FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

両立しない行動を強化する
行動分析学による問題行動をなくすひとつのテクニックを紹介します。

 学習時間中のおしゃべり,無意味な席立ちなど,やって欲しくない行動がありますね。

 それをなくすにはどうすればいいか。

 たいていはそういう問題行動をしたときに,注意するということが考えられます。
 それで,なくなることもあります。

 ただ,問題行動というのはけっこう屈折したものがあります。

 つまり,叱られたいために問題行動を起こすことが少なくないのです。

 というよりも,叱られてもいいから注目されたい,関係を持ちたいというのが人間の中にはあるのです。

 それで,わざと問題行動を起こす。注意される,叱られる。その子にとっては効果はあったわけですから,また問題行動を起こす。そういう悪循環におちいるのですね。

 それではどうするか。

 問題行動を起こしていないときを多くするように指導するのです。

 具体的にいえば,静かにしているときに,肩に手をかけながら,声をかけます。
 「おっ,○○くん,やっているな」
 
 これだけでもいいのです。
 先生はぼくに注目してくれた,それがその子にとってはとてもいい気持ちにさせるのですね。

 たいていは,静かにしているときは,ほっとしていてその子に声をかけることはありません。だから,かなりこちらが気をつけなければいけないのですね。



 以下,正直なところを書きます。

 この方法は有効です。私はできるだけそのようなことをするように努めています。それができているときは効果があると思っています。

 しかし,現実は,学習時間中は生徒の質問に追われていて,ゆっくり問題行動を起こす子に注意がいかないのですね。だから,静かなときには無視しているという状態が多いです。

 ただ,あまり知られていないこのような方法をみなさんにも知ってもらいたくて書いてみました。

(mixiに書き込んだものの転載です)


{: 2007年12月17日(月) から引っ越し}

スポンサーサイト




have to , be able to , be going to
have to , be able to , be going to といった重要な熟語がありますね。

 どうも教科書などでは,それをそのまま覚えなさい,と教えているようです。
 そして,それを教えて後で不定詞を教えている。

 でも,逆ではないでしょうか。

 have to , be able to , be going to の to は不定詞のtoです。

 だから,私は,不定詞を教えて後で,その名詞的用法の一つとしてこれらの熟語を教えています。

 I have to go. 「私は行くことを持っている→私はいかなければならない」

 I am able to swim. 私は泳ぐことにむかって,有能である → 私は泳ぐ能力がある

I am going to study. 私は勉強することに向かって進んでいるところだ → 私は勉強することになっている

 この方がただ別々に覚えるより,理解しながら覚えることができます。


{ ジオログ: 2007年12月16日(日) から引っ越し}


第11回世界の家庭料理フェア
きのうは,第11回世界の家庭料理フェアで名護市まで妻と出かけました。
 ネパール,タイ,スリランカ,韓国など,9カ国の家庭料理を食べました。
 いろいろな料理を食べることができ,満足。入り口で1000円の食券を購入,各コーナーで,100円から300円ずつちぎって,購入。妻と2人で各種の料理をいただきました。
 正直なところを言えば,味はいまいち。でもいろんな種類の料理を食べることができ,満足です。
 できれば,来年も行きたいです。

名護,華麗料理フェアー


華麗料理フェアー
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.