FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中国の王朝名を覚える
 受験前になると,中国の王朝名も覚えなければ,ということで,念仏のように唱えている子がいます。

 ぼくは,日本との関係で覚えたほうがいいよ,ということで,次のような話をします。

秦・・・この王朝は日本とまったく関係がない。「秦の始皇帝」というのは有名だからそう「秦の始皇帝」を覚えて,「秦」という王朝を覚える。最初の統一王朝だ。

漢・・・「漢書地理誌」に最初に「倭」について書かれている。「漢字」は,「漢」の国の字だから漢だ。

魏・・・統一王朝ではないが,魏を覚える。卑弥呼,邪馬台国のことが書かれているのが「魏志倭人伝」。それを覚えながら王朝名「魏」を覚える。

隋・・・聖徳太子が小野妹子を中国に送ったけど,その使いを何という。そう遣隋使だ。隋への使いだから遣隋使。もう「隋」の名前は覚えたね。

唐・・・平安時代の中国への使いは? 「遣唐使」。これで唐もOK。空海,最澄も遣唐使といっしょに唐に行っている。菅原道真が遣唐使を廃止したのが894年(白紙にもどそう遣唐使)だ。その廃止によって,国風文化が生まれ,ひらがなができ,紫式部の源氏物語,清少納言の枕草子が生まれた。ついでに確認。

宋・・・平清盛が行った中国との貿易は,日宋貿易。日本と宋との貿易だからだ。

元・・・鎌倉時代に中国が日本をおそった事件が元寇。元が攻めてきたから元寇。ついでに,元寇の「寇」は,「外から侵入して害を加える賊」という意味。日本の海賊を「倭寇」というね。

明・・・その倭寇と区別するために発行された勘合符を使った貿易が勘合貿易。それの別名を日明貿易という。足利義満のころ。日本と「明」との貿易だからだ。

清・・・江戸時代,鎖国だが,外国との貿易もあった。2カ国。オランダと清。清の時代は長くて,明治時代の日清戦争のときも清だ。

中華民国・・・孫文の辛亥革命によってうまれた国。もう王朝ではない。日本との間では,日中戦争などが起こったが,教科書では「中国」として扱われているかな。

中華人民共和国・・・現在の中国の正式国名。地理でも学んだね。

 このようにして覚えたら,中国の王朝名もまったく新しく覚える必要はないです。日本との関連で覚えると,日本の何時代のころだということもいっしょに覚えることができます。そして,入試でも日本との関連で出題されることが多いです。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.