FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英検合格,おめでとう
eiken.jpg
 学校で1月25日に行われた実用英語検定の合否結果の通知がありました。

 セルフ塾から受験した2人とも合格でした。合格したのは,次の2人です。
 塾では,検定2週間前から,過去問題を解いて対策しました。

 4級:H彩香さん(中2),C葉さん(中2)
スポンサーサイト




makeの意味は?
 makeの意味は,もちろん「作る」ですね。

I make a cake. で「私はケーキを作る」

 また,I will make you a cake.
「私はあなたにケーキを作ってあげましょう」

 ところが,
 I will make you happy. 「私はあなたを幸せにするつもりです」では,

 make は「~を・・・にする」という意味で,「作る」という意味が出てきません。「作る」という意味が出てきません。なぜでしょう。

 ふつうは,多義語として,別々に覚えるということになりますね。

 さて,前に紹介した

 図解,英語基本語義辞典には,
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4342617102?ie=UTF8&tag=selfyoji-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4342617102


 「①対象(物・物質)に力や作用を加えることによって別の物を生み出すこと,
 ②対象(事・事態)に作用が及んで別の事態が生じること」

 とあります。

 つまり,
 小麦粉,水,バターなどに力を加えることによって,それらがケーキに変わった。

 そういうときはmakeを使う。

 また,
 あなたに私がいろいろやってあげて,あなたを幸せな状態にするつもりだ

 そういうときもmakeを使う。

 そう考えると,makeは基本的に一つの意味を覚えればいいことになります。

 このように基本語義を覚える,ということが大切なのですね。

 エクスプレスEゲイト英和辞典 には

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4828804668?ie=UTF8&tag=selfyoji-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4828804668"


 makeのコアとして
 (材料に手を加えて)何かを作る

 とあり,似たような説明,図が載っています。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.