セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

プログラム学習の手法で、「コピー 貼付け」だけを練習
 Yさんが「 グーグルマップのルート 乗り換え」機能を 練習したいとのこと。

 Yさんは、まだキーボードを使っての文字入力が上手ではありません。時間がかかります。

 それで、音声認識による文字入力を利用しようと考えました。

 次の順序になります。目的地を「勝連城跡」、出発地を「自宅」とします。自宅の住所はぼくが設定しました。

 「 google検索」を開き 「ok google 勝連城跡」と言うと、「勝連城跡」という文字が出てきます。

  そこで 「勝連城跡」の文字を選択してコピー、
  google マップのページに いって、 検索の枠に貼り付けます。

  次に 「ルート 乗り換え」ボタンをクリックし、 出発地を自宅に設定します。

 その指導のため、 僕は 「プログラム学習」の手法を利用しました。

  プログラム学習では、複雑な動作はできるだけ小さく細かく分けます。
  そして、 それぞれの作業を練習して後でつなげていきます。

 この場合には 「コピー、 貼付け」という操作を取り出して、それだけを練習させたのです。

  ワープロソフトである「googleドキュメント」を開きます。

 そこになんでもいいので文字を入力します。例えば「 あいうえお」

  マウスを使ってその文字を 選択します。
 そして右クリックで、「コピー」。

 別の場所にカーソルをもっていき、 右クリックで貼り付けをします。

 このような、「選択、コピー、貼付け」を何度も練習するのです。
  それだけでも初心者にとっては難しいです。

  それでも何度も繰り返しているうちに上手になります。

  それができるようになってから、 googleマップのルート乗り換えの練習にはいりました。

  それで今では大分上手になりました。

 このように複雑な操作を細かく分けて練習をして後で つなげるプログラム 学習の手法はとても有効です。
スポンサーサイト

パソコンの指導でも「待つ」ことが大切
 セルフPC塾で、 コンピューター、 インターネットの使い方を指導しています。

 一般的な指導の流れは次の通り。

  まず一通りぼくがやって見せます。

 次に 学習者にさせますが、 ひとつひとつ ていねいに指示しながらさせます。まさに手とり足取りで。画面を指差して、そこをクリックして、などと言いながら。

 それを 繰り返しながら 少しずつ少しずつ 指示することを減らしていきます。

  そして最後には自分でできるように導いていくのです。
 なお、 このような方法を行動療法では、「フェイドアウト法」 と言います。

 さて、 できたと思っても 完全に身についているわけではありません。

 次は何をするのだったのかな、という感じで立ち止まってしまうことが少なくありません。

  その時に 大切なことが「待つ」ことです。

 学習者は次は何をするのだったのだろうか、 必死で思い出そうとしています。 僕は後ろで見ているのですが、もちろん次の一手はわかります。

 でも言いません。 思い出すのひたすら待つのです。何分でも待ちます。

  思い出して 次に進んだときには一緒に喜んであげます。実際、そのときにはぼくもうれしいです。自分の力でできたというのは、大きな一歩です。

 思い出し切れないというときには、 もちろん教えてあげます。
 そして、 また繰り返すのです。

 このように「待つ」 ということがパソコン、インターネットにおいてもとても大切なのだと改めて感じています。

 でも、 最近はそれが自然体で出来るようになりました。

結構良さそうです「 郵便局のはがきデザインキット」
 郵便局の無料ソフト「はがきデザインキット」を 少しだけ 使ってみました。
 いい感じで使えました。 使えそうです。

はがきデザインキット2016


 セルフPC塾の生徒であるYさんが、コンピューターで 年賀状を作りたいとのこと。
  住所録管理からやったほうがいいだろうと僕は考えました。

  僕は もうだいぶ前に住所録ソフト 「筆王」 を購入し、使っています。

  でも、 フリー(無料)の住所録ソフトがあるのではないか とネット上を探してみました。
  探しながら、郵便局で住所録ソフトを無料で提供していないだろうか という考えが浮かびました。

 郵便局なら、そういうのを無料で提供しても、多くの人が年賀状を出せば郵便局の利益にすぐに繋がりますね。

  それで検索してみるとありました。

  僕の使っている「筆王」は結構使い心地はいいです。 ただもう古くなっています。 その後 市町村の合併などがだいぶ進み、対応できなくなっていて、手動で入力しなければいけません。

  それにくらべると新しいのはいいですね。 その上無料なのは魅力的です。

 YさんのPCに、郵便局のはがきデザインキットを 早速インストールし 使ってみました。

  差出人 の住所、氏名などを 入力して、 宛名の住所録管理を少しだけやってみました。楽にできます 。なかなかいい感じです。

 裏面の 年賀はがきのテンプレート や干支の絵、縁起物なども十分にあります。

  1日だけ しか使っていないのですが いい感じです。

 本当なら、 もう少し使ってから、感想を書いたほうがいいと思いますが、年末です。
  年賀状をコンピュータで作りたいと思っている人には、もう遅いくらいですね。

 そう思って とりあえず この段階で感想を書いてみました。

 みなさんも トライしてみたらどうでしょうか。

自分のブログへのYou Tube動画貼り付けの方法
 昨日は 自分のブログに、 YouTube 動画の貼り付ける方法を指導しました。

  そのやり方をここにも記しておきます。

1, まず動画をコンピューターに保存します。sdカードなどを入れてもいいです。
 とにかく、動画のある 場所をはっきりさせることです。

2, 次にYoutubeを開きます。 どのような方法でもいいです。
 例えば、 Googleの画面にある、グーグルアプリのページ(●が9つ並んだもの)から。

3, Googleにログインしていない場合はログインをします。その方法はここでは書きません。

4,右上に「アップロード」というボタンがあるので、それをクリック。

5,「アップロードするファイルを選択」という文字が出るので、その上の矢印をクリックします。

6,動画が保存されているページに行き、ファイル名を クリック、 そして 右下の「開く」をクリックするとアップロードが始まります。


7, 「動画は 現在アップロード中です。完了するまでこのページを・・・」という文章が出ます。しばらく待ちます。

8, アップロード途中ででも
「公開をクリックして動画を公開してください」 という文字が出てくるので、
 右側の「公開」ボタンをクリックします。

9,  アップロードが終わると 「共有」「埋め込みコード」「 メール」 という文字が出てきます。 この「埋め込みコード」をクリック。

10,すると 埋め込みコードが出てきます。 それをコピーして、 ブログの編集画面でそれを貼付けしてください。 そうするとブログで動画を 公開することができます。

コンピューター画面をコピーする prt sc 、プリントスクリーン
  セルフPC塾に来たSくんは、

 コンピューターのにある写真などを利用したい時には、 デジタルカメラでその画面を写真に撮るとのこと。

 それで プリントスクリーンのやり方を教えました。

 プリントスクリーンの方が、デジタルカメラでとるよりも ずっとキレイに、 そして楽にできます。

  プリントスクリーンというのは、 コンピューターの画面をそのままコピーする方法です。
  結構知らない人も多いようです。

 「prt sc」と書かれた キーボードが上の方にあります。 キーボードによっては Finキーを押しながら「prt sc」キーを押すという方法のものもあります。青い字で書かれていたらその方法です。

 インターネットなどで好みの画面を開き、 prtsc キーを押すと、コンピューターの全画面がコピーされた状態になります。(その時、画面上では何の変化もないので、コピーされたかわかりません)

 次に、Microsoftの「 ペイント」画面に行きます。ペイントは、アクセサリーの中にあるはずです。 ペイント画面の詳しい出し方は、 省略します。

 そこで貼り付けを行います。
  Crt(コントロールキー)と押しながら「v」キーを押すと貼り付けができますね。
 
 すると、そこに先ほどコピーした全画面が貼り付けられた状態になります。

 次にトリミングを行います。

 ペイントの上の方にある選択をおし、ドラッグ(マウスを左クリックしながら動かす)をすると範囲選択されます。

 そして、 「トリミング」をクリックすると、その部分だけが 取り出されます。

  それを、名前を付けて保存 をすれば 終わりです。

  あとは自分で自由にその画面を利用することができます。

  著作権の関係もあるので その辺は注意してください。

文章校正の機能がすぐれているoffice-word
僕は通常ワープロソフトには一太郎を使っています。

  ただ Amazon Kindleで出版するためには、コピーしてワードに貼り付けしてアップロードします。

 その時、ワードは文章校正をするのですが とてもすぐれていると感じています。

 たぶん、一太郎には見られない機能です。色々調べたのですが、一太郎では このようにはできないようです。

 文章入力をしているときに、
 「気ずく(きずく)」と入力すると、「きずくの誤り」と出ますね。そこで「エンター」を押すと、「気づく」に直してくれます。

  この機能は 一太郎にもあります。

 僕の妻は 「ず」の出し方が分からないので、「気ずく」では誤りだと知っていても「きずく」と入力し、文章校正で「気づく」に直してくれるので、それを毎回使っているとのこと。

 「づ」は「du」と入力すればいいですね。

 wordがすぐれているのは 次の機能です。

  文章を作ってあとに、上の方にある「校閲」を クリックして、
 左の方にある「 スペルチェックと文章校正」をクリックすると文章校正をしてくれます。

 たとえば「 私がが」など 単純なミスをチェックしてくれます。

 ぼくがよく指摘されるのが「助詞の繰り返し」です。

  「私は今日は早く寝ます。」
 という文。

 助詞「は」がくりかえされているので、
「間違った日本語ではなくても、修飾関係が分かりにくかったり、文の流れが悪くなる場合があります」とのこと。

  「私は、今日は早く寝ます。」
 にすれば、いいようです。

 またよく指摘されるのが「 走ったり」の「たり」 。これは繰り返して使うとのことです。

 次に「くだけた表現」も指摘されます。

 「よく考えるんだよ」の「ん」はくだけた表現なので、正式な文では使わないほうがいいようです。
 ぼくは子どもたちに語るときの表現なので、無視します。

 そして「走ってます」では、「い抜き」になっているとのこと。
 「走っています」に修正します。

 このようなところもチェックしてくれるので、ありがたいです。

 ぼくはこれまで、ブログで多くの間違えた文を書いていたのだな、と改めて思いました。


 さて、きょうのブログの記事を文章校正しました。

 すると、

「助詞の繰り返し」
間違った日本語ではなくても、修飾関係が分かりにくかったり、文の流れが悪くなる場合があります」とのこと 

 がひっかかったのです。「~たり」は繰り返して使うようにとのことですね。
この文は、ぼくが作った文ではなく、「助詞の繰り返し」にあった説明をコピーした文です。

文章校正をする文にもこのような文があるのですね。

ワードで ねらいのページに進む
高校のクラスメート Sくんから質問メールをいただきました。

ワードに文を書き込もうとするが、35ページまでグルグルを回してたどり着くのに、時間がかかります。
一気にたどり着く方法などあるのでしょうか?。お願い致します。


 文章長い文章を使っている時、 その文章の最後尾に行く時には
「コントロールキー +Endキー」です。コントロールキーを押しながら「End」キーを押す という感じです。

 すると。 いちばん最後にいくことができます。

 なお、キーボードによっては、Endは、Shift+Endになっていることもあったように思います。そのときは、
 「Strl + Shift + End」です。

  途中のページに行く時には「ジャンプ」 という機能を使います。

 ワードでは、「Ctrl + G」でジャンプの 窓が出てきます。 そこにページ数を入れて、エンターを押せば、そのページに行くことができます。

  ジャンプを出すには、 「ホーム」画面で 右側の「検索」の右に ある三角形(▼)を押すと、 そこに「ジャンプ」 というのがあるので、それをクリックして行くこともできます。

 「 検索」 という機能はとても便利です。

 最後尾でもなく ページ数もわからないときです。 そこにある言葉か分かれば検索でその所に行くことができます。

 「Ctrl + F」で、「ナビゲーション」が出ます。そこに検索語句を入力すれば、すぐにその語句のところにいけます。

 複数あるときは、右の▼をクリックすると、次々と進めます。

 僕は 編集作業をしていて、途中で終わるときには、
 (ここから)
 という文字をそこに入れておきます。かっこもつけます。

  そして (ここから) を検索すれば、すぐその作業をするページにいくことができるので とても便利です。

  利用してみてください。 また何かあれば連絡ください。


音声ファイルをyoutubeにアップ
 クラスメートだったSくんから、 音声ファイルをyoutubeにアップしてブログに貼り付けけたいので その方法を教えてほしい、とのメールをいただきました。

  それについて書きます。

 まず、ソフトの「ムービーメーカー」を準備します。 これは動画を編集するソフトです。

 コンピューターを購入した時にすでに 入ってることがあります。 僕の前のコンピューターには入っていました。

 検索機能を使って、 「ムービー メーカー」を検索すると 出てくることがあります。出てきたらそれを使います。

 見つからなければ、次のWindows Essentials 2012の中の「ムービー メーカー」をインストールしてください

Windows Essentials 2012

 その他に準備するものとして、 もちろん まず 音声ファイルですね。

  それから、 写真、画像などを数点準備してください。 音声と関係ないものでもいいと思います。 その辺は各自自由に。

 では始めます。
  ムービーメーカーを開きます。

  すると上に 「ビデオおよび写真の追加」があるので、それをクリックして、写真のあるフォルダに行き、写真をクリック 「開く」で写真を追加します。

 最初は1点でもかまいません。

次に 「音楽の 追加」 をクリックして、音声ファイルのあるところに行き、ファイルをクリック、 開くで追加します。

 左側に動画が出ます。「再生」ボタンをクリックしてください。

  写真が少ないときには音楽は途中で切れます。最後まで聞くことができるように、次々に写真のファイルを追加していってください。
 コントロールキーを押しながら、写真のファイルをクリックすると、複数一気に追加できます。

 また、コピーもできます。

  最後まで音声が聞けるまで 写真の追加がして、出来上がったら、保存の操作に進みます。

 左上の「 ファイル」をクリック。
 その中のを「ムービーの保存」にカーソルをあてると、右に窓が開きます。

 その中の一番上の「このプロジェクトの推奨設定」 をクリック。

 そして 「ファイル名」を入れて 「保存」 をクリックします。

  これでアップすることのできるファイルが出来上がりです。

  後は通常の動画のような感じで youtubeにアップします。 そこのところはSくんは知っているので省略。 できれば、他の人のために近々書きます。

 なお 音声などは著作権法に触れる可能性があるので、十分に注意してください 。

フォルダ内のアイコン縮小版に写真ファイルアイコンを表示する
昨日は 高校時代のクラスメートのY允くんが、 音声ファイルを youtubeにアップする方法を習いにきました。

 その操作をする時に、数点の写真ファイル が 必要です。

  彼の「ピクチャー」内のフォルダーを開くと、 写真ファイルがたくさんあるのですが、 それがすべて菊マークのような同一のアイコンです。 これでは 中身が分かりません。

  1つ1つ ファイルを開いて写真を 確認し、利用していました。

  僕のコンピュータでは、縮小された写真がアイコンとして出ます。 そのようにできるはずだと思い、 少し探したのですが 簡単に出来ません。

  彼が帰って後 ゆっくり落ち着いて やり方を 探してみました。

  そして次のようなメールを送りました。 一部修正してあります。



 

Y允くん、きょうはお疲れ様です。

 写真のファイルの表示を次のように訂正してみてください。
 できれば、とても便利になると思います。

 できたかどうか、連絡ください。
 できなければ、次回ぼくが試してみます。


1、スタートキー+「x(エックス)」キーを同時に押す

(スタートキーというのは、旗のような模様のキーです。一番下のところ)

2、コントロールパネルをクリック

3、デスクトップのカスタマイズ をクリック

4、エクスプローラーのオプション をクリック
 (後で追加、PCによっては「フォルダーオプション」)

5、表示をクリック

(下まで進む)


6、縮小版にファイルアイコンを表示する  にチェックを入れる。

7,「適応」をクリック


  しばらくして、彼からメールの返事がありました。 うまくいったようです。

庸次さんへ、指示どおり進みますが、4の「エクスプローラーのオプション」をクリックが見当たらなくて、代わりに「フォルダーオプション」がありますので、

それをクリックしたら次に進めました。あとは指示どおりしたら、ピクチャーが小さくなったようです。
なるほどこれだと、一目で見られるので便利ですね。あとは細かく名前の変更をしたら、なお便利になります。有難う御座いました。





ビデオ(動画)のトリミング
 ビデオ(動画)のトリミングの方法を書きます。動画の前後の不要な部分をカットする方法です。

 ムービーメーカーを使います。ムービーメーカー
 コンピューターを購入した時にすでに 入ってることがあります。もしなければ、次のWindows Essentials 2012の中の「ムービー メーカー」をインストールしてください 。無料です。

Windows Essentials 2012


1, ムービーメーカーを開き、「ビデオおよび写真の追加」をクリックして、ビデオを追加します。

2,「編集」をクリック。

3,「トリムツール」をクリック

4,左の画面の下にあるタイムラインの端にある縦長の長方形のボタンをドラッグして、カットする前の部分、後の部分を決めます。

5,「トリムの保存」をクリックして、終了です。

6,それを保存してください。

 動画の途中をカットする方法は後日書きます。

動画の途中をカットする方法
ビデオ(動画)のトリミング 
では、動画の頭の部分や尻の部分をカットする方法を書きました。

 この記事では、途中の部分をカットする方法を書きます。

 たとえば、ABC と動画が流れているとき、「B」の部分をカットするのです。

 最初は、トリミングと同じです。

ムービーメーカーを開きます。

 「ビデオおよび写真の追加」で動画をアップロード

 「編集」をクリックして、編集のページに

動画の下にあるタイムラインを動かして、カットしたい部分の後ろの位置で止めます。
ABCのBの部分をカットしたい場合は、Bの後ろでタイムラインの印を止めるのです。

 そこで動画を分割します。

 上の「分割」をクリック

 すると、動画が2つに分割されます。 ABC がAB と C に分割されるのです。

 そうすると、ABは独立した動画のようなものです。
 トリミングの要領で、尻の部分のBをカットすればいいのです。

  右がわにある動画の流れの中のABをクリック。
 「トリムツール」をクリック。

  タイムラインを操作して、ABの間に印を入れて、「トリムの保存」をするのです。

 以上で、Bの部分がカットされます。

無料でつかえるOffice(word,excel)
 オンラインでなら,無料でwordやexcelなどのオフィスを使うことができます。

Office Online

無料で、どこにいても、誰とでもリアルタイムで Office ファイルの作業ができます。ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーション、ノートブックをオンラインで作成、保存、共有でき、共同作業がもっと簡単になります。



  僕のセルフPC塾に通っている生徒が、 文書を作りたいとのこと。 それほど頻繁に文書作りをするわけではないようです。

 それなら、無料のオンラインオフィスで十分だろうと思い、 それをインストールしました。

  彼は、家にもインターネット環境があるので、 それで十分だろうと思います。

  まだ十分使ってはいないのですが、いつもインターネットのある環境環境でwordを使う人は これでいいのではないでしょうか。そして、いまどきは、PCを使うときには、ほぼ100%インターネットを使いますね。

  僕のコンピュータにはofficeが入っていますが、 次からは これにしようかなと考えてます 。

CDのダビング
セルフPC塾の生徒が、CDのダビングのやり方を教えてほしいとのこと。
  それを教えました。

  それで、きょうはダビングの方法を書きます。

 ただし、CDのダビングは著作権法に触れる場合もありますので、 そのあたりは自己責任でお願いします。

1,  コンピューターのCD挿入部に録音をするCDをセットし、挿入します。 するとたいていは 自動再生になって音楽が流れてくるはずです。
  ※ 自動再生しない場合には、 コンピューターの「PC」をクリックすると、「デバイスとドライブ」 のところにCDがあるので、それをダブルクリックすると、再生します。

  再生しているのは、 たいていはWindows media playerです。再生させるのは このwindowsメディアプレーヤーを作動させるためです。

2, 僕は音楽を聴きながらはできないので、ここで音楽を停止します。
  メディアプレーヤーの窓(わく)に カーソルをかざすと、右上の方に点々のマークが出てきます。 それをクリックします。
  media player の画面になります。

3, そこで 上の方にある「CDの取り込み」 のボタンをクリックします。
  音楽をCDからパソコンへに取り込みが始まります。それには少し時間がかかります。

  終わるともとのCDが自動的に出てくるはずです。

4, 次は 空のCDを差し入れます。

5,  そして 右上の「書き込み」をクリックします。

 「書き込みリスト」の画面になります。
 そこに書き込みする項目をドラッグしてくるのですが、すでに出ているリストはドラッグできません。

6,左の「音楽」の「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」のどれかをクリックします。
 すると、さきほど取り込んだCDがあるはずです。

7, それを「書き込みリスト」までドラッグしてきます。

8,すると、書き込みが自動的に始まるはずです。始まらなければ、上の「書き込みの開始」ボタンをクリック。
 空のCDに音楽がコピーされます。

9,少し時間がかかり、書き込みされます。
  終わると自動的にできあがったCD出てきます。

 これでダビングが終了です。

ブログに数式を書く
 これまでは、ブログで数式を書くのは大変でした。

 たとえば、二次方程式の解の公式は、

x={-b±√(b2-4ac)}/2a

という感じ。

 しかし、次を見てください。




 ちゃんとできていますね。
 その方法は

「数学と物理のブログ」の
「数式入力のテストその1(ブログでTeXを使う)」
にありました。

  そのページに行き、
「数式エディタ起動」をクリックして開き、数式を入力します。

 ただ、最初は
「Copy to Document」という青いボタンの下に、空白箱がありましたが、2回目いこうはありません。2回目からは有料なのかもしれまえん。

 ただ、そこで作った「text数式コマンド」を使う方法もそのページにあります。

Windows のアプリ全画面表示
 Windows8からWindows10に強制的な感じでアップグレードさせられた人がいます。その善し悪しは別にして、

 そのために、Windows8で使い慣れていたスタート時におけるアプリの全画面表示から部分表示になってしまって、使いづらくなったと感じる人もいます。

 Windows10で急に全画面表示になって、使いづらいと苦情があったのでしょうね。

 とにかく、アプリ全画面表示の方がいいと思う人がいるのです。それで、その方法をここに書きます。

 まず「スタートキー(旗印、■が4つ並んだキー)を押します。

 左下、「電源」の上に「設定」がありますね。歯車のもよう。
 そこに、なければ、「すべてのアプリ」を開くと、「 せ」のところにはあります。

 「設定」をクリックし、その中から「パーソナル設定」を選んで、クリック。

 左「スタート」をクリック。「全画面表示のスタート画面を使う」をクリックして、「オン」にします。

 右上の「×」で、その画面を消します。

 これで終了です。スタートキーを押すと、3~4秒は前の画面ですが、すぐに全画面になります。

iPhone iPad 型のキーボード、一文字ずつ移動する方法
 昨日セルフ PC塾に、新しい生徒が体験入塾にきました。タブレットを持っています。

 ぼくはタブレットを持っていません。タブレットもパソコンと似たようなものだろう、なんとか教え切れるだろうと思って引き受けました。

 タブレット、スマホには、大きく二つに分かれると僕は理解しています。

 Google の Android型とアップルの iPhone 型です。僕は google のものしか使ったことがありません。少しだけ友人のものを見たことがありますが、詳しくはないのです。

 さて、新人がもってきたタブレットは iPad だったのです。 Apple 系です。

 まあ基本的に似たようなもんだろうとやりはじめたのですが、すぐに戸惑いました。キーボードが違うのです。

 アンドロイド系には、一文字ずつずらすために矢印がついています。

 その矢印が無いのです。だから修正をする時に、その場所に行くのが大変です。

 何度もタッチし直したり、それでもうまくいかないので、後ろから全て削除したりしました。

 パソコンでネットに繋ぎ、いろいろ調べてみました。

 すると、アップル型でもずらすことは出来ることがわかりました。

 移動する所の近くに指を数秒当てます。
 すると、虫眼鏡のように一部が拡大され、カーソルというか青い線が表示されます。
IMG_20170126_120613.jpg

 指を左や右に動かすと、そのカーソルが移動していきます。
 それがアンドロイドの矢印と同じ役目をするのですね。

 それがわかればあとは楽です。わかるまでが 大変でした。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.