストリートビューで店の中に入って、店内を見ることができるのはご存知ですか。

 僕は最近まで知りませんでした。最近知ったのでそのやり方をここに書き出します。 体験してみてください。これもまた面白いです。

 ここではコンピューターでのやり方を書きます。スマホやタブレットでのやり方は分かりません。

 Google のマップを開き、そしてある程度拡大します。

 右下に人形マークが出てきますね。
 それを左のボタンを押したままマップ上に移動させます(ドラッグ)。

 道の上にはストリートビューの青い線が出て、小さなオレンジのまるがあちこちに出てくるはずです。
2017-04-26.png

 その小さなオレンジのまるの地点がストリートビューのできる店です。
 マップの下に説明もあります。

 店ではなく路上であることもあります。

 そこに人形マークを移動させます。人形マークの下に円がありますね。
 その円とオレンジの丸を重ね合わせます。

 するとオレンジの丸の中に黒い点が出てきます。

 合わせるのは少し難しいので根気よくやってください。

 そして黒い点が出てきた時に左のボタンを離します(ドロップ)。

 すると店の中でストリートビューができます。
 ストリートビューとは言わず店内ビューと言うべきでしょうか。

 僕の住んでいる読谷村、隣の嘉手納町にはオレンジの円は出ませんでした。店内ストリートビューができるところはないようです。

 那覇の国際通り、そしておもろまち、北谷の美浜辺りにはあります。
 繁華街ですね

 店の人がGoogle に申し込むと店内ストリートビューがやってくれるようです。試してみてはどうでしょうか。
スポンサーサイト

出会い系サイトもいいところがあるのでは
 出会い系サイト、というのがありますが、僕には全く縁がないものです。
 誰かに出会いたいという気持ちはまったくないからでしょう。

 出会い系サイトについて知らされるのは、ニュースで悪いことが起こった場合です。
 出会い系サイトで知り合った人の間で殺人事件があった、などなど。

 だから、僕にとって出会い系サイトというのは、悪いもの、危険なものだ、というイメージがありました。

 ところがふと立ち止まって考えてみました。

 出会い系サイトがこれだけあるのだから、いいところもあるのではないかな、と。

 僕はネットショッピングをよくやります。怠け者なので、ちょっと足を伸ばせば買えるものでもネットで買ったりします。その方が安いことも多い。

 そのような話を知人、友人にすると、ネットショッピングは危ないんではないか、という声がよく返ってきます。

 ニュースで流れるネットショッピングは、詐欺にあったなど、悪いことが多いですね。

 ネットショッピングをやってない人は、そのような悪いニュースにしか出会いません。実際にやるわけではないので、どんなものかを知らないのです。

 僕はもう長年ネットショッピングをやっていますが、被害にあったことはありません。一度商品が届かないことがありましたが、Amazon に申し立てるとしばらく調査をして後、お金を返してくれました。

 ニュースに流れるようなことには出会ったことはないのです。

 出会い系サイトもそのようなものではないかなと思うのです。
 ニュースに流れるのは悪いことだけです。でもそのニュースにはならないところでうまい具合にそのサイトを使っているのではないか。

 妻にそのような話をすると、出会い系で知り合い結婚し、いま幸せだという夫婦がテレビに出ていた、と話してくれました。

 そういうこともあるのですね。

 ネットショッピングをやってない人にも
 あなたは車を運転するでしょう。ニュースでは交通事故のニュースしか流れないけど、ニュースで流れるほどには危ないものではないことは分かるでしょう、と言えば、ネットショッピングのことも理解してくれるかな。


コーヒーの苗木を差し上げます
 コーヒーの苗木が3本あります。欲しい方に差し上げます。無料です。
 僕の家に取りに来ることができる人です。
 先着3名様。もし1人だけであれば3本差し上げても構いません。
 連絡ください 。
IMG_20170424_091901.jpg

 去年の11月頃に、庭のコーヒーの小さな木を鉢に移し替えました。

 最近若い葉が出てきました。ちゃんと根付いていると思われます。
 庭に移し替えれば大きく育つでしょう。

 僕の家には大きなコーヒーの木があり、実もたくさん着きます。
 去年はそれを収穫し、何度か自分で炒り、挽いてコーヒーを味わいました。ただ、特別に美味しいとは思いませんでした。

 たぶん炒り方が下手だったからでしょう。

 でも、自分の庭で採れたコーヒーを味わうことができた満足感はかなりありました。

コーヒーの木についても詳しくはありません。質問はしないでください。
この苗木に実がつくという確信はありません。

 ただ同じ僕の庭の木にはコーヒーの実がついています。それの実が落ち、出てきた苗です。

 実ができる可能性は十分にあると思います。



ピタンガでジャム作り
 庭のピタンガの木に今年は結構実が付いています。
IMG_20170423_075156.jpg
IMG_20170423_083922.jpg

  ピタンガは直径2センチほどの小さな果物。感じはアセローラに似ています。
 形はかぼちゃのような感じで、カボチャアデクという和名もあるそうです。

 少し甘酸っぱく、そのまま食べてもおいしいです。ぼくは好きですが、好みでない人もます。

 それを妻はジャムに利用しています。

 琉球大学で家政学を教えていたおばは、ジャムを作るのも上手でした。そのおばからピタンガにはジャム作りに必要なペプチンがたくさん含まれていると教わった記憶があります。

 数年前に妻がピタンガだけでジャムを作ったことがあります。美味しいジャムが出来出来上がりましたが、粘り気が強すぎたと言っていました。

 今年はパパイヤもよくできています。去年台風が来なかったせいか、周りからもよくいただきます。

 それが熟するのを待ち、りんごなどを加え、そしてピタンガを入れてジャムにしています。

 なかなか美味しいです。
 ジャムを作るのにピタンガは重宝だと、庭で実ができるのを妻は喜んでいます

ツワかんむり、ノツワかんむり
 漢字の学習書「成り立ちにとって学べば漢字は楽しい(仮題)」を作成しています。

 その学習書では、漢字をできるだけ大きな部品に分けて、それの組み合わせとして覚えるように作っています。

 「学」の字。
 これはカタカナのツとワ、そして子でできています。

 そのツとワを一緒にできないかな、と考えました。

 「ワかんむり」「ウかんむり」というのはあります。
 そうすると学の上の部分は「ツワかんむり」にすればいいのではないでしょうか。

 なぜそこの部分にはそういう名前はないのでしょうか。

 部首に「ツ」があります。
 検索すると、

部首索引:「つ、つかんむり」(漢字一覧)

 が見つかり、次のようにあります。

「ツ」は、ある種の複雑な字形の一部を簡略化するとき、符号的に用いられています。常用漢字では、旧字体で「單嚴勞榮螢營擧譽學覺巢獵」であった字形の一部が「ツ」に略され、「単厳労栄蛍営挙誉学覚巣猟」になっています。これらの新字体のうち、もとの所属部首に分類できなくなった文字をまとめるため、部首として「ツ部」が設けられました。


 それによると、
 難しい旧漢字の複雑なものを簡単にツに置き換えたのです。

 「學」は「学」に、「勞」は「労」、「榮」は「栄」になったのです。

 元々「ツワ」というのは無かったので、それをまとめて言う言い方もなかったのでしょうね。

 でも「ツワかんむり」というのがあれば便利です。そうすると

 「学」は「ツワかんむり」と「子」
 「労」は「ツワかんむり」と「力」
 「栄」は「ツワかんむり」と「木」

 と覚えれば、覚えやすいと思うのですがどうでしょうか。作ってしまうのです。

 そして、「愛」「受」「舜」の上の部分は「ノツワかんむり」にすればいいのではないかな。
 (ノツの部分で、「つめけんむり」というそうです)

  同じようなことを考える人もいるようで、「ツワかんむり」を検索すると次のページも見つかりました 。

じゃあ、営の部首はな~んだ? [知りたい!!]
 

Yoji作「英語の曜日語呂合わせ替え歌」が学校の授業で
 ぼくYojiが作り、ユーチューブにアップした「英語の曜日語呂合わせ替え歌」が、中学校の英語の授業で使われているようです。

 きのう、その動画にコメントがつきました。

織田康一19 時間前
これもだわwwwww
中学校の英語の授業でさwww
これ流れてきたんだけどwwww


 とのこと。

 中学校の英語の授業で、先生が流して生徒に聞かせたのだと思われますね。
 ぼくが作ったものが、利用されているのなら、うれしいです。
 
 視聴回数が、6,792回になっています。けっこう聞かれているのですね。




適材適所記憶術 中学英単語 Kindle版


直径=半径+半径 ? or 直径=半径×2 ?
 きのうの陽だまりさんの質問にはつづきがあります。

 2
 文字式の17で 円の面積や周囲をパイを使い文字式であらわす問題がでてきました。娘は直径を(半径+半径)と書いていました。解答書には掛け算で2(半径)とありました。どちらでも半径をrとすると、文字式で表すと2rなので同じになりますが、考え方として、加法より乗法で表現するようにした方が良いのでしょうか?
何か決まりがあるのでしょうか?教えて下さい。
私は数学が苦手で説明ができません。



 これは、どの考え方でもかまいません。
 つまり、
 直径は、半径の2倍なので、(半径)×2=2(半径) としても
 直径は、半径+半径 でもまったく構いません。

 解答には、併記すべきでした。

 ただ、文字式にした場合は、
 r+r のままではなく 2r にしたほうがベターですね。



娘の解答が2(a+b)となっていて、解答書は2a+2bとなっています。
娘がいうにはP78ぺージに記載されている文字式の決まり通りだといいます。

しかし私には解答書の答えの方がスッキリしていると娘に言いたい。

文字式の乗法除法どこまで省略しないと中学では?バツになるのか教えて下さい。

数学苦手な陽だまり

 

 これは、娘の解答の 2(a+b)の方が、解答書の 2a+2b よりいいとぼくには思えます。

 2a+2b でも間違いではないのですが、2(a+b)の方が美しいです。
 どこの問題なのか分からないし、ぼくがなぜ 2a+2b にしたのか覚えていません。解答では、どちらも併記すべきだったのかな、と思っています。申し訳ない。

 なお、数学では、式の美しさをいうときがあります。そうでなくてもまちがいではないが、できれば美しい方がいいということもあるのです。

 「どこまでしないとバツになるのか」、についてですが、
 それは、先生の好みがあります。授業をよく聞いて先生のくせも学ばないといけないところがあります。

 娘さんは、自分の頭でよく考えて、数学を学んでいますね。とてもいいことだと思います。

 ぼくが分かる範囲でしたら、できるだけお答えいたします。お気軽にご質問ください。




 陽だまりさんから、メールをいただきました。

仲松先生
いつもお世話になっております。

早速丁寧な解説ありがとうございます。
理解できました。

私は数学が苦手なので、解らない時にすぐ説明して
あげられないもどかしさがあります。
お忙しい中お時間をさいてご説明いただき
とても感謝しています。

これからも『わかる解けるできる中学数学一年』
をベースに親子で学んでいきたいと思います。

3月頃、2分の1成人式の行事が学校でありました。
その時、娘が私にくれた手紙に
『今までありがとう。もう十歳、算数が大好きになりました。
中学に行くまでに全て中学の算数おわらせるよ。よろしく
おねがいします』
と書いてありました。
とても嬉しく涙がでてしまいました。親ばかですね。(笑)

実現できるか定かはわかりませんが、
先生の珠玉の問題集のおかげだと思っております。

ありがとうございます。

陽だまり

***********************


 ぼくの回答がお役に立ったようで、うれしいです。

 そして、娘さんの、2分の1成人式のお手紙、いいですね。
 お母さんの涙が出るのは、分かります。
 算数が大好きになったとのこと、ぼくもうれしいです。

 親ばかでいいのです。ぼくは親ばか賛成です。

 どんな子でも、親ばかだから愛せます。
 その上、陽だまりさんの娘さんは本当にいいですね。
 親ばかになって、これまでのように十分の愛情を注いでください。

分数の答え、仮分数のまま? 帯分数になおす?
 陽だまりさんから、質問メールをいただきました。

 陽だまりさんからは、これまでもメールをいただいています。ありがとうございます。

--------------------------------
送信者:陽だまり日付:2017/04/18 08:32:36
件名:教えて下さい。
--------------------------------
仲松先生

いつも先生の問題集でお世話になっております。陽だまりです。
教えて下さい。
先生の数学中1の文字式を学習しています。
その中で文系の私には説明できない所がでてきました。
娘の解答でも丸なのかな??と悩んでいます。
教えて下さい。

まず
分数の答えですが、中学1の解答をみると帯分数になおされず仮分数のままのものがありますが、数学の世界では約分や帯分数、仮分数をどのように扱っているのでしょうか?



 いい質問だと思います。
 それについて、僕はちゃんとした説明を読んだことも、説明を受けた記憶もありません。ぼくが理解しているように説明をします。

 次のような傾向があります。
 小学生の場合には、約分できる数は約分する、仮分数は帯分数に直す。

 それが、高校生以上になると、約分できる場合でも約分しないことが多いし、仮分数は帯分数にせず、仮分数のままで表すことがほとんどです。

 中学生の場合には、その中間ですね。約分したり帯分数に直したり。そうしなくても正解になったり。絶対的なものはありません。

 問題文の中に「約分しなさい、帯分数にしなさい」のようなことが書かれていなければ、どちらでも構いません。

 ただ、先生の好みもあります。どうしたらいいか、尋ねた方がいいかもしれません。

 何故そうなるでしょうか。
 僕は、次のように考えています。

 小学生の場合には、表された分数が具体的にどうなのかというのが分かるように表すようにしているのでしょう。

 例えば「15個の饅頭を6人で分けた。1人何個か」
 式 15÷6=15/6 ですね。でも15/6(15分の6)では、よくわからない。

 それで約分、帯分数にして、2と1/2 とします。すると、1人あたり、饅頭を2個と半分ずつ与えれば良いということが分かります。

 高校生ではそんな単純な問題は まず出ませんが、

 15/6 書いてあれば、15を6で割っているのだというのがすぐにわかります。

 問題文に与えられている「15個、6人」というのが、その答えの中に入っているので何をしたのかすぐに分かるようになっているのです。2と1/2 では、問題文の数をどうしたのか、すぐには分からない。

 そして、高校生以上になると、約分そして仮分数を帯分数に直すということは、やろうと思えばできるはずです。できない高校生もいるようですが。

 そのように、やろうと思えばできる。必要ならばやるが、とくに必要なければ、そのままにしているということです。

  やろうと思えばできるということを、小学生の間にきちんと身につけておくことは大切です。

 それで、小学生の間は基本的に、約分し帯分数に直すということを強調しているのでしょう 。

妻、100歳・・・告別式広告
 沖縄の新聞(琉球新報・沖縄タイムス)には告別式の広告が載ることを前に書きました。


沖縄の告別式新聞広告

 塾をやめてから、少しゆっくりその告別式広告を見るようになっています。

 それを見るだけですが、何かその人の家族関係などが分かったりします。
 再婚したのかな、結婚しなかったのかな、などなど。

 告別式広告では、最初に
 喪主との関係、名前、年齢が出ます。

 例えば
 夫 〇山〇夫 85歳

 のように。

 50歳台、60歳台の場合には、妻や夫になっていることが多いです。

 そして、20歳台の場合には、長男、次女など子どもですね。
もちろん10歳台、1ケタ台は、ほぼ100%子どもです。

 そして、80歳台、90歳台は、父、母。

 ところが、90歳台の人で夫や妻ということがあります。
 たまにですが、そんなに少ないわけではありません。

 そういうのを見ると、夫婦ともに長生きしたのだなと思うのです。

 そのようなことを考えていていたら、今日の告別式の広告では
 「妻 100歳」とありました。
IMG_20170418_084527.jpg

 もちろん、妻が100歳でも喪主である夫がいくつかはわかりません。でも大抵は同年歳ですね。そして男の方が年齢が高いことが多い。

 夫婦共に100歳まで生きたのだなあと、思ったりします。
 ぼくらはどうなるかな。

 沖縄の新聞の告別式広告の年齢は、大抵数え年です。
 だから100歳でも、満年齢か98歳か99歳でしょう。それでも長生きです。

Yoji作詞作曲「柔らかく優しい座喜味城」
 数日前に
楽譜作成無料ソフト MuseScore
で、
 友人が作った歌詞に曲をつけるように頼まれて、作曲をしたが、友人がその曲を気に入らなかったことを書きました。

 それは、それぞれの好みだから仕方がないことです。

 ただ僕なりにがんばって作った曲です。
 そのままボツにするのも嫌だなと考えていたら、自分で作詞して完成させれば良いではないかというアイデアが浮かんだのです。

 そして色々考えて、僕の住んでいる読谷村座喜味にある世界遺産座喜味城の作詞をすることにしました。

 そして数時間で出来上がりました。いい加減な性格なので、速いです。

 それが次の歌詞です。

柔らかく優しい座喜味城


石の 階段の 上に伸びる坂の、その先に
やさしい 古い城が 静かに座っている

自由に曲がった 美しい城
柔らかく優しい 座喜味城よ


石 造りの アーチの 門 の その上 で
くさび石 が しっかり アーチを ささえている
※(繰り返し)


戦いの ために あるとは 思えな い
美しすぎ、優しすぎる、そのすがた
※(繰り返し)


足を入れると 時の流れがたち消えて
わ らべ の 絵のように この身を 包み込む
※(繰り返し)


 なお前もって白状しますが、その内容、語句は僕の舅である曽根信一著の「読谷山路を行く」の「座喜味城」の節からぬき出し、それをつなぎ合わせたものです。そんな悪知恵が働くのです。

 曽根信一はすでに亡くなっています。娘である妻Kyokoも別に問題ないんじゃないというので、著作権上問題ないということにします。

 そして僕が歌って Youtube にアップしました。
 こんな歌を他の人に頼むわけにはいきません。
 そのため、きのうは座喜味城跡に行き、写真を何枚も撮ってきました。

 本当に久しぶりにギターを弾きます。弦を押さえるのがとても甘くなっています。年齢でしょうね。
 そして日ごろから弾かないといけないなと思いました。


Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.