セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

平和を考える
 mixiともだちからメールをいただいた。沖縄に来て,そしてひめゆり平和祈念館をおとずれ,平和,憲法9条について考えたとのこと。

 偶然ではあるが,実はぼくは昨日読谷村のチビチリガマを訪れた。大学時代の後輩で,友人の妻である金沢市の議員Yさんが訪れたので,彼女に会うためである。

 チビチリガマは集団自決のあったところだ。もちろんぼくはそのことは知っていた。しかし,役場で遺族会の会長をなさっている方の説明は心を動かされた。

 集団自決そのものももちらん悲劇である。しかし,戦争が終わってもその悲劇は終わっていなかったのだ。その関係者は長い間口をつぐんで苦しんでいた。自殺未遂をおこした人もいた。酒におぼれて現実逃避をする人もいた。すべての人が苦しんだのだろう。


 沖縄の人の平和に対する思いは,本土の人とかなりちがうように感じる。
 あの戦争を体験したからだろう。そして,戦争が終わって生まれた私たちもそれを感じている。

 平和に対する願いは強い。

 しかし,それをどうすれば実現するのかについての考えは浅い,とも感じる。

 だからmixiともだちの彼が書いてあること,憲法9条をどうするのか,についての理論は足りない。私もそのひとりである。

 とにかく,平和でなくちゃいけない,戦争はいやだ。

 ぼくはそれでもいいのではないか,とも思う。とにかう平和でなければ。

 その実現のために,どうすればいいのか,政治家は考えてくれ。それがあなたたちの仕事だ。

 それを懸命に考えている人に私の一票をたくしたい。

 もちろん,だまされてはいけない。平和をさけびながら,戦争へつっこんでいく姿をかくしている政治家もいる。それは忘れないで。
スポンサーサイト

日本の消費税率は低い」は大ウソ
ivedoorニュースの記事です。

「日本の消費税率は低い」は大ウソ

「主要国の多くは、食料品など生活必需品の税率を軽くしています。イギリスでは食料品、国内旅客輸送、医薬品などの税率はゼロ。フランスも新聞、医薬品の税率は2.1%です。アイルランド、オーストラリアも食料品の税率がゼロ。日本のようにすべての国民を対象に、日用品も贅沢品も関係なく一律に分捕る制度ではないのです」(経済ジャーナリスト)

これは『日本の法人税率は高い』という言い方にも当てはまる。ナフサ原料の非課税(約4兆円規模)などの税制優遇があるのに、法人税だけを見て、日本の企業の税負担は大きいというのは乱暴です」


 こういうのは,赤旗や全国商工新聞を読んでいるのでよく知っています。しかし,livedoorニュースでも読むことができるのですね。そうすると多くに人にも受け入れてもらえるかも。

三大銀行 10年以上 法人税ゼロ
 これは,赤旗の記事です。
三大銀行 10年以上 法人税ゼロ

「三大銀行(メガバンク)グループ傘下の6銀行は、10年以上、法人税をまったく払っていない」

大手銀行は、不良債権処理で発生した巨額の損失を繰り越すことで、課税所得が相殺され、法人税納付ゼロがつづいているのです。



 我々零細業者は,大きな赤字があっても繰り越すのはたったの1年。なぜ,大手が優遇されなければならないのか。

全商連国分会長と岡崎事務局長と懇談
 昨日は 午後1:00から2:00までの間、沖縄市にいました。

全国商工団体連合会(全商連)の国分稔会長と岡崎民人事務局長がいらっしゃったからです。お二人は参議院選挙の応援にいらっしゃったのです。

参院沖縄選挙区に立候補している県民共同のイジュ唯行氏(日本共産党推薦)と日本共産党の応援です。

 部屋には 10数人の業者仲間が集まりました。

 自己紹介などを行ったりして、和気藹々とした雰囲気で話し合いが行われました。

 お二人からは沖縄の普天間基地の問題、そして消費税の問題などが語られました。イジュ唯行候補のすばらしさんらも語っておられました。

 またその後、出席者の意見も出ました。

 僕も発言しました。
 一般の人は消費税のことは知っているが、法人税のことは全く知らない。これはマスコミの責任である。大企業から広告料を受け取っているマスコミでは真実を語ることは出来ない。僕はブログなどでそういうことを発信していると、

zenshouren.jpg


情けない・・・消費税アップもしかたない
 街頭インタビューなどで,「財源がないのだから,消費税アップもしかたないのでは」という声を聞くと情けなくなってしまいます。

 昨日,催眠商法のことをテレビでしていましたが,それにそっくり。

 きのうやっていた催眠商法では,お年寄りを一カ所に集め,最初は安いものを無料で与える。そして最後に高価な布団と買わせるのですね。催眠術にかけて,おおもうけをするのです。

 「財源がない」「財源がない」といって国民をだまして,消費税を上げて,おおもうけをしようとしているのです。

 財源がないなら,なぜ法人税を下げようとしているのですか。
 消費税をあげての収入金額と法人税を下げて出ていく支出金額はほぼ同じ。

 消費税は法人税のために使われるのですよ。

 もし,消費税が福祉のために使われるとしても,これまで福祉のために使われてきた予算で法人税の減収を埋めるということでしょう。

 ということは,消費税は法人税のためにアップするということと同じではないですか。

 菅首相の催眠にかかって,消費税アップもしかたないと言っている人のほっぺをたたいて,目を覚ましてあげたい。

日本の法人税は高くない
法人税 「40%は高い」といいながら実は…
ソニー12% 住友化学16%

 次は,2010年6月24日(木)「しんぶん赤旗」からです。

法人税 「40%は高い」といいながら実は…ソニー12% 住友化学16%
 日本のトップ大企業の利益にかかる法人課税の実際の負担率が優遇措置によって30%程度であることが本紙の試算でわかりました。日本経団連は現在40%の法人実効税率が高すぎるとし、減税を要求していますが、大企業が払っている税金ははるかに低いのが実態。法人税減税の財源を消費税増税に求めるのは身勝手すぎます。

 次は,2010年6月29日(火)「しんぶん赤旗」からです。


「日本の法人税は高すぎる」というが三大銀行 10年以上 法人税ゼロこの不公平税制こそただせ

志位委員長が指摘
-------------------------------------------------------------------------

 日本共産党の志位和夫委員長は28日、千葉県内での街頭演説のなかで、「日本の法人税は高すぎる」という財界の言い分が、まったく事実と違うことを指摘しました。そのなかで「三大銀行(メガバンク)グループ傘下の6銀行は、10年以上、法人税をまったく払っていない」という事実を告発しました。


法人税、決して負担は重くはない
 毎日新聞に次の記事がありました。

「選択の手引:’10参院選 成長戦略 法人減税の大合唱 応分負担、視点欠ける」 

日本の法人税は約40%(実効税率)だが、欧州連合(EU)各国やアジア諸国では20%台まで引き下げが進んでおり、「このままでは日本企業の競争に不利」と懸念してのことだ。ただ、企業の社会保険料負担分も加味して比較すると「決して負担は重くはない」との側面もある。



 消費税を上げて,法人税を下げるというのは許せません。

読谷村議会議員選挙速報 2010年
 読谷村議会議員選挙の結果が先ほど11時過ぎに発表されました。
 それをここに掲載します。FM読谷を聞きながらメモをとり、それを活字にしたものです。名前など、間違えている可能性もあります。正式な発表ではありません。

 いろいろさがしたのですが、このように知らせるページがありません。知りたい人はいると思うので、ぼくが掲載します。


当選 イハアツシ 1285
当選 山内まさのり 1226
当選 山城正輝 1161
当選 城間勇 1120
当選 新垣スーコ 1095
当選 知花トクエイ 959
当選 国吉マサカズ 939.791
当選 仲宗根モリヨシ 892
当選 大城ユキハル 831
当選 ツハコキクエ 804
当選 カデカル林春 791
当選 当山カツヨシ 786
当選 当真リョージ 772
当選 上地リエコ 761.249
当選 照屋セイシュウ 751
当選 長浜ムネノリ 748
当選 比嘉イクヤ 746.654
当選 上地サカエ 671.75
当選 いさ真武 656
次点 島袋ヒデミツ 606
落選 比嘉ゲンセイ 394.345
落選 池原マサカツ 101.208

権力が世襲される
 最近は、北朝鮮の後継者問題が話題になっています。世襲制で、金正日(キム・ジョンイル)総書記の三男正恩(ジョンウン)氏が後継者になりそうだ、というニュースです。

ジョンウン氏、髪型は祖父似 拍手の仕方は父親似

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)総書記からの権力継承路線が明確になった三男ジョンウン氏とみられる男性の写真と映像が30日、労働新聞や朝鮮中央テレビを通じて公にされた。その容姿や振る舞いは、祖父や父の姿をほうふつとさせる。



 一国の指導者が世襲制をとっているというのは、私どもにとっては、とてもおかしい感じがします。

 北朝鮮の人は、そのようなばかげたことをおかしいとは思わないのだろうかと、不思議に思います。

 でも、少し見方を変えると、おかしなことでも何んでもないのです。

 日本の100年少し前のことを考えてみましょう。江戸時代です。

 あのころは将軍は世襲制だったのです。そのことに対しておかしいと思うような日本人はほとんどいなかったはずです。

 NHKの大河ドラマ「龍馬伝」で次のような場面が出てきます。

 坂本龍馬がアメリカの大統領(プレジデント)が選挙で選ばれる、どのような職業に人であってもプレジデントになれる、ということに、とても驚いた表情をしているという場面です。

 江戸時代の人たちからすると、国の将軍、大統領が選挙で選ばれるということこそ驚きなのです。

 親から子へ世襲されるということの方が当たり前なことなのです。

 今は天皇も権力がありませんが、あれは世襲制です。それについて全く不思議に思わない人も多いようです。

 いずれにしても、民主的な考えかたというのは作られていくものです。民主的な考えかたができていない人々にとっては、最高権力者が世襲されるというのも全く不思議なことではないということです。

 だからこそ、民主的な考えかたを啓蒙するということは、とても大切なことなのです。

増税反対、沖縄民商の自動車パレードに参加
きのう、沖縄民商の自動車パレードに参加しました。

 消費税引き上げやめよの自動車パレードです。

 沖縄民商事務局から送られてきたFAXには

 これ以上を増税されたら商売できません!
 増税に反対の会員は全員集合!

 とありました。その通りです。同感ですので参加することにしました。

 12時過ぎ、沖縄民商事務局に到着。

 沖縄民商の皆さんが作った沖縄そばをまずは食べ、腹ごしらえ。おいしいそばでした。
parade1.jpg
parade2.jpg


 そして飾り付けをして出発です。
parade3.jpg


 僕はスクーターでの参加。のぼりをスーパーマンのマントにしたてて首に巻き付け車のうしろを走りました。

 10台ほどの車が連ねて増税反対を訴えました。

 沖縄民商事務局前を出発、胡屋、高原、宮里と進みました。

 胡屋の十字路では街頭演説も行われました。
parade4.jpg
tarade5.jpg
parade6.jpg
スパイダーマンも増税反対です。

parade7.jpg

 途中で電池がなくなってしまいました。動画をとって、保存中に。だから動画はなし。残念。

 僕は4時から中学部のテスト勉強があるので、2時の沖縄税務署前で別れて帰ってきました。


より大きな地図で 沖縄民商自動車パレード を表示


尖閣衝突事件のビデオ
尖閣衝突事件のビデオ

どうなる尖閣 海上保安庁6

尖閣衝突事件のビデオのようです。たぶん本物。
海上保安庁が尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件を撮影したビデオ




読売新聞と非論理的な解釈・・・rinkaanさんのブログから
 rinkaanさんからコメントをいただきました。ありがとうございます。

読売新聞と非論理的な解釈
朝、読売新聞を読み、その非論理的な解釈に唖然とし、ブログに書いてみました。こういうふうに、新聞は事態を表現するのですね



コメント,メールのブログ掲載について

以下はrinkaanさんのブログからの転載です。

全然ロジカルではない新聞を読んでいる私たち

2010年11月30日 | Weblog今朝朝刊(2010/11/29)を開くと、沖縄知事選で仲井真知事が再選されたという記事が一面に載っている。私は沖縄情報に疎いとは思うが、それでもこの知事選の重要性くらいは理解できなくはない。ところが読売新聞を読むと、もうメチャクチャに非論理的な分析なので唖然とする。本当のことを言えばビックリしたわけではない。だが、やっぱりそのバイアスを思うと唖然とするのである。

敗れた伊波氏について、読売新聞は次のように書く。

「普天間の米領グアム移転を主張した伊波氏は、日米安保条約の見直しを唱えるなど急進的な姿勢が有権者の離反を招き、支持が伸びなかった」。

ではいったい何票づつ得たのかと言えば、現職の仲井真氏が33万5708票、伊波氏が29万7082票である。普通に言えば、これは接戦ではないか。しかも、沖縄自民党が県連レベルで仲井真支持し、与党の民主党が自主投票だ。伊波氏を支持しているのは少数政党でしかない。とすれば、逆風が吹いているはずなのに、伊波氏が接戦に持ち込んだのは何故かと問われなくてはならなかったはずだ。ところが、「離反を招いた」とか「支持が伸びなかった」と読売新聞は記述してしまった。要するに、「急進的な姿勢」故に離反を招いたと言う表現は、どうみてもバイアスがかかっているというものだ。

おそらく、急進的な姿勢を提示したが故に、伊波氏は支持を集めたのである。しかし、読売新聞はその急進的な姿勢を断固として黙殺したいのである。

ロジカルな読解能力を育成する観点から言えば、読売新聞の問題点は明らかだ。急進的な姿勢が沖縄市民の支持を集めているということを事実として認めるべきだったのだ。そして、伊波氏も仲井真氏も、現状に強く不満を持っているということでは、現状認識ではそれほどの差異がないこと認めるべきだったのだ。そのうえで、日米同盟の重要性を説き、沖縄の市民が「非理性的」な反応をしてしているとして、断固として沖縄県民の意向を否定するような厳しい論評をすべきだったのだ。それこそが、読売新聞の正々堂々たる仕事ではなかったのか。

ところが読売新聞は、事態を誤魔化そうとしたのである。自分に敵対するモノは見えなかったふりをする方針である。まことにケシカラン新聞である。だが、読売新聞のような姿勢こそが、世の一般的な処世術なのだ。見て見ぬふりをする、正論をぶつけるのではなく、むしろ事実を歪曲して報告することによって、自分の利害を守ろうとするやり口だ。

こういう新聞を読んで、子どもたちや市民がロジカルなリテラシー能力を身につけられるだろうか? たしかに一部の秀才たちは何かを学ぶだろう。「自分の利害やスタンスを表立って表明するのではなく、事態をこういうふうにワイ挙止して表現すれば良いのか、なるほど」と学習しているに違いない。しかし、多くの普通程度の高校生は、混乱してしまうに違いない。「勝利した知事は33万票以上だったが、無理な急進的な姿勢を示した候補者は29.7万票しかとれなかったのか、なるほど」などと丸暗記的な文章読解をしてしまうにちがいないではないか。これでは、ロジカルな思考能力の養成を試みても、台無しになってしまうだろう。

ロジカルな言語表現が支配的ではない世界において、我々はどうやってロジカルな読み方を教えたらよいのだろうか?



rinkaanさんの書かれている通りだと思います。

 確かに 1票差であったとしても 勝ちは勝ち、負けは負けです。

 でも、実際には伊波さんに投票した人がかなりいたということも、見逃すことはできません。僕を含め多くの人が伊波さんに勝ってもらい、そして将来の沖縄を平和な沖縄にしてもらいたかったと思っています。

 さて、今回の選挙でなぜ仲井真が勝ったのか。
 それは読売新聞が書いているようなことではなく、争点がぼかされたためだと思っています。

 日米安保条約云々ということは、今回の選挙では全く触れられていません。争点にはなっていません。

 これまで県内移設も容認してきた仲井真知事が県民の強い意志によって県外移設をいわなければならなくなりました。仲井真知事が県外移設を言うようになったので、仲井真でもいいのではないか、と思った県民が数多くいたのだろうと思います。

 あとは現職の強みがあったのでしょう。知名度もかなり仲井真の方がありました。

 仲井真知事が県外移設をいうことによって争点がぼかされてしまったのです。決して読売新聞が書いてあるようなことはないと思っています。

 もう一つ負けた原因として考えられるのは、日本全体に言えるでしょうが、保守化の流れだと思います。

 僕が学生のころは日本が変わることを多くの人が望んでいました。しかし、現在は今のままでもいいのではないかと思う人が多くなっているように思います。それが今回の知事選にも反映したのではないでしょうか。

教会が燃やされているビデオをご覧ください
教会が燃やされているビデオをご覧ください。
 Lnag-8友人ローズさん(エジプト人)の日記を転載します。

2011年5月8日 18:52
イスラーム過激派は成人マリミーナ教会を燃やしている。
写っている人の声は:3軒の教会を燃やされた!コプト教徒は良いイスラーム教徒に手伝って欲しい。もし一軒のモスクが燃やされたとしても皆がどうしますか?ビショップ.サラバモンがこの教会を立派に設立したのに全部は風に吹かれてしまった!!生まれ育った教会は目の前に消えてしまいます。
ツイッターにも記載しました。ツイッターIDは:Jprosemary です。
http://youtu.be/4ajjl2uCFPQ




朝日新聞の記事
イスラム教徒と乱闘、コプト教会炎上 エジプト


エジプト、コプト教徒のデモ
Lang-8の友人ローズさん(エジプト人でコプト教徒)の日記をここに転載いたします。



キリスト教徒のデモ
2011年5月16日 06:24

教会が燃やされてから、治安部隊はそれに対して何の反応もなかったため、キリスト教徒テレビ局前でデモをしようと決心していた。

デモをしている間に、1月25日のネット革命と同じように治安部隊に守って欲しいと要求していたが、「いやー自分でデモをすると決めたからには、自分で自分のことを守りなさい」と返事してしました。

今日のデモで、私の友達がいて、ひげの長い人がデモに無理やりに押しかけて、キリスト教徒を3人殺し、多数人も大怪我しているため病院に運ばれた!!

怖い日々が続いているけど、治安部隊もサラフィ主義者やイスラム過激者を拘束していない。宗教間が火に焦げつけられている状態を鎮圧できない。

それにしても、コプト教徒がSit-in?の要求に答えられない限り、終わらない、ここで教会に対する迫害が終わるか、ここで死ぬかの問題だ!と述べている!!



(以下は僕がローズさんの日記に書きこんだコメントです。)

ローズさん、まずはご無事のようで安心しました。
ローズさんのページにいっても長い間ログインもしていなかったので、心配でした。

日本のマスコミでもエジプトのことは取り上げられています。

 でも宗教間の争いといった取り上げられかたで、どっちもどっちという立場をとっています。
 つまりイスラム教徒によるコプト教の迫害といった立場ではなく、二つの宗教がぶつかっているという立場です。マスコミもどちらか一方の立場に立つのは難しいのでしょう。

 だから、ローズさんの声というのはとても大切です。どんどんこのように日記に書いてください。
 ぼくにできることは、それを自分のブログにコピーして張り付けるだけですが、できるだけお手伝いしたいと思います。

所得税の収支内訳書は、過大な負担と思えば提出しなくていもいい
 昨日は沖縄民商読谷支部の学習会が行われました。収支内訳書の提出についてです。

 沖縄民商事務局から事務局員の比嘉さんが参加なさいました。

 まず、「全国商工団体連合会」発行の「班・支部活動の手引き」の読み合わせを行いました。

 そして収支内訳書のことについて学習しました。

 沖縄民商では、確定申告の時に、もし収支内訳書を出すのが大変だと思えば出さなくてもいい、という指導がなされています。

 僕も収支内訳書は出していません。

 すると毎年のことですが、確定申告のあと、収支内訳書の提出を求める文書が税務署からきます。それに対して、その文書を返還し、今後そういうものを送らないようにという運動を民商でやっています。

 僕は事務局員にたずねました。
「いじわるな質問ですが、収支内訳書は法律では提出しないといけないとなっていますよね。
でも、民商では罰則規定はないのだから出さなくてもいいと言っている。
罰則がなければ、法律は破ってもいいのですか」

 それにたいし、一緒に参加していた元事務局員のShueiさんが答えました。
「罰則がないからということではない。

この収支内訳書のことが 1984年の101国会でi話し合われた(「101国会」と覚えているところがShueiさんの記憶力のすごさですね。)

 その時に民商では大きな反対運動がおこった。それがあったため、101国会で付帯決議がなされたんだ。
 その付帯決議とは、
零細事業者に過大な負担を押し付けてはならない
収支内訳書の提出は強要すべきものではなく、納税者の判断で決める

というものだ。

 だから過大な負担になると思えば出さなくてもいいんだよ。
あなたが負担に感じないなら出したらいいよ。」

 その時、僕がその付帯決議をきちんと知りたいと尋ねましたが、その時は資料が出ませんでした。

 でも、およそのことは分かりました。そういうことなら僕も納得です。

 僕は収支内訳書を提出するのを負担に思えば、無理に収支内訳書を出さなくてもいいということになります。

 学習会が終わって塾に帰ってからネットで調べてみました。

 付帯決議というのは次のようなものです。

http://www.zenshoren.or.jp/zeikin/1point/090202-04/090202.html

参議院大蔵委員会では

「記帳・記録保存及び確定申告書に添付する書面制度等に関しては、その内容方式等について納税者に過大な負担となることがないよう十分留意するとともに、適正な運用に努めること」

と「付帯決議」がなされています。


 Shueiさんが話していた通りです。
 納税者にとって過大な負担となるのであれば、税務署側も十分留意しなければいけないということになります。

 提出するかどうかは、僕にとって過大な負担となるかどうかです。それは僕の判断ということですね。よく理解できました。

情報を持っていくなら握りつぶしたりなどしない「しんぶん赤旗」
  7月22日金曜日の「しんぶん赤旗」に、日本共産党の志位和夫委員長が外国特派員協会でおこなった講演と一問一答が載っています。

 そこに次のような一問一答がありました。

「赤旗」のスクープは、どのように情報を得ているのか?

( 質問 ) 九州電力の「やらせメール」問題は、「赤旗」のスクープでした。どのように情報を得たのでしょうか。この記事はキャンペーンの第1撃で、第2撃、第3撃はあるのでしょうか?(笑い) ・

( 志位 )「しんぶん赤旗」のスクープについて評価をしていただいて、ありがとうございます。

 この経過をいいますと、私どもの福岡県委員会に、九州電力の関係会社の方から連絡がありました。私たちが九電に立ち入って調査したというよりも、私たちに情報が寄せられたのです。「しんぶん赤旗」はその情報を慎重にたしかめて、信ぴょう性に間違いがないとして報道に踏み切りました。

 「しんぶん赤旗」が報道した段階では九電は否定していました。そこで国会で、笠井亮衆院議員がこの問題を取り上げました。海江田万里経済産業相は「そんなことがあれば許されないことだ」と答弁しました。そういうやりとりを経て、その日の夜、急きょ九電は事実を認めることになりました。

これが経過ですが、「しんぶん赤旗」のスクープというのは、多くの場合がそういう形で、情報提供者が私たちを信頼して寄せていただいた情報をもとに、スクープとなることが多いのです。

 「しんぶん赤旗」にもっていけば握りつぶしたりなどしないだろうと(笑い)、みんなが安心して託してくれます。そして私たちは情報提供者を絶対に守ります。この点でも信頼があります。

 今後も、同じような事態が起これば、私たちに情報を寄せてくれる動きも起こるでしょう。その時には、私たちは同じような行動を取ることになります。


 「『しんぶん赤旗』にもっていけば握りつぶしたりなどしないだろう」というのがおもしろいし、そうだそうだと納得しています。

 テレビドラマや、映画などでよくありますね。

 主人公の新聞記者が特ダネを手に入れます。そしてそれを記事にしようと頑張る。

 最初は、編集局局長なども大いに賛同して後押しをします。

 しかし、いざ新聞が印刷にまわされる直前になると.編集局長がその新聞記者を呼び出し、
「この記事はボツになった」と言います。

「なぜですか?」と食い下がる新聞記者。

 編集局長は、悔しそうな表情を浮かべながら、「とにかくためなのだ」と答えます。

 結局、上からの圧力によって握りつぶされてしまうのです。

 こういうことが一般紙では、実際に起りそうな気がします。素人判断で申し訳ないのですが。

 しかし、「しんぶん赤旗」だと権力に決して負けない、という信頼感があります。だからこういうスクープを持ち込むなら、にぎりつぶしたりしない「しんぶん赤旗」だということになります。

 このようして、スクープが「しんぶん赤旗」に集まるというのもうなずけるものです。

 そして志位委員長が語っているように、情報の提供者を絶対に守ってくれるという信頼感もあります。

 今後もいろいろなスクープが「しんぶん赤旗」でおこなわれることを期待しています。

YouTube「#東電に入ろう (倒電に廃炉)」・・・これがフォークだ
mixi友だちのAnragiの日記で紹介されていたので,ここにも貼ります。

 このように現代の世の中を批判的に歌うのがフォークだ。まずは聞いてください。


YouTube「#東電に入ろう (倒電に廃炉)」・・・これがフォークだ




■「東電に入ろう(倒電に廃炉)」
  
 G      D7
1皆さんがたの 中に
 
 D7         C
東京電力に入りたい人は いませんか
 
 G        D7
ひと旗あげたい人は いませんか?
 
 G  C/D7 G
東電じゃ人材  もとめてます

 G  D7    G
※東電に入ろう  入ろう  入ろう
 
 G A7   D7
東電に入れば この世は天国
 
 C  G C  G   C/D7    G
男の 中の 男はみんな 東電に入って 花と 散る!
 
2スリルを味わいたい 人いたら
いつでも東電に お越しください
ウランでもプルトニウムでも なんでもありますよ
下請~け使えば 平気です
 
※くりかえし
 
3原発推進派の みなさんは
原子炉の真下に お集まりください
いますぐ体に悪い わけじゃありません
シャワーで洗えば 平気です
 
※くりかえし

4原発はクリーンな エネルギーです
プルトニウムはそんなに怖い もんじゃありません
放射能出すといっても 半減期は
たった~の2万と 4千年です
 
※くりかえし
 
5日本のエネルギーを 支えるには
原子力に頼らないと いけません
多少の被爆は やむをえません
イソジン飲んでおけば 平気です

※ くりかえし
 
6使用済みの核燃料は ぜんぶまとめて
ドラム缶に詰めたら だいじょうぶ
六ヶ所村のプールで 冷やしてます
たった~の300年の がまんです

※くりかえし
 
7水が漏れてるけど 騒ぐんじゃない
煙が出てるけど あわてるな
屋根が吹っ飛んだけど 全然だいじょうぶ!
とにかく塩水で 冷やしてます
 
※くりかえし
 
8いますぐ危険って わけじゃないけど
牛乳も野菜も 捨てましょう
政府のおエライさんが 言ってます
補償は税金で 払います
 
※くりかえし
 
9ガイガーカウンタは 売り切れてます
君たちそんなもの持っちゃ ダメですよ
放射線の値は こちらで発表します
信じる者は 救われる!
 
※くりかえし









東日本大震災の復興のため、サラリーマンや自営業者だけは大増税、大企業は減税
東日本大震災の復興のために、増税が行われようとしています。多くの国民はまあ仕方がないことだろうと思っています。積極的に税金を上げて、復興の手助けをしようではないかと思っている人もいます。
 それについては置いておきましょう。

 実はこういう中で大企業には減税が行われようとしているのです。
これは国会において大臣が答弁しています。

 安住淳財務相は28日の参院予算委員会で、政府・民主党が決めた復興財源案に関して「法人税は増税になっていない」と述べ、「増税」といいながら法人税については実質2%の減税になることを認めました。自民党の礒崎陽輔議員への答弁。


http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-09-29/2011092901_02_1.html

 こんなことがあっていいでいいのでしょうか。「ふざけるんじゃないよ」と頭にきています。

 大企業こそ、この時期には増税を行って大震災の復興に尽くすべきなのではないでしょうか。

 この現実を多くの人に知ってもらいたいです。
 民主党政権が、このようなことをしているのだということを多くの人に知ってもらいたいです。

庶民には8兆円増税 大企業は11兆円減税
 東日本大震災で打撃を受けた東北地方の皆様方に、できるだけ早く復興してもらいたい、多くの日本人、世界中の人々の願いです。

 そのためには、税金を増やされても仕方がない、と思っている人も少なくありません。

 その増税分は8兆円とのこと。

 しかし、一方、大企業の減税が11兆円になるとのことです。

 庶民が増税された分が、すべて大企業の税金を減らすために使われることになります。

 大企業は、東日本大震災が起こってよかった、と思っているのかもしれません。

 こんなことが許されていいのでしょうか。


復興財源の怪/みんなで負担 ?/庶民には8兆円増税 大企業は11兆円減税 - しんぶん赤旗


 日本共産党の大門実紀史議員は6日の参院・東日本大震災復興特別委員会で、復興財源のうち、11・2兆円を臨時増税でまかなう政府・与党の方針について、庶民にだけ増税し大企業・大金持ちには減税するものだと明らかにし、「みんなで負担を分かち合うというのなら大企業にも負担してもらうべきだ」と主張しました。


「反増税派を番組に出すのは勇気いる」とTVディレクター証言
 mixiともだちのつぶやきで知った記事です。

「反増税派を番組に出すのは勇気いる」とTVディレクター証言

野田佳彦・首相が年頭会見で消費税増税を「ネバー・ネバー・ネバー・ネバー・ギブアップ」と語るなど、露骨な増税路線が敷かれ始めた。財務省による大新聞、テレビを巻き込んだ世論工作も活発化している。メディアに対しても元経産省官僚の古賀茂明氏ら反増税派言論人の露出をやめさせるべく圧力をかけている。

反増税派きっての論客、元財務官僚の高橋洋一・嘉悦大学教授も標的にされた一人だ。財務省内では「高橋はブラックリストの筆頭」(同省有力OB)とされ、高橋氏も、「最近、対談の企画や討論番組への出演依頼の後、『今回はご遠慮させていただきたい』とキャンセルされるケースが何度かあった」と語る。(以下略)



 おそろしいことです。与論が操作されています。

 これでは、言論の自由もない。

 テレビを見ると、「消費税の増税はしかたないんじゃない」、とか、もっと積極的に「増税するべきだ」という人の声がおおくなっているように感じます。

 それは、言論が操作されているからなんですね。実態が分かった気がします。

 70年代、80年代、日本人はすべて中流意識がありました。それが、いまは格差社会になっています。

 一部の人に富が集まっているのです。それは政治によるシステムのせいです。

 消費税はどんな貧乏な人でも払わなければいけません。
 一方で、法人税は低くなるし、高所得者の所得税は低くなっています。そういう税制にしたから格差が広がっているのです。

 アメリカのウォール街での抗議デモは、1パーセントの富裕層やそれを守る政策に対して「私たちは残りの99パーセントだ」というスローガンを掲げたものです。

 日本も同じです。

 しかし、操作されているから日本人は怒らないのでしょう。

 こんなときだからこそ、「しんぶん赤旗」を読むべきです。赤旗は絶対に政府の操作は受けないのですから。


大阪橋下市長を見ると、ヒトラーが台頭したころを見るような気が
 大阪市の橋下市長が思想調査を行っているそうです。
 まるでナチスのヒトラーを思わせる行動です。

橋下「思想調査」 ここが問題


 中学の公民には、ワイマール憲法が出てきます。最初に社会権を掲げた素晴らしい憲法だそうです。

 そのワイマール憲法をつくったドイツで、なぜヒトラーのような人が出てきたのか、僕には全く理解できませんでした。

 なぜあのようなひどいことをする人が、民主的な国で権力をにぎるまでになったのか。

 映像を見ると市民が熱狂して支持してる感じも不思議な気がします。

 日本も、大正デモクラシーという時期がありました。そしてその後戦争に向かっていきます。

 現在、中国や北朝鮮には、思想・信条の自由がありません。
 一昔前のソ連や東ヨーロッパでもそうでした。

 ただ、あの国々は民主主義を経たものではないので、そこに行くのがわからない訳でもありませんでした。もちろん、それがいいという意味ではありません。

 とにかく、民主主義を経た国民が、なぜ独裁者を選ぶ方向に進んだのか、よくわからないのです。

 日本の場合には、日本史をある程度知っているので、陸軍の暴走を、周りの民主的な人々がとめようと努力したにもかかわらず、うまくいかなかった過程が、少しはわかります。

 しかし、ドイツ・ヒトラーの場合は勉強不足もあり、よく理解できなかったのです。

さて、「橋下 ヒトラー」で検索すると、次のページに出合いました。

http://jin115.com/archives/51853998.html


 それの書き込みを読んで、嫌悪感とともに、ぞっとする気持ちになりました。
 ヒトラーが上り詰めていく過程は、このようなものだったんだろうと何かわかった気がしたのです。

 橋下市長の思想調査を非難する人たちを、揶揄する人たちがいるのです。
 ヒトラーの親衛隊とダブってしまいます。このように自由に書き込みができるのも思想の自由が保障されているからというのを知らないのでしょうか。

 いま日本は危ない事態にいると実感しました。

 これから日本がどのようになっていくのか見守りながら、それを阻止するために、できるだけのことをしたいと感じています。

 次のマルティン・ニーメラー牧師の言葉を思い出しました。


彼らが最初共産主義者を攻撃したとき

ナチ党が共産主義を攻撃したとき、私は自分が多少不安だったが、共産主義者でなかったから何もしなかった。

ついでナチ党は社会主義者を攻撃した。私は前よりも不安だったが、社会主義者ではなかったから何もしなかった。

ついで学校が、新聞が、ユダヤ人等々が攻撃された。私はずっと不安だったが、まだ何もしなかった。

ナチ党はついに教会を攻撃した。私は牧師だったから行動した―しかし、それは遅すぎた。

― 『彼らが最初共産主義者を攻撃したとき』,



 そして、次のようなことにならないか、日本版を作ってみました。

 橋下市長が市の職員に思想を調査を行った。
 私は橋下市長を支持していて、公務員が大嫌いだったので、喝采をおくった。

 橋下市長が教員の思想調査を行った。私は、教員も嫌いだったので喝采をおくった。

 橋下市長は、仏教徒やキリスト教徒の思想調査も行った。私は宗教を信じないので黙っていた。

 橋下市長は、新聞やテレビなどのマスコミの思想調査を行った。
私は少し不安に思ったが黙っていた。

 橋下市長は、インターネットへの書き込みを調査した。
 私はとても不安に思ったが黙っていた。

 橋下市長は、全市民に対する調査を行った。
 私は反対の声を上げようと思った。しかしもう遅かった。


保科正之に注目していきたい
 BS歴史館 今いてほしい!?日本を変えたリーダーたち(2)保科正之
を見ました。

 保科正之という人物を、僕はこの番組で初めて知りました。

 こんなにすばらしい人物が日本にいたとはおどろきです。
 本当に庶民のことを考えた政治を行った人です。そういう点では、日本共産党に通じるところがありますね。

 なぜこんなすばらしい人物が世に知られていないのか。

 明治政府は薩摩、長州の藩閥政治でした。一方、時代は違うのですが、保科正之は会津藩の藩主だったのです。

 会津藩は薩長にとっては、にくい敵です。

 そういう意味で、保科正之が世に知られることを妨げたのだそうです。

 なるほどそういうこともあり得ると思います。

 これから、保科正之に注目していきたいです。

江戸人物事典保科 正之


保科 正之 (ほしな まさゆき)
1611~1672 (慶長16年~寛文12年)
【会津藩主】 会津の名君。腹違いの兄家光の遺言で、家綱の名補佐役に。
会津23万石の藩主。徳川家光の異母弟。父秀忠の命で保科氏の養子となる。1643年会津藩の大名として入部すると、幕府に先駆けて殉死を禁じるなど、藩政を改革した。家光の遺言で4代家綱を補佐し、武断政治から文治政治に転換する幕政を主導した。殉死の禁は正之の献策。玉川上水開墾の建議も行った。


志位和夫委員長の街頭演説
 きょうは、志位和夫日本共産党委員長の街頭演説と聞きに行きました。

 カヨウ宗儀県議の応援で来たのです。場所は沖縄市コザ十字路。
 時は、午前11時。

 ぼくは少々遅れて行きました。

shiikazuo.jpg

日本共産党をのばして基地のない平和で豊かな沖縄を 県議選勝利へ志位委員長が訴え 那覇市


 日本共産党をのばして基地のない平和で豊かな沖縄を―。志位和夫委員長は29日、沖縄県議選(6月1日告示、10日投票)の応援で那覇市入りし、(1)基地のない平和な沖縄(2)県政に「福祉の心」を取り戻す(3)「足腰の強い沖縄経済」をつくる―という「沖縄県民の三つの切実な願いを日本共産党にこぞって託してください」と訴え、前進を呼びかけました。

 冒頭、志位氏は、野田政権が米軍普天間基地(宜野湾市)の「辺野古移設」をごり押しする一方で、基地を改修し「固定化」すると県民を脅しつけ、墜落事故が続発するオスプレイ配備まで強行しようとする姿勢を厳しく批判しました。「ニジティ・ニジララン(もう我慢できない)!」。沖縄県民の憤りを代弁すると、聴衆から大きな拍手が。



 録音しました。うまくアップできているでしょうか。ぼくのYahooボックスに入れました。クリックするとダウンロードされると思います。
志位和夫の街頭演説の音声

尖閣諸島、中国の反日デモで考えたこと。
NHKのクローズアップ現代を見ました。

NHK クローズアップ現代
2012年9月18日(火)放送
激化する反日デモ ~中国とどう向き合うか~

日本政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化したことに対して始まった中国の反日デモ。週末には中国各地の80を超す都市にまで広がり、一部の参加者が日系の流通チェーンや日本車を破壊するなど過激化している。日中国交正常化40年の中でも、かつてない事態であり、現地の日系企業の活動や日本人社会への影響が懸念されている。いま中国で何が起きているのか。そして、なぜこれほどまでに日中関係は悪化したのか。現地の最新報告をもとに、今後、中国とどう向き合うべきかを考える。



 それを見て、まず考えたのは、思想家ヴォルテール
の次の言葉です。

「私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」


 中国人は、彼らの考えをデモで訴えるのはいいことです。でも、あのような暴徒化は許されるものではありません。

 東日本大震災で、東北の人々が整然と列を作って待っていた姿とまるで反対です。あの姿は世界の人々を感動させました。

 なぜ、中国の人々はあのような冷静さを持つことができないのでしょうか。

 「オスプレイ配備反対県民大会」には十万人を超える人々が集まりました。そして、ぼくを含め多くの県民がアメリカの軍事基地に反対しています。

 しかし、だからといってアメリカの施設を破壊したり、アメリカ人に危害を加えようとする人はいません。みんな冷静に自分の意見を述べているのです。

 それが僕らにとっては当然の行為だと思っていました。

 そういえば、次のことを思い出します。
 ぼくの英会話の先生であるアメリカ人宣教師との話です。

 彼は、アメリカに住んでいる父親に、
「あなたは読谷村に住んでいるが大丈夫か。
読谷村は反米感情が強いそうだが、道を歩いている時に石を投げられるようなことはないのか」
といわれたそうです。

 アメリカ人宣教師は、笑い話として、ぼくにその話をしたのです。彼も日本人、沖縄人についてよく知っているので、彼にとっても笑い話だったのです。

 僕らにすれば反米感情というのと、個人的にアメリカ人とどう接するのかとは全く別なことなのです。

 一個人であるアメリカ人に石を投げるなどということはありえないことです。

 でも、今回の中国人の行動を見ると、あのことは単なる笑い話ではなかったのだな、と思いました。
いま中国では、日本人であるということで危害をくわえられることもあるとのことです。

 塾の隣は、外人住宅です。米軍基地に勤めている方が住んでいます。

 前に住んでいた方とは、かなり仲良くしていて、むこうのパーティーに呼ばれたり、塾に招いたりもしました。

 以前、県民大会が行われたときには、基地関係のアメリカ人は外出しないように、上の方から注意が出ているとの報道もありました。

 たぶん、大会参加者が暴徒化し、危害を与えるかもしれないと上層部は心配していたのでしょう。

 でも、ぼくの隣の外人さんは、いつものようにリラックスして外にいました。

 ぼくもいつものようにあいさつをしたものです。

 僕は、冷静な行動のできる日本人であることを誇りに思います。
 中国の人々も、もっと冷静に行動してもらいたいものです。

 ただ、「コザ騒動」というのもありました。糸満の轢殺事件に怒った沖縄県民が、アメリカの車などを破壊するという騒動が復帰前にあったのです。

 あれは行き過ぎだったと思います。

 集団心理というのが働いて、日本人でも行き過ぎた行動をすることがあるというのも、認識しておくべきでしょう。

橋下徹氏の政治生命をここで終わりにさせたい
 きのう、橋下徹大阪市長の問責決議が否決されました。
 しかし、彼はだいぶ追い詰められています。

 この機会に彼の政治生命に終わらせたい、と強く願っています。

 僕は、以前、
大阪橋下市長を見ると、ヒトラーが台頭したころを見るような気が という記事を書きました。

 その後も彼の勢いは止まらず、憲法改悪も現実味を帯びています。

 このままでは日本はどうなるのだろうか、と危惧していました。まだしています。

 ここにきて、慰安婦発言問題によって、彼の本音が出て国民の反発がやっとを出てきました。

 国民も彼の本質をやっと知ったのでしょう。

 今からでも遅くありません。ここで何とかとどめを打ってもらいたい。

 さて、僕は慰安婦う発言が出たころから、維新の会の女性党員、女性議員はそのことをどう思っているだろうか、関心をもっていました。

 ネットで調べると次の記事が見つかりました。

.橋下氏“慰安婦&風俗発言”、維新女性議員の反応は?

予想通りです。

 橋下氏擁護の立場です。

 彼女たちは、これまで彼のおかげで議員になれたのでしょうから、彼を批判するような発言はやはりないのですね。

 本音はどうなのでしょうか。

吉永小百合さんといっしょに安倍政権の暴走を止めよう
 11日発売の女性誌「女性自身」で瀬戸内寂聴(91)と対談し、安倍政権への怒りと原発再稼働反対への思いを改めて話しているそうです。


「核と人は共存できない」 対談で語った吉永小百合の本気度


2014年3月11日 掲載
「女性自身」で瀬戸内寂聴と

スポンサーに臆することなく/(C)日刊ゲンダイ
 吉永小百合(68)が本気のようだ。
 11日発売の女性誌「女性自身」で瀬戸内寂聴(91)と対談し、安倍政権への怒りと原発再稼働反対への思いを改めて話している。

 記事は全8ページの長文で、カメラ撮影は篠山紀信という豪華版。そこで吉永は、地震がないような国なら事情が違うと言いつつ、「原子力の平和利用なんてない、核というものは、人間とは共存できないものなんだということを、事故で初めて自覚した」と明言している。また、憲法改正、特定秘密保護法などに動く安倍政権の危険性にも目を向けるのだ。

「先日、テレビのニュースで見たのですが、〈集団的自衛権が成立したとき、あなたは戦争に行きますか?〉と、若い人たちに質問していたんです。すると躊躇(ちゅうちょ)なく、〈僕は戦争に行きますよ〉と、答える人もいて……。そう答えた人の頭の中にある戦争は、ゲームやコミックスで知っている戦争ではないかと思うのです」



このままでは、日本は本当に戦争をする国になります。危険な原発も続けられそう。

吉永小百合さんとともに、安倍政権の暴走を何としても止めたいものです。



小選挙区では、しかたないから国民の半分は自民党に票を入れた
 衆議院議員選挙が終わりました。与党、自民党、公明党の勝利のような報道がされています。

 しかし、実際はどうでしょうか。

次は、東京新聞の記事からです。


小選挙区では、自民党の得票率(有効投票総数に占める自民党候補全員の総得票)は約48%で、議席占有率は約75%。自民党は、小選挙区に投票した人の二人に一人に満たない得票で、四分の三の議席を獲得した計算。
(中略)
 比例代表では、自民党の得票率は約33%、議席占有率は約38%だった。


 まず、比例代表では、自民党は33%しか票を獲得いていないということです。3分の1の指示しか得ていないのです。これで勝利とは言えないでしょう。 

小選挙区では、得票率約48%で、議席占有率は約75%です。
 これは、小選挙区では、大政党有利というのが明らかに出ています。 

 さて、比例代表では、33%でも、小選挙区では48%の支持を得ているではないか、と思われるかも知れません。国民の半分近くお支持を得ているのだと。 

 しかし、それは単純にそうは言えないでしょう。

 小選挙区は大政党有利だということがはっきりしています。とすると、小政党は、どうせ勝てないのだからということで、候補者を立てていないのです。共産党以外はそうですね。

  だから、小選挙区では、限られた政党しか候補者を立てていないのです。その結果、しかたがないから自民党にでも入れるかということで、自民党に票が行ったと考えられます。

だから、小選挙区で得た48%の票も、そのまま国民の意見だとは言えないと思うのです。 


ツヴェンテンドルフ原発に見る 本当の民主主義
オーストリアのツヴェンテンドルフ原発は、「世界一安全な原発」と呼ばれているそうです。それついては 次のページに 詳しく載っています。

そのページの見出しだけをピックアップしてみました。

【原発】世界一安全な原発?オーストリアのツヴェンテンドルフ原発がこのように呼ばれる理由が興味深い

オーストリアのツェンテンドルフ村に世界一安全な原子力発電所がありました

1972年に着工し、1977年秋には建設を完了し、1978年より操業を開始する予定であった。

完成直前になって、放射性廃棄物の処理や安全性など原子力発電に対する懸念が、議会や国民の間に高まる

国民投票の結果、原発稼動に反対する票が多数を占め、その後「脱原発」政策を採用する事に

ツヴェンテンドルフの運用開始や他の5個の原発の建設は1978年11月5日に投票によって中止された。


このように ツヴェンテンドルフ原発は 完成しながらも、 国民投票によってそれは 動かなかったのです。

これが本当の民主主義です。 そこの住民の 意見を尊重する 、その当たり前のことを行うことが民主主義です。

ものすごい 金額が投資され完成までしたのです。 そこまできたら操業したくなる ものでしょう。 しかしそれを国民の声を尊重して 操業しないことにした のです。

名護市辺野古に新しく作られようとしている基地について、 沖縄県民は、一連の選挙で反対の声をあげたのです。 その声にしたがうのが民主主義です。

 安倍首相は 本当の民主主義に立ち返るべきです。

もし、万が一、 安倍首相が正しくても 沖縄県民の 声にしたがうべきです
 科学においては、 多数決ということは 意味がありません。
  コペルニクスが地動説を唱えたとき、 多くの人たちは それは間違いだと思っていました。 しかし 多くの人が 天動説が正しいと思っても、 真実は地動説だったのです。
  多数決で真実が決まることはありません。

  ダーウィンの 進化論でもそうです。ウェゲナーの大陸移動説でもそうです。

  科学においては、少数の意見であっても、 正しいのが正しいのです。多数の意見が天動説だから、天動説が正しいことにしよう、ということにはなりません。

  ところが政治においてはそうではありません。

  僕は新しい基地を辺野古に作ることは正しくない と強く思っています。

  でも、 もし 万が一、安倍首相がいうように、辺野古に新基地を作ることが正しいとしても、 民主主義を守るなら、沖縄県民の声にしたがって、 新しい基地を作ってはいけないのです。

  民主主義というのは正しいか正しくないかではなく、人民の声に したがう ということです。

  私が正しいと思う。 しかし、みんなが私の意見に反対なら、反対の意見を認め、従おう、というのが 民主主義を守る 政治家のとるべき態度なのです。

  国会答弁を聞くと、安倍首相は 沖縄県民の認識が間違っている、 だから 私が十分に話してあげれば、沖縄県民はわかってくれるようになるだろう、 というような立場をとっているように思います。

  民主主義というのは、人民の声を聞くことです。一連の選挙で沖縄県民は、新しい基地建設反対の候補者を選択しました。

  だから もし万が一 安倍首相が正しくても、辺野古に新しい基地を作ることは中止しなければいけないのです。

 政治において 正しいかどうかというのは、後のちの歴史が 判断してくれるでしょう。

  しかし、 民主主義を守るかどうかというのは 今でも判断できます。

  沖縄県民の声ははっきりしています。 新しい基地建設はだめだということです。

  そういう県民の声があるなら、その県民の声にしたがうのが 民主主義です。

 歴史を待つまでもなくはっきりしています。

  自由民主党の党首であるなら、民主主義を守るのは当然なことです。 民主主義を守る政治家としてどのような道をとるべきかそれは決まっているはずです。

それでも合憲だと言い張る安倍首相は駄々っ子

 国会参考人 3人全員が 違憲であるとした安保法案、それでも 合憲と言い張る安倍首相は駄々っ子でしかありません。

 国語という科目は、数学、英語などの科目にくらべると 正解 、不正解がはっきりしませんね。

 Aくんは国語が得意です。国語の答案を返してもらいました。 一問だけ不正解になっています。 そこが○なら 100点満点です。 とてもくやしく思っています。

  読み返してみると、 自分の解答のほうが正しいのではないか、 と 思えてきました。先生の解釈がまちがえているんだと 考えました。

  それで塾の国語担当の講師に 問題と答案をみせて、尋ねました。
 その講師は 、「やはりこれは 先生の方が正しいよ。 あなたの答えなら、僕でも 不正解にするな」 と答えました。

 それでも納得いきません。それでお父さんに尋ねてみることにしました。お父さんはいつでもAくんの味方です。おまけにお父さんは高校の国語の教師をしています。

 お父さんは、じっくり読んでから言いました。
「あなたの言うのも 理解できるけど、 ここはやはり先生の方が正しいよ」

  ここまで来たら 自分の それは不正解だと思うべきですね。 これが正解だ と駄々っ子でしかありません。国語は得意だといっても、専門家ではないのです。

  安倍首相は政治家です。 憲法の専門家ではありません。 憲法の専門家が3人とも 憲法に違反している と言っているのですから、 そこは素直に それにしたがうべきです。

  この法案を通したいという気持ちが先行して、不正のものでも正しいと言い張っているだけです。

 ただ、正しくないこと でも正しいものとして数の力で押し切ることができるんだと考えているから、やっかいなものです。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.