FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

will と be going to
mixi で次のような質問があったので,それに回答しました。

「こんにちは。
今、教育実習中のものです。

担当は英語なのですが、今度受け持つ2年生の授業で be going to を教えます。
私はwillと同じと教わったのですが、その説明ではだめだと言われました。
どのように説明したらいいでしょうか。
みなさんの意見を聞かせて下さいm(_ _)m


(以下,庸次)

 若林俊輔著「英語の素朴な疑問に答える36章」に似たような質問と回答があるので,コピーします。参考になると思います。


(質問)
I will visit Mr. Smith.を習った後,今度は
I am going to visit Mr. Smith.が出てきまして,これもやはり「未来」を表すのだ,と先生はおっしゃいました.will と be going toとは意味が同じである,ともおっしゃいました.へンだな,とは思いましたが,先生のおっしゃることには反抗しないほうが得ですから黙っていました.

先生は,ことのついでに I am going to do some shopping.という例文を黒板にお書きになって,これは「買い物をしに行くところです」という意味で,この be going toとさっきの be going toとは区別しなければならないというのです.

困りました,I am going to visit Mr. Smith.は「私は鍛冶先生(Smith は「鍛冶屋さん」です)に会いに行くところだ」ではいけないのでしょうか.


(説明・1)
次の2つの文を見てください.
(1) Tom will leave for Singapore next Sunday.
(2) Tom is golng to leave for Singapore next Sunday,

両方とも「トムは今度の日曜日にシンガポールに出かけます」と いうことなのですが,実は,本当の意味はかなり違うのです.

(1)では,トムはパスポートは持っているかもしれませんが,まだ航空券は手に入れてないと考えられるのです.荷物の整理もしていないでしょう.
(2)の文でしたら,トムはパスポートはもちろん,航空券も手に入れているし,荷物もまとめてあるにちがいありません.もう,心はシンガポール,です.

 さて,この2つの違いは何が原因なのでしょうか.
 もちろん,それは will と be going to の違いが原因なのです.

つまり,will と be going to とは,もともと意味が違うのです.
willは,「~するつもり」です.「つもり」しかありませんから,「では,やはり,パスポートでも申請しておこうか」という程度です.

 これに対してbe going to は,goingという(ing形)があるのを見てもわかるように,何かが「生き生きと動いている」状態です.

 この場合の「何か」は主として「心」でしょうが,心だけでなく手も足も,体全体が動いています.

 したがって,多分パスポートも航空券も入手してあるし,荷物もほとんど整理が終わっていて,あとはスーツケースに入れるだけ,といった様子が想像できるのです.

 以上の説明から,「私の姉は来月出産だ」はどう言ったらいいか考えて下さい.
 My sister ( ) have a baby next month.の( )の中に入れるのはwillでしょうか,それとも is going toでしょうか,

もちろん is going toですね,have a babyという方向に向かって(to),着々と準備が進んで(going)いなければならないからです.

 willだと「今はその兆候もないが,きっとそうだろう」ということで,何だか妙なことになるのです.

 というようなことで,質問にありました
I am going to visit Mr. Smith.は「私は鍛冶先生にお会いします」という意味なのですが,

I will visit Mr. Smith.とは「様子」がかなり違うことが理解できたと思います.

(説明-22)
さて,I am going to do some shopping.ですが,これは確かに「私はショッピングに行くところです」という意味にとれます.

 しかしまた,「私はショッピングしようと思っています」ともとれるのです.もしショッピングに行くような様子をして道を歩いている人がこう言ったとすれば「私はショッピングに行くところです」でしょう.

 しかし,台所などで何かゴソゴソと準備をしているお母さんに
"What are you going to do?"と尋ねてこの返事が返ってきたら,
「ショッピングよ」(「私はショッピングをしようと思っています」)です.

落ち着いて考えてみますと,実は,道を歩いていようが,台所で準備をしていようが,「心」は同じなのですね.

 つまり,心は,どちらも「ショッピング・センター」に行っている.

 違いといえば,体が道にあるか台所にあるかだけです.同じことが
I am going to visit Mr. Smith.にも言えます.

 道を歩いている人がこう言えば,「私は鍛冶先生にお会いしに行くところです」でしょうし,

たとえば家で電話をかけようとしている人が言えば「私は鍛冶先生にお会いしようと思っています」です.

 心は,どちらも「鍛治先生の訪問」の場所に行っています.そもそも,言葉の意味というのは,その言葉を前後関係と切り離して「いったいどういう意味だ」と問われてもすぐにわかるものではないのです.

 たとえば「changeの意味は何か」と質問されても,それが「改革」なのか「乗り換え」なのか「お釣り」なのか,そのchangeがどういう場面で用いられたかわからなければ,到底わかるはずはありません.

 be going to の going が,具体的な体の動きを表しているのか,それとも心の動きを表しているのかは,やはり,それが使われた場面がはっきりしなければわかりはしないのです.

 ただし,大切なのは,goingが「話し手のいる場所から別のある場所への生き生きとした移動を表している」ことです.

 これさえわかっていれば,「行くところです」と訳しても「しようと思っています」としようが,全く問題になりません.

スポンサーサイト




ノルマ制,5ポイント休暇についての生徒の感想
 セルフ塾では,卒業前に「セルフ塾の学習法」ということで作文を書かせています。その中から,「ノルマ制」と「5ポイント休暇」について述べてあるところを書き抜いてみます。ぼくが読むのは分かっているので,少々は美化されたところもあるかもしれませんが,まあ本気だろうと思われます。
 これらの学習法が子どもたちのやる気を出させるのに役立っているのが分かってもらえるといいのですが。


 セルフ塾は,他の塾や学校とは違った学習方法を行っているのですが,その中でも「ノルマ制」と「5ポイント休暇」という制度がみんなのやる気を出させるのに役立っていると思います。
 例えば,この「ノルマ制」は,曜日ごとにノルマが決められていて,それが終われば時間に関係なくすぐに帰れるというものです。
 「5ポイント休暇」は5日間連続ノルマをこなせば1ポイント,これが5ポイントたまれば1日休暇がとれるというものです。
 この2つの制度によってみんな積極的に勉強に取り組んでいます。
 それから,分からないことがあっても「学習援助者」という人たちがわかりやすく教えてくれます。
 ぼくは沖縄高専を受験したのですが,これらの制度と受験対策のための夜間授業も受けることによって,見事合格することができました。セルフ塾には,とてもお世話になったし,セルフ塾で学んでいてとても楽しいです。だから,セルフ塾に入って本当に良かったと僕は思います。

 僕はこのセル塾の学習方法について感じたことは、自分自身がやる気を出せば早く塾が終わるし、やる気を出さなかったら最後まで勉強をしなければいけないので,みんな早く終わらせるためにやる気を出して勉強すると思います。だから、この学習方法はとてもみんなのやる気を出させる方法だと思います。


私はセルフ塾でやる自己学習の効果はすごいと感じています。それは、自分でやることによって自信がつくし、勉強の知識もとても身について自分のためになるからです。それに、五ポイント休暇というものがあって、勉強してノルマをこなせば休みがもらえるという仕組みで、私自身休みをもらうために絶対ノルマだけは達成する!!という意気込みで勉強を頑張っています。
 このセルフ塾で学習して、勉強に対する意識が少しずつ高まったように感じます。苦手だった科目もやり方を習ったりすることも出来るので成績が少しずつ上がっていったので、セルフ塾に通って本当に良かったと思っています。



 次に私がラッキーと思った事は,5ポイント休暇です。ノルマをちゃんとこなしたら,それを一週間続けて1ポイントかそれを10回こなして1ポイントと数えていきます。そのポイントを5個集めると自分の好きな時に1日休暇がもらえます。5ポイント休暇があるおかげで1日1日やる気が出てきます。

 セルフ塾はノルマ制というのがあって,そのノルマを終わらせると帰っていいという仕組みになっています。なので,1分でノルマを終わっても帰っていいという事です。だけど,ノルマを終わらせなかったら塾が終わっても残されてしまう事もあります。
 セルフ塾には,5ポイント休暇があり,それはがんばってノルマを終わらせばたまっていくもので,1週間ずっとノルマをクリアしてそれを5ポイントためると1日休む事ができるという仕組みで,みんながやる気を起こすようにできました。

 セルフ塾では,自分で考えて学習しなければいけません。他の塾では,塾の方が考えて学習させてくれますが,セルフ塾では,その日の決められたノルマを自分でこなさなければいけません。どうしても分からない所があった場合のみ,学習援助者に教えてもらいます。でも,それをするには質問予約表に名前を書く事になっています。
 また,この塾にはタイムカードもあり,一週間ノルマをこなして1ポイント,5ポイント溜めての5ポイント休暇等があります。
 つまり,セルフ塾のペースで楽しく学習する事ができる塾なのです。さらに,他の塾との学習方法をあえて変え,自分で学習が進められる様に学びやすさを追求した塾です。僕が思うに,こんな塾は沖縄中どこを探してもない素晴らしい塾だと思います。


mixi セルフラーニングのコミュに書き込んだ文です。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30656790&comm_id=1037793

平方根の導入
mixi の「授業の工夫」で,
「ルートをわかりやすく教えるにはどうやればいいですかね?」という質問があったので次のように答えました。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=3721751&comment_count=177&comm_id=380962

 のコメント178

 平方根に入る前に,約数,素数,素因数分解はやっておきます。

(1)1cm²,4cm²,9cm²,16cm²の正方形を描いて,1辺の長さを求める問題をさせます。

(2)「平方」の意味を確認します。「平方って何?」という生徒が多いです。
 そして,5の平方は? -5の平方は? のような問題をさせます。

(3)「平方根」の意味を説明します。+5,-5を平方すると25になります。平方して25になる数を25の平方根といいます。だから,25の平方根は+5,-5です。
 そして,16の平方根は? のような問題

(4)±を導入します。
 25の平方根は±5です。 16の平方根は?

(5)(1.4142) ² , (1.7320) ²  つまり√2,√3 を小数にしたものの二乗を電卓を使って計算させ(四捨五入整数で),
(1.4142) ²≒2 , (1.7320) ²≒3 になることを確認

(6) 2の平方根は? のような問題

(7) 電卓で平方根の出し方を教え,次のような問題

 5の平方根は?

(8)ここで記号の√の説明をします。2の平方根は±1.41421356・・・とずっと続く小数であること。それで 2の平方根は±√2 と書き表すようにすることを教え,次のような問題

 3の平方根は?

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.