セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

カナダ、バンクーバーへのロングステイを検討中
塾講師をしながら、海外生活をということで就職活動をしてきましたが、それはあきらめて、カナダ、バンクーバーへの5ヶ月間ロングステイを検討しています。

前に書いたように、海外の日本人学習塾で講師をしながら、海外生活を楽しむつもりでセルフ塾を閉めました。

そして、これまで就職活動をしてきましたが、ほとんどが門前払いです。年齢のせいでしょうね。

ネット上で応募できる塾はすべてあたりました。(少々好みで避けた国はありますが)

10数カ所になります。

さる3月までは、塾での学習指導に集中し、応募はまったくしていませんでした。実際に応募して、その厳しさを知りました。

27年の塾経験があれば、採用してくれるだろうと安易に思っていたのです。

それで、潔く塾講師はあきらめることにし、ロングステイで海外に行く方向で考えています。

ロングステイとなると、自分のお金を持ち出すことになります。貯金を切り崩すのですね。
まあ、大変ですが、なんとかなるでしょう。

カナダは英語圏であり、ノービザで半年間いることができるとのこと。
姪と甥の嫁さんがカナダにしばらくいたことがあって、よかったとのこと。

それで、カナダのバンクーバーにロングステイする方向で検討しています。

3月には確定申告があり、そのときには沖縄にいたい、とKyokoは言っているので、3月最初にもどってくるつもりです。

いま一番の難関は留守宅のことです。犬、ねこの世話をする人が必要です。

義姉がやってくれることになっていますが、最近、義姉の家庭でちょっと問題が。
少し心配ですが、まあ、なんとかなりそうです。

バンクーバーロングステイに関して、情報がありましたら、教えてください。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

バンクーバーへのロングステイのための本
カナダのバンクーバーへの5ヶ月ロングステイを計画しています。

カナダ、バンクーバーへのロングステイを検討中

まずは情報を集めることから。

インターネットも活用していますが、やはりまとまった知識は本です。

以下の本を買って読みました。いろいろ勉強になっています。










以下は、注文して届くのを待っています。これらはどちらかと言えば向こうに行ってから使うものかな。




スカイプ電話機を買う
カナダのバンクーバーへの5ヶ月ロングステイを計画しています。

カナダ、バンクーバーへのロングステイを検討中

一番気になるのは、犬やねこのことです。

留守を義姉にお願いすることにしました。

連絡を密にしなければいけません。

インターネット電話が一番いいですね。スカイプやグーグルハングアウトなど。

でも、その義姉、PCが使えません。能力は十分にあるのですが、やろうとしないのです。

それで、スカイプ電話機を買いました。


試行錯誤しながら、なんとか設定しました。慣れたら簡単でしょうが、初めてのことはなんでも難しいです。

使い方は簡単です。かける相手が少ないので、普通の電話より簡単にかけることができます。受けるのも簡単。

これなら使えると思っています。



 実は、顔も見えた方がいいだろうと、最初テレビ電話機を買ったのです。



でも、タッチパネルで、タッチをしてもほとんど反応しません。反応したときでも、1つ上のキーのものが出てきます。

不良品として、返品しました。

それをやりながら、タッチパネルは義姉には難しいだろうな、と思って、別のものにしたのです。

実は今回買ったスカイプ電話機をぼくはテレビ電話機(ビデオ電話機)だとばかり思っていました。

アマゾンで「テレビ電話機」をキーワードに検索したからです。

小さなパネルもあるので、小さいながらテレビだろうと思ったのです。

でも、声だけです。映像は映りません。

でも、声だけでも連絡はできると思うので、これを使ってみることにします。





カナダへのロングステイ、10月9日から翌年3月1日まで
カナダへのロングステイのために、航空券の予約と10月11月の宿泊施設の予約を行いました。

出発するのが来月10月9日(木)で、帰ってくるのが来年3月2日(月)です。

これでカナダへのロングステイは本決まりです。

Kyokoと2人でPCの画面を見ながらインターネットで予約しましたが、最後の決定キーを押すときは、緊張しました。

ロングステイの業者に頼ろうかと思い、見積書も出してもらいましたが、結局はすべて自分でやることにして、動いています。

失敗もあるでしょうが、なんとかこなしていきたいです。

小さな失敗は、後で振り返れば旅の楽しみになるはずです。ただ、大きな失敗をしてしまうと、せっかくの楽しい旅がだいなしになります。細心の注意を払っていきたいです。


日本とカナダバンクーバーの時刻(時差) 対応表
日本とカナダの間にはもちろん時差があります。
それで、日本とバンクーバーの時刻の対応表を作製しました。
jisataiou.jpg

カナダに行くことにしました。留守は 義姉お願いしています。

気軽に電話で連絡できるようにskype電話を設置しました。

さて 電話をかける時に時差が気になります。それが一目で分かるように 日本とカナダの時刻 対応表を 作成しました。

これを見たら いま日本は 午後10時だからカナダは午前6時だということがすぐ分かります。

電話をかけていい時刻がすぐに分かると思います。

いろいろな国との時差が出るものはあるようですが、いまはカナダと日本の関係が分かればいいので、それにしぼって作ったら分かりやすいと思います。

楽天のカードでも外国でお金を引き出せる
 自分で外国に行くときにまず心配なのは 飛行機の便の予約、そして宿泊地の予約です。

次はお金の問題です。

ちょっとした旅行なら、多めに 現金を持っていって、紛失や盗難に 注意するということが 考えられます。

でもロングステイとなると、たくさんの現金をそのまま持って行くわけにはいきません。

「カナダ バンクーバー ロングステイ術」には次のようにあります。
カナダ・バンクーバー ロングステイ術


長い滞在になる場合は カナダ国内の銀行に口座を開設して、日本から送金することをお勧めします。
(中略)

TDカナダトラストでも非居住者の開設を受け付けていますので、 同行の日本語バンキングセンターに 一度相談に行くと良いかもしれません。円口座などもあつかっているとのことです。


 ぼくの読んだ他の本でも、同じようなことが書かれています。日本人が窓口になっているとのこと。


 日本人が銀行にいて、 そこの口座が開けるのなら それは便利だ、それでいこうと考えました。

ところが 「地球の歩き方 カナダ西部」には、次のようにあります。
B17 地球の歩き方 カナダ西部 2013~2014

現地のATMやCDで現地通貨の引き出しができるキャッシュカード
新生銀行の新生総合口座パワーフレックスなら海外の”PLUS”マークのあるATMやCDで現地通貨の引き出しができる。現地通貨は即時に日本円に換算されて同口座の円普通預金から引き落としされる(ATMやCDによっては手数料がかかることがある)ので いざというときに便利。なおカナダからの口座開設はできないので注意。


とあります。 これはこれなら カナダで口座を開くよりも便利だな、と思いました。

「バンクーバー ロングステイ術」の発行年は 2006年、「地球の歩き方 カナダ西部」は 2014 年です。8年で変わっているということでしょう。

僕は新生銀行に口座がありません。 でも 新生銀行の口座を作れば 海外で現地通貨が引き出せるのですから、 現地口座を開くよりもずっと便利です。

それでその方向で動き出したのですが、 やり始めて ふと思いました。

もしかしたら、楽天銀行でもできるのではないかと。

 アマゾンキンドル(電子書籍)のロイヤルティー 振込に手数料について、ネット上では、 新生銀行ではかからない、とあったのですが、楽天銀行でも無料で出来ました。

Amazon kindleダイレクト出版 でのローヤルティー入金 楽天銀行も手数料0円

それで、楽天銀行でも 現地のお金を引きだせるのかもしらないと思ったのです。

それでネット上を 探してみると、 次のページがみつかりました。

楽天銀行デビットカードの使い方(海外編)

出発前:お近くのATMなどで入金
海外出発の前に、お客さまの楽天銀行口座に入金!イオン銀行・イーネット・セブン銀行・みずほ銀行・ゆうちょ銀行・ローソンのATMから入金できます。
提携ATMのご案内
到着後:Visaの海外ATMで引き出す
「Visa」および「PLUS」のマークがついた海外ATMで、口座から現地通貨で引き出せます。

海外でのご利用手数料
お引き出し手数料は無料です。
ただし、海外ATM設置銀行独自の手数料が必要な場合があります。


楽天銀行のカードがあれば 外国でも現地のお金を引き出すことができるのです。

それは便利です。僕は楽天銀行の口座はもっていますが、カードは持っていませんでした。

それで、すぐに申し込みました。これなら新たに口座を開く必要はありません。カードがあればいいのです。

これでお金も問題も解決できそうです。実際に現地で引き出すまでは不安もありますが。

ロングステイも年々便利になっているなと感じています。

カナダ在住のセルフっ子Wくんと連絡が取れる
カナダ バンクーバーに行く準備をすすめてる話をすると、知人から Wくんがカナダにいるという情報がはいりました。

Wくんは セルフっ子です。 保育園のときから知っています。

外国にいるという話は以前から聞いていました。

数ヶ月前、郵便局の前で「Yojiさん」と声をかける青年がいました。
顔を見ても分からなかったのですが、「Wです」というので分かりました。すっかり大人になっていました。帰省しているとのこと。

さて、すぐにFacebookで彼と連絡が取りたいので知ってる人は知らせてほしいと 書きました。

そして、彼の名前を入れて友達検索をすると、共通の友達が一人いる彼の名前を見つけました。顔写真は載っていないので 確認ができません。

その共通の友達のM羽さんに 「彼はセルフっ子のWくんなのか」 というメール送りました。M羽さんはWくんの1つ後輩になります。

そして、そのWくんにも「セルフっ子のWくんですか」というメッセージを送りました。

M羽さんから しばらくして「そうです」との返事をもらいました。そしてWくんからも「そうです。Yojiさんひさしぶりです」という返事をもらいました。

早速友達リクエスト送ると、すぐに承認してくれました。

バンクーバーに住んでいるようです。

ぼくが、「カナダに行く、できるだけ「セルフ」でやるつもりだが、 困った時にはヘルプお願い」というメッセージ送ると 「ぼくにできることならよろこんでヘルプします。会うことを楽しみにしています」というメッセージを受け取りました。

バンクーバーに知人がいると心強いです。

でも、遠いカナダにいる知人とこのようにすぐに連絡をとることができるFacebookの力をあらためて知りました。 すごいですね。

彼と会うことを楽しみにしています。

ドコモの「はなして翻訳」をインストール
スマートフォンの翻訳アプリが 役に立つという記事を以前書きました。
使えるスマートフォンの翻訳機能

以前インストールして翻訳機能は 一度初期設定をしたので消えています。

今回カナダに行くことになり、 ドコモの「はなして翻訳」をインストールしました。

ただ 僕はできるだけそれに頼らずに自分で英会話をやろうと思っています。
上手ではありませんが、 少しは英語を話せるつもりです。

そして英語に慣れたいと思っています。
だから無理してでも自分の力で会話するつもりですが、念のために「はなして翻訳」をインストール しておくのです。

本心を言えば、このアプリを使ってみたいのです。どのくらい使えるのか、実際に自分で確かめてみたいのです。

一度英語圏以外の国に行き、試してみたいものです。



ドコモ≪はなして翻訳≫ - nttdocomo.co.jp‎



SIMカードを日本で買う
カナダに行く時にスマホ、携帯電話をどうするかです。

そのまま自分のものを持って行くのか。 またはレンタルするのか。

自分のものを持っていき、 安い値段で使えればそれにこしたことはありません。

それでネット上をいろいろ調べてみました。

すると SIM カードを買って、 それを自分の携帯電話やスマートフォンに差し替えれば自分の携帯電話やスマートフォンが使えるとのこと。そして通話料も現地の通話料でいいので安くできるということで、 ロングステイの場合、多くの人がすすめています。

僕はこれで行こうと思いました。

それにはまず SIMカードのロックを解除する必要があります。 それは日本のドコモショップに行って お願いすればできるとのこと。 それならぼくでもできます。

その次は外国、僕の場合はカナダに行き、そこのSIM カードを買って差し替えるのです。

ロンドンでは自動販売機が空港にあるので すぐに手に入るとのこと。

カナダではどうなのか。 いろいろ調べると日本人がやっている携帯ショップもあるようです。

そこの住所などを記録し そこに行こうと考えていました。

その後、もしかしたら日本でもこのSIMカードが手に入らないだろうか、 と考えたのです。

そして ネット上を探すと、ありました。日本でSIMカードを販売しているところがあるのです。

SIMカードを差し替えるだけで、普段の携帯が海外携帯に

これならカナダに行く前に、日本でカードを買って差し替えることができるので気軽です。 販売会社のホームページを見ると 差し替えてみて 電話が通じるかどうか たしかめてみるようにとのこと。

それが日本でできればまたいいですね。

僕は早速 そのSIMカードを注文し、買いました。分からないことがあり質問メールをするとていねいな回答もいただきました。

そのカードが今日届きました。近いうちにドコモショップに行き、SIMカードのロックを解除してもらい、差し替えて試してみたいです。

なお、Kyokoの携帯電話は型が古く、ドコモショップに持っていってもロックを解除できないようです。そのまま持っていき使うことにしました。

海外でも国民健康保険、医療費申請用紙をプリント
海外では、病気やケガをしたときにどうするか、考えておかなければいけません。

海外旅行傷害保険は入るべきだと、どの本にもあるので、ぼくはその手続きをすすめています。

そして、ぼくは、カナダバンクーバーで、日本人医者のいる病院を調べ、書き留めました。

次のページにあります。

カナダバンクーバー情報

日本人ドクター
Dr. 堀井昭 【一般医療】
Care Point Medical Centre
711 W.Pender St. Vancouver,B.C. V6C 3T2
604-687-4858
8:00-18:30(月-木曜),8:00-17:00(金曜),8:30-17:00(土曜)
日本人ドクターのスケジュールはホームページで確認しましょう。
http://www.carepoint.ca/clinic/


バンクーバーについたら、その病院の場所を確認しようと思っています。

さて、海外にいても、日本での国民健康保険の適応が受けられるそうです。

次のページに詳しくあります。

海外での医療を一部負担してくれる国民健康保険

ぼくの理解では次のような流れになります。

まず、病院に行きます。
そして、受付で所定の用紙を提出し、それに記入してもらうように伝えます。
所定の用紙について後で書きます。

診察を受け、記入してもらった用紙を受け取り、診察代金、薬の代金を全額支払います。

日本に帰ってきたら、それぞれの役場の保険課に行き、用紙を提出し、還付してもらいます。

さて、これまで読んだ本には、このようなことが書かれていました。

ただ、所定の用紙のことを書いてあるのは1冊だけ。その本には、役場に行き、用紙をもらってくるようにとのことでした。

それでは、役場に行ってもらってこよう、と思ったのですが、念のためにと思い、ネットで調べると、先のページに用紙がダウンロードできるとのこと。

ぼくはさっそくダウンロードして、少し多めにプリントしました。ネットにあると楽ですね。

●診療内容明細書  

●領収明細書 医科、調剤

●歯科 

●国民健康保険用国際疾病分類表

宿泊施設はwww.airbnb.jpで
今回、カナダへの飛行機の往復チケットと宿泊施設(10月11月)は、自分で手配しました。

飛行機のチケットをネットで購入する人は多いですね。
ぼくは
H.I.S. | 海外旅行(海外ツアー・格安航空券)ANA公式サイトを利用しました。

そして妻の要望もありANAに。

いま、国際線ではビデオ映画を観ることができます。
ただ、外国の飛行機だと日本語ではありません。

長い時間になるので、ANAで日本の映画や日本語字幕のついた映画を楽しんだ方がいいです。

さて、宿泊施設の予約は
次のサイトでやりました。

https://www.airbnb.jp/

基本的に日本語でできるのでいいですね。
日本が強いからでしょう。海外の宿泊施設も日本語です。

ただ、貸し主のコメントなどは英語で書かれています。
それは、グーグル翻訳などを使えば、ある程度分かりますね。

そして自己紹介も英語で書きました。日本語で書いてもいいのでしょうか。

フィルターをうまく使えば、自分の好みの施設が探しやすいです。

何日から何日までで、予算はいくらくらい。そして設備に欲しいもの。
これらをフィルターにかけてさがします。

写真にカーソルをあてると、地図上で場所がすぐに分かるのもいいです。
ぼくのような素人でも宿泊施設を予約できました。便利ですよ。


SIM カードロック解除し、試してみる
昨日は ドコモショップ 読谷店に行きSIM カードロックの解除してもらいました。 そして 購入した アメリカのSIMカードを差し込んでテストしたらうまくいきました。


日本にいながらインターネットで SIM カードを手に入れたことを前に書きました。
SIMカードを日本で買う

SIM カードを差し替えるには、 現在のSIM カードのロックを解除してもらわなければいけないそうです。これは自分ではできず、ドコモショップに行かないとダメだとのこと。

それで昨日 9月25日、ドコモショップ読谷店に行き、SIM カードのロック解除をお願いしました。 ついでに 不要な有料アプリを 削除してもらい、電池も新しいのに取り替えてくれるようお願いしました。

いろいろ必要事項を書き込んだりして、 面倒なところもありましたが、 スムーズに終わりました。手数料は3240円だったかな。

しかし、店員さんが最後に、
「 ロック解除はうまくいきましたが、SIM カードが使えるかどうかは保証できません。
電波をきちんとひろってくれるか分かりません。」と言ったのです。

他社の製品に関して責任をもてないというのはドコモショップで何度も聞いたことです。

僕は 買った SIM カード 持っていたので、 ここで差し替えてチェックしてもらえませんか、 とお願いしたのですが、 できないとのこと。 まぁ、そんなもんでしょう。

少し不安に思いながら家に帰りました。

そして、 早速SIM カードを差し替えみました。

スマートフォンから自宅に 国際電話をかける要領で電話をかけると 呼び出し音 がなりました。うまくいったのです。

次に自宅の電話からスマートフォンに掛けてみました。 ところがうまくいきません。
アナウンスで、00から始まる電話はできないとのこと、電話機に既に登録されているのかもしれません、ということを言っています。

ぼくは、説明書を見ながら、
0033 010 1 302 ○○○ ○○○○

とかけたのです。ドコモを利用したときの要領です。

この0033が自宅の電話機にはすでに登録されているのかもしれないと思い、 それを省いてかけてみました。

しばらくして、英語のアナウンスの声がしたのですが、聞き取ることができませんでした。それは無視して待っていると、スマートフォンの呼び出し音がなりました。うまくいったのですね。

電話をかけることができたので、電話機をワンタッチで出来るようにセットしました。

これで留守を預かる 義理の姉でも十分使えるはずです。

今回日本にいながらにしてSIM カードを手に入れ そしてテストすることができたのは とても良かったです。

カナダに行ってSIM カードを手に入れ、 電話番号を義理の姉に教えても、電話をかけることができなかったでしょう。

だんだん色んな面で便利になっています。

でも、今後は こんなSIM カードの差し替えをすることもなく、 自分の携帯電話やスマートフォンをそのまま海外に持っていき、そして安い料金で使えるようになるのではないか と期待しています。

マヨネーズの空容器でウォッシュレット
現在日本のホテルのトイレには、まず おしり洗浄器( ウォシュレット)がついています。
空港など公共のトイレも おしり洗浄器がついていたように思います。

だから日本国内旅行をする場合には、おしり洗浄器は いらないでしょう。

でも海外ではそのおしり洗浄器が普及していないというのを聞いたことがあります。

長年おしり洗浄器を使ってきたので、 その気持ちよさがわかります。

これからカナダに行きますが、 カナダでも できればおしり洗浄器を使いたいものです。

携帯用のそれがないか探してみました。 電動式の高価なものもありますが、 安いものを買いました。
BotLLet 携帯用おしり洗浄具 2個セット



2こで680円,1個340円です。

それはペットボトルの空き容器を利用するものです。 ペットボトルのふたの部分に それを取り付けて、 ペットボトルを押すと水が出てくるというものです。

ペットボトルは硬くて、押すことを目的としていません。どの程度かな とは思っていました。

実際使ってみると 確かに水が出てきて、 一応使えそうです。でもやはり勢いがあまりよくありません。

そこで、マヨネーズの空き容器を利用すればいいのではないか というアイデアが浮かびました。

マヨネーズの容器は柔らかくて、もともと押し出すためのものです。

マヨネーズを全て使い切り、 中をきれいに洗いました。

そのままでは 口があいません。 ペットボトルの口の部分の切り取り、 マヨネーズの口を押し込み、ゴムテープで接続部分をつなぎました。



かなり勢いよく水がでます。
一度使用しただけですが、携帯用おしり洗浄器として十分機能します。

容器が柔らかいので、少しの力で水が出てしまうので、 そこのところは注意しなければいけないようです。

この商品はペットボトルの口の大きさにあうようになっていますが、 マヨネーズの空き容器の口の大きさにすぐにフィットするようなものを作れば、 もっと便利ですね。

ケチャップの空き容器でもできるでしょう。


商品を買わず、マヨネーズの容器の横の部分に小さな穴を3つほどあけただけでもできるかもしれません。





地球の自転も考えると、飛行機は後ろ向きに飛ぶ
 10月9日にバンクーバーに向けて発ちます。

東京(羽田) を21:55に発て、 バンクーバーに 14:55に着きます。
飛行時間:9時間です。

 およそで考えると10月9日の夜10時に羽田を出て、
同じ9日の昼3時にバンクーバーに着くのです。

時間をさかのぼっているのですね。ある意味では、タイムマシンです。

東京の経度はおよそ東経140°
バンクーバーは西経123°。分かりやすくするために120°とします。

経度で考えると、東京とバンクーバーの間は100°です。
それを9時間で飛びます。

地球が止まっているとする、つまり自転を考えなければ、
次の図のように飛んでいくと考えていいですね。
banku1.jpg

実際は地球は自転しています。
その自転を考えると、飛行機は次のように飛んでいると考えられます。
banku2.jpg

経度でいえば、235°も飛ぶのです。
飛行機は9時間で東京とバンクーバーの間の経度100°を飛びます。

その9時間に地球は15°×9時間=135°

100°+135°=235°

バンクーバーがどんどん逃げていくので、それに追いつくために、長い距離を追いかけているという感じです。


さて、帰りは シアトル 12:00(夏時間)に発ち、東京(成田)に翌日の15:40に到着します。
飛行時間は、10時間40分

シアトルは、西経122°。バンクーバーと同じくおよそ120°と考えます。東京との間は100°。

シアトルを正午(12時)に発ち、翌日の午後4時(16時)に羽田に到着するとします。飛行時間は11時間。

すると、次の図のようになります。
banku3.jpg

おもしろいことに飛行機は時計回りに飛ぼうとしていますが、地球の自転の方が速いの逆に反時計回りに飛ぶことになります。

シアトルから東京まで飛行機は100°飛びます。
でも、その11時間に地球は 15°×11時間=165°

100-165= -65°

飛行機は65°逆向きに飛んでいるのです。

例えば、動く歩道を考えてください。

歩道は左向きに動いています。
Aさんは後方、右の方にBさんを見つけたので、歩いてBさんの方に行きます。右向きに歩くのです。

でも、歩道の方がAさんの歩みより速いと、歩道の外から見ていた人には、Aさんは左向きに動いたように見えますね。あれと同じです。

なお、全体の流れは正しいと思いますが、細かい時刻は間違えているかもしれません。経度の差、時差だけでなく、サマータイムも入り、頭が混乱しました。

そして、地球の公転は考えに入れていません。また、太陽は止まっているとします。

英文の診断書
あさって、9日木曜日にカナダに向け、出国します。

ぼくと妻は、高血圧で、通院しています。

それで医者に、今回は多めに薬を出してもらいました。でも、さすがに5ヶ月分は無理とのこと。まあそうでしょうね。予想はしていました。

カナダで病院に行き、薬をもらうことになります。

そのために、英文の診断書を書いてもらいました。

妻が3週間ほど前に先に行き、その話をし、ぼくが行くときまでには書いておくと約束してもらいました。

そして、さる5日土曜日に行ったのですが、先生は忘れていたようで、まだできていませんでした。そして、昨日できたとの電話をいただき、英文診断書をもらってきました。

それをもって、カナダの病院に行けば、いつもの薬をいただけるでしょう。

カナダバンクーバーには日本人のお医者さんもいるとのこと。そこにいけば何とかなると思っています。

sindansho.jpg

スクーターのバッテリーのマイナス端子を外す
今日、羽田経由で、カナダ バンクーバーに向かいます。

僕はスクーターを利用しています。そのスクーターを5ヶ月動かさないことになります。

動かさなければ、バッテリーはあがってしまいます。

外せばいいかな、と思いながら、ネット上で探すとバッテリーのマイナス端子をはずせば、3ヶ月は大丈夫との書き込みがありました。

それで、マイナス端子を昨日はずしました。

ぼくのバッテリーはだいぶ古くなっています。5ヶ月間大丈夫でしょうか。

5ヶ月後に 答えは出ます。

スーツケース 騒動
きょう、羽田経由でバンクーバーに向かいます。

きのうは、荷造りにおわれていました。

スーツケースの鍵が見つからないとのこと。
まあ、ベルトを閉めておけば大丈夫だろう、ということで作業をすすめていました。

夜、8時過ぎ頃、そのスーツケースを閉めたら、開かなくなった、ということで、 Kyokoが僕のところに来ました。

ロックはされていないのですが、何かにかかって開かないのです。鍵がないからではないようです。

僕は、ペンチなどを使い色々やるのですが、どうしても開きません。

もう9時前です。でも、 もしかしたら近くの、鍵もあつかっている金物店に行けばなんとかなるかもしれないと思い、車に乗り込み、走りました。
沖縄は夜が遅く、 9時前でも 金物店が開いていることがあります。

店の前に来ると、シャッターが下りていました。

別の手を考えなければということで、 スマートフォンで 「沖縄県の鍵屋」を探すと、 いろいろ出てきます。

宜野湾にも24時間やっている店がありました。 そこに電話をしました。

北谷にいるので、北谷の国体道路のファミリーマートの駐車場で待ち合わせということになりました。

僕はすぐにそこに向かいました。 ところが駐車場で 30分近く待ってもやってきません。

再度電話をしました。「もう来ているのですか。 3分でそこに行きます」とのこと。

近くにいて電話がくるのをまっていたようです。 それなら、着いたら電話をするように、とでも言ってくれれば、と思いました。

やってきたので、説明し、スーツケースをみせました。

専門家でも開けるのに少し手間取っていました。

十数分経って、なんとか開きました。

どうも半開きの状態で閉めたものですから、鍵の部分が固まってしまったとのことです。

4000円もかかってしまいました。

どのようにすれば、ちゃんと閉まるか 教えてもらいました。
でも不安定な感じがします。

スーツケースが開かないということがカナダで起こったら大変だな、と思いながら、とにかく家に帰り、Kyokoと相談しました。

Kyokoも同じ意見で、新しいスーツケースを買うことにしました。

宜野湾の、サンエー、コンベンションシティは夜12時まで開いているとのこと。

そのとき、11時頃です。

すぐに2人で行って、 新しいスーツケースを買ってきました。

お金はかかりましたが、 なんとか無事に 出発できそうです。

これから、いろいろあるでしょうが、このようにしてでも、なんとかクリアしていければと思っています。

カナダの人は親切
カナダに来ました。バンクーバーにつき、宿泊施設のある、ブリティッシュコロンビア州 バーナビー ドミニオまで、やっと来ました。

きょうは、カナダの人は親切だ、ということを書きます。

本を読んでも、人のうわさでも、カナダの人は親切だということでしたが、きょうはそれを実感しました。

那覇空港を出て、羽田経由で、カナダのバンクーバー空港まで来ました。ANAなので、日本人客室乗務員、ここまでは、まったく心配していません。

さて、最大の問題は、宿泊施設まで行けるかどうか、です。

Google地図を使って、空港から宿泊施設までの道はいろいろ検討しました。

大きな荷物をもっているので、乗り換えの少ない線を選びました。あとはタクシーに乗ればいい、と思っていたのです。

まず、空港駅で電車スカイトレインに乗ります。。

切符の買い方から分かりません。いつもは人に尋ねるのはいやなのですが、きょうはそう言ってはいられません。

切符売り場に行くと、運良く、日本人女性がいます。実はその人を前に見ています。
税関を通るころ、年輩の女性の人たちに、入国カードの書き方などをやさしく教えているのをちらっとですが、見ていたのです。

切符の買い方など、とても親切に教えてくれました。
kippu.jpg

その人の言うとおりにして、切符を買い、電車に乗り、キングエドワード駅まで行きました。

次はバスに乗り換えです。駅を出ると、バス停がいくつかあります。
だいたいの見当はついたのですが、やはりなんだか不安です。

列に並び、ぼくの前の女学生にここでいいのか、と尋ねました。それでいい、と答えながら、その上、どのようにしたら宿泊施設まで行けるか、説明してくれました。

でも、英語だということだけではなく、カナダの交通事情にもうといので、意味がよく分かりません。でも、とても親切にしてくれていることは伝わってきます。
CIMG2252.jpg

バスの運転手に頼んであげるから、とのこと。

そして、実際にバスに乗りながら、頼んでいました。

バスの運転手も親切でした。

バス停の前に来ると、合図をし、そして、運転席を離れ、ぼくらといっしょに下りて、どの道をどう行けばいいのだと教えてくれました。
CIMG2253_20141010142450a62.jpg

さて、ぼくはここで下りて、タクシーに乗ればいいと考えていました。

そして、バスを降り、少し交通量の多いところに移動し始めました。

そして、さあタクシーをさがそうか、と思っていると、女性が話しかけてきました。何かこまっているのですが、お手伝いしましょう、とのこと。日本人の顔つきですが、英語です。

ぼくは、タクシーに乗りたいと言うと、ここでは流しのタクシーはつかまらない、電話で呼ばなければ、と言います。

そして、宿泊施設のことを書いてあるメモを見て、宿泊施設のホストに電話をかけてくれました。

ホストは、出かけていて、迎えにいけない、妻にかけるようにとのこと。

それで、その女性はホストの奥さんに電話してくれました。でも、奥さんもだめだとのことのようです。

再度、ホストにかけてくれると、45分後なら迎えにいけるとのこと。
CIMG2254.jpg

ぼくらは45分、待つことにしました。
その女性は、日本人のように見えましたが、そうではないとのことでした。

さて、ホストのジェイミーさんの車で宿泊施設に、着くことができました。
きょうの大きな課題が1つクリアできました。

さて、もう1つの課題は、PCとスマホにWifiがつながるか、です。それができなければ、いろいろと大変です。

最初、まったくつながりません。

ジェイミーさんは、コンピュータには詳しくないようですが、なんとかやってやろうとしています。

そうしていると、隣の部屋の女学生レベッカだんが出てきました。自己紹介をしてあと、長い間、Wifiにつなげるために、長い時間、いろいろやってくれました。

自分のスマホでやりかたを調べ、それを日本語に直して、説明します。

そのうちに、スマホはネットにつながるようになりました。

次はPCですが、なかなかできません。PCの電池がなくなったころにぼくは、自分の部屋にPCを移していろいろ試みていました。

しばらくして、ホストのジェイミーさんが「Yoji}と声をかけるので、出てみると、日本人の知り合いがいる、電話をするので、聞いてみてくれ、とのこと。

そして、電話をかけ、ぼくに変わりました。どうもそこに宿泊したことのある日本人のようです。

いろいろ話をしました。長い間、できなかったのですが、彼の話がヒントになりました。

実は、ぼくのノートPCは、Wifiのアンテナが内蔵されていないのです。外付けになっています。

それをつけるのを忘れていたのです。

それをつけると、すぐにできました。無事解決です。

このように、きょうは人の親切により、2つの難題をクリアできました。

うわさのようにカナダの人は親切です。また、日本人もです。
ありがとうございました。

「けーたい屋」(バンクーバー)・・・親切な日本人スタッフ
 ぼくのスマホが、またおかしくなっています。電源を入れると、「緊急電話」という表示になり、ロック状態になります。何をしても動きません。

以前も旅先で同じようになったことがあります。

そのときは、日本での旅行だったので、ドコモショップに持ち込みました。そこで、初期化をしてもらいました。データはすべてなくなりましたが、使えるようになってよかったです。

それで、携帯電話、スマートフォンの専門の店にもっていくことにしました。

実は、カナダバンクーバーには、日本人スタッフのいる「けーたい屋」というのがあるのです。

ぼくは、日本に行く前にネットで調べていて、知っていました。

外国に行ったら、携帯電話のSIMカードを替えるのが一番いい、という情報をネットで得て、カナダに行ったらそうしようと考えていました。

そして調べていたら、「けーたい屋」が見つかったのです。

でも、SIMカードを日本にいる時に、通信販売で買うことができました。

沖縄にいるとき、テストをしたときは、とてもうまく行きました。

だから、「けーたい屋」には行かなくていいな、と思っていたのです。

でも、ロックがかかった状態は何とかしなければいけません。
そこで「けーたい屋」に行ったのです。

けっこう、分かりやすいところにありました。

店の中に入ると、外国ではなく、日本にいるような気になります。

ぼくが入ったときは、2人の日本人女性スタッフと、3人の日本人のお客。そして、日本語でしゃべっています。

おかれている漫画や本も日本のものです。

日本の店に入ったときのように、リラックスできます。

名前を記入して、受付し、順番を待ちます。

前のお客とスタッフの話がまたおもしろいです。

携帯電話、スマホの情報ももちろん出てきますが、カナダに来て、どうしたとかの話もありました。

また、1人のスタッフは、「ここに来たときは「ディスイズアブック」しか分かりませんでした。英会話は・・・・」という話も、興味深かったです。

順番を待っている別のお客さんと、いい情報が聞けますね、とお互いにうなずいたものです。

にこにこと、明るく話しているのがよかったです。

ぼくのスマホについても、親切に調べてくれました。同僚と相談したり、ネットでいろいろ長い時間をかけて調べたり。

でも、ドコモ専門ではないので、けっきょくは治りませんでした。
ネットで調べて、ドコモに相談して、ロック解除を教えてもらうようにとのこと。

何もできなかったので、ということで、無料でした。

とても親切なところです。
カナダ、バンクーバーに行き、携帯電話、スマホについて、困ったときには、どうぞ行ってみてください。

けーたい屋


CIMG2269.jpg

海外にいても、ネットで日本のテレビ
いま、カナダにいますが、日本のNHKニュース、朝の連続ドラマ「マッサン」を観ています。

台風19号が沖縄を直撃したのも、NHKニュースで知りました。

時差があるため、朝の連続ドラマは夜にお昼の再放送を観ます。

NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」は、土曜日の再放送を観ようと思っていたのですが、時差ぼけのために、見逃してしまいました。こちらは金曜日なのに、日本は土曜日。まだそれがきちんと頭に入っていません。

海外に行ってまで、日本のテレビを観るのか、とも思ったのですが、やはり、日本のテレビの方がリラックスして観ることができますね。

次の商品があることを知って、買ったのです。

【 TV CODE-1 】 USB PLAYER 世界中、どこでもネットで テレビ


これをPCに差し込んで、インターネットつなげば

関東&韓国の10チャンネルをリアルタイムでワンセグ視聴OK!
関東7チャンネル NHK総合・NHK教育・日本テレビ・TBS・フジテレビ・テレビ朝日・テレビ東京 韓国3チャンネル KBS HEART(韓国放送公社)、KBS STAR(韓国放送公社)、mYTN(聯合テレビジョンニュース)


でも、画面はかなり粗いです。そして、とても頻繁にとぎれます。カタカタカタという感じ。スムーズに流れません。声は画像より少しはましですが、やはりとぎれます。

短気な人ならいらいらするでしょうね。

でも、まったくないのより、ずっといいです。これはこれからどんどん改良されるでしょうね。

これからは、海外にいても、日本にいるときとほとんど変わらないテレビ生活が送れるようになるでしょう。

いま見ると、次の商品もあります。カスタマーレビューの評価もいいです。スムーズに動くとのこと。3000円ほど高いのですが、こちらの方がいいかもしれません。



クレジット(デビット)カードの使い方、カナダと日本のちがい
カナダは、クレジット(デビット)カードがよく使われているとのことで、ぼくも使っています。

 使ってみると、使い方にちがいがあります。

 日本では、レストランなどでカードを使うとき、

まずカードを店員に手渡します。
すると、店員がカードリーダー(カードの情報を読みとる機械)にカードを差し込み、何かを打ち込んだあとで、ぼくらに暗証番号を入れるか、サインをするように言います。
そして、ぼくらはそうしますね。
 それだけです。

 でも、ここカナダではちがいます。
 カードリーダーが目の前に置かれていて、自分でカードを差し込むのです。

差し込み口も、リーダーの下の方にあり、ぼくらに向いています。

カードを差し込むと、英語かフランス語を選択します。カナダの公用語がその2つだからでしょう。

その後、そこで支払う金額が出てきます。この金額を支払うことでいいですね、ということでしょう。Yesのキーを押します。

そして、暗証番号を打ち込み、確認のボタンを自分で押せば、OKです。

その他、店によって少々異なるようです。

要するに、日本国内では、他人任せなのですが、カナダ(他の国については知りません)では、自己責任で行うのです。

カードを店員が手渡す必要はないのです。

この写真は、細かい字が読みづらいぼくが、カードリーダーを読みとりながら、キーを打っているところです。

なお、クレジットカードとデビットカードはちがいますが、ここではそれについてはふれません。


credit.jpg


カナダのバスでは、コインでしか乗車券は買えない
カナダに来て5日になりました。

バンクーバー近郊は、バスや列車といった交通機関が発達し、便利です。

切符の種類については、次のページが詳しいです。

[ 交通手段(バス・電車など) ] GoToVan - カナダ バンクーバーの ...

乗車券は、バスで買うこともできます。

それは、ネットで調べてあったので、2日目に、乗車券を買うためにバスに乗り込みました。

そして、財布から紙幣を出したのですが、運転手はコインでないと買うことができないと言います。

それで、次の停留所で下ろされてしまいました。

その後、コンビニで少し商品を買い、両替をしてもらい、バスの乗車券を買うことができました。

それからは、バスで乗車券を買うときはコインをちゃんと準備するようにしています。

乗車券は、バスでも電車でも使えます。90分以内であれば、乗り継いでも同じ乗車券で乗れるのです。

駅に設置されている自動乗車券発券機なら、カードも紙幣もOKです。だから、それを利用するようにしています。

さて、多分多くの日本人は、カナダに行くとき、日本で円をカナダドルに両替するでしょう。

そのときには、紙幣しか渡されません。
だから、カナダに入ったとき、日本人はコインを持っていないと思います。

では、どうすればいいか。いま考えれば、次のようにすればよかったと思っています。

バンクーバー空港の駅で、20ドル札の大きな紙幣で、乗車券を買うのです。そうすると、おつりにコインがたくさん出てきます。

ぼくは10ドル札で2人分を買ったのです、2ドルしかおつりはもらいませんでした。

その後は、バスで乗車券を買うとき、そのコインを使えばいいですね。

バスの乗車券の回数券が、セブンイレブンやその他の決められた店で売られているようです。

ぼくの近くには、学生向けの店で売られているようです。土曜、日曜、感謝祭と休日が続いたため、まだ買っていないのですが、回数券を買ってコインの問題を解決できないかな、と考えています。




カナダのバス停表示で失敗
きのうは、「ダイソー」に行きました。100円ショップの「ダイソー」はカナダにもあるのです。100円ショップではなく2ドルショップですが。

「ダイソー」に行った話は、また後で書こうと思います。

その「ダイソー」のあるリッチモンドに向かうことにしました。
PCのGoogle Map にある乗り換え案内を利用します。

25番のバスに乗り、WB w King Edward Av FS Cambie St のバス停で下り、
King Edward 駅で980番の電車に乗り換え、Aberdeen Stationで下りて歩けば、「ダイソー」に行けることが分かりました。

King Edward 駅は、カナダに着いた日に、そこで電車を降り、25番のバスに乗り換えたので、バスを下りるバス停「WB w King Edward Av FS Cambie St」は間違えないだろうと思っていました。Kyokoもそう思っていたとのこと。

でも、メモはしました。WB w King Edward Av FS Cambie St では長いので、King Edward と書き留めました。

実は、現在スマホが壊れていて使えません。

さて、バスの中では、バス停は短くアナウンスされ、バスの中に出てくる電光表示も短いです。

ぼくらは、WB w King Edward Av FS Cambie St の前の部分のKing Edward が表示されるだろうと思っていたのです。
また、近くにKing Edward駅があるのですから、バス停名もKing Edward駅かなにか、だろうと思っていたのです。

ところが、King Edward Av というバス停が出てきました。しかし、どう見ても、ぼくらが前に見たバス停ではなかったので、通り過ぎました。

そのうちに、どんどんバスは進み、見知らぬ風景が流れていきます。
でも、一度しか通っていないので、覚えていないだけだろうと思っていました。

そのうちにバスは、終点まで来てしまいました。それでしかたなく、バスを降りました。

次の反対向き25番のバスが来たとき、運転手に「King Edward駅に行きたいのだが」とたずれると、「このバスでいい」、との返答。
「どこで下りればいいか教えて欲しい」と尋ねると、「Cambie」と答えるのです。

Googleマップに出てきた「WB w King Edward Av FS Cambie St」の後の部分です。

今度は「Cambie」で無事下りることができました。そこはぼくらが来たところではありますが、頭の中に残っているイメージとはまったくちがっています。

だから、通過したときに見逃したのです。バス停名もメモとまったく違うのですから、しかたないですね。

あのときは、宿泊先にたどりつくためにとても緊張していたので、まわりの風景も十分に見ることができなかったのでしょう。

とにかく、Googleマップに出てきたバス停名と、実際にアナウンスされ、表示されるそれとは違うということです。

慣れるまでは運転手に確認したほうがいいですね。

なお、バスの中には止まるバス停の路線図はありません。

観光案内所には、バス停の路線図があるかもしれません。早く手に入れようと思います。

なお、「Cambie」のバス停では、「King Edward駅への人はここで下りるように」、というようなアナウンスも流れていました。

英語のアナウンスに慣れていないし、このバス停ではないと思っているのですから、聞き逃したのでしょう。

床面が低く、弱者にやさしいカナダのバス
 ぼくは、空港から宿泊地まで、どのように行くかグーグル乗り換え検索を行ったとき、乗り換えが少ないという条件でやりました。

それは、大きな荷物を持って乗り換えるのは、とても大変だと思ったからです。
 乗り込むとき、そして下りるとき、数段の階段を上り下りしなければいけませんね。

 でも、カナダのバスは、床面と歩道の面がほぼ同じ高さをしているのです。
 電車の床がホームと同じ高さをしているような感じです。

 そして、出入り口の幅が広いのです。

 これなら、大きな荷物を持っていても、楽です。

 特に、年寄りや、足の不自由な人には、やさしいでしょうね。

 きのう、車いすの人がバスに乗ってきました。

 電動の車いすだったのですが、だれの手も借りずに入ってきました。
 そして、車いす専用の場所がちゃんとあるのです。(車いすの人がいないときは、座席を下ろして座ることはできます)。

 下りるときに、注意して見ていると、運転手が操作したのでしょう、出入り口のところで床が動き、バスの床と歩道が橋でつながったのです。

 そして、車いすの人は自分で操作をして、下りていきました。

 これは、弱者にやさしいバスだな、と感心しました。

 日本でもこのようなバスをぜひ使ってもらいたいです。

海外ロングステイで、夫婦の仲がよくなる
 妻のKyokoと2人で、5ヶ月のカナダロングステイをしています。

 もうすぐ1週間といった短い期間ですが、夫婦の仲がよくなってきたように思います。
 ここに来る前も、まあいい夫婦だったとは、思ってはいます。
 ただ、さらによくなっているのではないでしょうか。

 まわりは、なかなか理解できない英語を使う人たちなのです。
 いわば、敵のまっただ中に2人だけが飛び込んだ感じです。

 ここにいると、2人で力を合わせなければいけません。1人だととても心細いです。
 ただ、そばに立っているだけでも、ありがたいです。

 他国と戦争をすると、内部でいろいろもめたいた国民も1つにまとまるようになる、と言います。
 それと似ているのかもしれません。

 これから、長い滞在になります。2人で力を合わせて乗り越えていきたいものです。 

カナダ人は、中国人??
 みなさんのカナダ人のイメージはどんなですか。

ぼくは、ここカナダ、バンクーバーに来るまでは、カナダ人といえば白人だというイメージを持っていました。

アメリカ人といえば、白人、または黒人というイメージ、それと似ています。

でも、ここに来て、そのイメージは完全に崩れました。

白人や黒人より、黄色人種の方が、ずっと多いのです。
その中でも中国人がとても多い。

地域によってもかなり違うようですが、ある地域に来ると、中国に来たのかと思うくらいです。

近くにショッピングモールがありますが、その中に入ると、中国人ばっかり。そして、店の名前も漢字です。日本の名前ではありません。

店員も中国人です。中国語が飛び交っています。

リッチモンドのダイソーにも行きましたが、お客のほとんどが中国人です。

この調子だと、カナダ人と言えば中国人というようにならないかな、と思います。

ここがカナダの西部のせいかもしれません。東部に行ったら、別の感じがするのかもしれません。


英語は使えなくても、カナダで生活はできる
カナダに来て1週間が過ぎました。

きょうは、地元のコミュニティセンターのようなところとレストランに行きました。

そこで片言の英語は話しましたが、ほとんど話していません。

ここカナダでは、英語は話さなくても生活はできるのです。

考えれば、日本でもそうですね。

買い物をするときでも、スーパーマーケットに行き、欲しい物をかごに入れて、レジに行き、表示された金額を支払えばOKです。

バスに乗るときもそうですね。運賃を支払って乗り込み、下りるだけ。

レストランでも、メニューを見て、指さしだけでも一応注文はできます。少し失礼かもしれませんが。

このように一言も話さなくて、生活は大丈夫なのです。

ぼくは、せっかくですから、話をするようにはしていますが、やはりあいさつ程度の英語です。

英語を話せなくて海外生活ができるだろうか、と考えている人には、そんなに心配しなくても大丈夫、と答えたいです。

もちろん、問題が出たときにはいろいろと不自由は感じるでしょうが。


裏を返せば、このままでは英会話は上達しない、ということです。

ぼくは、海外生活を楽しむということで、ここに来ていますが、英会話も上達したいという気持ちもあります。

でも、この調子ならほとんど上達しないで、帰国ということになってしまいそうです。

なんとか、もっと英語を使う機会をつくりたいものです。

アマゾンキンドルで無料本の読書
飛行機に預ける荷物の重さはだいぶ制限されるようになりました。

だから、たくさんの本を持ってくることができません。本は重い。

海外ロングステイをしていると、読書をする時間はだいぶあります。

それで、ぼくはKyokoに「Amazon Kindle」をすすめました。

Amazon Kindleは、電子書籍です。スマホを使って読むことができるのです。

それも、夏目漱石、芥川龍之介など、著作権の切れた本は0円で売られているのです。

それをAmazonで買う(無料なので「買う」と言っていいのか)とスマホの画面で読むことができます。

何が無料なのか、何を読んだらいいのか分からない、というので、次のページを紹介しまいした。

青空文庫 分野別リスト

そこの「9文学」→「91日本文学」→「913 小説.物語」 を選択すると、4,644件の作品が出てきます。

それらは著作権の切れた作品で、Amazon Kindle でも0円で買える作品だと思います。

青空文庫でも読むことができますが、Amazon Kindle の電子書籍の方がかなり読みやすいです。

古い人間なのでしょう、紙の本の方がいい、と言っていたのですが、今では、スマホでいくらでも本を読むことができると、喜んでいます。

重い本を持ち運ぶ必要のないAmazon Kindleは、読書好きな海外ロングステイ者にはお勧めです。

なお、ぼくはPCでAmazon Kindleから本を買います。すると、同じアカウントとパスワードを入れれば、すぐにスマホで見ることができるのです。あっけないくらい簡単です。

なお、著作権の切れていない新しい本でも、お金を出せば買える本があります。

kindle.jpg


 バス停の名前は上下線で異なる
沖縄、自宅の家のすぐ前のバス停は「座喜味」です。それは下りのバス停で、道反対にある上りのバス停の名前も「座喜味」です。

 このように、日本では、上りのバス停と下りのバス停の名前は同じですね。これは日本の常識です。駅の場合も同じです。

さて、日系センターに行こうと思い、インターネットGoogle 地図ので、バスの行き方を調べました。

そして、「ドミニオン」のバス停でバスに乗っていけばいいことが分かりました。それで、無事目的地に到着しました。

帰りは同じルートの逆向きでいいのだから、「ドミニオン」のバス停で降りればいいだろうと思い、わざわざ調べもしませんでした。

ところが、その「ドミニオン」のバス停が出てこないのです。バス停を2つほど乗り越したときに、行き過ぎたことを知り、急いでバスを降りました。

それで、バス停2つ分を余分に歩くことになりました。

帰ってきて、Google乗り換えで調べると、帰りに降りるバス停はノーフォークだと分かりました。

このように、ここカナダでは、上りのバス停と下りのバス停の名前がちがうのです。

ここでは、バス停の名前は、次のように決めているようです。

AとB2つの道路が交わる角にあるとき、バス停名は「A FS B」、そして、バスの電光掲示板には、その中の1つが表示されます。






Aの道をずっと走っていて、Bと交わるところのバス停はBになるのです。

  ダグラス通りがドミニオン通りと交わるときのバス停は「SB Douglas Rd NS Dominion St」で、電光板には「Dominion」と出るのです。

バス停はすぐ反対側ではないことが多いですね。ずれます。それは日本でも同じです。

すると、交わる道が異なることがあるのです。すると、バス停の名前が上下で異なる、ということですね。

ということは、行きだけを調べて、OKというわけにはいきません。ちゃんと帰りに降りるバス停の名前も調べなければいけないのです。

Google地図の乗り換え、ルート機能
Google地図の乗り換え、ルート機能は、とても便利で、よく利用しています。

現在、たいていは次のように毎日行動しています。

まず、Kyokoとふたりで、きょうはどこに行こうか相談し、決めます。

そして、Google地図の乗り換え、ルート機能で、どこで何に乗って行き、どこで降り、何に乗り換えるか、そして、どの方向に歩くか、調べるのです。

そして、それをコピーして、Google Keepに貼り付けます。

PCとスマホのGoogleは同期しているので、PCで貼り付けた文は、スマホのGooglekeepでも、すぐに見ることができます。

これを頼りに目的地に向かうのです。

それだけではよく分からないときは、スマホのGoogle地図を開きます。

Googleナビを使えば一番いいのですが、いまぼくのスマホはそれが使えません。

それでも、現在地周辺の地図がすぐでてくれるので、とても助かります。

Google地図の乗り換え、ルート機能が使えなかったとしたら、どのように行動していただろうか、と思いますね。とても便利です。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.