セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

セルフ塾とは
 まずは,自己紹介という感じで,セルフ塾の紹介をします。

 開塾が1997年ですから,20年で21年目になります。

 セルフラーニングの塾です。

 大学で心理学を専攻,行動分析学のスキナーに魅了され,あれこれ読みました。
 そして,学習はセルフラーニングでということで学習塾を始めたわけです。

 スキナーが開発したプログラム学習による教材を多数作っています。

 最初は,市販の教材を使ってやっていましたが,セルフラーニングに適したものがなかったので,自分でいろいろ工夫しながら作ってきました。
スポンサーサイト

保護者面談行う
おととい(27日・木)ときのう(28日・金)は,保護者面談を行いました。
 午後2時から10時まで。1人につき15分。
 43人の生徒の保護者が来られました。43人は在籍65人の66.2%にあたります。
 中学3年生は,12月8日(土)9日(金){一部の生徒は5日(水)6日(木)}に行った沖縄県統一プレ入試のデータを見ながら,進路について相談しました。志望校をどうしようか,真剣な話が多かったです。そして,今後どのような勉強をすればいいのか,などの指導も行いました。

 他の生徒は,2学期の通知票の点数を見ながら,塾での学習状態などを話しました。
 通知票が絶対評価になってから,父母の不満が多くなっているように感じます。どのような基準で点数がつけられいるのかはっきりしないためです。

保護者面談

中学3年生,冬期特別学習
きょうから冬期特別学習が始まりました。
 中学3年生が10時から1時ごろまで学習をしています。
 冬休み明けに学年末テストがあります。その対策として,iワークを行っています。
 きょうはけっこう静かに学習に取り組んでいました。
 卒業生のT栄Aみさんがチェック係をしてくれています。

冬期学習

塾で得すること
 冬期学習のチェック係りが必要になりました。

 それで,高校生に一括メールで募集をかけました。

 「冬期のチェック係を募集しています。時給○○円。午前10時から1時ごろまでです。いまひとりやっているので,もうひとりです。明日から1月4日まで毎日。1月1日は休み。よろしく。庸次 」

 1分もしないうちに,2件のメールが届き,すぐに決まりです。
 急いで,募集を締め切ったメールを送りました。そうしないと次々に応募が来そう。

 塾をやって得をしているてんですね。

 以前通っていたところなので気安いんでしょう。そして,仕事の内容もよく分かっている。

冬期特別学習のチェック係
 冬期特別学習のチェック係をやってもらっている大学生のT栄Aみさんと高校1年のY田Iさんです。
 中学3年生がやった問題をチェックしてもらっています。

チェック係り


差し入れ
 セルフ塾では,差し入れがけっこうあります。きょうは天ぷらの差し入れがありました。

 それをおいしそうに食べている生徒たちです。


差し入れ


卒業生からの年賀状
 卒業生からの年賀状は,ことのほかうれしいものです。

 今年は5通届きました。

 O長くんからは「僕は今名古屋で元気にスペイン料理の修業に励んでいます。いつか僕の作った料理持って挨拶にいきます」とあります。

 N平さんから「正月になると塾で食べたおしるこを思い出します」とあります。

 N平さんは卒業して11年,O長くんは5年になります。

H嘉M代さん,来塾
セルフ塾の卒業生,H嘉M代さんがセルフ塾を訪れました。広島で勤めていて,正月帰省のついでに,セルフ塾を訪れたものです。

 妻とぼく,M代さんの3人で,2時間ほどおしゃべりしました。

 卒業生が訪ねてくれるのは,うれしいものですね。

masayo
 

QRコード
 ブログに、QRコードを何とか貼り付けようと、四苦八苦。 QRコードという呼び方もその中で知りました。

  下のサイトで簡単にできることがわかり、無事ブログに貼り付けることができました。



 さて、ぼくは携帯電話を持っていません。妻の携帯は老人用なのでそんな読みとり機能はついていません。

 生徒に頼んでうまくいくかどうかチェックしてもらいました。

 とてもうまく行きました。

 得意になったぼくは生徒に「あなたのメルアドのQRコードを作ってあげよう」と作ってあげました。

 そのうち
 「Yojiさん、作りたいんでしょう」とも言われながら、

 Tくんも携帯電話を持っているので、声をかけました。
 「QRコードを作ってあげようか?」
 「それでどうするの?」
 「例えば、あなたに彼女ができたとするでしょう。そして彼女が『メルアド教えて』と言ったときに、これを出してあげればいいじゃないか」
 「そんなことしなくてもいいよ」
 「えっ、いちいちメルアドを打ち込むってけっこう大変だし、打ち間違いもあるだろう」
 「赤外線があるから、すぐできるよ」
 「えっ、何だよ。その赤外線って?」

 まったく知りませんでしたね。赤外線なんて。携帯持っていないのでしようがないか。大恥をかいてしまいました。

 ぼくと同じように携帯について知らない人もいるでしょうから、分かる範囲で説明。

 携帯同士を近づけて赤外線でデータを簡単に送ることができるのだそうです。
 まったく知らなかったなあ。
QRコード作成サイト

塾を楽しく通っている
 「家庭からの通信」で以下のような便りが届きました。

 あけましておめでとうございます。

 昨年は本当にお世話になり,ありがとうございました。
 今年もどうかよろしくお願いいたします。

 ○○はとても塾を楽しんで通っているようで,親としてはとても安心しております。

 5年生に進学したとき,仲の良い友達と暮らすが別れ,がっかりしていましたが,塾で気の合う仲間を見つけたようで,一度もごねることなく通っています。

 その雰囲気作りもYoji様,Kyoko様のおかげとありがたく思っています。(ひそかに「セルフ塾」を紹介していただいたKNさんにも感謝しています・・・)

 今年からは,もう少し私どもも声かけをしたりして,はげましていきたいと考えております。

 どうかこれからもよろしくお願いいたします。


(セルフ塾から)
 楽しんで塾に通ってくれるというのは,私どもにとってもとてもうれしいものです。
 ○○くんが,塾に早めに来て,「まだだれもいないの?」と言うとき,塾で仲間と遊ぶのを楽しんでいるのがよく分かります。

 塾は勉強だけではなく,仲間も大切だなあと思いますね。

セルフ塾の塾舎
 セルフ塾の建物です。

 正八角形をしています。

 庭はかなり広いです。次は庭の全体像も載せますね。

 隣のアパートから撮した写真も載せました。


jukusha.jpg


隣のアパートから

@nifty 地域ガイド
 @nifty 地域ガイドに「セルフ塾」を登録しました。

 下をクリックしてください。また,リンクもつけました。

  @nifty 地域ガイド




セルフ塾の原点、最初の一年
 こーすけさんから,次のような質問をいただきました。
 ありがとうございます。
 ブログは毎日更新を目標にしていますが,何を書こうか題材さがしもたいへんです。質問があれば助かります。


 Yojiさんのセルフ塾の原点、最初の一年はどのような展望で始められたのか、現在はどのような展望をお持ちか、お伺いしたいと思います。


  こーすけさんから,ブログ掲載の許可もいただいたので,この場でお答えいたします。
 
 私は大学で心理学を学びました。そして,スキナー博士の行動主義,そしてプログラム学習などを知り,とても関心を持ちました。
 大学卒業後,精神薄弱者厚生施設の生活指導員,重度心身障害児施設の児童指導員,そして自分で保育園をやりました。そこでも行動主義による行動変容理論を勉強しながら実践してきました。

 保育園の経営はかなりきびしく,また学習塾にも興味があったので,学習塾を始めました。

 そのときには,プログラム学習によるセルフラーニングの塾をイメージしていました。
 水道方式についても知っていたので,水道方式とプログラム学習の合体ということは,セルフ塾を始めたときには頭にありました。

 1年目。
 頭の中ではイメージできていても,セルフラーニングをするためには教材が鍵です。本屋をかけずり回ってセルフラーニングのできる教材をさがしまわりましたが,いいのがありませんでした。
 数学は,麦の芽出版の「楽しい数学」は使えました。基本はセルフラーニングにして,あとはかなり私どもが補う形で。
 英語は,最初から自分で作り始めました。プログラム学習を作ってみたいという考えもあったからです。

 生徒の方は保育園をやっていて評判もよかったので,たくさん集まってくれました。

 基本路線は,塾を立ち上げるときと現在で異なっていません。
 もちろん,これまでするには,いろいろな試行錯誤をしてきました。

 長くなったので,不十分だとは思いますが,一応これまでにします。
 また,質問してくださいね。

 あっ,展望について書いてありませんね。別の記事で書きます。


セルフ塾の展望
  こーすけさんの質問の「現在はどのような展望をお持ちか、お伺いしたいと思います。 」

 の部分はまだ答えていなかったのでお答えします。

 塾をどうしようという考えはありません。いまのままで大きくするでもなく,小さくするでもなく,定年まで行きます。
 教材作りはある程度終わったという感じです。

 現在55歳。60歳で定年にし,あとはこの場で喫茶店をして,ゆっくり語り合うことができればいいなあ,と思っています。

 個人的には,
 いま,「『田の字表』による数学,理科」の出版があります。明日香出版からこの春に出版の予定で,校正をしているところです。

 また,セルフ塾で行っている「三色ボールペン方式読書指導」の実践をまとめたいなあ,と思っています。

 その後も,塾をやる中で得たものを何か形にできればいいと思っています。

T西M奈さん,大学合格
 セルフ塾卒業生のT西M奈さんからうれしいメールが届きました。


庸次さん、京子さんお久しぶりです!!
元気にしていますか?

今日は報告があります!
T西M奈は、
沖縄キリスト教短期大学に推薦で合格しました(^O^)

(セルフ塾から)
 T西M奈さん,返事おそくなりました。おめでとうございます。
 がんばったね。久しぶりに顔も見たいから塾に来て。

 卒業生からの便りはとてもうれしいです。
 卒業してもセルフ塾のことを忘れずにいてくれるのですからね。

セルフ塾のしおりから
 こーすけさんの質問に関して,後で思ったのですが,セルフ塾のしおりは開塾当時から基本的に変わっていません。もう20年になります。塾料の改訂など事務的なものは変わりましたが。
 それで,ここに「しおり」の理念の部分を掲載いたします。

 セルフラーニング(Self-Learning)とは

 この学習塾の名称は「セルフラーニングの世界」といいます。通称「セルフ塾」です。
「セルフラーニング」の「セルフ(Se1f)」とは「自己・自分」、「ラーニング(Learning)」とは「学習」という意味です。それで、「セルフラーニング」は、「自己学習」という意味になります。
「セルフ塾」では、自分で学び、自分で練習し、自分で問題を解きます。そして、わたしども学習援助者やチェック係に調べてもらい、間違えていたところはもう一度自分でやり直します。どうしてもできない問題は教えてもらいます。

 なぜ「セルフラーニング」か
現在、多くの学校、塾では、生徒を一同に集めて教師が教えていくという一斉授業をしています。
しかし、―斉授業よりも「セルフラーニング」のほうが学習効率がいいのです。その理由はつぎの通りです。
「セルフラーニング」だと、自分のペースで進むことができます。分かりにくいところはゆっくり時間をかけて、分かるところはさっととばせます。また、自分のやりたい、またはやるべき科目、箇所をすることができます。
一斉授業だと受け身になります。「セルフラーニング」は、学習者が積極的に能動的に学ばなければ、学習は進みません。能動的に学習したほうが頭に入ります。
「セルフラーニング」だと、学習の進んだ子はどんどん先に進めます。学習の遅い子は基礎力をつけながら確実に進めます。学習とは本来楽しいものです。他の生徒との比較をするだけだとおもしろくないものですが、ゆっくりでも確実に進むことにより、自分の世界が広がり、学習した喜びを知ることができます。

 なぜ、塾か
自分でするのが良いのであれば、なぜ塾に行く必要があるのでしょうか。
「セルフラーニング」は能率的ではありますが、いいと思うことでも続けていくことができないのが人間の弱さです。「セルフラーニング」を続けるにはかなり強い意志が必要です。家で自分だけではできない人でも、塾に通うことにより、自己学習を継続してできるようになります。
また、勉強をしようと思うが、何をしたらいいのか、どのように計画をたてて勉強したらいいのか分からないということがよくあります。塾には自分で学習していくことのできる教材を準備してあります。また、学習方法も指導します。すなわち、「学びかたを学ぶ」のです。
家で勉強する場合には、分からない箇所がでたときが大変です。塾では分からない所を個人的に援助します。まず自分で考えたあとで教えてもらうのですから、理解もしやすいのです。

第3回プレ入試
 きょうと明日は,第3回沖縄県統一プレ入試です。
 朝10時から始めました。
 1時限目の国語が終わり,いま理科をやっています。あと英語が残っています。
 明日は,社会と数学。
 これまで2回は全員受けるようにしましたが,今回は希望者だけ。それでも塾生12名,塾外生3名が受験しました。


prenyuushi1008,1.jpg

水仙
 セルフ塾の庭に咲く水仙です。

スイセン(水仙) の花ことばは,「 自己愛、崇高」
http://members.ytv.home.ne.jp/nishisagami/1209suisen.htm から。


 「自己愛」は,セルフ塾に関連がありますね。

 さて,
 水仙にまつわるギリシャ神話がある。
少年ナルキッソスは大変美しく、誰からも愛されていた。とりわけニンフのエコーは彼を深く愛した。
しかし、プライドの高いナルキッソスは、そのエコーを拒み続けたのだ。
あわれなエコーは悲しみのあまり次第にやせ細り、遂には声だけになってしまう。それがエコー、つまり「こだま」。
 やがてナルキッソスは、復讐の女神メネシスから仕打ちを受けることになる。メネシスの策略により、ナルキッソスは池の水にうつった自分の姿を美しいニンフだと思い、恋してしまうのだ。しかし、所詮かなわぬ恋。彼は恋の病に臥し、徐々に衰えて遂には死に絶えてしまう。
その少年が水仙になったということだ。
http://www1.megaegg.ne.jp/~essence/suisen.htm から


水仙

成人おめでとう
 あすが成人の日ですが,読谷村ではきょう成人式が行われました。

 セルフっ子のShoheiくんとAkinaさんが,塾を訪れました。

 着物姿でふたりともふだんとは見違えるようです。

 卒業生が訪ねてくれるのは,うれしいものです。

Shohei


Akina

「セルフ塾」職員新年会へのご案内

「セルフ塾」職員新年会を下記のとおり催します。多くの方のご参加をお待ちしております。


日時:2008年1月15日(火曜日)
   午後8時から午後10時ごろ

場所:だいこんの花 美里店
  電話098-929-3133
  沖縄市字美里1336-3
  http://www.amenity-gr.co.jp/
    駐車場 有 50台(専用)

  (現地集合)
会費:無料(1次会はセルフ塾がもちます)

 セルフ塾 電話098-958-0374
 仲松携帯電話 090-4994-8384 
以上

セルフ塾のロゴマークとアルキメデス
selflogo.jpg

 セルフ塾のロゴマークは図のようなものです。

 これはアルキメデスにちなんでいます。

 アルキメデスは,浮力,てこ,円周率など,とても多くのことを発見しています。

 彼は,その中で一番球の表面積,体積の求め方が気に入っていたそうです。

 球はとてもきれいな形をしているからです。

 表面積のわりに体積が最大になるのは球です。

 それで,彼はその求め方を描いた図を彼の墓に描かせたそうです。

 それは,球とそれがすぽっと入る円柱の絵です。

 その円柱の側面積と円の表面積は等しいのです。

 それから,円柱の体積の3分の2が球の体積に等しい。

 それを覚えておけば,球の表面積,体積を求める公式を覚える必要はありません。

 私はアルキメデスが大好きです。小学5年のときに彼の逸話を読んで大好きになり,物理学者になるんだと心に決めたものです。

 さて,その彼の墓に描かれていたという図に「セルフ」を表す漢字の「自」を入れたのがセルフ塾のロゴマークです。

 なお,私はあこがれのギリシアに数年前に旅行に行きました。そこで,ガイドにアルキメデスの墓のことをたずねたのですが,見つかっていないとのことでした。


{ ジオログ  2007年12月10日(月) から引っ越し }


セルフ塾職員の新年会
 昨夜は、セルフ塾職員の新年会をだいこんの花美里店で行いました。午後8時。
 9人が参加しました。ほとんどが主婦なので、いろいろあり、参加時刻はいろいろ。でも、ビュッフェ方式なので、来たものからすぐに食事に入りました。
 とてもたくさんの種類の食事があり、選ぶのが大変です。グルクン、チャーハン、にぎり寿司、ステーキ、チキン、さらだ、沖縄そば、カレー、煮付け、揚げ物などなど。
 泡盛が飲み放題なので、ぼくはゆっくり飲みました。
 塾での苦労話、旅行の話、副業、家でのアクシデントなど、おしゃべりが続きました。
 みんなたっぷり食べ、たっぷりおしゃべりをし、新年会は無事終了。満足そうだったけど、どうだったでしょうか。



新年会

セルフ塾の中学2年生
 セルフ塾の中学2年生です。

 よろしく。

セルフ塾の中2

お汁粉DAY(小学部)
 きのう18日(金)は,お汁粉DAY。
 5時30分からいつものように学習。
 6時50分からお汁粉をみんなで食べました。
 お餅の差し入れもあり,たくさんのお餅の入ったお汁粉を何度もおかわりして食べました。

小5男児


小6女子

お汁粉DAY
 中学部は,午後8時にお汁粉を食べ始めました。

 夕飯を食べた生徒も多く,いつもほどはなくなりません。
 食べた生徒は何度もおかわりをしていました。

 卒業生にも呼びかけたので,参加してくれました。


kaori


sho


nakanishi

漢字検定,行う
きょう 1月26日(土曜日),セルフ塾学習室でk
漢字検定を行いました。
午後3時00分~4時00分(60分)・・・2級・準2級・4級・6級
午後3時00分~3時40分(40分)・・・8級・初10級
午後4時30分~5時30分(60分)・・・3級・5級・7級
午後4時30分~5時10分(40分)・・・初9級

 今回は,31人が申し込みましたが,7人が欠席でした。いつになく多い欠席です。学校対抗の試合が重なったためです。1ヶ月前に申し込みをするので,そうなるのですね。
 特別欠席という制度が最近設けられていて,公式試合や病気の場合で,協会が 認めた場合には,次回無料で受験をすることができます。
 今回,申請したのですが,どうなるでしょうか。今朝,協会から電話があり,追加の報告が必要になりました。まあ,それで申請が認められればいいのですが。
 きょうの試験の方は特に問題なく無事に終わりました。

セルフ塾のノルマ制
 まず,セルフ塾の一番大きな特長は,基本的に黒板に向かっていっせいに授業をするのではなく,セルフラーニングをするところだということですね。

 それぞれがやってきたら教材を取り出して広げてそれぞれの課題に取り組む。机は壁に向いています。
 教材のほとんどはセルフ塾独自のもので,セルフラーニングができるように工夫されています。黙々と説明を読んで,問題を解いていきます。

 ぼくの理想はシーンした雰囲気なのですが,セルフ塾はけっこううるさいです。喧噪の中にある,といえば言い過ぎかもしれませんが,もっと静かに勉強できないのか,という感はあります。

 セルフ塾の第2の特長は,「ノルマ制度」でしょうね。

これは,セルフラーニングだからこそできることです。一斉授業ではできません。

毎日の課題が決まっていて,それが終わったら帰っていいのです。

だから,けっこうみんなまじめに課題に取り組んでいます。
「まじめだねえ」などと言うと「だって,やらないと帰れないのに」という返事が返ってきます。

ノルマ制だと,まじめにさっさとやったほうが得だ,ということを生徒の方が一番よく知っているのです。

 黒板授業で,やってもやらなくてもその日は終わるのではなく,自分がやることによってしか終わることができません。

 ある意味,確かにきびしい制度ではありますね。「ノルマ」という響きもあまりいいものではありません。

 しかし,勉強にはそのようなきびしさも必要だと思うのです。

5ポイント休暇
 セルフ塾には,「5ポイント休暇」があります。前は「ボーナス休暇」と言っていましたが,ルールが変わり,名前も変わりました。

 中学部は,月曜日から金曜日まで,毎日です。それで,休みというのがとても大きな強化(ほうび)になります。

 その日の課題を達成できたかどうかは,それぞれの生徒が持っている「計画帳」に記入することになっています。

 課題達成の日が5日続いたら1ポイント得ることができます。日曜,祭日などは入っても構いません。
 
 連続でない場合には,10日分で1ポイントとします。

 それが5ポイントたまると,1日の休みがもらえるというものです。

 生徒は,5ポイントたまるのを目指して,こつこつと勉強に励んでいます。効果は確実にあると実感しています。

 行動分析学では,強化というのを重視します。まあ,簡単に言えば「ほうび」ですね。

 ほうびがもらえる行動は強化される,つまりその後も起こるのです。
 よい行動をすれば,ほうびを与えれば,その行動は多くなるはずです。
 そのほうびは物でなくてもいいのです。

 その原理に従って「5ポイント休暇」をいうのを設けたのです。

 また,トークンというのも行動療法(行動分析学を基礎とした療法,行動変容)では用いられます。トークンとは,感単に言えば,お金のようなものです。カレンダーに○をつけるでもいいです。
 何かやったらトークンがもらえる。それがいくつかたまると実際のほうびがもらえる,というものです。
 5ポイント休暇はトークンを利用したものだと思っています。

セルフ塾,生徒の一日は?
 (こーすけさんから,メールをいただきました。)


おはようございます。

領収書到着いたしました。ありがとうございます。ニュースレターも添えていただき、早速読みました。

生徒さんの表彰だけでなく、卒業生が来塾したニュース、そして、私のことも記事にしていただき、すべて楽しく読ませていただきました。

私もセルフ塾を見習い、こんなに素敵な塾になるよう頑張りたいと、決意を新たにしました。


話は変わりますが、いよいよ来月から、教室の準備、生徒募集に入ります。

そこでセルフ塾について、質問させていただきます。

セルフ塾での、Yojiさん、生徒さんの一日の様子を知りたいです。
本来ならば、見学させていただきたいくらいなのですが、何分すぐに伺うことができませんので。

先生(学習援助者)は、何をしているのか、どのように生徒さんと関わるのか、細かな作業も含めて、一日の様子が知りたいです。

また、セルフ・ラーニングにおいて、生徒さんが教室に来てから、帰るまで、どのような動きになるのか、知りたいです。
例えば、その日一日の学習プランはどう決めるか、学習のようす、休憩時間、採点チェック・質問の様子、辞書などの使い方、
さらに、生徒さんの集中力を保つ様子(集中力が切れるとき)など、一日の流れが知りたいのですが、いかがでしょうか?

よろしくお願いいたします。


(いくつかの質問が寄せられたので,ひとつずつお答えいたします。もうすぐ塾が始まるので,終わってから書きますね)

セルフ塾,生徒の一日
 セルフ塾の流れを書きます。

 小学生は,月曜日,水曜日,金曜日の週3回です。
 中学生は,基本的に,月曜日から金曜日まで毎日。月に1日(第3火曜日)は,スペシャルオフで休みです。

 小学部は,午後5時30分~7時まで。

 中学部は,午後7時15分~10時30分。ただし,早く課題をすませたら,帰ることができます。

 生徒は,塾に来ると,まずタイムカードを押します。
 そして,時間割にのっとって,その日学習する課題を計画帳に記入します。
 時間割は,私どもが定めてあります。別ページで時間割は紹介いたします。
 休み時間は,小学部はなし。
 中学部は,8時から8時12分。このときに食事をとる生徒がいるので,少々長め。
 8時55分~9時。休み時間はこの2回だけ。でも,一斉授業ではないので,生徒は適当に休んだりしています。

 生徒は,まず前回やった分の間違い直しをします。自分で考えたり,辞書や参考書を調べたり,また学習援助者から習ったりして。

 そして,チェック係りに提出します。それが返ってくるのを待ちながら,その日の課題をこなしていきます。

 間違い直しも終わり,その日の課題を終わったら,私ども(私と妻)に印鑑を押してもらい,チェックに提出します。
 そして,計画帳で,終わった課題に○しるしをつけます。

 10時30分になっても課題が終わっていなくても,終了です。計画帳のできなかった課題に×しるしをつけます。途中までやったものは△しるしです。
 まったくやっていない課題にはそのページの上に印鑑を押します。できなかった印になります。

帰ります。帰るときにもタイムカードを押します。

 一応,生徒の塾での流れはこんなものです。
 時間割,学習援助者,チェック係りなどについては別ページで紹介いたします。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.