FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「田の字表」の「はじめに」
 

12月5日,
 「田の字表」の原稿が届きました。
 そして,「はじめに」の文を書くようにとのこと。
 書いてみました。それが以下の文です。締切までさらに推敲を重ねたいと思っています。

 (中学生のみなさんへ)

 「あっ,文章問題だ。計算問題は得意なんだけどなあ。文章題だとかけ算なのか,わり算なのか,分からないよ」
 こんなことをつぶやいていませんか。

 この本をやれば,もうそんな迷いはなくなります。田の字表に整理し,それを簡単な方程式にして解くだけ。それで文章問題が解けるのです。かけ算なのかわり算なのか考える必要はありません。

 速度の問題で「み・は・じ」や「は・じ・き」でやっていませんか。速度の問題ならそれを覚えれば解けますね。でも,それは速度の問題にしか使えません。
 田の字は,もっといろんなのに使えます。目次を見てください。速度以外に,圧力,密度,濃度・・・・。こんなにいろんなことが基本的に同じ考え方でできるのです。公式を覚える必要もありません。田の字表に整理するこつをちょっと覚えるだけ。そのこつも簡単です。

 さあ,この本を読んで問題を解き,「かけ算?わり算?」の迷いにサヨナラしましょう。

 (親,教師など,指導者のみなさんへ)

 速度,圧力,密度などを比例式で解く方法がありますね。この田の字表による方法は,比例式を田の字にしただけなのです。だから,比例式で解ける問題はすべて解けます。

 なあんだ。それだけのことなのか,と思わないでください。
 中学生にとっては比例式より田の字の方がずっと簡単なのです。

 まずは整理のしかた。比例式だと横に長くなり,対応する値が離れます。それだけで何と何が対応するのか見分けきれません。田の字表だと,単位に着目し,横にくるのは単位が同じとします。そして上下は対応する値になります。それだけで田の字表は整理できるのです。

 比例式だと 内項の積=外項の積 で方程式を作りますね。これが中学生には難しいのです。どことどこをかけるのだったけ,という感じ。田の字だと,斜め同士をかければいいんだ,と教えるとすぐに覚えます。たすきにかけるとかけ算の×が似ていることも強調します。

 田の字にしたことにより,比例式の方法が中学生の手の届くものになったのです。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.