FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

2020年5月のセルフ塾ブログ拍手ランキング
 2020年5月のセルフ塾ブログ拍手ランキングです。

 この1か月間で53の拍手をいただきました。ありがとうございます。

 1位は拍手数5の「この歳で やってどうする リハビリを」。
 これらの川柳を見て、共感した人もいたのでしょうね。うれしいです。

 第2位も川柳で「万歩計 そのほとんどが ものさがし」

 これも、そうだそうだ、と思った人も多かっただろうと思われます。

拍手数5
この歳で やってどうする リハビリを
拍手数3
万歩計 そのほとんどが ものさがし
災害は他人ごとだと考えていた
拍手数2
送り仮名も全く気にしなくなった
Android のテキスト読み上げ機能
甥と姪の子ども達に替え歌動画
支援も考えて沖縄そばのテイクアウト
アメリカフロリダの友人とビデオ電話
なぜ「白」に「言う」という意味があるのか
今回は新型コロナに急に定年退職を言い渡されたようなもの
なぜ、漢字の「音読み」「訓読み」というのか
1 と 1.0 は同じではない
拍手数1
なぜ、比較級にはerとmoreがあるのか
熟語の練習を加えることで、漢字の練習の退屈さが緩和
「つ」に点々の打ち方は、スマホに尋ねる
マスク姿が定着すると、不審者が喜ぶ
テレビドラマなど、マスクによって時代が
漢字の手書き検索
くねくね体操とテレビ教
風が吹けば桶屋が儲かる、新型コロナの風が吹けば
コロナのためスマホのカレンダーから予定を削除
読谷村の新型コロナウイルス予防放送とオオカミ少年
僕は10万円の給付金を沖縄県に寄付してもいい
阝(こざとへん)の意味は、つみあげた土
気圧と風向の関係の覚え方
和語と漢語の区別 接頭語の「お」「ご」をつけてみる
中学生でもわかる 太陽までの距離の求め方
「鉄心」か「鉄芯」か
中学生のための領海、公海、排他的経済水域
「推量」と「推定」の違い
小数×小数のタイル算(水道方式)
なぜ、本(ホン)は音読みか?
顕微鏡,なぜ低倍率から
なぜ、比較級にはerとmoreがあるのか
一つの文には述語動詞が一つだけ
星新一著「ボッコちゃん」 行間を読む

スポンサーサイト




泥棒農業

友人の S さんは農業をしています。
農業をすると言っても出荷をするわけではなく、自分で消費したり、周りの人たちにあげたりするだけです。

僕もよく頂いて、ありがたく思っています。だから悪くは書けないのですが、彼の畑はほとんど手入れがなされていません。

別の友人 Y さんのところに行きました。
彼の畑は手入れがとても行き届いています。

僕が
「あなたのところは S さんの畑とは違うな」と言うと、
「Sさんと比べるな、彼のは泥棒農業だろう」と言います。

「なんだその泥棒農業って?」と尋ねると、
「タネをまいて途中で手入れはせずに後は収穫するだけの農業だよ」との返事。

なるほどそういうことか、と少し感心。

泥棒農業 をGoogle 検索するとヒットしないので、 Y さんの造語かもしれません。

僕が
「そう言われると僕も泥棒農業だな。僕はバナナやシークワーサーなど果物の木を植えて後は収穫するだけだ」と言うと、

「バナナなどは僕も泥棒農業だよ」と Y さんは言いました。


スマートフォンは秘書だ

若い頃に、地球物理学者の竹内均さんの「私の知的鍛錬法」を読みました。

この本は1980年に初刷りが出て、僕が読んだのは1984年の12刷です。僕が31歳の頃です。

 竹内均さんは、テープレコーダーに原稿を吹き込んで、それを秘書がタイプしてくれるという方法で原稿を書いているそうです。

僕は羨ましく思いました。
僕には秘書を雇うお金も地位もなかったからです。

ところが、今では僕でも秘書を雇っているようなものだな、と思っています。

僕はこのブログを音声入力で作っています。
スマートフォンに向かって喋れば、もう文章が出来上がっているのです。

出来上がった原稿を読み上げさせることもすぐにできます。

スマートフォンは秘書なのですね。

スマートフォンと同期したスマートスピーカーに「今日の予定は?」と尋ねるとちゃんと今日の予定を教えてくれます。まさに秘書ですね。

昔はこれこれの資料を集めておいてくれと秘書に頼んだのでしょう。

今では、調べたい資料もスマートフォンで簡単に見つけられます。

スマートフォンを持っている人は誰でも、秘書を手元に置いているようなものです。

後は何をするかです。優秀な秘書がいてもやることがなければ宝の持ち腐れ。

人間の本当の価値がここで試されます。

なお竹内均さんは、
コンピューターへ向かって何かしゃべると、それが直ちにタイプされて出てくるという機械ができたらいいのに、と書いています。

そして、近いうちにできるのではないか、と予想しています。

先見の明のある人だったのですね。


送り仮名も全く気にしなくなった

 「答」を使って「こたえる」を書きます。
「正しいのは次のどれですか。

 1、答たえる、2、答える、3答る」

 このように漢字のあとにつづく仮名を「送り仮名」と言いますね。

送り仮名のつけ方は結構難しいです。
ルールはあることはあるのですが、例外が多すぎます。

結局はひとつひとつきちんと覚える必要があります。

僕はそういう覚えるのが苦手でした。

ただ今は送り仮名など全く気にしなくなりました。

手書きがなくなったからですね。

コンピューターのキーボードを使うときも、「こたえる」と打つと「答える」と正しい送り仮名をつけてくれます。

このブログは音声入力で書いていますが、話すだけできちんと送り仮名をつけてくれます。

最近は送り仮名は全く気にしたことはありません。

実際に手書きになった時には困るでしょうが、その時はスマホで文を作ってから、それを見ながら写していくのでしょうね。


熟語の練習を加えることで、漢字の練習の退屈さが緩和

「ひとりで学べる足し算漢字小学生」を作っています。

漢字の練習といえば、ひたすら何回も書くですね。
100回も200回も繰り返し書いて覚える。

僕はそういう練習がとても嫌でした。だから真面目に練習せずに漢字を覚えることができませんでした。
そういうのができる人には感心します。

ひとりで学べる足し算漢字では、4組の熟語とその書き下しを付けてあります。

例えば次のようなもの。

「冬」のページ

熟語と書き下し:
①冬空(→)冬の空 ②冬草(→)冬の草
③冬山(→)冬の山 ④立冬(←)冬が立つ

熟語と書き下しの読み:
①ふゆぞら、ふゆのそら ②ふゆくさ、ふゆのくさ
③ふゆやま、ふゆのやま ④リットウ、ふゆがたつ

これを3回ずつ書くように指示しました。

それは熟語の学習にもなりますが、今学んでいる漢字の練習にもなります。

それらの熟語はこれまで学んできた漢字を使っているのでそれらの復習にもなります。

とにかく何回も何回も同じ字を繰り返して書くよりは退屈しないのではないかな。

僕のような何度も同じ漢字を書くのが嫌いな生徒は今でもいるはずです。そういう子どもたちでも少しは楽しくできるかも。


ひとりで学べるようにするために、やることを具体的ではっきりさせる

これまで作ってきた漢字学習ノートを、学年別のものに作り変える作業をしていて、小学1年が終わり、2年生のものに入りました。

この学習書を「ひとりで学べる足し算漢字小学1年生」のような名称にしたらどうかなと考えています。

それは本当に「ひとりで学べる」ものだと思っているからです。

ひとりで学べるためには、何をしたらいいのか、それを具体的にはっきりさせることが必要です。

この「足し算漢字」では、漢字学習帳を作り、それをコピーして、それに書き写すような作業をするようにしています。

番号、漢字、読み方、意味、そしてその漢字の練習をして、熟語とその書き下しを3回ずつ練習するようにさせます。

何をどうすればいいのかはっきりしているのです。
だから「ひとりで学べる」はずです。

学び方は子どもの自由にしたほうがいい、という意見もあります。そう言うと何かかっこいいですね。

でもほとんどの子どもはどのようにして学べばいいのかわかりません。
僕は、小学、中学生には何をどうしたらいいのか教えて、学び方を学ばした方が良いと思っています。

セルフ塾の生徒たちは塾に来ると、さっさと、そして黙々と漢字の練習に取り組んでいました。

何をすべきなのかがはっきりしているので一人で学んでいけたのです。
この足し算漢字はその頃よりもだいぶ進化しています。

楽しくひとりで学べる漢字学習書になると思っています。


「つ」に点々の打ち方は、スマホに尋ねる

去年行ったポーランド旅行のフォトブックを僕がパソコン上で作り、今それを妻がチェックして修正を加えています。

妻はパソコンにまだ慣れていません。

僕は別室にいて、妻が分からない時に電話で尋ねてきます。妻はワイモバイルで通話料がかからないので、内線代わりに使っています。

先日は電話が来て、「つづく」はどのように打つの?と聞いてきました。要するに「つ」に点々をどうするかです。

僕は DU と打てばいいんだよ、と教えました。

その後、簡単に濁点(点々)を打つ方法はないか考えてみました。

小さな文字は Xキーを打って後に打てば何でも小さな文字になります。
濁点も、この方法で全て、というのがあれば楽に覚えられるはずですが。

考えても思いつきませんでした。

そこで思いついたのが、スマホに尋ねるです。

スマホで、「つに点々はどう打つ」と音声検索すると、すぐにQ & Aが出て、そこに解決法が載っています。

インターネット上には、ちょっとした困ったことを質問して、それの答えは書かれています。

僕もパソコン操作で困った時には、ネット上で答えを探すことが多いです。

濁点の打ち方も簡単に教えてくれるので、そちらの方が楽でしょうね。

妻に話すと、なるほどそういう手もあるのか、と感心していました。

でもあなたは電話で僕に聞いてもいいよ、と言うと、
妻から「もちろんそうする」と返ってきました。


今ほど内閣の権力の強さを危惧したことはない

今日の琉球新報によると

黒川弘務前東京高検検事長(63)の処分を巡り、事実関係を調査し、首相官邸に報告した法務省は、国家公務員法に基づく懲戒が相当と判断していたが、官邸が懲戒にはしないと結論付け、法務省の内規に基づく「訓告」となったことが24日、分かった。

そうです。

それを法務省によるものとして、自分の責任を転嫁しようとしている首相にワジワジーし(腹が立ち)ます。

同じ記事には高検トップの検事長は、内閣が任命し天皇が認証する「認証官」

とあります。

三権分立の一つである司法権が内閣によってかなり牛耳られている感じがします。

最高裁判所長官は、内閣の指名に基づき、国事行為として天皇が任命する

と日本国憲法には定められています。

そのために、下級裁判所では国民の側に立った判決が最高裁判所でひっくり返ることがあり、これで三権分立かと思ったことは、何度もあります。

ただ現在ほど内閣の力が司法権にまで強く働いているのを危惧することはありませんでした。

安倍首相による森友・加計問題、そして桜を見る会問題などがあるからでしょう。

これらの問題は検察が積極的に取り上げて安倍首相を追及するべきです。

しかし色々と力を内閣が握っているので、それができないでいるのでしょう。
そして安倍首相はそれを積極的に活用している。

更に力を及ぼそうと、定年延長問題も出てきたのです。

自分の身を守るために最大限に内閣の権力を利用し、さらに大きくしようとしている。

黒川氏は辞任に追い込まれましたが、安倍首相のことだから次の検事総長はやはり自分の息のかかったものにするのではないのか。

それを食い止めることが可能なのか。

本当に独裁的な政権だと思います。


マスク姿が定着すると、不審者が喜ぶ

新型コロナウイルス予防のためのマスクが勧められ、もうすっかり広まりましたね。

僕の友人が
「スーパーに入った時にマスクをしていないことに気づき、車まで取りに行ったよ」と言いました。

我が道を行き、人の目をほとんど気にしない彼がそうするのですから、マスクをすることへの圧力はすごくになっています。

今後もマスク姿は定着するでしょう。

そうなると不審者が喜ぶでしょうね。

マスクをしてサングラスをかけても、誰も不思議に思いません。

これまではそのような姿はすぐに不審者と思われたものです。
不審者にとって良い世の中になりそうです。

僕もマスクを忘れないようにバッグの中にいつも入れるようにしています。
バイクに乗る時はサングラスをします。

だからそのままサングラス・マスク姿で街を歩くことがあります。

それでも「ヨージさん」とすぐに声をかけられます。マスクをしても僕はすぐに見分けられるようです。

僕の方は、マスクの上の目をじっと見てやっと相手が誰なのか分かるのですが。

マスクで髭を隠すだけでは、変装したことにならないのでしょう。

マスク姿でも僕は悪いことはできそうにないね。


テレビドラマなど、マスクによって時代が

テレビドラマでは、だいぶ古い時代のものを見ることもあります。

その時に電話に着目すると、だいたい時代が分かります。

だいぶ前は、何かあると公衆電話に急いでいました。
その後、ガラケーになり、そしてスマホに変わっています。

この2020年を境に、マスクによってドラマなどの映像も変わってくるはずです。

日本人は以前からマスクをしていたので、あまりはっきりしないかもしれません。

しかし以前は西洋人でマスクをしている人はいなかったはずです。

ドラマにマスクをしている西欧人が現れたら2020年以後のものだなと分かりますね。

これまでいろいろなパンデミックの映画を見たように記憶しています。

しかしマスク姿は記憶にありません。

日本の映画でもパンデミックものはあったように思います。そこでもマスクをしている俳優はいなかったはずです。

マスクをして顔をずっと隠していたら俳優のせっかくの美しい顔を見ることができません。

今後パンデミックものの映画を撮る時にはマスクをどうするのかも監督や脚本家などは考えないといけなくなるでしょう。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.