FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

小学生の田の字表
 小学生でも田の字は使えます。しかし,方程式にもっていくのはやめています。簡単な方程式なので少し学習すればできないわけではありません。一度させたことがあります。苦労していました。なんとかできるようにはなったのですが。

 それで小学生には無理はせず,田の字に整理をさせ,全体量が「?」ならかけ算,1当たり量,幾つ分が「?」ならわり算というような教え方をします。もちろん,もっとていねいにですが。

 横は単位をそろえる,上下は対応する値ということをしっかりできるようにすれば,小学生でも田の字は整理できますし,整理する中で文の意味も理解するようになります。

 さて,小学6年では「比」そして「比例式」が出てきます。簡単な問題です。
 例えば,1:2=5:x 

 前項,左辺が1,右辺が5 5倍されている。
 だから,後項の2を5倍して,x=10

 それを田の字にすると簡単です。

1,2
5,x

 左から右に2倍されているから,5の2倍で x=10

4,12
x,6

 左は右を3でわっているので,x=6÷3=2

 比例式に比べると,対応関係が簡単に見分けられるのです。教えていても楽です。

 このやり方は,方程式にするよりもとても楽です。だから,中学生でもこのやり方でできる問題はこれでやったらいいです。

しかし,

2:3=5:x のように,5/2倍と分数になるとめんどうです。そういうのは,方程式にもっていったほうが楽です。

 方程式は何にでも使えます。だから中学生には方程式でさせているのです。

中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる!

 

I嶺ちづるさんが,講師就任報告
 I嶺ちづるさんが大学講師に決まったと,報告に来ました。
chizuru.jpg

 ちづるさんは,子どもの世界(ぼくが塾の前にやっていた保育園)の卒業生でもあります。セルフ塾でも学習し,私立中学進学のためその専門塾に途中で移ったのですが,基礎をセルフでやってよかったとたまに訪れます。
 筑波大学大学院で教育学を学んでいるとのことでしたが,講師の口があったのでそこに行くとのこと。

 ぼくももちろん教育には関心があるので,そのことなど,小学生の部が始まる前,ゆっくりおしゃべりをしました。

K城里奈さんとN宗根利子さんが大学進学報告
rikorinaairi.jpg
 K城里奈さん(西原高校)とN宗根利子さん(読谷高校)が大学合格の報告でセルフ塾を訪れました。もちろんふたりともセルフ塾の卒業生です。先日訪れたC花愛里さんもいっしょです。

 K城里奈さんは,拓殖大学商学部国際ビジネス学科,
 N宗根利子さんは,美作大学生活学部食物学科への推薦入学内定です。

 塾の学習時間中で,質問予約表を見ては「なつかしい」,Kyokoさんの生徒を呼ぶ声を聞いては「なつかしい」,となつかしいを連発していました。

 二人とも中学生のころはバスケット部で部活と学業を両立させていましたが,「あのころは充実していたね」とも言っていました。
 また「Yojiさん,英語は役だっているよ」と里奈さん。

 卒業生が訪ねてくれるのはうれしいものです。

比も田の字で
 比も田の字で解くことができます。

 例えば,姉と妹で,ミルクを3:2に分けて飲むとします。妹が100ミリリットル飲むとすると,妹はいくらになりますか。

(量) x,100
(比) 3,2

 たすきにかけて 2x=3×100, x=150ミリリットル

 たぶんみなさんは比例式で解いているのでしょうね。

 3:2=x:100

 内項の積=外項の積 で
 2x=3×100

 同じ方程式になりました。

 答えももちろん同じになるので,どちらのやり方でもかまいません。

 しかし,田の字の方がかなり楽なのです。

 3:2=x:100
 これを 
 3:2=100:x にしてはいけませんね。 
 
 3とx,2と100が対応していなければなりません。

 比例式の場合は,前項と前項,後項と後項が対応するように注意するということです。これは慣れるとなんということないのですが,中学生の場合間違えることが多いです。離れすぎているのです。

 田の字の場合,

 たてを対応する値とすればいいのですから,すぐにできます。

 左側は姉,右側は妹ということで注意すればいいのです。

   (姉)(妹)
(量) x,100
(比) 3,2


 また,
 内項の積=外項の積 が慣れるまでは大変です。式の展開のときは,順序よくかけていたのに,今度は外側どうし,内側どうしとなるのですから。

 田の字だとななめにかければいいということでやってきているので,楽にできます。

 中学3年生の学年末テストがありました。相似の問題もかなり出ると予想されました。
 学校では,ふつうの比例式の解き方教えています。
 あるS子さんはあるプリントをやっていたのですが,ほとんどが間違い。それを習いにきたので,田の字でもやり方を教えました。すると楽々に解いて全問正解。誇大広告のようですが,本当です。

 ぼくは比例式が好きで数学の問題はよく比例式を使ってやっていました。もうとてもとても慣れています。それに比べると田の字はまったく新しい解き方です。

 しかし,最近は整理するときに,田の字でやることが多くなっています。頭の整理にもなるのです。

中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる!

百分率も「田の字」で
  田の字の基本は,次の通りです。

┌─────┬─────┐
│単位あたり │・全体量  │
├─────┼─────┤
│   1    │ いくつ分 │
└─────┴─────┘

 だから,8mは2mの何倍になりますか? では

┌──┬──┐
│2m │8m │
├──┼──┤
│1倍 │x倍 │
└──┴──┘

 で求めることができます。

 さて,百分率とは,基準を100としたときの割合です。単位当たり量は1ですから,それを100倍したものです。

 だから,8mは2mの%になりますか? では

┌────┬───┐
│  2m  │ 8m │
├────┼───┤
│ 100% │ x% │
└────┴───┘

 になり,これも斜めにかけてイコールで結べば,方程式ができます。

 2x=8×100, x=400 で400%

 これに気づいたときもうれしかったです。
 もちろん,これも比例式で解けます。ただ,ぼくは比例式を使うようになったのは高校に上がってからで,百分率の問題を比例式で解いたことがなかったように思います。

 百分率を比例式で解かせる教師はほとんどいないのではないでしょうか。

 これができるようになったら,濃度,湿度の問題がとても楽に解けるようになります。

 濃度の公式は,
 濃度(%)=(溶質の質量/溶液の質量)×100 ですね。これを覚えなければならなかった。

 田の字表だと,パーセントのときは,左下は100%だよ。横は同じ単位だから右下も%,そして対応するように上をうめる。100%を基準にするから・・・・

溶液の質量,溶質の質量
100%, 濃度(%)

 のようになります。(PCで罫線はめんどうなので省略します。もう分かりますね)

 さて,濃度を求める問題なら,公式にあてはめれば求めることができます。


 しかし,濃度は与えられていて,溶質や溶液,溶媒の質量を求める問題では大変です。

 例えば「濃度15%の食塩水300gがある。それに食塩はいくら溶けているか」という問題では,

 15=(x/300)×100 のように,公式に代入し,それを解かなければいけません。分数が出てくるのでちょっと戸惑います。

 もっと難しいのは,
「30gの食塩を用いて,濃度15%の食塩水を作るには,水を何gいれればいいか」

 では,15=(30/x+30)×100 になります。分母にxがきた。どうしよう,と生徒はたいへんとまどいます。

 でも,田の字表だと

30g,  x+30(g)
100%,  15%

これを方程式にすると
100(x+30)=30×15

 どうですか。分数が出てきません。展開して移項してと,簡単に方程式が解けます。

 自画自賛になりますが,田の字はとても楽なのです。だから公式を覚える必要もないのです。

 公式以上に理解しやすいです。田の字に整理するときに,基準を100とするというように対応する値を考えるからです。

中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる!

田の字,Yojiのオリジナルなところ
 生徒に,田の字で説明すると,「田の字ってすごいね。Yojiさんが考えたの?」と訊かれることがときどきあります。

 ぼくの答えは「全部じゃないけどね」です。

 ここに,先人から学んだ部分,そしてぼくが自分で考え出した部分を書き出してみます。

 田の字に整理するのは,ぼくが考えたわけではありません。もうずっと前のことで,何から学んだのか忘れてしまいました。小学高学年のプリント本だったと思います。

 それでは,

┌─────┬─────┐
│単位あたり │・全体量  │
├─────┼─────┤
│   1    │ いくつ分 │
└─────┴─────┘
 のように整理すること,そして,どの部分が「?」になっているかで,かけ算かわり算を判断させるようになっていました。

 それはそれでとても便利で,長い間使っていました。

 さて,後日説明しようと思いますが,この田の字表は,「比」の問題にも使えます。
 それで,ぼくは比の問題をいったん田の字に整理し,それを比例式にし,内項の積=外項の積 で方程式をつくり,解かせるということで教えていました。

 すぐに比例式にするよりも,田の字に整理する方がとても分かりやすいのです。

 つまり,
①田の字に整理 → ②比例式にする → ③方程式をつくる → 解く

 そのうちにある日ひらめいたのです。

 わざわざ比例式にすることなく,田の字からすぐに方程式にすることはできないだろうか,と。

 ここからがぼくのオリジナルです。(簡単なことなので,だれかがすでに考えていたかもしれませんが,とにかくだれから教わることもなく考えたのは事実です)

 田の字を斜め同士かけてイコールで結べばすぐに方程式ができるということが分かったのです。

 そして,生徒に教えていると,それは比例式に直して方程式を作るよりもとても楽にできることが分かったのです。
 比例式の場合,内項の積=外項の積 で方程式を作りますが,どれとどれをかければいいのか,よく間違えるのです。それが田の字だととても楽にできるのです。
 田の字の真ん中にかけ算の「×」をかいてしまえばどれとどれをかけるのか一目瞭然なのです。

 比例式は,数学,理科の問題で広く使われるすぐれものです。分かる人は分かると思います。比例式のすぐれているところが。

 田の字は比例式を少し変えただけのものです。だから,比例式で解ける問題はすべて解くことができます。その応用範囲はとても広いです。

 比例式にせずに田の字から方程式が作れることに気づいてあと,何かを考えるときに田の字で解けないだろうか,と考えていました。するといろいろ出てきました。それに関しては少しずつ書きます。
 その成果をまとめたのが今度の本です。

 ぼくほ,田の字は,数学(算数),理科を教えるのにとても便利だと思っています。応用範囲がとても広く,そして楽にできる。これはぜひ普及させたいです。

中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる!

「田の字表」とは何か?
 「田の字表」の本ができたので,
 しばらく「田の字表」について思いつくままに書いてみようと思います。

 まず,「田の字表」とは何か,です。

 「 田 」の字のように,2×2の表を「田の字表」といいます。

 田の字の基本的なものについて説明します。理解しやすいように小学生の問題で。

「問題  5個で300円のりんご1個の値段はいくらでしょう。」

 これを田の字に整理すると

x円300円
1個5個

 になります。

 整理するポイントは,
1,横は単位をそろえる(上の例でいえば,下の単位は「個」,上の単位は「円」です)
2,左下の蘭は1
3,上下は対応する値。(1個x円なので,1個の上がx円,5個300円なので5個の上が300円)

 これをたすきに(斜め同士)かけ算してイコールで結びます。

 上の田の字だと,5x=1×300 
 この方程式を解けば x=60 で 答え 60円 が 求められます。

 かけ算なのかわり算なのか迷うことはありません。表に整理し,それで方程式を作り解くだけ。それが田の字表の基本です。

 これだけのことで,速度,圧力,密度,単位の換算(45分は何時間かなど),オームの法則などを解くことができます。

 そして,この田の字表をちょっと発展させると,濃度の問題,湿度の問題などの百分率,そして,定比例の法則,三平方の定理,相似などで用いられる比の問題も解くことができます。

 また,反比例も。



「田の字」本届く
 拙著『中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる!』が今朝届きました。自分の本ができるというのは,とてもうれしいことです。
 書店に並ぶのは1週間後だそうです。だから来週の水曜日くらいかな。
 明日香出版社HPの 新刊案内に,拙著『中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる!』が掲載されています。
http://www.asuka-g.co.jp/shinkan/978-4-7569-1261-9.html



 田の字表とは何か,についてはこれから少しずつ書いていきます。

tanojihyousi2.jpg

高校受験クラスのチェック係
 冬休みも中学3年生は塾に来て学習につとめました。高校受験生ではありますが,3学期が始まるとすぐに行われる学年末テスト対策です。

 そのチェック係りをした
のがセルフ塾の卒業生のK城かな子さんとH嘉麻美さん。どちらも進学が決まっています。2人は高校は別ですが,セルフでいっしょだったので仲良し。手の空いたときはおしゃべりを楽しみながら働いていてます。
kanakoasami.jpg

 

体積の導入
 小学6年生では,体積を学びます。

 直方体の体積は,たて×横×高さ という公式から導入している人も多いのではないでしょうか。

 たぶん,大昔の人は,肉の大きさや魚の大きさを直接比べて,どちらが大きいかを判断したのではないでしょうか。

 粘土のかたまりを比べて,「こっちの方が大きいよ」という,それが体積の始まりでしょうね。
 だから,ぼくはまずは見た目で比べるのから入ります。

 見た目では,どれだけ大きいのかが分かりません。

 粘土の場合,それを同じくらいの大きさに小さく丸めて,その玉が何個あるかということで,大きさを比べることができます。
 Aの粘土は,5個の玉になった。Bの粘土は3個になった。だから,Aの方が2個分大きいのだというふうに。

 玉ではなく,小さな立方体に分けて考えることもできます。

 そこで,たて,横,高さとも1cmの立方体を考えます。それを1c‰としたのです。その1c‰の立方体がいくつあるかということで体積を考えます。
1c‰が2こで2c‰、3こで3c‰、4こで4c‰というふうに。

 立方体が何個あるかを数えれば,その体積を求めることができるのです。

 次にこの立方体で直方体を作ります。まずは1段の直方体。すると,たての数×横の数 で体積を求めることができます。

 次はそれが数段積み重ねた直方体です。1段の直方体は たて×横 ですから,それが何段かを書ければ個数を求めることができます。
 だから,立方体の数は,たて×横×高さ になります。

 このようにして,立方体の数で体積を求める公式を導いていくのです。

 「プログラム学習算数小学6年」の体積の数ページを,PDFファイルにしました。
 ご覧になりたい方は,次の「PDFファイル」をクリックしてください。
そして,次に「11体積」をクリックし.そして「ファイルを開く」をクリックしてください。

PDFファイル

ジョン万次郎上陸の地 糸満市大度浜
ジョン万次郎上陸の地,糸満市大度
 きのう,いとこの娘の成人祝いということで,糸満市大度に行きました。その近くに,ジョン万次郎上陸の地があるということを知ったKyokoは,ぜひ見にいきたいということで,少し中座して出かけました。

 アメリカに渡ったジョン万次郎は,日本に戻ります。しかし,日本はまだ鎖国。日本そのものではない琉球にまず上陸したのです。その地がこの大度だったそうです。

 ダイビングをしている人にたずねると,以前はジョン万次郎上陸の説明板もあったようですが,公園化するときに撤去されたそうです。でも間違いなくその地だということが確認できたので写真におさめました。

 ジョン万次郎と大度については,次のブログをどうぞ。
ヤポネシア南島通信:ジョン万次郎


ヤフーの地図です。
糸満市大度浜

明日香出版社HP 新刊紹介に拙著が
 明日香出版社 新刊案内に,拙著『中学数学・理科が「田の字表」なら解ける・わかる・点がとれる!』が掲載されています。
http://www.asuka-g.co.jp/shinkan/978-4-7569-1261-9.html

 編集者のメールによるときょう5日に出来上がり,ぼくの手元にはあさって7日に届く予定とのこと。店頭には14日ごろになるそうです。

 指折り数えて待っています。


ずれがアイデンティティを考えさせる
 高校の同期生でmixi友だちの日記に

自分は日本人なんだなあと思う瞬間ランキング


 があり,彼のランキングが書かれていました。



 それに書き込んだぼくのコメントです。


 おもしろいね。
 ただ,ぼくは自分を日本人だ,ウチナーンチュだと思うことがほとんどないです。なぜか。日本にいて,そしてウチナーにいるからだと思います。

 アイデンティティーを考えるのは,それに少しずれがあるときではないでしょうか。ぼくは日本人であって,ウチナーンチュであり,そしてまわりの人もほとんどみなそうです。だからそれに何の不思議も感じない。考えようともしない。

 前に「心理学を学ぶ意義」ということで次の文を書きました。その中の服を着たゾウや新撰組の近藤や土方は,自分は何なのか,と問いかけ続け,そして,それに近づくために努力したのでしょう。

 だから,あなたのように日本,沖縄にいない人の方が,よりいっそう日本人,沖縄人というのを意識してしまうのかもしれません。だから深く理解もできるのでしょうね。ある意味,うらやましいです。


心理学を学ぶ意義

ほこりがあれば,方言は復活できる
 「頭で翻訳して共通語を話す」に書いた伯父との話には,続きがあります。


 ぼくが,方言を復興させようという動きもあるが,もう無理なのではないだろうか,と伯父に問いかけました。

 伯父の答えです。

 いや,そんなことはない。イスラエルの言葉はいったんは完全になくなったんだ。その言葉を彼らは書物を参考にして完全に復活させた。
 沖縄の言葉はまだまだ完全になくなったわけではない。その気になれば残すことはできるはずだ。

 なるほど,と考えたぼくは次のように発言した。

 言葉に対するほこりなのかもしれませんね。
 ぼくが若いころは沖縄ということで劣等感があった。そして沖縄のものはすべて劣っているものと思っていました。
 今の若い人たちにはそれがまったくないようです。いや,沖縄ということでほこりを持っているようにも感じます。
 言葉でも,変な方言ながら使おうとする傾向もあります。
 そのほこりがあれば方言は残るかもしれませんね。

 伯父の話
 しかし,行政がしっかりと,方言を残すことをしないといけない。学校で週に1時間くらいは方言の時間を設けるなど。

ガザでの虐殺を止めるために
 mixiにあったので転送します。



**以下、転送を歓迎します**   
○○○ナブルス通信 2008.12.30号○○○
    緊急号2:ガザでの虐殺を止めるために2
    http://www.onweb.to/palestine/
      Information on Palestine

────────────────────────────────
◇ガザの人々に対する虐殺が続いています

最初にガザへのイスラエルによる爆撃の知らせを受けた27日夜、死者130人
という数に絶句しました。しかし、チェックを入れるたびに数値は上がり、
150、190と増えていき、身体に悪寒が走りました。攻撃3日目となる29日の
昼の段階でのガザ医療関係からの発表によると、死者数は325人、負傷者は
1500人(うち200人が重体)となっています。1948年以来、短期間で多数の
パレスチナ人が殺された記録となる数値です。

こんなニュースも入ってきました。ガザのジャバリヤ難民キャンプに住む
バアルーシャ家は、爆撃を受けて全壊し、2歳と4歳の幼児を含む5姉妹全員
が殺されました。残りの家族も全員負傷しています。ニュースでは「バア
ルーシャ家の家族は死体置場か病院のどちらかにいる」と。誰がどこでど
のように傷つけられているか、ほとんどわからないなかで、このような悲劇
がガザのいたるところで起きています。アル・メザン人権センターでは、
「犠牲者のほとんどが民間人だ」という発表を行いました。
(*このバアルーシャ家のニュースは以下に記事翻訳が)
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/html/pc/News20081230_014614.html

今回の攻撃は1年以上にも及ぶイスラエルによるガザ封鎖にたたみかける
ように起こっていることも忘れてはならないでしょう。基本的な食べ物に
も、水にも電気にも事欠き、ぎりぎりのところで生きている人たち――重
病でまともな手当てを受けられずに死んでいった人たちもいる――が、さ
らなる攻撃にさらされています。これを許してしまった国際社会の一員で
あることに、怒りと悔しさを感じています。

先ほど来たニュースでは、ガザの基本的な医薬品は底をついてしまったこ
と、瓦礫の下にまだ埋もれている人々がいることを伝えていました。犠牲
者の数はまだこれからも増えてしまうのでしょうか。それを止めることは
できないのでしょうか。イスラエルが地上戦の準備も始め、予備役を召集
しているという情報に怯えつつ、この通信を送ります。電気も止まったガ
ザから送られてきた文章を紹介します。この状況ゆえ、情報の重複をお許
しください。


────────────────────────────────
>◇「想像を絶する大量の死と破壊」

サファ・ジューデー
エレクトロニック・インティファーダ/Live from Palestine
2008年12月27日

まもなく正午になるという時、最初の爆発音が聞こえた。私は窓に突進し
た。まだ窓の前に達せず、外の様子も見極められないでいるうちに、第二
の爆発が起こり、猛烈な爆風に押し戻された。しばし、何が起こったのか
わからなかったが、次の瞬間には、イスラエルが予告していたガザ地区に
対する大規模攻撃が始まったのだと思い至った。一昨日、イスラエルの
ツィピ・リヴニ外相が、エジプトのホスニー・ムバーラク大統領との会談
後に述べたことは、口先だけの脅しではなかったということだ。

引き続いて起こったことは、今でも、超現実世界の出来事としか思えな
い。こんなことは私たちの誰も想像していなかった。すべてがあまりにも
短時間のうちに起こった。現場にいた私にとってさえ、この大量の死と破
壊は想像を絶している。私は今も事態のまっただなかにいる。最初の攻撃
から、すでに数時間が経過した。

ガザ市への空爆で6か所が攻撃された。アメリカのニュース番組ではたぶ
ん、この映像は流されていないだろう。爆撃を受けた場所には死体の山が
できていた。映像を見ていると、何人か、まだ生きている若者がいるのが
わかった。手を上げる者、頭をもたげる者。でも、彼らもまもなく死んだ
はずだ。全身が焼けただれ、大半が手足を失っていた。腸がはみ出して垂
れ下がっている者もいた。全員がおびただしい血の海に転がっていた。

ガザで最も大きい2つの大学のすぐ近くにある私の家の前で、ミサイル
が、学生たち、大勢の若者が集まっている中に撃ち込まれた。学生たち
は、標的になりやすいから集団にならないようにと注意されてはいたが、
その時は帰宅するためにバスを待っているところだった。7人が死んだ。4
人は学生で、3人は近所の子供。レイエス家の少年たちで、とても仲のい
い3人だった。

これを書いている今、外を通っていく葬列の音が聞こえる。窓から覗いて
みると、レイエス家の3人の少年の葬列だった。生きている時、この3人は
いつも一緒だった。3人は一緒に死に、そして今また一緒に同じ葬列の中
にいる。3人が殺されたあと、14歳になる私の弟は家から飛び出して、路
上に横たわる友達の死体を確かめにいった。弟を止められるものはなかっ
た。その後、弟はひとことも言葉を発していない。


(中略)

今日の空爆で200人を超える人が死んだ。つまり、200以上の葬儀が行なわ
れるということだ。今日、葬儀が行なわれたのはわずかで、たぶん、大半
が明日になるだろう。昨日、この家族たちはみな、食べ物と暖房と電気の
心配で頭がいっぱいだった。でも、と私は思う。この人たちも(実際には
私たち全員が)、こんなことが起こるのを絶対に阻止できていたというの
なら、この数か月間、私たちが必死に求めつづけてきた本当に基本的な生
活物資の供給をハマースがやめたとしても、喜んで受け入れていたはず
だ。

爆撃は私の家のすぐ近くで起こった。私の一族の大半がこのエリアで暮ら
している。私の家族は無事だったが、叔父たちの家が2軒、損傷を受け
た。

今日は静かに休めるだろう。ガザ市民は今夜、死んだ者たちを追悼するこ
とができるだろう。イスラエルは、当座、これ以上の空爆は行なわないと
約束したそうだから。だが、誰もが、標的を定めた次の殺戮のステップが
やってくると考えている。これが意味するのは、すでに完全に封鎖された
ガザで暮らす宿命を強いられている罪のない一般市民が、さらに大勢巻き
込まれるということなのだ。


***

サファ・ジューデーは、アメリカのストーニー・ブルック大学で学び、
修士論文提出資格を得た。2007年9月にガザに戻り、現在はフリージャー
ナリストとして活動している。

翻訳:山田和子

全文は以下に:
http://palestine-heiwa.org/news/200812290045.htm

原文:"The amount of death and destruction is inconceivable"
Safa Joudeh writing from the occupied Gaza Strip, 27 December 2008
http://electronicintifada.net/v2/article10059.shtml



────────────────────────────────
>◇ガザで破壊されている場所

ガザ・アル=アズハル大のアブデルワーヘド教授が27日から世界に向けて
ガザの様子を少しずつメールで発信しています。そのメール10を翻訳者・
岡真理さんのコメント付きで転載します。

「イスラエルの攻撃目標がこうして列挙されると、社会が社会として成り
立つためのソフトウェアの部分を狙い撃ちしていることが分かります。イ
スラエルの総選挙をにらんでの、内政の延長線上にある戦争、という専門
家の指摘はそのとおりなのかもしれませんが、その戦争にかこつけて、イ
スラエルが何をなぜ破壊しようとしているのか、まで深く考えるべきだと
思います。 以下のレポートはその示唆を与えてくれるように思います。
(岡)」


「ガザより10 攻撃さらに」(29日付)

昨晩、ガザ市内だけで20ヶ所が空襲された。爆撃について私が知るかぎ
りのことをお伝えする。

1.自宅近所に3回目の攻撃。元公安局。うちミサイル1基が不発のまま、
自宅アパートのあるビルの正面、救急ステーションから数メートルのとこ
ろ、に落ちる。
2.ガザのイスラーム大学の主要校舎二つが粉々に。建物の一つは実験室
棟、もう一つは講義棟。いずれも地上4階、地下1階建て。
3.ビーチ難民キャンプ、イスマーイール・ハニーエ氏の住まいの隣家が
空と海から同時攻撃され崩壊。
4.モスク2つが空襲され粉々に。中にいた10人が死亡、うち5人は
アンワル・バルーシャ氏の娘たち。自宅が危険なのでモスクに避難してい
たのだろう。これで、破壊されたモスクは計6つに。
5.内務省のパスポート局の建物も今朝、破壊された。
6.文化省のビルも今朝、こなごなに。
7.首相執務室のビルも空襲され完全に破壊。
8.民事行政の主要ビルも完全破壊。
9.地元メディアが報道していないため私が把握できていない複数ヶ所に
何度かの攻撃が実行されている。夜間、ヘリコプターが複数回にわたり
攻撃するのを目撃。
10.ジャバリーヤ青年スポーツセンター(UNRWAの施設)が、空か
ら直撃された。

11.サライヤ政府センター近くの空き家が空襲され破壊。
12.ゼイトゥーン地区で移動中の車体が攻撃され破壊、男性2人、
子ども1人が死亡。

13.下校途中の高校生の姉妹2人が、空爆を受け死亡。
14.いつかの警察署が再度、攻撃される。
15.イスラエルはジャーナリストおよび記者に対し自宅もしくはオフィス
にとどまること、従わない場合は攻撃目標にすると公式に伝達。ガザで起き
ていることをメディアに報道させないためだ。
16.病院二つが標的に。ファタ病院はまだできたばかりで操業していな
かったが、空から攻撃された。もう一つのほうは小さな個人経営の病院。
テル・エル=ハワーのアル=ウィアム病院も標的にされた。
17.ベイト・ハヌーンの庁舎も昨晩、破壊された。
18.ラファの自治体のビルも昨晩、破壊された。
19.ラファの庁舎も昨晩、標的にされた。
20.ラファのハシャシュ地区が昨晩、二度にわたり攻撃された。いずれも
ミサイル2基によるもの。2回目の着弾で周囲15軒の家々が破壊される。
21.ゼイトゥーン地区のグランドにミサイル一基、着弾。
22.ラファ国境地帯にある40個のトンネルに対し空から攻撃、トンネル
すべてを破壊。
23.ビーチ難民キャンプの警察署、完全に破壊。
24.旧エジプト・ガザ総督の邸宅も空と海からミサイル攻撃を受け完全に
破壊。

続報
ガザの負傷者のための民間協会が破壊された。ガザとハーン・ユーヌスにある
アル=ファラフ慈善協会の二つの建物も破壊された。

続報2
数分前、ウンマ大学の新しい小さな校舎が1棟、攻撃を受け、破壊された。

***

アブデルワーヘド教授から届いているメール10通は以下で読むことができ
ます。

ガザからの緊急メール 1
http://0000000000.net/p-navi/info/news/200812281315.htm

ガザからの緊急メール 2
http://0000000000.net/p-navi/info/news/200812300054.htm

────────────────────────────────
>◇この虐殺に対し、声をあげてください

もっともシンプルな文面は爆撃をやめろ、殺すなという以下のようなもの
です。

Dear sir,

Please stop the bombing on Gaza.
Please stop the killing.

Yours sincerely,
名前をローマ字で(Junichi Abeなど)
おすまい(Kyoto,Japanなど)

**
宛先は以下に。
http://palestine-heiwa.org/misc/kougi.html

ただし、国防相はAmir Peretzに替えてください。
e-mailよりファックスや手紙のほうが効果がありますが、時間がない
ときはメールでも。
────────────────────────────────
>◇ガザの封鎖解除を!(署名)

「パレスチナ子どものキャンペーン」がネット上で、ガザ封鎖の解除を
求める署名を行っています。ぜひ!
http://www.shomei.tv/project-433.html

参考:<08.12.29>ガザからの悲痛な訴え
http://chikyuza.net/modules/news1/article.php?storyid=519
────────────────────────────────
>◇参考になる情報

1 英国メディアでの報道

ガーディアン紙より
 「イスラエルとその支持者は、今日のガザ攻撃がつりあいの取れた
ものだと主張することは、まずできない。彼らが殺人者でないと主張
することもできない。ロケット攻撃への報復を警告したときに、オル
メルト首相本人の口から、「数万の子供たちや無辜の市民たち」がハ
マスの行動によって危険にさらされるだろうという言葉が出たのだ。」

http://nofrills.seesaa.net/article/111879807.html

ブログ「tnfuk」には英国メディアからの紹介が多く書かれています。
http://nofrills.seesaa.net/

2 中東メディアでの報道

「日本語で読む中東メディア」
http://www.el.tufs.ac.jp/prmeis/news_j.html

「イスラエルのガザ攻撃」を特集したコーナーで中東メディアでの
報道が読めます。

-----------------------------------------------------------------
以上転送おわり

頭で翻訳して共通語を話す
 きのう1月1日,兄,弟といっしょに伯父(母の弟)の家に年始のあいさつにいきました。伯父は,沖縄の組踊り,エイサーの本も著している沖縄芸能に詳しい人です。75歳くらい。

 伯父の話です。

 

小学生のころ,みんな方言しかできなかった。(沖縄の方言は共通語とはまったく違います。)
 それで,小学1年のときの担任は,地元の方言も話せる人がなった。まず方言でみんなに静かにするように指示する。2時間目からは「静かにしなさい」というのが分かってくる。このようにして,少しずつ共通語が分かるようになったのだ。

 小学1年と2年は持ち上がりで同じ先生がなった。3年生になると,別の先生がいうことも理解できるようになった。

 だから,ぼく(伯父)は,共通語を話すときに,頭で方言を翻訳して話すようなところがまだある。

 ぼく(Yoji)が,英語を話すときに,日本語を頭で英訳して話すようなものですね。

 伯父は(ぼくの母も)やんばる(沖縄本島北部)の人です。いまは名護市になっていますが,ぼくが小さいころは屋部村でした。そこの言葉は首里や那覇の言葉ともだいぶ違うのです。「はひふへほ」が,「ぱぴぷぺぽ」になる。聞いていておもしろいと思ったものです。

 だから,首里や那覇の人が教師として屋部にきても地元の子どもたちと会話することはできなかったのでしょう。それで小学1年2年の担任は地元の言葉の話せる人ということでしょう。

 要するに,屋部では,ぼくの親の世代までは日本語は外国語のようなものだったのです。だから,外国語を学ぶように日本語(共通語)を学んだのです。

 ぼくを含めて沖縄の人は日本語が下手だと思います。特に敬語がうまくつかえません。

 例えば,子どもたちは「勉強しれ」と言います。「勉強しろ」のつもりです。国文法で「する」を活用させると,命令形が「しれ」になるのです。五段活用の「読む」の命令形が「読め」なので「しれ」とエ段になるのでしょうか。あるいは,「する」の方言「すん」の命令形が「せー」とエ段になっているからなのでしょうか。

 また,本土の人に次のように笑われたことがあります。
 スーパーで,試食をすすめる人が「いただいてください」と言って差し出すというのです。「いただく」が謙譲語だということが分からないのです。

 ぼくもいろいろ間違えた日本語を使っているのではないかと思うと恥ずかしくなります。自分の間違いは分かりませんから。

 前にも書いたことがありますが,それはぼくの祖父の世代にとって日本語は外国語だったからなのです。以前は祖父の世代と思っていましたが,昨日の伯父の話で地域によっては親の世代がそうだったのです。

 さて,ぼくは実は方言もきちんと話すことができません。ぼくの父母や祖父はぼくら子どもに話しかけるときには,方言を使いませんでした。方言を使うのは教育的でないという風潮があったからです。方言を使うことは悪いことだと教えられました。

 伯父によると祖父の共通語は,沖縄方言的な共通語だったそうです。そういうのをウチナーやまとぅぐち{沖縄大和口(言葉)}と言います。沖縄方言を直訳した日本語のことです。

 それはしようのないことです。祖父にとっては日本語は外国語だったのでしょうから。
 そのような祖父によって父は育てられました。だからたぶん父も日本語は下手だったと思います。父のために書きますが,父は琉球政府(復帰前は県ではなかったのでそう言っていました)の労働局長,そして沖縄県の総務部長もしました。だから,本土の政府高官の方々とも交渉してきたので,十分に通じる日本語を話せたはずです。もちろんぼくが聞いてもちゃんとした共通語を話していました。
 でも,細かいことをいうと,子どものころから共通語が下手な人の間で育ったので,ハンディがあったと思うのです。

 それがぼくの世代まで影響しています。いや,いまの子どもたちにも。文化的遺伝子ミームが働いているのですから。

 たぶんそれは徐々にしか改善されないでしょうね。 

元旦の新聞
 元旦の新聞はつまらないですね。
 大晦日の夜にもう届いています。新しい記事はほとんどなし。何日も前に印刷したようなものがほとんど。まあ,新聞社の人もお正月は休みにしたいでしょうから。それは分かります。

 きのうの夜中というかきょうというか,1月1日午前1時ごろ沖縄で地震がありました。テレビを観ているとドカーンという感じがしました。

 今朝,新聞を広げて,
「夜の地震のこと,記事になっていないね」とぼく。
「たいして大きくなかったからじゃなにの」と妻。

「きのう届いた新聞に載っているはずないじゃない,とつっこんでくれなければ・・・・」とぼく。

 元旦の新聞はつまらないのですが,テレビ欄だけは見なければ,と思い,沖縄タイムスでテレビ欄を探し始めました。

 元旦の新聞は,5部ほどに分かれています。そして,第1部の1面には目次があります。しかし,それをさがしてもテレビ欄はありません。
「おかしいな」と思い,第1部の最後の面を見てもなし。そして,第1部をすべてめくってもない。
 各部の1面にある目次をそれぞれ見てもない。

 あるとしたら芸能関係の部だろうと思ってめくると,やっと見つかりました。
 ぼくの探し方が下手だったのでしょうか。でも,妻もいっしょにさがしました。ぼくが「変だな」と言っていると寄ってきたので。

 塾に来て琉球新報でテレビ欄をさがすと,第1部の1面目次にちゃんと書いてありました。

 これは,「琉球新報の勝ち!」

 欲を言えば,テレビ欄のページだけを抜き取ることができればいいですね。明日の新聞は休みなので,明日のテレビ欄は取っておきたいので。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.