FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

すっぱいぶどう
 きのう書いた「曲(きょく)なれば全(まった)し」は,「合理化」だったのかなあ,と振り返ってみました。

 「合理化」とは,フロイトの自己防衛機制のひとつで「満たされなかった欲求に対して、都合の良い理由を付けて自分を正当化しようとすること。」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%98%B2%E8%A1%9B%E6%A9%9F%E5%88%B6

 よく例に出されるのが,イソップ話にある「すっぱいぶどう」

 きつねがぶどうの木を見つけた。枝にはおいしそうなぶどうがなっている。それをとろうとジャンプするが届かない。木にのぼることもできない。いろいろやってみたが,どうしてもだめ。
 きつねはぶどうを取ることをあきらめた。そしてつぶやいた。「あのぶどうはすっぱいんだ」と。

 ぼくらはよく合理化をします。

 彼女にふられた。しばらく悲しんだあと,思います。彼女のたしかに美人ではあるが,冷たかったなあ。ふられてよかったんだよ,と。

 大学に不合格し,一年間浪人した。そして思います。浪人してよかったよ。あのときに自分も鍛えられたし,いい勉強になった。現役で合格しなくてよかった。

 ぼくはそれでいいと思います。合理化をしないとそのストレスに負けて,自分がだめになってしまう。

 もちろん,いつも合理化ばかりしていては,向上しないでしょうから,これもほどほど。がんばったがどうしようもない状況は受け入れるしかないし,そのためには合理化もうまく使う。

 さて,沖縄が学力テストで最下位だった。それを,それもまたいいんじゃない,と思った。

 半分,合理化ですね。確かに。学力が最低というのは,やはりうれしいことではありません。できれば上に行きたい。

 でも,やはり老子の教えも「あり」ではないでしょうか。

 ぼくは,本物の学力をつけて欲しいとは思う。またテストでもいい点をとってもらいたい。しかし,テストでいい点を取ることを至上命令にしたくはないです。これは,合理化でもなく本心です。
スポンサーサイト




have to は不定詞か
mixi 「授業の工夫」で,次のような質問があったので,回答しました。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=34533483&comment_count=22&comm_id=380962

質問です
タイトルの通りhave to~は不定詞の用法の一つなのでしょうか?
その用法ならば,何用法なのかを教えてほしいです…

調べたのですが全くわかりません協力おねがいします





2 のTATSUYA と同意見です。

 ぼくは,不定詞を教えてあとで,have to を教えます。そして,この場合の不定詞は名詞的用法で,「~することを持っている」だと。

 Vista英和辞典p645 の例文に

 I have to go now.  私,もう行かなければ {← これから行く(to go)という状況がある(ので行かなければならない)}

 とあります。この辞書の編著者の若林俊輔さんは,語義を大切にする人でぼくは好きです。
 have を「ある」という語義で説明しています。

 なお,助動詞という解釈も成り立つし,その方が多いのではないでしょうか。文法というのは答えは一つではない。自分の納得するのでいいのではないかと思います。

 なお, 「must と have to のちがい」について,ブログに書いてあったので転載します。

 http://selfyoji.blog28.fc2.com/blog-entry-75.html

must と have to はよく似た意味を持っています。
同じ意味だよ,と教えている人も多いようです。ぼくも以前はそうでした。

 でも,本当は違うのです。
 Vista英和辞典p925 から抜粋(一部手を加えて)します。

 must は,話し手または書き手がいま感じている「ぜひやってやろう」とか「ぜひやらせたい」という強い気持ちを表します。mustの役割は,この強い気持ちを表すことで,なぜそうなのかという理由の説明を付け足す必要はありません。

 have to は,
 「何らかの周囲の事情でそうせざるをえない状況にいま追い込まれていて,その理由も説明できる」という意味になります。

 それで,私のテキストでは
 must の文は,義務文(とにかく)
 have to の文は,義務文(理由あり)

 としています。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.