FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

叱られなかった子は,叱れない大人に
 あくまで仮説ですが,

 叱られないで育った人は,大きくなって指導する立場に立ったときに叱ることができないのではないか。
 前にも書きましたが,ぼくも雷を落とすことがあります。ただ,ぼくが雷を落とす子は限られています。
 80対20の法則というのがありますね。このコミュでも取り上げたことがあります。
 今の例でいけば,
 ぼくの落とした雷の80%は20%の子どもに集中しているというものです。

 残りの80%には,ほとんど雷を落としていない。

 ほとんどの子はぼくが軽く注意するだけで,行動を改めているはずです。その子らは,他人が叱られるのを見て,それだけで学習しているので,そのような問題行動はしないことの方が多い(モデリング)。

 ちょっと長くなりましたが,このようにして,親からも先生からも叱られないで育った子が多くなっています

 ぼくの子どものころは,叱らないでほめて育てましょうという啓蒙はほとんどなされていなかったので,子どもを叱る親は多かったと思います。体罰もそうです。

 このことは基本的にいいことだと思います。

 ただ,叱られることのなかった子は大きくなっても,叱るということは恐ろしいことだと思っています。自分が叱られることをとても恐怖に思っています。すると,自分が指導する立場になったとき,ある子を叱ると,その子はとても恐怖を感じるのではないか,と思います。そのような恐怖に自分はとても耐えられない。この子もそうだろう。だからその子を叱ることができない。

 このように考えて,

 叱られないで育った人は,大きくなって指導する立場に立ったときに叱ることができないのではないか

 という仮説にいたったのです。再度いいます。あくまで仮説です。

 自分の子どもの場合はそれほど問題ではないかもしれません。小さいころから見ているので,叱らないでも育てられるかもしれません。

 しかし,学校や塾,そして家庭教師として他人の子をみたとき,叱らないといけないこともあります。毅然とした態度をとることも必要です。そのときに叱ることができないで学級崩壊ということになりはしないか,というのを懸念するのです。叱らないで,その子たちを導くことができればすばらしいです。ぼくにはなかなかできない。

 叱られないで育って,いま大人になり,指導者になろうとする方へ,
 悪いことをした子を叱りきれるか,または叱らないで導くことが本当にできるか,自問して欲しいのです。
スポンサーサイト




モチベーションを上げる方法
mixi の「子どもの自学。」のコミュで,

学習へのモチベーションを上げる方法。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=32077266&comm_id=3430761

 というトピが立ち上げられたので,次のようなコメントを書き込みました。


KIRIKOさん,ぼくのコメントを引用していただき,ありがとうございます。

 きのう,このトピを見ました。ぼくの関心のあるところで,これまでいろいろ考えてきた課題です。

 ただ,大きな問題でひと言で語れるものではありません。どう書こうかなと考えていたところです。

1,まず,勉強っておもしろい,と感じるようにしたいですね。人間は本来好奇心を持っています。それを刺激するような課題を与えると,やる気がでるはずです。おもしろいのは,自分が全力をあげて取り組みその結果やり遂げることのできる程度の課題です。簡単すぎるのも難しすぎるのもおもしろくない。

2,1と大きな関わりがありますが,分かるようにする,ということです。分からなければおもしろくありません。分かるようになるとおもしろくてやる気になります。

 だから,ただ暗記をさせるというのではなく,理解して解けるようにする。その子のレベルにあわせた課題も大切です。そのためにこのコミュのように「子どもの自学」が必要になります。自学ですから,他人と同じ課題をする必要はありません。
 その子が求めているものをする→すると分かるようになる → おもしろくなる → やる気になる。という図式ですね。

3,テクニックとしては,ノルマ制というのもあります。
 勉強の量を時間ではなく,課題の量で決めるのです。きょうは算数2ページ,国語2ページ,そして漢字の練習(具体的にきめる)をやれば終わって遊んでもいいよ,という感じですね。
 時間で決めると,なんとなく座っていても終わる。また一所懸命やっても目の前は特にいいことはない。
 それに対してノルマ制だと,これだけやれば遊べるんだと張り切ってやります。

セルフ塾のブログ(セルフ塾のノルマ制)
http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-102.html

4,積極的にすすめるわけではありません,できたら避けたいのですが,勉強をとてもいやがる子は,物でつります
 物でつるときは注意が必要です。絶対に先に物をあげてはいけません。それから,ポイント制にしたらいいですね。長くなるので,詳しくは
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=30656790&comm_id=1037793 の60,61 に書き込んだぼくのコメントを。

5, また,一科目だけ決めて学校の授業を理解できて,定期テストの点数をあげるというのもいいです。学校の授業が理解できる,テストの点数があがったというのは,とてもやる気にむすびつきます。点数主義というより,子どものやる気を出すために点数を上げるということです。その一科目は数学がいいです。

6, ほめるということです。ちょっとしたことでほめる。できるだけほめるように努めます。

一応以上。いろいろ手はあると思います。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.