FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

曲(きょく)なれば全(まった)し
 きょうの沖縄の新聞は「学力テスト沖縄再び最下位 (沖縄タイムス」,「全国学力テスト 沖縄2年連続最下位(琉球新報)」と騒いでいます。

 これといった対策がこの1年で進んだわけではないので,当然の結果です。

 それよりもぼくがおかしいと思うのは,新聞社は「全国学力テスト」を批判的に書いているのに,このように騒ぎ立てるところ。
 沖縄タイムスでは,1面だけでなく,社会面,社説でも取り上げ,5面くらいにわたってその関連記事があったと思います。
 
 批判するのなら,無視すればいいじゃないですか。まあ新聞社としては新聞を売らないといけないので,そうもいっていられないでしょうが。

 ぼくは「まあ,最下位でもいいんじゃない」と半分思っています。

 塾屋としては,好機到来とばかりにそれをあおって,学校に任せていたら大変だよ,塾に子どもを通わせないと,というところでしょうね。

 でも,テストの結果だけを追いかけても,おもしろくないですよ。

 ぼくはこれまで沖縄のいいところは「テーゲー」なところと何度も書いてきました。そして,そのテーゲーさが学力も低くしているのではないか,とも。

 テーゲーだから成果を求めない。「まあいいか」と自分も他人もゆるしてしまう。自分にも他人にも甘い。相手のミスを追求しない。だから心地よい。

 遅刻して来た人をとがめると「だっからよー!」
 「だっからよー」では,何のいいわけにもなっていないが,
 それをそれ以上追求せず「まあいいか」

 きちんきちんとしていれば,それは成果が上がるでしょう。しかし,ぎすぎすしていては大変。緊張しっぱなし。

 といったところかな。


 老子の言葉に,「曲(きょく)なれば全(まった)し」があります。

 森の中に入っていったら大きな大きな木があった。樹齢何百年。それで案内していた木こりに尋ねました。
「なぜこんなに大きくなったのでしょうね。」
 木こりが答えました。
「これは曲がっていて使い物にならないのですよ。」
(いつもの記憶で書いています。大意は間違えていないと思いますが)

 まっすぐな立派な木は,立派だからこそ切られてしまいます。曲がった悪い木は悪いから切られないですむのです。
 
 ぼくの仲間は,ぼく以上にテーゲーです。ぼくの方がまだしっかりしている。だから,仕事はすべてぼくにまわってくるのですね。
 そして,みんなはたのしくビールを飲んでいる。

 コンピュータもインターネットも使えない方が楽なんですよ,ある意味。

 だからテストの成績はよければいいというものではない。どうすれば幸せになるのかをまず考えましょう。


 ただ,誤解してもらいたくないのですが,勉強はすべきだと思っています。基本的な学力はみんな身につけてもらいたい。だから,強制もします。きびしくもします。

 でも,やはりテストの結果だけを追い求めても,おもしろくないですよ。

 mixiのだれかのプロフィールに,好きな言葉「いい加減」で,そのさじ加減が微妙と書いてあったと思います。

 そうです。テーゲーさも,さじ加減が微妙。
スポンサーサイト




明日があるの娘(家庭からの通信)
 「家庭からの通信」で便りがあったので2通紹介します。

● 毎日,明日がある,明日がある,と余裕の娘を見て,親の方が口出ししてしまう。夏休みの宿題や休み明けの実力テスト。
 一学期の反省を生かして,自ら取り組まなければ,二学期も同じ学習内容,学校生活を送ることになります。本人に自覚して欲しいですね。(2008年8月18日)


 お母さんのお気持ちよく理解できます。つい説教が多くなります。でも,ぼくが見ていて娘さんは娘さんなりによくがんばっています。ある程度ののんびりは長所だと思いますよ。


● 漢字検定に向けて自宅でも頑張っている姿が見られます。一字一字丁寧に書いているのに上達しないと話していました。
 字は心で書くときれいに書けるようになるよと言うと納得していました。
 初めて挑戦するので合格して次につないで,検定を進級してほしいです。。(2008年8月18日)


 そうですか。家でもがんばっていますか。ぼくらにとってもうれしいことです。
 検定に申し込むと,目標になり,励みになります。やるからにはみんな合格したいと思うものですね。ぜひ合格して欲しいですね。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.