FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

民泊を始める為に動き出す
 民泊を始めようと思います。

 政府が、民泊の規制を緩和する方向をみせたからです。

全国規模で民泊を解禁するにあたり、簡易宿所の許可を取得しやすくする。面積基準(延べ床面積33平方メートル以上)について、民泊に限り1人あたりの面積を設定し、定員数に応じた面積基準をつくる予定だ。


 これなら僕らも始められます。
 
  2階の2部屋を民泊用に使います。 そのため そこに、バス トイレを付け、 キッチンも そなえることにします。

  そのような リフォームに幾らぐらい費用がかかるのかの 見積もりを知り合いの建築会社にお願いしたのです。

 水道屋、 鉄骨屋さんが見に来ました。 近々見積もりが出るはずです。

 でも、民泊を始めるのは 早くても 秋頃でしょうね。

 別の理由もあり、リフォームを 少し急いでいるのです。

 母が同居している兄が、家を立て直すことになりました。
 その間、母が僕の家に来ることになったのです。

  2階の部屋を母につかってもらうつもりですが、そこには トイレがないのです。

 それで、民泊のためのトイレを備え付ければ母も安心して生活ができるはずです。民泊もするつもりではいたので、早くやることにしたのです。
スポンサーサイト

「民泊新法」では、床面積1人あたり3.3㎡
 民泊をやろうと考えています。
 ただ、それに立ちはだかるのが法律です。

 現在の法律では床面積が33㎡なければいけないとのこと。

 33㎡はおよそ18畳。6畳部屋が3室なければ人を泊めるビジネスはできないのです。

 最近は、新しい法律(民泊新法)を作ろうと政府は動いていますね。

 それに期待しています。

 新聞もよく取り上げています。

 でも、僕が知りたい情報はなかなか教えてくれません。僕が知りたいのは床面積がどのように緩和されるかです。

 それについては僕が読む限り新聞にはありません。僕が読んでる新聞は琉球新報です。

 それでインターネット上で調べてみました。

 そうするとありました。

一目瞭然!「旅館業法」「民泊新法(住宅宿泊事業法)」「民泊条例」の比


 それによると、

1客室の構造部分の合計床面積が33㎡以上(収容定員が10人未満の場合には3.3㎡に収容定員の数を乗じて得た面積


 とのこと。

 1人あた3.3㎡。というのは2畳程度。これならできますね。

 極端に言えば、2畳の空き部屋があれば民泊が始められるということなのかもしれません。詳しい法律はまだ僕も知らないし、法律の専門家でもないので、自信はないのですが。

 僕が民泊にあてようと考えている部屋の広さは十分です。

 現在、兄が、家を建て替え中です。
 母は兄と同居していましたが、建て替えるまでは、ぼくのところにいます。民泊に当てようと思っている部屋に母がいるのです。

 新築されたら、その部屋が空くので民泊が始められます。

 兄の話によると今年10月にはできるとのこと。でも工事はかなり遅れているのでどうなるのか分かりません。

 それでも、遅くともは来年の春までには民泊が始められるのではないかと期待しています。




セルフ子の亮くんから、FaceBookでコメントをいただきました。ありがとうございます。

新しい基準での申請できますよ。申請数が多くて保健所の審査に数ヶ月待たされるみたいです。


  そうなんですね。もう床面積が小さくても申請できるのですね。いい情報をいただきました。

民泊新法が成立。来年は民泊を始めたい
 琉球新報によると、民泊新法が成立したそうです。

 民泊をやりたいと思っていたので、関心をもって待っていました。

民泊営業届け出でOK、新法成立 年180日、住宅地でも

2017年6月9日 10:54
一般住宅に有料で客を泊める「民泊」の営業基準を定めた住宅宿泊事業法が9日、参院本会議で与党などの賛成多数により可決、成立した。都道府県など自治体に届け出た家主は、年間180日を上限に住宅地でも民泊のサービスができるようになる。急増する外国人旅行者の新たな受け皿として普及を促す狙い。施行は年明けの見通し。


 新法が成立したので、ぼくらも民泊を始められます。部屋は去年そのために改装しました。

 いま、母が同居していて、その部屋にいます。家を建て替えるあいだです。10月には完成するそうですが、遅れているとも聞きます。

 次の関心事は施行がいつになるか、ですね。できるだけ早くやりたいな。

長期滞在が可能な民泊を 、週末に限る県条例案を考える
民泊の持つ可能性/沖縄観光に生かせる

 3年前、私たち夫婦はカナダに5カ月ほど滞在した。五つの都市を巡り、その時に利用したのが、地元の一般住宅の1室を借りて生活をする民泊だ。ホストファミリーとも仲良くなり、楽しい滞在だった。

 ハロウィーンの夜には、やってきた子どもたちにキャンディーをあげた。また、隣の部屋に民泊しているカナダ人に観光に連れて行ってもらったこともある。

 近くのスーパーマーケットに行き、地元の人たちに混じって食材を買い、ホストとシェアするキッチンで食事を作った。食費を抑えるためだったが、カナダの人たちの生活が身近に感じられた。費用の点だけではなく、民泊にして良かったと思っている。こういうのは、ホテルでは味わえない体験だろう。 

 民泊は楽しいし、国際交流にもなると思い、沖縄に帰ってからそれをやりたいと考えようになった。

 8日付の本紙報道によると、「民泊営業を週末のみに限るという沖縄県の条例案がまとめられた」と紹介している。もし、それが来年県議会で通れば私たちがカナダで体験した民泊による長期滞在は、沖縄ではできなくなる。冬の寒さを避け、春の花粉症を避け、夏の海に憧れて沖縄に長期滞在をする人は多いと思われる。しかし、長期民泊ができないと、滞在費を抑えるための自炊ができなくなる。ホテル滞在だけだと外食に頼るしかない。近くのスーパーで買い物をしながら地元の人と接する機会も少なくなるだろう。沖縄観光の魅力の一つには地元の人との触れ合いもある。それが難しくなる。

 県の条例案の大枠では週末の金、土、日曜だけであり週2泊だけとなる。1カ月間でおよそ8泊だけしか民泊の営業はできない。滞在客に快適に過ごしてもらうために部屋のリフォームに投資したいと思っても、それだけの営業しかできなければ投資を控えるしかない。そうすれば滞在する人も快適でなくなるということだ。また、週末だけのために部屋を利用しないのはもったいない。

 週末だけの民泊を利用する人がどれだけいるだろうか。民泊を諦めるか、または制限区域、期間も設定されるなど厳しすぎる条例を破る違法民泊を増やしてしまうことにならないか。禁酒法によってアル・カポネを生んだアメリカのように。

 問題となっているごみの出し方や夜間の騒音については、ホストの目が届くような民泊にすることによって、防げるのではないだろうか。

 来て良かった、また来たいというリピーターを増やし、口コミで沖縄の魅力を伝える観光客が多くなるのが沖縄観光の未来を明るくするのではないか。 

 沖縄県は沖縄観光の未来には何が必要なのか、よく考えてもらいたい 。



きょうの琉球新報、「声」の欄に、掲載されました。

002.jpg

簡易宿所営業に向けて動く
 母が引っ越して出て行きました。
 それで母が使っていた部屋を簡易宿所にしようと考えて動き出しました。

 民泊の新しい法律ができて、許可を得るのは簡単になりますが、色々制約がつきます。
 沖縄県の条例は国の法律よりさらに厳しくなっています。

 これでは民泊も面白くないなと考えていました。

 ところが色々情報を集めると、簡易宿所の許可が以前よりとりやすくなっているとのこと。

 以前は延べ床面積が33平方m以上とのことでした。これは結構な広さです。これでは簡易宿所の許可は得られないなと考えていました。

 ところが少し変わって、「一人当たり3.3平方m以上」になっているようです。これなら僕らでも十分にやっていけます。

 知人から旅館業許可証のコピーを見せてもらいましたが、その許可条件に

 客室延床面積については、3.3平方メートルに宿泊者の数を乗じて得た面積以上とすること

 とあります。

 それで、簡易宿所の方向に進もうと思っています。

 昨日は嘉手納のニライ消防署に行って、「消防法令適合通知書交付申請書」の用紙を頂いてきました。そしていろいろ説明も受けました。

 面倒なところもありますが、簡易宿所の許可が得られれば、民泊より良さそうです。
 いま、それを得るために動いています。うまく行けばいいのですが 。

簡易宿所と民泊の違い
昨日書いた「簡易宿所営業に向けて動く」
に Facebook 上でコメントを頂きました。ありがとうございます。

A城
日本の状況に疎くなってきたこの頃、民泊と民宿、さらには簡易宿所の違いがいまいち理解できてません。多分、旅館やホテルよりも簡易に営業できる形態から付いたのでしょうがただ、簡易宿所という名称は70年代に上京した僕には山谷の簡易宿泊所とかドヤ街のイメージを喚起させる名称です。もっとスマートな名称の方がいいと思うけれど、もっともその前提になる簡易宿泊所を知らない世代には関係ないかも。

H嘉
私も知らない 似てるんじゃない?

 僕もなんとなく理解していたので、いい機会だと思い、少し調べてみました。そして、民泊と簡易宿所との違いについて書きます。ただ、専門家ではないので、そのつもりで読んでください。

 内容は基本的に似ています。
 色々な形態がありますが、僕がやろうとしているのは、家の一室を他人に貸して、そしてお金をいただくというものです。

 僕がカナダで利用していたようなもの。カナダでは、地元の家主との交流ができました。ぼくも海外の人などと交流できたらいいなと期待しています。

 では何が違うのか。
 新しい法律では、民泊は都道府県の知事に届け出をすればいいようになりました。とにかく簡単になったのです。

 それに対して簡易宿所の場合には色々面倒です。
 保健所に行って許可ももらわなければいけない。消防署へ行き、防火対策をやっていることを届けなければいけません。家の平面図を出したり、そして手数料も数万円かかるようです。

 民泊は届け出だけで簡単だが、簡易宿所は許可が必要なので面倒だということですね。

 次は、簡易宿所のいいところ。
 今度の民泊新法で、民泊は年間180日以下しか客を泊めたらいけないとなりました。約半年です。

 さらにそれから沖縄県の条例では「民泊営業を週末のみに限る」となり、さらに厳しくなっています。

 部屋には、台所をつけたり、ユニットバスを入れ、それから冷蔵庫、エアコンも入れました。まあ、これまで母が利用してくれたので、まだいいのですが。

 それからテレビなども入れようと思っています。
 けっこうな投資です。土曜、日曜だけの営業だとそれを取り戻せなくなりますね。

 ある程度は儲けたいという気持ちもあります。

 それ以前に、交流が楽しめなくなりそう。

 それで簡易宿所にしようと思ったのです。

 以前の簡易宿所は延べ床面積が33平方m必要でした。これはぼくのところでは無理でした。ところがそれが緩和されて

1客室の構造部分の合計床面積が33㎡以上(収容定員が10人未満の場合には3.3㎡に収容定員の数を乗じて得た面積

 になったようです。これなら僕の家でもできます。

 手続きは面倒でも、日数の制限のない方がいいということで、簡易宿所の方向に動くことにしたのです。

 なお、民宿は、簡易宿所の一つの形態ですね。

簡易宿所、部屋の平面図と写真
 簡易宿所の手続きをしようと動いています。
  そのためには平面図が必要だとのこと。

 それで花子で平面図を描きました。

 出来上がった平面図を見て、せっかくだからこのブログにアップしようと考えました。

 でも平面図だけでは味気ない。部屋の写真も載せることにし、スマートフォンでパノラマ写真を撮りました。

 ベッドルームにしようと思っているところは8畳、ダイニングルームは4畳半です。

 ベッドルームの一角にはユニットバスをつけました。 トイレ、シャワー、そして浴槽もあります。ベッドはこれから準備します。

 ダイニングルームには、流し、 IH ヒーター、そして小さな冷蔵庫を備え付けてあります。 テーブル、椅子、テレビは、これから準備しようと思っています。

 客数の基本は2人。面積的に4人までは大丈夫そうだので、4人で申請しようと思っています。

PANO_20180402_085013.jpg

PANO_20180402_084652.jpg

二階の平面図

消火器、火災報知器 準備OK
  簡易宿所申請に向けて動いています。

  先日は浦添市の メイクマンに行き、 消火器と火災報知器を買ってきました。

  そして今朝火災報知器を壁に取り付けました。
 寝室に1つ、ダイニングに1つ。

 それから前からあった階段にある報知器を、消防署のいう位置に直しました。天井から離れすぎていました。

  防炎カーテンも必要です。
 メイクマンに行った時 みたのですが サイズで気に入ったのが見つかりませんでした。 その後ニトリにも行きましたが、そこでも見つかりません。

  それでまだ準備できていません。
IMG_20180406_110828.jpg
IMG_20180406_111406.jpg

防炎カーテンも準備 OK
 簡易宿所の申請に向けて動いています。

 消防署から 言われた火災報知器と消火器は、前に準備しました。

  防炎カーテンはその時に気に入ったのが見つからなかったので後回しにしていました。

  先日北谷町のホームセンターメイクマンに行き、 そこで防炎カーテンを 買ってきました。

  窓用のが2セット、 掃き出し用のが1セットです。

  ダイニングの窓に取り付けるのがは、長いので妻がミシンで裾上げをし、ぼくが取り付けました。

 これで準備 OK です。

  消防署から言われたことは一応 準備できました。
 日を見て消防署に 申請書を提出しようと思っています。

IMG_20180408_180415.jpg


宿泊施設の名称は「セルフ宿」
今日嘉手納町のニライ消防署に行って「消防法令適合通知書交付申請書」を提出し、受理されました。

来週4月17日火曜日に 消防署の人が検査に来ることになっています。

 さて、申請書には「営業所の名称」を書く欄があり、そこに「セルフ宿」と書きました。 セルフ塾と同じ音「セルフジュク」ですね。

  もちろんセルフ塾を意識して決めました。

 ただ名前を似せただけではありません。内容的にも「セルフ宿」でいいなと思っています。

  セルフ宿は、基本的に セルフですごせる宿です。

 シェア(共同)の場所はありません。

  ユニットバスを入れてあり、 トイレ、バスルーム、洗面所も部屋についています。 台所も あります。洗濯機も準備するつもりです。

 生活はすべてセルフでできるようになっています。 だから「セルフ」ということで 「セルフ宿」です。

 長期滞在にいい宿になると思います。

 カナダで地元の人の家に宿をとりました。そのときの経験で、このようだと気分的に楽だな、と思うような宿にするつもりです。

 シェアの場所がないと、客との交流は少なくなるでしょうが、別々だとぼくらも気楽です。

宿泊施設「セルフ宿」、消防署の審査は通過
 宿泊施設に向けて動いています。
 消防署の 審査が行われ、通過しました。

 4月12日にニライ消防本部(嘉手納)に行き「消防法令適合通知書交付申請書」を提出し、受理されました。

  そして4月17日火曜日、消防署の署員二人が審査に訪れました。 そこで 火災報知器、防炎カーテン、 消化器をチェック。

  その翌日の18日水曜日、ニライ消防本部に行き、「消防法令適合通知書交付申請に係る審査結果について」の証書をいただきました。

  セルフ宿は
「一般住宅と判定され消防法令適用外となります」
 とのこと。

  よく意味はわからないのですが、とにかく消防署の審査は通過したのです。

  次は保健所に行くことになります。

IMG_20180418_152802.jpg


一般住宅と判定され消防法令適用外とは
  昨日書いた 「宿泊施設セルフ宿、消防署の審査は通過」に Facebook 上でコメントを頂きました。ありがとうございます。

A城 H
「一般住宅と判定され消防法令適用外となります」 
 確かに意味がよくわからない。簡易宿泊所としての営業を行う上で、一般住宅ながら消防法の範囲内で防火施設としての基準をクリアーしているという証明なら、わかる気がします。それが、一般住宅なので消防法適用外ということであれば、何も申請の必要性はないのでは・・??

H嘉Y弘 おかしい^^)


  一般住宅と判定され 消防法令適用外とは何か。
 以下に述べるのは、 消防署員の話などをもとにして僕が考えたことです。 推論というものかな。
とにかく、きちんとしたことではないのでそのつもりで。

  宿泊施設には 家主 が一緒かどうかというのも 大きいようです。

 家主が住居していて、その一部を 宿泊施設として貸し出す時には、どうも基準がとても甘いようです。

  住宅の 半分以下のスペースでなければいけないということも必要です。 玄関も一緒かどうかなども尋ねられました。

  今民泊で マンションやアパートの又貸しする人がいますね。
 家主は離れたところにいて部屋だけ貸しているという感じ。

 それで、ごみの問題や騒音問題が出てきます。

 そういうのは一般住宅ではなく、消防法令適用内で厳しくなるのでしょう。スプリンクラーの設置、非常口の設置など。

 それに比べると 僕のやろうとしていることは 家主である僕 が住んでいる住居の一部だけを貸し出すというもの。

 家主の管理のもとにあるということもあり、一般住宅は基準が甘いんだよということで、
一般住宅と判定され、消防法令適用外となります
ということではないかと思います。

 それでも、本当に一般住宅かどうか、家主が同居しているかどうか、また火災報知器、消火器が設置され、防炎カーテンになっているかどうかの審査が必要なのでしょう。

 一般住宅だから、この程度の対策で宿泊施設として認めてもいいよ、という感じ。

 まあ、あいまいで申し訳ないのすが、とにかく消防署の審査は通過したということです。

 消防署員も、次は保健所に行って下さいと言っていたので、次の段階、保健所です。

宿泊客用の駐車場も準備 OK
 宿泊客のための駐車場も準備ができました。

 Kyokoの姉の土地ですが、許可を貰って使わせてもらうことにしました。

  これまでも時々駐車場として 使ってきたのですが、 間口が狭いです。

  それでブロック塀の一部を壊しました。A垣Y伸さんに 手伝ってもらいました。
というのは嘘ですね。ほとんどがY伸さんに やってもらいました。

 ぼくが 大ハンマーでブロック塀の一部を壊しました。その直後、Y伸さんが来宅したので、セメントの塗り方を教わりました。

  その時に、 ヒビが広がっているのを指摘されました。
 ブロック塀の一部を壊す時には、残すところとの境目を 切ってから壊すのですね。そういうことも知りません。

  Y伸さんが手伝ってくれるというので お願いしました。
 すると、僕が外出している時に一人で全てやってくれたのです。ひびのところまで補修してくれました。

  だから手伝ってもらったというよりも、僕は少し邪魔したようなものですね。綺麗に仕上がりました。
 これで 宿泊客の駐車は OK です。

  沖縄は車がないと 観光は難しいです。
  特に読谷では 公共交通機関はまったくあてにできません。
  読谷に泊まるならレンタカーがいいですね。

IMG_20180420_115955.jpg
IMG_20180416_101417.jpg


簡易宿泊所、 バス・トイレ・洗面所は独立 など、課題は山積み
 簡易宿泊所 の開設に向けて動いています。
 4月23日、 保健所に話を伺いに行きました。 そこで問題がたくさんあるのが分かりました。

  まず 宿泊所をする場所の用途が何なのか調べてくるように言われました。許可できない場所があるそうです。それについては聞いていましたが、近所に宿泊所をしている人がいるので大丈夫だろうと思っていました。

 それでも役場で確認するようにいわれました。
 翌日、読谷村役場都市計画課に行きました。
 僕が住んでいて宿泊所をする 場所の用途は「未指定」だが、座喜味城跡の環境保全地域になっているとのこと。 たぶん 大丈夫でしょう。

  それからユニットバスには色々問題があるようです。
  ユニットバスでは 風呂場、 洗面所、トイレが一緒になっています。ホテルと同じですね。

 でも、 風呂場と トイレ、洗面所は別でなければいけないとのこと。 風呂に入っている人がいる時、トイレが使用できなければこまるでしょう とのこと。

  玄関の側に、トイレがあるので、トイレはに関してはクリア。僕らも共同で使うトイレです。

  洗面所については新たにつけなければいけません。いま場所を考慮中。 ユニットバスの中にはあるし、キッチンの水道も使えるのになあ、とは思いますが、それではだめだとのこと。
 だから工事をして作ってもらわなければいけません。

 脱衣所も必要とのこと。ユニットバスの中にスペースがあれば、 すのこを置き、脱いだ 衣服を置くところがあればいいとのこと。 ただきちんと棚をつけなければいけないのか、 確認が必要。

 寝具を入れる押し入れのようなのも必要です。なんとかします。

 それから 住居が100平方メートルを超えると無条件には宿泊所にできないようです。
 中部土木事務所で 面積を確認するため、建築台帳記載証明書を発行するように申請してきました。
 そこで確認すると、僕の家ははるかに超えています。

  そうすると できないのか。保健所の 係りの人が 「体験型宿泊所」ならできるとのこと。
 一緒に郷土料理を作る体験でもいいそうなので、それでいこうかな、と思っています。

 このようにまだまだ課題は 山積みです。少しずつ進んでいきます。

セルフ宿・・・ベッドを準備しました
 宿泊所「セルフ宿」をやるために動いています。

  中城モールのヨナシロ家具で、ベッドを2台買いました。

 安いのでいいと思ったのですが、安いのは中国製で、やはりあまりよくないとのこと。 それで日本製のフランスベッドにしました。

  おととい 持ってきて組み立ててくれました。
IMG_20180505_124831.jpg

 セルフ宿は、基本的に 泊まり客2人です。だからベッドは2つ。
 でも4人まで泊まれるように するつもりです。 そうなった場合には エアーベッドになります。

  兄の家に エアーベッドが2つありました。1つはもらってもいいよと言うので、ありがたく頂いてきました。

  もう一つも借りてきてセットしてみました。 こんな感じになります。
IMG_20180501_180331.jpg

  電気で空気を入れたり抜いたり簡単です。寝心地も悪くなさそう。

セルフの宿 洗面台を 設置
 簡易宿泊所「セルフ宿」を始めようと思っています。 そのために 洗面台を設置してもらいました。

  部屋にはユニットバスがあり、そこは トイレ、洗面所 そしてシャワー、 バスタブが一緒になっています。

 でも、保健所の検査では、 トイレ、洗面所は別になければいけないとのこと。

 トイレは玄関横にも あり、僕らも共同で使いますが、それでOKとのこと。

 でも洗面所は別になければいけないとのこと。
  台所もあって流しの 水道も使えますが、それではダメだそうです。

  それで 業者にお願いして、階段横の土間に 洗面台を 設置してもらいました。屋根は必要とのことです。

  実際にはほとんど使わないだろうと思うのですが、 保健所の検査を通るためには仕方ないです。

  排水工事も必要だったために、少し費用がかかりました。

senmendai.jpg


窓口は女性の方がほっとする
 さる月曜日の6月25日、中部保健所に行き、旅館業(簡易宿泊所)許可申請を提出してきました。
  宿泊該当部分の面積の出し方が違っていたり、 家の用途変更 の有無について中部土木事務所に走ったりと、色々ありましたが申請を受理していただきました。

  その時対応してくれたのは、若い女性の方です。おっとりした感じがします。

  申請が受理できるかどうか 緊張はしていましたが、やはり女性の方だとホッとします。

  それまで数回中部保健所を訪ねて相談しています。 その時に対応していただいたのは、少しキリッとした男性の方。ハンサムですが、見た目は少しきつい感じがします。

  でも実際にはいろいろ親切に教えていただきました。家の面積が広いのでそのままではダメだが、体験型宿泊施設ならできる、建築基準法に基ずく「検査済証」が 交付されていない 時には、その理由を書いて提出すればいい、など。優しい方だと感じました。

 でもやはり緊張していました。男性より女性の方がそれだけで ほっとする感じがしますね。

 男の僕だけかと思っていたら、妻も似たような感じを 受けたようです。

保健所の宿泊所検査と レーザー距離計
  昨日6月28日木曜日、 保健所の方がいらして宿泊所の検査をしてくださいました。

  玄関横にある共同で使うトイレ、新設した洗面所を見てから宿泊部屋に入りました。

  そして、ベッド、バス、トイレ などを「ふむふむ、なるほど」と言いながら見て回っていました。

  そして 僕が提出した申請書の図面などと 見比べながら 距離を測っています。

 その後、申請書の一部手直しの必要なところを指示された通りに手直しいたしました。
 添付書類が 一部足りないので 提出して 欲しいとのこと。 今日金曜日に行って 提出してきました。

 あとは特に問題ないとのことです。ほっとしました。

  さてその時に 職員の方がボイスレコーダーのような器具で距離を測って います。その器具を壁に当て、そして赤外線のようなものを反対側の壁に飛ばしています。器具をちらっと見て、それで長さが分かるようです。 本当に一瞬で距離がわかります。

  床につけて天井までの距離もすぐに測れます。 感心しましたね。

 僕らは二人がかり巻尺を伸ばしてやりました。天井までの長さの時には僕が机に登り、妻が床で長さを測るといったようす。時間がかかります。

  保育園をやってた時の巻尺があったので、まだ比較的楽にできたかもしれません。

  技術の進歩はすごいです。このような道具があればさっさと作業が終わりますね。 感心。感心。




セルフ宿の「旅館業許可証」が交付されました
 昨日、沖縄県中部保健所の S さんから お昼前に電話をいただきました。旅館業許可証ができているので取りに来るようにとのこと。

 台風7号の影響で降る雨の中、1時過ぎに保健所に出かけ、受け取りのサイン、捺印をして旅館業許可証をいただいてきました。

  これで旅館業を始めることができます。
  急ピッチで準備を進めるつもりです。

  それには次のようにあります。

第 H30 - 1××号
旅館業許可証
住所 読谷村字座喜味128
氏名 仲松庸次

 平成30年6月25日付けで申請のあった旅館業の経営については、旅館業法第3条第1項の規定により下記の通り許可する。
平成30年7月2日
中部保健所長 崎山八郎

1  営業所所在地 読谷村字座喜味128
2 営業所名称 セルフ宿
3 営業の種別 簡易宿所
4 客室数 1室
5 定員 4名
6 許可条件 農林漁業体験宿泊に限る。



IMG_20180704_095807.jpg

セルフ宿「農林漁業体験宿泊に限る」とは
 昨日のブログに書きましたが、「旅館業許可証」が交付されました。
 その中の 許可条件に 「農林漁業体験宿泊に限る」とあります。 それについて説明します。

 セルフ宿に泊まる場合には、 ゴーヤーチャンプルー、ポーポー、ナーベーラーンブシー、ソーメンチャンプルーなど沖縄料理の調理体験を1度はすることが条件になります。

  そのような形にしないと許可が出なかったのです。

 以下は、メモしたり資料が手元にあるわけではなく、記憶で書くのでそのつもりで読んでください。

  沖縄県中部保健所に相談に行った中で色々出て、そこで家全体の広さのことが出ました。100平方mだったと思いますがそれ以上あるかどうかが 問題になりました。

  ぼくの家はどうもそれをはるかに越えていそうです。そうなると 家は 住居目的 のもので、 宿泊業をするには 用途変更をしなければいけないとのこと。

  用途変更となると かなり面倒そうです。

  そこで 保健所の方のアドバイスがありました。
 そういう時には 農林業体験宿泊にすれば条件が クリアできるとのこと。

  でも僕は畑仕事など農業をしているわけではありません。もちろん林業もしていません。無理だなと思っていると、

「農産物の加工又は調理の体験の指導」ということでたいていはクリアしていますよ、と言います。
 「サーターアンダギーやゴーヤチャンプルーなど沖縄料理をいっしょに体験し、その作り方を指導すればいい」と言うのです。

 妻は料理は結構上手です。 ただサーターアンダギーは駄目です。 前に作ったのを食べましたが 固すぎて歯が立たない。
 また揚げ物は台所が汚れると言ってやろうとしません。

 ゴーヤーチャンプルー 、ナーベラーンブシー、ポーポー、ソーメンチャンプルーなら大丈夫、 それならやれるということで 「農林業体験型宿泊」ということで認めてもらったということです。

  だからセルフ宿に泊まる場合には、 1度は その体験をしなければいけません。よろしく。

セルフ宿、ダイニングルーム用 折りたたみテーブルと重ねられる椅子
 セルフ宿には、宿泊者専用のダイニングルームがあります。
 
 セルフ宿は基本的に2人むけですが、 最大4人まで泊まることができます。
  その時には、ダイニングルームがベッドルームに変わり、補助ベッドとしてエアーベッドを使います。
 そのため ダイニングルーム用のテーブルは折りたためるもの、椅子は積み重ねられるものを準備しました。

 2人なら設置したままでいいですが4人泊まる時にはテーブルと椅子を片付けて エアーベッドを 広げるのです。

IMG_20180703_175306.jpg

IMG_20180703_175516.jpg

Airbnbに掲載する「セルフ宿」の紹介文

 Airbnbに掲載する「セルフ宿」の紹介文を考えました。少し長いのですが、伝えたいことを書きだすとこれだけの長さになりました。


 読谷村は沖縄本島の中ほどにあります。人口はおよそ4万人。 日本で一番人口の多い村です。読谷村座喜味には世界遺産の座喜味城跡があり、静かで緑豊かな集落です。 その座喜味にセルフ宿はあります。
 那覇空港から車で約1時間。北部に行くにも南部に行くにも便利なところです。
  宿泊部屋は2階にあり、6畳と4畳半の2部屋をあなたは使うことができます。基本的には2人用の宿泊施設で、6畳の部屋には、2つのベッドが備え付けてあり、そこに宿泊者専用のバスルームもあります。 バスルームにはトイレ、洗面所、バスタブ、シャワーがあります。
 4畳半の部屋は、宿泊者専用のキッチンとダイニングルームです。水道、冷蔵庫、IH ヒーターなどの調理器具があり、炊事をすることができます。
  セルフ宿は 体験型の施設で、 少なくとも一度は私たちと一緒に 沖縄料理を体験しなければいけません。沖縄料理とはゴーヤチャンプルー、ナーベーラーンブシー、ポーポー、そうめんチャンプルーなどで、その中から1つ選びます。

 読谷村座喜味は 生活しやすいところですが、公共交通機関の電車やバスはとても不便なところです。レンタカーの利用をおすすめします。
 歩いて8分ほどのところにコンビニエンスストア(ファミリーマート)があります。 読谷村には大小のスーパーマーケットが 9店舗あり、食料品などを得ることができます。車を使えば便利な村です。
  基本的には2人用の宿泊施設ですが、補助用としてエアーベッドを準備してあり、4人までは宿泊することができます。 その時にはテーブルは折りたたみ、 椅子は積み重ねます。
3人以上は50%割引とし、チェックインのときに追加料金をいただきます。
  自炊をすることができるので、長期滞在には とても良いです。滞在が長い場合には 宿泊費は安くなります。
  冬の寒さを避け、夏の青い海を楽しみ、春の花粉症を避け、秋の実りを楽しむことができます。
 連絡をお待ちしています。

セルフ宿の英語での紹介文

 昨日はセルフ宿の紹介文を載せました。それを Google 翻訳を使って英語にし、おかしなところを直しました。
 ぼくの英語力では不十分だと思い、アメリカにいる友人にもチェックをお願いしていますが、一応ぼくが作った段階の文をここにアップします。。


  Yomitan village is in the middle of Okinawa main island. The population is about 40,000 people. It is the most populous village in Japan. Zakimi is a quiet and green rich settlement with world heritage Zakimi castle ruin. Our house is in that place.
It takes about 1 hour by car from Naha Airport. It is convenient place when you go to the north and the south.
The accommodation room is on the 2nd floor, you can use 2 rooms. Basically it is accommodation for 2 guests, one of the rooms has 2 beds, there is also a private bathroom for guests. The bathroom has a toilet, washroom, bath and shower.
Other room is kitchenette only for guests. There are cooking utensils such as water supply, a refrigerator, IH heater, so you can cook.
You must experience Okinawan cuisine with us at least once by Japanese law. Okinawa cuisine is goya champloo, naberambushi, paw paw, somen champloo and so on.You choose one of them.
Although you can stay comfortably in Yomitan village, trains and buses in public transportation are very inconvenient. I recommend using a rental car.
There is a convenience store (Family Mart) about 8 minutes on foot. There are 9 large or small supermarkets in Yomitan village, so you can get food and other items easily. It is a convenient village if you use a car.
Basically it is accommodation for two guests, but an air bed of supplementary bed is prepared, and up to 4 people can stay. At that time the table will be folded and the chairs will be stacked.
More than 3 people will be 50% discount. Please pay additional fee when checking in.
It is very good for long-term stay because you can cook by yourself. Accommodation costs will be lower if your stay is long.
You can avoid the cold in winter, enjoy the blue sea of summer, avoid spring pollen allergy.
We are waiting for contact.
Thank you.

セルフ宿の宿泊料金
 セルフ宿の宿泊料金は 1泊5000円です。基本的に2人なので2人1泊で5000円、1人当たり1泊2500円ということです。ただし、基本的に2泊以上とします。
長期になると 割引があります。

 1週間(7日間)以上の場合には 20%引きです。
  だから 7日だと5000円×7日の20%引きで
28000円(2人分)です。

 それから 1ヶ月(4週間、28日間)以上は50%引きです。
 30日だと 5000円×30日の50%引きで75000円ということになります。(2人)

  3人以上の場合は、追加料金になりますが、2人までの料金の50%引きです。
 1人当たり1泊2500円なので、3人目は1250円。4人目も1250円です。

 だから3人だと1泊あたり2500円×2人+1250円×1人=6250円
 4人だと1泊あたり2500円×2人+1250円×2人=7500円
 です。

 長期の場合も同じように割り引きます。

 メールやフェイスブックでの受付もいたします。

 なお、Airbnbでは、最初の3組までは20%引きにしています。Airbnbで3組に達するまでは、直接申し込む方も20%引きとします。

 詳しくは、メールフォームなどから問い合わせください。

「セルフ宿」をAirbnbで公開
 「セルフ宿」をAirbnbで公開しました。いよいよ開始です。
 予約や問い合わせの知らせが届くのを楽しみに待ったいます。

 Airbnbとは、空き部屋を短期間で貸したい人と、旅行などで宿泊地を借りたい人をマッチングするサービスです。
 そこに登録し、公開することにより、ぼくの宿泊所を多くに人に知らせることができます。

 英文作成では、アメリカにいるA城くんに大変お世話になりました。ありがとうございます。




セルフ宿、テレビ・洗濯機・電子レンジも揃える
 セルフの宿は僕が自分で長期間泊まった時に 暮らしやすいようにと考えています。

  もちろん自宅にいるように自由にというわけにはいかないでしょう。 でもそれに少しでも近づけたい。

 知り合いの電気屋さんに、テレビ、洗濯機を お願いしました。 洗濯機は 妻が共有するのを 嫌がっているのでゲスト専用です。

  昨日は浦添市のメイクマン、北谷町のメイクマンなどに行き、 電子レンジ・ エアードライヤー・ゴミ箱・ハンガーかけ・鍋・フライパンなどを買ってきました。

  結構投資しています。
 宿泊客が少しずつでもいれば、死ぬまでには取り返せると思っています。
IMG_20180710_180627.jpg

IMG_20180713_172444.jpg

IMG_20180715_231714.jpg

Facebook で「簡易宿泊所 セルフの宿」のページを作りました
  Facebook で「簡易宿泊所 セルフの宿」のページを作りました。

 保健所から旅館業 の 許可をもらい、簡易宿泊所が できるようになりました。色々準備してAirbnb(エアビーエンビー)にも登録しました。

  そのおかげで 3組の予約が取れました。1組はタイから、2組は韓国からです。明日、タイからの客が来ます。

  Airbnbからのすすめもあり、3組まではオープンセールのようなもので20%引きです。 そのために予約がすぐ来たのでしょう。 その後どうなるのか。

 利用できるのは利用しようと思って Facebook でも「セルフ宿」のページを作ったのです。

  ここで色々情報をアップロードするつもりです。

Facebook簡易宿泊所、セルフ宿

セルフ宿の定員を4人から2人に減らしました
 セルフ宿は順調に進んでいます。
 現在、タイ国からの お客が滞在しています。

  そこも含めて 予約が決定したのは、2人の組が3組(タイ、韓国、日本)、 3人の組が1組(韓国)です。

  さて、セルフ宿は最大定員は4人ですが、基本的には2人の部屋のつもりで料金も設定していました。

  3人以上になった場合には追加料金を頂くことを説明にも書いていました。

  宿泊客が増えると、タオルやシーツ、ベッドの準備、 電気や水道の使用量もおおくなります。ということで追加料金を頂くことにしたのです。

  2人分は、Airbnbに 振り込まれて、そして僕らに振り込まれます。
 3人以上の追加料金はチェックインの時にいただくことにしました。

  予約の申請があった時に、僕は追加料金(50%)を 支払わなければいけないことを知っているか、 質問をしました。

  最初の韓国からの3人組は、少しだけトラブルがありましたが、最終的に 予約が確定しました。


 昨日フランスから3人の友達で 泊まりたいと言う 連絡がありました。 僕は追加料金が必要だということを 書いて送りました。

 すれちがいもありましたが、最終的に高すぎるということで予約はキャンセルになりました。

  3人以上の時に追加料金をもらうというのは、けっこう大変なことです。まったく予想していませんでした。

  それで妻と相談して、定員を2人に することにしたのです。
 3人以上でも追加料金をとらないという選択肢もありましたが、妻の意見で却下。

  アメリカにいる友人の A 君にも色々相談に乗ってもらいました。ありがとうございます。

 なお、Airbnbを通しては定員2人ですが、4人までは宿泊できるので、相談に乗ります。そのときには連絡ください。

セルフ宿、最初の宿泊客でドタバタと
  セルフ宿の最初の 宿泊客が数日前にチェックアウトしました。 とても良い宿泊客でした。 彼らが最初の 客で良かったと思っています。

 基本的に良かったのですが、最初は大変でした。

  僕は、「読谷村座喜味は公共交通機関がとても不便なのでレンタカーを強く勧める」とAirbnbの説明に書きました。

  それでレンタカーでくるのだろうとばかり思っていました。

 ところが チェックイン時間の少し 前に、メール連絡が入りました。 公共交通機関で行くにはどうすればいいのか教えてほしいとのこと。

 僕は慌てました。空港からだと思っていたので、空港からの モノレール、バスへ乗り換え、バスの番号、下りるバス停(喜名)などを書いて返信しました。
 そして、喜名バス停でおりたら連絡するようにと。

 午後2時すぎです。集落に入ればすぐに店が見つかりますが、国道にそってしばらく北上したようで、 近くのガソリンスタンドにいるとの連絡がありました。

  妻が車で出かけています。車がありません。

 僕はスクーターで迎えに行きました。2人なので1人ずつです。尋ねると、彼らがお腹が空いているとのことだったので、 近くの ストアに寄り、弁当を買ってもらいました。

 セルフ宿まで無事に連れてきました。

 男性のジョナサンさんは、東京に行ったことがあるとのことで車がなくても大丈夫だと思ったようです。でも色々話しているうちに車が必要なことが理解できたようで、車を借りることになりました。

  僕はまず Google で読谷村内のレンタカーショップを探しました。いくつかあります。

 近くのショップに彼を スクーターの後ろに乗せて出かけました。 最初のショップは見つからないので電話をかけました。すると車は今ないとのこと。

 次のレンタカーショップに行きました。 電話をかけて場所を教えてもらったらすぐに分かりました。

  僕が通訳をしていろいろ手続きをしました。 そして無事レンタカーを借りることができました。

  さて彼らは セルフ宿を気に入ったのでしょう。最初2泊の予定でしたが、チェックアウト前日に2泊延長しました。ぼくらはいいのですが、レンタカーも延長しなければいけません。
  彼らだけでまず行ったのですが話がよく通じなかったようで 店から電話があり、僕は店まで出かけてそして通訳をして無事に借り直すことができました。更新ではなく、借りなおすことになったのです。

 そこで 少し無理を言ったのですが、店の人が融通を利かせてくれました。

  さて さらにもう1泊 延ばすことになりました。またレンタカーが問題です。

  彼らも 僕に気を遣っているようです。 自分達だけで何とかしたいとのこと。
  店から一度電話があったのですが、なんとか電話だけで無事に終わりました。

  まあこのようにいろいろあったのですが、彼らに悪気があるわけではありません。

 こんなハプニングがこれからもあるのでしょうね。退屈はしないかも。

セルフ宿門扉に宿泊者の 名前とようこそのサイン
 セルフ宿の営業が始まっています。
 最初の客はタイ国からやってきました。

 さて、沖縄、読谷の人でも、僕の家に初めてくるときは Google ナビなどで近くまでは来るのですが、どの家か特定できない ことがよくあります。
 表札は出してあるのですが 見づらいのでしょう。

  外国から来た場合、さらに見つけにくいと思われます。
 セルフ宿という表示もまだありません。

 そこで考えたのが、宿泊予定者の名前と「ようこそ」の 文字を書いて 門扉に吊り下げておくというもの。

 そして「ようこそ」はその国の言葉をその国も文字で書くようにしました。
 今は便利なものでgoogleで「ようこそ」のタイ語訳は楽なものです。

 それを門扉にぶら下げました。
IMG_20180803_102611.jpg

  台風の影響もあり風が強いので、 くるくる回って裏返しになることもあります。それでセロテープで くっつけ、回らないようにしました。

 これでうまくいくかなと思ったら、昨日も書いたように タイからの客はバス停までスクーターで迎えに行ったので、これがなくても良かったということになりました。サインに気づいて自分の名前だと言っていました。

 その次の韓国からの客はぼくの家がすぐ分かったようです。サインのおかげかは聞きませんでした。

 でもまあグッドアイデアだなと自分では思っています。

  昔の壁掛けカレンダーを利用したので、もう少ししっかりしたものを100円ショップで 買ってこようかな。

 
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.