FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

H嘉翔也くん,M田隆志くんが大学合格
shoyatakayuki.jpg
 昨日午後4時すぎ,2人の卒業生が大学に推薦で内定が決まったことの報告にやってきました。

 H嘉翔也くんは,名桜大学人間健康学部看護学科
 M田隆志くんは,日本文理大学経営経済学部経営経済学科 福祉・心理コースです。

 いろいろな話を30分ほどしました。卒業生がセルフ塾を忘れずに訪ねてくれるのは,とてもうれしいです。
スポンサーサイト




プレ入試行う
prenyuusi.jpg
 6日(土)と7日(日)の両日,第2回沖縄県統一プレ入試を行いました。両日とも午前10時から。1日目は国語,理科,英語,2日目は社会と数学,そして球陽の付加問題です。

 1日目の国語は聞き取りから始まります。2人が遅刻でやってきたので,英語を終わってから2人だけ聞き取りの問題をやりました。

 2日目,ラグビーの試合があり,セルフ塾からも選手が数人いました。それでその生徒たちは午後1時から行いました。

 今回は塾外生も2名いました。

 特に問題なく全員試験を受けることができました。

 データは19日に届きます。そして,25日,26日にそのデータをみながら保護者面談を行います。

 次回3回のプレ入試は1月にありますが,それは希望者だけになります。

小さな負の数から大きな負の数を引く(意味)〕
 前に「小さい正の数から大きい正の数を引く意味」を書きました。

 きょうは, (-3)-(-5)のように、小さな負の数から大きな負の数を引く計算の意味を考えてみます。

 ぼくは,それの説明のために,お父さんがバカ息子の借金を肩代わりすることを考え出しました。息子がいくら借金しているか分からないお父さんは,「5万円分はおれが借金を肩代わりしてやろう」と言います。
 実は息子の借金は3万円だけ。5万円借金を肩代わりしてくれるのならあと2万円借金できるではないか,とサラ金から2万円借金します。すると2万円の現金と2万円の借用証書が新たに入り,合計で,2万円の現金と5万円の借用証書が息子は持っています。

 それで,「お父さん,では5万円の借金はよろしくお願いします」と借金を肩代わりしてもらう。
 すると,2万円の現金が残るのです。

 だから, (-3)-(-5)=+2 ということになります。

 ぼくのテキスト「わかる解けるできる数学1年」のそのページをPDFファイルでアップしました。
 ご覧になりたい方は,次の「PDFファイル」をクリックしてください。
そして,次に「5小さい負の数から大きい負の数を引く意味 」をクリックし.そして「ファイルを開く」をクリックしてください。

PDFファイル



 
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.