FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

ほこりがあれば,方言は復活できる
 「頭で翻訳して共通語を話す」に書いた伯父との話には,続きがあります。


 ぼくが,方言を復興させようという動きもあるが,もう無理なのではないだろうか,と伯父に問いかけました。

 伯父の答えです。

 いや,そんなことはない。イスラエルの言葉はいったんは完全になくなったんだ。その言葉を彼らは書物を参考にして完全に復活させた。
 沖縄の言葉はまだまだ完全になくなったわけではない。その気になれば残すことはできるはずだ。

 なるほど,と考えたぼくは次のように発言した。

 言葉に対するほこりなのかもしれませんね。
 ぼくが若いころは沖縄ということで劣等感があった。そして沖縄のものはすべて劣っているものと思っていました。
 今の若い人たちにはそれがまったくないようです。いや,沖縄ということでほこりを持っているようにも感じます。
 言葉でも,変な方言ながら使おうとする傾向もあります。
 そのほこりがあれば方言は残るかもしれませんね。

 伯父の話
 しかし,行政がしっかりと,方言を残すことをしないといけない。学校で週に1時間くらいは方言の時間を設けるなど。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.