FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

5ポイント休暇への道のり
 mixi の
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30656790&comm_id=1037793 に書き込んだ文です。

 行動分析学は原理であって,マニュアルではありません。人間はみんな違っています。また,状況もみな違っています。その状況にあった指導をするにはどうするか。原理を知って,そして創意工夫を行って,その人,その状況に適した指導を行わなければなりません。

 思い出したので,まったく横道にそれますが,ちょっと笑い話を。

 人間,みんな顔も性格も違いますね。
 Aさんが言いました。「こんなふうに,みんな違った顔,性格をつくるなんて,創造の神はすごいね」
 Bさんが答えました。「同じ顔,同じ性格の人を作りきれなかっただけさ」

 失礼しました。

 さて,創意工夫が必要だということでした。

 セルフ塾でも,行動分析学にのっとって子どものやる気を出したい。がんばったら(おっと,抽象的でした。課題をこなしたらです),何かいいことがあるようにしたい。どうしようか,いろいろ考えました。


 中学生にも訊いたと思います。一番何が欲しい?
 「休み」が圧倒的。課題を減らして欲しい,というのもありました。
 セルフ塾は月曜日から金曜日まで,それも半端じゃない課題です。

 それで考え出したのが「ボーナス休暇」。
 一ヶ月無欠席で課題をすべてこなしたら,一日休みを与える,というものです。

 効果はありました。それを目指して課題をこなす人がいたのです。

 効果はあるのですが,ハードルが高すぎました。毎日のノルマをこなすことはできます。しかし,一ヶ月休みなくというのは難しい。

 そのうちに,それを目指す人は数人といったところになっていきました。

 次に考えたのが「5ポイント休暇」。5日間休まずに来て,その日の課題を終わったら1ポイント与える。そして,それが5ポイントたまったら1日の休み,ということです。 5日間なら休まずに来ることができます。それでそれを目指す人が大幅に多くなりました。できるだけ休まない。そして,その日の課題を終わらせる。よくがんばりました。

 しかし,それでも難しい生徒がいました。その日の課題を終わらせることができないこともあるのです。4日連続で課題をこなしても,最後の5日目に終わらせることができなければ,この4日分はパーになります。

 また,考えました。1日でも課題を達成すればプラスの強化子を与えられないか。

 それで,考え出したのが,ばらばらでもいいから課題達成日10日分で1ポイントとする,という新ルールです。もちろん5日連続1ポイントを併用することもできます。

 これですべての人がそれを目指して課題をこなそうと励む姿が見られるようになりました。

 5ポイント休暇を得たときの,子どもたちのうれいそうな表情はまた特別です。ただ休みがもらえる,というだけではなく,自分がこれまでがんばって課題を達成した積み重ねだからですね。

 このように,試行錯誤をしながら,行動分析学の原理を現場に生かす創意工夫が大切です,ということで,セルフ塾の経験を書いてみました。
スポンサーサイト




漢字苦手克服へ
「家庭からの通信」でよせられたお便りです。




 いつも子ども達の成長を暖かく見守ってくださり,ありがとうございます。

 この4月に入塾して早2ヶ月。漢字克服になればと入塾させました。

 進級してすぐに学校で「おぼえているかな? ③年で習う漢字テスト」で,34点を・・・・・本人も恥ずかしいと苦笑い。
 
 ところがセルフ塾での漢字勉強の成果でしょうか,その後の再チャレンジで,なんと90点台までアップしたんです。本人もうれしそう。

 苦手克服も近いかな・・・・と,親子共々うれしく思っています。

 これからもよろしくお願いします。

 ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

(塾から)

 それはよかったですね。私どももとてもうれしいです。

 入塾したてのころは漢字を覚えるのに四苦八苦,とても時間がかかっていました。ところがこのごろはだいぶスムーズに覚えることができるようになっています。

 漢字の練習を毎日続けていると,漢字力といいますか,漢字を覚える力がついてくるようになる気がします。頭がよくなるのですね。だから新しい漢字もすぐに覚えきれるようになります。

 これからもっともっと漢字力がつき,克服できると思います。がんばりましょう。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.