FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「先生」ではなく「さん」
 セルフ塾では,「先生」ではなく「さん」づけで呼ばせています。Yojiさん,Kyokoさんのようにですね。入塾のオリエンテーションでそう説明します。

 「先生」って,何か偉い人,って感じですから,さけたのです。

 ただ,いちおう先輩ではあるので,呼び捨てではなく「さん」はつかましょう,ということ。
 日本では,年輩は先に生まれたということだけで敬うということになっています。ぼくはそれはそれでいいと思うのです。社会に出ても先輩は敬って欲しい。だから「さん」はつけなさいよ,と。

 中には「Yoji先生」と呼ぶ生徒もいます。それを無理に直しはしません。普通に「はい」と答えて聞きます。

 おかあさん方もぼくを「Yojiさん」と呼びます。だから,スーパーなどであっても「Yojiさん」と声をかけてくれます。それが「Yoji先生」と呼ばれたら,まわりの人に聞かれて少し恥ずかしいです。まあ,そう呼ぶお母さんもいますが。
スポンサーサイト




Yahoo!メール(ベータ版)
 数週間前にYahoo!メール(ベータ版)の案内があったので,それに変えてみました。


 少し重たい気がしますが,機能的にはだいぶよくなっているようです。

 一番気に入っているのは,送受信者の名前が出ることです。

 ぼくは携帯電話とのメールのやりとりも少なくありません。携帯電話では登録している人からのメールはすぐにだれか分かるようになっています。だから,彼らは署名をする習慣がないのです。
 
 これまではアドレス帳に登録している人からメールが来てもだれからなのかすぐには分からず,アドレスをコピーし,アドレス帳で検索してやっと分かるということが少なくありませんでした。

 設定でなんとか名前が出るようにできないかさがしてみたのですが,これまでできずにいました。

 ベータ版に変えてしばらくして,受信箱を見ると「from」の欄に名前が出ているのです。下まで下りていって確認したら,登録者の名前が出ているのです。うれしかったですね。これだけでもベータ版にしてよかったと思っています。

 また,メールを送るときに宛先に,名前を打ち込むと候補者が出てきてその中から選ぶことができるのも便利です。うろおぼえの名前でもアドレス帳までいく手間が省けます。

 
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.