FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

2点を通る直線の式
2点を通る直線の式を求めなさい,のような問題はよく出題されます。

 多くは,連立方程式を作って,求めます。

 ぼくは少しちがいます。対応表を作って,それで変化率を求めるのです。その方が楽でなので,生徒にはそれを勧めています。

 例えば,2点をA(2,4),B(4,10)とします。
 次のような対応表を作り,x,yの変化分(増加量)を求めるのです。

taiouhyou.jpg
 そして,変化率=yの変化分/xの変化分 なので

  6/2=3

 この場合,上下が逆になるので注意する必要があります。
 ただ,学校でも,変化率=yの変化分/xの変化分 というのはよく学んでいるので,それを思い出させながら,「分母の方がxの変化分だよ」ということを強調します。(変化分,増加量など言い方はいろいろです。)

 切片は,ふつうに,代入をして求めています。連立方程式のbの求め方と同じです。

 これを「田の字」を使って求めることはできます。しかし,簡単とはいえないので,田の字ではなく,上の方法がいいですね。田の字の本には求め方を紹介しました。 
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.