FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英語の早期教育,そして国語教育
 http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-488.html

 で,「日本語力と英語力」の英文法を軽視するな,ということについて抜き書きしました。


 ここで,「日本語力と英語力」の「英語の早期教育,そして国語教育」について書かれているところを抜粋します。

(兆史)
 小学校では、母語である日本語をしっかり教えるべきです。この時期に、英語を必修にしてその授業時間数を増やしていけば、そのしわよせはどこにくるのか。国語の授業も影響を受けるでしょう。そうなると日本語もおかしくなります。さらには英語必修により犠牲になった科目の学力低下まで心配されます。また、英語を教えるのは、英語教育の訓練を受けていない小学校の先生や、「英語教育に興味をもっている」だけの母語話者ですよ。そういった指導者に初めて英会話を習うことで、子どもたちの語感が狂わされたり、いい加減な英語を話す癖がついてしまうと、その後に英語の学習をもっと積み重ねたいという場合,どれほど苦労しなければならないか・・・・それこそ取り返しがつきません。(p53~54)


( 小学校では,英語より日本語を重点に教えるということに賛成です。セルフ塾小学部では,漢字,算数,国語,読書が基本です。それだけの課題を終えた生徒は英語の学習もします。日本語をきっちり学ぶということが何より大切です。)

(孝)
 聞いた話ですが、日本語の力を100持っている人が英語を頑張ればその六割くらいまでは身につけられる。ところが日本語の力が30しかない人が頑張っても、六割はいかない。つまり同じ努力をしても、もともとの母国語力が低ければ、英語の習得率もうんと低くなるのです。

(兆史)
 小学校のうちから日本語の論理能力をどんどん鍛えることが必要ですね。ただでさえ授業時間数が減っているところに、総合的な学習で異文化理解と称し「英会話こっこ」をやるくらいなら、もっとしっかり日本語をやるべきです。そして日本語の力が少しずつ鍛えられた中学校くらいになったとき、英語を基礎からやればいいのです。( p103 )


 ( 日本語力が30しかないと,うんぬんというのは初めて聞きますが,納得です。日本語ができない生徒に英語を教えるのは難しい。 )


(兆史)
いちばんやってはいけないのは、おそらくいまいちばん主流だと思いますが、親が英語で話しかけること。幼児向けの英語教育の雑誌など、「朝はこういう英語で話しかける」と紹介してありますが、絶対にやってはいけません。素人が真似すると、子どもの語感を狂わせ、悪い癖をつけてしまいます。( p156 )



 ( これはあまり同意しないですね。ぼくは生徒に簡単な英語で話しかけたりします。下手な発音です。ぼくは日本人は日本人英語でかまわないと思っています。下手な発音でもいいから話す,それがいいと思います。だから,素人の英語でもかまわないのではないでしょうか。 )

(孝)
「頭のよくない英語をしゃべれる人」と、「英語がしゃべれない頭のいい人」のどららを雇うかと言えば、外資系ほど頭のいいほうを雇うと思いますね。仕事ができなければ意味がないんですから。英語ができないことで、何に対して不安を持っているんでしょうか。( p188 )



 (同感です。英語をぺらぺらしゃべっても中身がなければだめ。とつとつとであれ,きちんと自分の主張なりが語れる人になりたい。なって欲しい )


(兆史)
学校教育で与えることのできる英語力というのは、ほんの基礎の基礎です。音楽では、線譜が読めたからといって、みながバイオリンの名手になれるとは考えていませんよね。ころが、英語に関しては、文法を習ったけど話せないことに対し、とても批判的です。

 英語が話せることへの漠然とした憧れでものを言うのは非常に危険だし、そんな大衆の幻想に踊らされて右往左往している文科省、英語業界。もっと冷静になろうよといいたいですね。どのしベルでわれわれは英語を問題にしているのか、きちんと議論する必要があると思います。

(孝)
 英語、英語というほどには、実際にはそれほど必要ではなかったりします。自分にとって英語の必要性がどのくらいか、認識することも大事です。私は、エンゲル係数の概念を応用して、「エイゴ係数」というものを考えてみました。自分の全生活における英語の必要度を係数にして表す。私の場合、英語の文章を読むこともあるし、たまに書くこともあるけれど、自分の係数を計算して出してみたら、五パーセント以下でした。九五パーセントは日本語で仕事をしています。( p190~191 )


 ( 同感です )





スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.