セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

民泊を始める為に動き出す
 民泊を始めようと思います。

 政府が、民泊の規制を緩和する方向をみせたからです。

全国規模で民泊を解禁するにあたり、簡易宿所の許可を取得しやすくする。面積基準(延べ床面積33平方メートル以上)について、民泊に限り1人あたりの面積を設定し、定員数に応じた面積基準をつくる予定だ。


 これなら僕らも始められます。
 
  2階の2部屋を民泊用に使います。 そのため そこに、バス トイレを付け、 キッチンも そなえることにします。

  そのような リフォームに幾らぐらい費用がかかるのかの 見積もりを知り合いの建築会社にお願いしたのです。

 水道屋、 鉄骨屋さんが見に来ました。 近々見積もりが出るはずです。

 でも、民泊を始めるのは 早くても 秋頃でしょうね。

 別の理由もあり、リフォームを 少し急いでいるのです。

 母が同居している兄が、家を立て直すことになりました。
 その間、母が僕の家に来ることになったのです。

  2階の部屋を母につかってもらうつもりですが、そこには トイレがないのです。

 それで、民泊のためのトイレを備え付ければ母も安心して生活ができるはずです。民泊もするつもりではいたので、早くやることにしたのです。
スポンサーサイト

「民泊新法」では、床面積1人あたり3.3㎡
 民泊をやろうと考えています。
 ただ、それに立ちはだかるのが法律です。

 現在の法律では床面積が33㎡なければいけないとのこと。

 33㎡はおよそ18畳。6畳部屋が3室なければ人を泊めるビジネスはできないのです。

 最近は、新しい法律(民泊新法)を作ろうと政府は動いていますね。

 それに期待しています。

 新聞もよく取り上げています。

 でも、僕が知りたい情報はなかなか教えてくれません。僕が知りたいのは床面積がどのように緩和されるかです。

 それについては僕が読む限り新聞にはありません。僕が読んでる新聞は琉球新報です。

 それでインターネット上で調べてみました。

 そうするとありました。

一目瞭然!「旅館業法」「民泊新法(住宅宿泊事業法)」「民泊条例」の比


 それによると、

1客室の構造部分の合計床面積が33㎡以上(収容定員が10人未満の場合には3.3㎡に収容定員の数を乗じて得た面積


 とのこと。

 1人あた3.3㎡。というのは2畳程度。これならできますね。

 極端に言えば、2畳の空き部屋があれば民泊が始められるということなのかもしれません。詳しい法律はまだ僕も知らないし、法律の専門家でもないので、自信はないのですが。

 僕が民泊にあてようと考えている部屋の広さは十分です。

 現在、兄が、家を建て替え中です。
 母は兄と同居していましたが、建て替えるまでは、ぼくのところにいます。民泊に当てようと思っている部屋に母がいるのです。

 新築されたら、その部屋が空くので民泊が始められます。

 兄の話によると今年10月にはできるとのこと。でも工事はかなり遅れているのでどうなるのか分かりません。

 それでも、遅くともは来年の春までには民泊が始められるのではないかと期待しています。




セルフ子の亮くんから、FaceBookでコメントをいただきました。ありがとうございます。

新しい基準での申請できますよ。申請数が多くて保健所の審査に数ヶ月待たされるみたいです。


  そうなんですね。もう床面積が小さくても申請できるのですね。いい情報をいただきました。

民泊新法が成立。来年は民泊を始めたい
 琉球新報によると、民泊新法が成立したそうです。

 民泊をやりたいと思っていたので、関心をもって待っていました。

民泊営業届け出でOK、新法成立 年180日、住宅地でも

2017年6月9日 10:54
一般住宅に有料で客を泊める「民泊」の営業基準を定めた住宅宿泊事業法が9日、参院本会議で与党などの賛成多数により可決、成立した。都道府県など自治体に届け出た家主は、年間180日を上限に住宅地でも民泊のサービスができるようになる。急増する外国人旅行者の新たな受け皿として普及を促す狙い。施行は年明けの見通し。


 新法が成立したので、ぼくらも民泊を始められます。部屋は去年そのために改装しました。

 いま、母が同居していて、その部屋にいます。家を建て替えるあいだです。10月には完成するそうですが、遅れているとも聞きます。

 次の関心事は施行がいつになるか、ですね。できるだけ早くやりたいな。

長期滞在が可能な民泊を 、週末に限る県条例案を考える
民泊の持つ可能性/沖縄観光に生かせる

 3年前、私たち夫婦はカナダに5カ月ほど滞在した。五つの都市を巡り、その時に利用したのが、地元の一般住宅の1室を借りて生活をする民泊だ。ホストファミリーとも仲良くなり、楽しい滞在だった。

 ハロウィーンの夜には、やってきた子どもたちにキャンディーをあげた。また、隣の部屋に民泊しているカナダ人に観光に連れて行ってもらったこともある。

 近くのスーパーマーケットに行き、地元の人たちに混じって食材を買い、ホストとシェアするキッチンで食事を作った。食費を抑えるためだったが、カナダの人たちの生活が身近に感じられた。費用の点だけではなく、民泊にして良かったと思っている。こういうのは、ホテルでは味わえない体験だろう。 

 民泊は楽しいし、国際交流にもなると思い、沖縄に帰ってからそれをやりたいと考えようになった。

 8日付の本紙報道によると、「民泊営業を週末のみに限るという沖縄県の条例案がまとめられた」と紹介している。もし、それが来年県議会で通れば私たちがカナダで体験した民泊による長期滞在は、沖縄ではできなくなる。冬の寒さを避け、春の花粉症を避け、夏の海に憧れて沖縄に長期滞在をする人は多いと思われる。しかし、長期民泊ができないと、滞在費を抑えるための自炊ができなくなる。ホテル滞在だけだと外食に頼るしかない。近くのスーパーで買い物をしながら地元の人と接する機会も少なくなるだろう。沖縄観光の魅力の一つには地元の人との触れ合いもある。それが難しくなる。

 県の条例案の大枠では週末の金、土、日曜だけであり週2泊だけとなる。1カ月間でおよそ8泊だけしか民泊の営業はできない。滞在客に快適に過ごしてもらうために部屋のリフォームに投資したいと思っても、それだけの営業しかできなければ投資を控えるしかない。そうすれば滞在する人も快適でなくなるということだ。また、週末だけのために部屋を利用しないのはもったいない。

 週末だけの民泊を利用する人がどれだけいるだろうか。民泊を諦めるか、または制限区域、期間も設定されるなど厳しすぎる条例を破る違法民泊を増やしてしまうことにならないか。禁酒法によってアル・カポネを生んだアメリカのように。

 問題となっているごみの出し方や夜間の騒音については、ホストの目が届くような民泊にすることによって、防げるのではないだろうか。

 来て良かった、また来たいというリピーターを増やし、口コミで沖縄の魅力を伝える観光客が多くなるのが沖縄観光の未来を明るくするのではないか。 

 沖縄県は沖縄観光の未来には何が必要なのか、よく考えてもらいたい 。



きょうの琉球新報、「声」の欄に、掲載されました。

002.jpg

簡易宿所営業に向けて動く
 母が引っ越して出て行きました。
 それで母が使っていた部屋を簡易宿所にしようと考えて動き出しました。

 民泊の新しい法律ができて、許可を得るのは簡単になりますが、色々制約がつきます。
 沖縄県の条例は国の法律よりさらに厳しくなっています。

 これでは民泊も面白くないなと考えていました。

 ところが色々情報を集めると、簡易宿所の許可が以前よりとりやすくなっているとのこと。

 以前は延べ床面積が33平方m以上とのことでした。これは結構な広さです。これでは簡易宿所の許可は得られないなと考えていました。

 ところが少し変わって、「一人当たり3.3平方m以上」になっているようです。これなら僕らでも十分にやっていけます。

 知人から旅館業許可証のコピーを見せてもらいましたが、その許可条件に

 客室延床面積については、3.3平方メートルに宿泊者の数を乗じて得た面積以上とすること

 とあります。

 それで、簡易宿所の方向に進もうと思っています。

 昨日は嘉手納のニライ消防署に行って、「消防法令適合通知書交付申請書」の用紙を頂いてきました。そしていろいろ説明も受けました。

 面倒なところもありますが、簡易宿所の許可が得られれば、民泊より良さそうです。
 いま、それを得るために動いています。うまく行けばいいのですが 。

簡易宿所と民泊の違い
昨日書いた「簡易宿所営業に向けて動く」
に Facebook 上でコメントを頂きました。ありがとうございます。

A城
日本の状況に疎くなってきたこの頃、民泊と民宿、さらには簡易宿所の違いがいまいち理解できてません。多分、旅館やホテルよりも簡易に営業できる形態から付いたのでしょうがただ、簡易宿所という名称は70年代に上京した僕には山谷の簡易宿泊所とかドヤ街のイメージを喚起させる名称です。もっとスマートな名称の方がいいと思うけれど、もっともその前提になる簡易宿泊所を知らない世代には関係ないかも。

H嘉
私も知らない 似てるんじゃない?

 僕もなんとなく理解していたので、いい機会だと思い、少し調べてみました。そして、民泊と簡易宿所との違いについて書きます。ただ、専門家ではないので、そのつもりで読んでください。

 内容は基本的に似ています。
 色々な形態がありますが、僕がやろうとしているのは、家の一室を他人に貸して、そしてお金をいただくというものです。

 僕がカナダで利用していたようなもの。カナダでは、地元の家主との交流ができました。ぼくも海外の人などと交流できたらいいなと期待しています。

 では何が違うのか。
 新しい法律では、民泊は都道府県の知事に届け出をすればいいようになりました。とにかく簡単になったのです。

 それに対して簡易宿所の場合には色々面倒です。
 保健所に行って許可ももらわなければいけない。消防署へ行き、防火対策をやっていることを届けなければいけません。家の平面図を出したり、そして手数料も数万円かかるようです。

 民泊は届け出だけで簡単だが、簡易宿所は許可が必要なので面倒だということですね。

 次は、簡易宿所のいいところ。
 今度の民泊新法で、民泊は年間180日以下しか客を泊めたらいけないとなりました。約半年です。

 さらにそれから沖縄県の条例では「民泊営業を週末のみに限る」となり、さらに厳しくなっています。

 部屋には、台所をつけたり、ユニットバスを入れ、それから冷蔵庫、エアコンも入れました。まあ、これまで母が利用してくれたので、まだいいのですが。

 それからテレビなども入れようと思っています。
 けっこうな投資です。土曜、日曜だけの営業だとそれを取り戻せなくなりますね。

 ある程度は儲けたいという気持ちもあります。

 それ以前に、交流が楽しめなくなりそう。

 それで簡易宿所にしようと思ったのです。

 以前の簡易宿所は延べ床面積が33平方m必要でした。これはぼくのところでは無理でした。ところがそれが緩和されて

1客室の構造部分の合計床面積が33㎡以上(収容定員が10人未満の場合には3.3㎡に収容定員の数を乗じて得た面積

 になったようです。これなら僕の家でもできます。

 手続きは面倒でも、日数の制限のない方がいいということで、簡易宿所の方向に動くことにしたのです。

 なお、民宿は、簡易宿所の一つの形態ですね。

簡易宿所、部屋の平面図と写真
 簡易宿所の手続きをしようと動いています。
  そのためには平面図が必要だとのこと。

 それで花子で平面図を描きました。

 出来上がった平面図を見て、せっかくだからこのブログにアップしようと考えました。

 でも平面図だけでは味気ない。部屋の写真も載せることにし、スマートフォンでパノラマ写真を撮りました。

 ベッドルームにしようと思っているところは8畳、ダイニングルームは4畳半です。

 ベッドルームの一角にはユニットバスをつけました。 トイレ、シャワー、そして浴槽もあります。ベッドはこれから準備します。

 ダイニングルームには、流し、 IH ヒーター、そして小さな冷蔵庫を備え付けてあります。 テーブル、椅子、テレビは、これから準備しようと思っています。

 客数の基本は2人。面積的に4人までは大丈夫そうだので、4人で申請しようと思っています。

PANO_20180402_085013.jpg

PANO_20180402_084652.jpg

二階の平面図

消火器、火災報知器 準備OK
  簡易宿所申請に向けて動いています。

  先日は浦添市の メイクマンに行き、 消火器と火災報知器を買ってきました。

  そして今朝火災報知器を壁に取り付けました。
 寝室に1つ、ダイニングに1つ。

 それから前からあった階段にある報知器を、消防署のいう位置に直しました。天井から離れすぎていました。

  防炎カーテンも必要です。
 メイクマンに行った時 みたのですが サイズで気に入ったのが見つかりませんでした。 その後ニトリにも行きましたが、そこでも見つかりません。

  それでまだ準備できていません。
IMG_20180406_110828.jpg
IMG_20180406_111406.jpg

防炎カーテンも準備 OK
 簡易宿所の申請に向けて動いています。

 消防署から 言われた火災報知器と消火器は、前に準備しました。

  防炎カーテンはその時に気に入ったのが見つからなかったので後回しにしていました。

  先日北谷町のホームセンターメイクマンに行き、 そこで防炎カーテンを 買ってきました。

  窓用のが2セット、 掃き出し用のが1セットです。

  ダイニングの窓に取り付けるのがは、長いので妻がミシンで裾上げをし、ぼくが取り付けました。

 これで準備 OK です。

  消防署から言われたことは一応 準備できました。
 日を見て消防署に 申請書を提出しようと思っています。

IMG_20180408_180415.jpg


宿泊施設の名称は「セルフ宿」
今日嘉手納町のニライ消防署に行って「消防法令適合通知書交付申請書」を提出し、受理されました。

来週4月17日火曜日に 消防署の人が検査に来ることになっています。

 さて、申請書には「営業所の名称」を書く欄があり、そこに「セルフ宿」と書きました。 セルフ塾と同じ音「セルフジュク」ですね。

  もちろんセルフ塾を意識して決めました。

 ただ名前を似せただけではありません。内容的にも「セルフ宿」でいいなと思っています。

  セルフ宿は、基本的に セルフですごせる宿です。

 シェア(共同)の場所はありません。

  ユニットバスを入れてあり、 トイレ、バスルーム、洗面所も部屋についています。 台所も あります。洗濯機も準備するつもりです。

 生活はすべてセルフでできるようになっています。 だから「セルフ」ということで 「セルフ宿」です。

 長期滞在にいい宿になると思います。

 カナダで地元の人の家に宿をとりました。そのときの経験で、このようだと気分的に楽だな、と思うような宿にするつもりです。

 シェアの場所がないと、客との交流は少なくなるでしょうが、別々だとぼくらも気楽です。

宿泊施設「セルフ宿」、消防署の審査は通過
 宿泊施設に向けて動いています。
 消防署の 審査が行われ、通過しました。

 4月12日にニライ消防本部(嘉手納)に行き「消防法令適合通知書交付申請書」を提出し、受理されました。

  そして4月17日火曜日、消防署の署員二人が審査に訪れました。 そこで 火災報知器、防炎カーテン、 消化器をチェック。

  その翌日の18日水曜日、ニライ消防本部に行き、「消防法令適合通知書交付申請に係る審査結果について」の証書をいただきました。

  セルフ宿は
「一般住宅と判定され消防法令適用外となります」
 とのこと。

  よく意味はわからないのですが、とにかく消防署の審査は通過したのです。

  次は保健所に行くことになります。

IMG_20180418_152802.jpg


一般住宅と判定され消防法令適用外とは
  昨日書いた 「宿泊施設セルフ宿、消防署の審査は通過」に Facebook 上でコメントを頂きました。ありがとうございます。

A城 H
「一般住宅と判定され消防法令適用外となります」 
 確かに意味がよくわからない。簡易宿泊所としての営業を行う上で、一般住宅ながら消防法の範囲内で防火施設としての基準をクリアーしているという証明なら、わかる気がします。それが、一般住宅なので消防法適用外ということであれば、何も申請の必要性はないのでは・・??

H嘉Y弘 おかしい^^)


  一般住宅と判定され 消防法令適用外とは何か。
 以下に述べるのは、 消防署員の話などをもとにして僕が考えたことです。 推論というものかな。
とにかく、きちんとしたことではないのでそのつもりで。

  宿泊施設には 家主 が一緒かどうかというのも 大きいようです。

 家主が住居していて、その一部を 宿泊施設として貸し出す時には、どうも基準がとても甘いようです。

  住宅の 半分以下のスペースでなければいけないということも必要です。 玄関も一緒かどうかなども尋ねられました。

  今民泊で マンションやアパートの又貸しする人がいますね。
 家主は離れたところにいて部屋だけ貸しているという感じ。

 それで、ごみの問題や騒音問題が出てきます。

 そういうのは一般住宅ではなく、消防法令適用内で厳しくなるのでしょう。スプリンクラーの設置、非常口の設置など。

 それに比べると 僕のやろうとしていることは 家主である僕 が住んでいる住居の一部だけを貸し出すというもの。

 家主の管理のもとにあるということもあり、一般住宅は基準が甘いんだよということで、
一般住宅と判定され、消防法令適用外となります
ということではないかと思います。

 それでも、本当に一般住宅かどうか、家主が同居しているかどうか、また火災報知器、消火器が設置され、防炎カーテンになっているかどうかの審査が必要なのでしょう。

 一般住宅だから、この程度の対策で宿泊施設として認めてもいいよ、という感じ。

 まあ、あいまいで申し訳ないのすが、とにかく消防署の審査は通過したということです。

 消防署員も、次は保健所に行って下さいと言っていたので、次の段階、保健所です。

宿泊客用の駐車場も準備 OK
 宿泊客のための駐車場も準備ができました。

 Kyokoの姉の土地ですが、許可を貰って使わせてもらうことにしました。

  これまでも時々駐車場として 使ってきたのですが、 間口が狭いです。

  それでブロック塀の一部を壊しました。A垣Y伸さんに 手伝ってもらいました。
というのは嘘ですね。ほとんどがY伸さんに やってもらいました。

 ぼくが 大ハンマーでブロック塀の一部を壊しました。その直後、Y伸さんが来宅したので、セメントの塗り方を教わりました。

  その時に、 ヒビが広がっているのを指摘されました。
 ブロック塀の一部を壊す時には、残すところとの境目を 切ってから壊すのですね。そういうことも知りません。

  Y伸さんが手伝ってくれるというので お願いしました。
 すると、僕が外出している時に一人で全てやってくれたのです。ひびのところまで補修してくれました。

  だから手伝ってもらったというよりも、僕は少し邪魔したようなものですね。綺麗に仕上がりました。
 これで 宿泊客の駐車は OK です。

  沖縄は車がないと 観光は難しいです。
  特に読谷では 公共交通機関はまったくあてにできません。
  読谷に泊まるならレンタカーがいいですね。

IMG_20180420_115955.jpg
IMG_20180416_101417.jpg


簡易宿泊所、 バス・トイレ・洗面所は独立 など、課題は山積み
 簡易宿泊所 の開設に向けて動いています。
 4月23日、 保健所に話を伺いに行きました。 そこで問題がたくさんあるのが分かりました。

  まず 宿泊所をする場所の用途が何なのか調べてくるように言われました。許可できない場所があるそうです。それについては聞いていましたが、近所に宿泊所をしている人がいるので大丈夫だろうと思っていました。

 それでも役場で確認するようにいわれました。
 翌日、読谷村役場都市計画課に行きました。
 僕が住んでいて宿泊所をする 場所の用途は「未指定」だが、座喜味城跡の環境保全地域になっているとのこと。 たぶん 大丈夫でしょう。

  それからユニットバスには色々問題があるようです。
  ユニットバスでは 風呂場、 洗面所、トイレが一緒になっています。ホテルと同じですね。

 でも、 風呂場と トイレ、洗面所は別でなければいけないとのこと。 風呂に入っている人がいる時、トイレが使用できなければこまるでしょう とのこと。

  玄関の側に、トイレがあるので、トイレはに関してはクリア。僕らも共同で使うトイレです。

  洗面所については新たにつけなければいけません。いま場所を考慮中。 ユニットバスの中にはあるし、キッチンの水道も使えるのになあ、とは思いますが、それではだめだとのこと。
 だから工事をして作ってもらわなければいけません。

 脱衣所も必要とのこと。ユニットバスの中にスペースがあれば、 すのこを置き、脱いだ 衣服を置くところがあればいいとのこと。 ただきちんと棚をつけなければいけないのか、 確認が必要。

 寝具を入れる押し入れのようなのも必要です。なんとかします。

 それから 住居が100平方メートルを超えると無条件には宿泊所にできないようです。
 中部土木事務所で 面積を確認するため、建築台帳記載証明書を発行するように申請してきました。
 そこで確認すると、僕の家ははるかに超えています。

  そうすると できないのか。保健所の 係りの人が 「体験型宿泊所」ならできるとのこと。
 一緒に郷土料理を作る体験でもいいそうなので、それでいこうかな、と思っています。

 このようにまだまだ課題は 山積みです。少しずつ進んでいきます。

セルフ宿・・・ベッドを準備しました
 宿泊所「セルフ宿」をやるために動いています。

  中城モールのヨナシロ家具で、ベッドを2台買いました。

 安いのでいいと思ったのですが、安いのは中国製で、やはりあまりよくないとのこと。 それで日本製のフランスベッドにしました。

  おととい 持ってきて組み立ててくれました。
IMG_20180505_124831.jpg

 セルフ宿は、基本的に 泊まり客2人です。だからベッドは2つ。
 でも4人まで泊まれるように するつもりです。 そうなった場合には エアーベッドになります。

  兄の家に エアーベッドが2つありました。1つはもらってもいいよと言うので、ありがたく頂いてきました。

  もう一つも借りてきてセットしてみました。 こんな感じになります。
IMG_20180501_180331.jpg

  電気で空気を入れたり抜いたり簡単です。寝心地も悪くなさそう。

セルフの宿 洗面台を 設置
 簡易宿泊所「セルフ宿」を始めようと思っています。 そのために 洗面台を設置してもらいました。

  部屋にはユニットバスがあり、そこは トイレ、洗面所 そしてシャワー、 バスタブが一緒になっています。

 でも、保健所の検査では、 トイレ、洗面所は別になければいけないとのこと。

 トイレは玄関横にも あり、僕らも共同で使いますが、それでOKとのこと。

 でも洗面所は別になければいけないとのこと。
  台所もあって流しの 水道も使えますが、それではダメだそうです。

  それで 業者にお願いして、階段横の土間に 洗面台を 設置してもらいました。屋根は必要とのことです。

  実際にはほとんど使わないだろうと思うのですが、 保健所の検査を通るためには仕方ないです。

  排水工事も必要だったために、少し費用がかかりました。

senmendai.jpg

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.