FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

動詞とは?
 動詞とは何? ときかれたとき,何と答えていますか。

ヤフーの大辞泉には

「国語の品詞の一。事物の動作・作用・状態・存在などを表す語で、形容詞・形容動詞とともに用言に属する。活用のある自立語で、文中において単独で述語になりうる。その言い切りの形は、一般にウ段の音で終わるが、文語のラ行変格活用の語に限り、「り」とイ段の音で終わる。口語の動詞には、五段・上一段・下一段・カ行変格・サ行変格の5種類の活用形式があるが、文語の動詞には、四段・上二段・下二段・上一段・下一段・カ行変格・サ行変格・ナ行変格・ラ行変格の9種類の活用形式がある。」

とあります。

 これでは分かりにくい。

 簡単に,「動きを表す詞(ことば)」と答えている人が多いのではないでしょうか。「動詞(動きの詞」ですから。

 しかし,「水泳」は,動きのあることばですよね。生徒はそう理解します。言い切りの形がウ段といっても,例えば「すもう」は動詞かと言うと,もちろんちがいます。

 私は「ます」をつけて不自然にならないのが動詞だ,と教えています。

 「水泳」「すもう」に「ます」をつけて,「水泳ます」「すもうます」ではおかしい。

 「泳ぎます」「泣きます」「教えます」 不自然ではありません。

 活用してから「ます」がつくのですが,そのくらいは日本人ならまずできます。



国語
「セルフ塾のブログ」の記事をまとめて、キンドルで出版しました。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.