FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

単語(国文法)
 おととい「文節について」を書きました。


 それに,terakoyaさんからのコメントがありました。terakoyaさん,ありがとうございます。

(前略)
私もyojiさんに賛成です。うちの中1では、自立語と付属語の区別をつける練習をしたあとに、文節に区切る練習をしています。この順序でないと、教える側としても、子どもを納得(理解)させるだけの説明ができません。

文節で区切る以上にさらに困るのが、単語で区切る問題です。
これは用言や助動詞の活用の学習が不可欠になるので、1年生にはまだ教えることができかねるのですが、たびたび1年生のうちに登場するので困っています。

品詞全てを1年生の前半で教える時間は取れないので、単語に分ける問題は2年生の1学期に品詞の種類と活用をすべて教えた後にやっています。
(後略)


 terakoyaさんの書いてあるとおりです。文節以上にやっかいなのが単語です。中1の最初のころ,文節と単語を学びます。そして,「次の文を単語に分けなさい」なんて問題が出されます。

 国語を教えている人は別にして,みなさんはできますか。
 単語をヤフー辞書で調べると次のように出ます。中学生もそのくらいのことを教えられて,問題を解くように求められるのです。

 単語: 文法上、意味・職能をもった最小の言語単位。例えば「鳥が鳴く」という文は、「鳥」「が」「鳴く」の三つの単語からなる。日本語では自立語・付属語に大別される。


 問題 次の文を単語に分けなさい。
 この問題は難しくないそうですが,ぼくには,解くことができませんでした。

 どうですか。できましたか? いま即興で作った文です。恥ずかしながら,ぼくも少々自信がないので,解答は控えさせてください。

 terakoyaさんが書かれているように,品詞について学び,その上で用言(動詞,形容詞,形容動詞),助動詞の活用を学ばないとこの問題は解けるものではありません。
 本当に,何を考えているんだ,と怒鳴りたくなります。

 さて,ぼくもterakoyaさんの考えに賛成ではあるのですが,学校では中学1年にこの課題に取り組まなければいけないので,しかたなくヒントを出しながら最初の方で「単語」を教えています。



 ぼくの作った国文法の文節の部分をPDFファイルでアップしました。
 ご覧になりたい方は,次の「PDFファイル」をクリックしてください。
そして,次に「7単語(日本語文法) 」をクリックし.そして「ファイルを開く」をクリックしてください。

PDFファイル



Yoji著「セルフ塾の国語 わかる教え方」をAmazon Kindle で電子出版





スポンサーサイト




中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる
中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる!




 「中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる」の出版に向けて,いま校正作業に励んでいます。大切な作業ですが,おもしろくない作業です。

 さて,アマゾンをのぞいてみると,いま校正作業をしているその本の紹介がもう掲載されているのですね。近日発売,予約受付中とのことですが,気の早いものです。ぼくの本は予約する人はいないでしょうが,有名作家の本はこのような気の早い紹介を見て予約する人がいるのでしょうね。

 いずれにしろ,自分の本の紹介が載るというのはうれしいことでう。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.