FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

0でわる
  0でわることについては以前にも書きました。
 ただ,きのう,おとといの記事の流れから書いてみます。こちらの方が理解しやすいかもしれません。

 馬がいます。脚は1頭につき4本ですね。脚が12本あります。馬は何頭いるでしょう。

 12÷4=3 で3頭ですね。こういうのはわり算をすればいいのです。

 全体量÷1あたり量=いくつ分 ですから。

 では,

 12÷0 というのはどういう場合の式でしょう。

 それは,次のような場合です。

 へびがいます。脚は1匹0本。脚が12本あります。へびは何匹いるでしょう。

 どうですか。へびが何匹集まれば脚は12本になりますか。へびの脚は0なので,100匹集まろうが,1000匹だろうが,世界中のへびを集めても12本になりません。

 だから 12÷0 に答えはないのです。そういう式自体がナンセンスなのです。

 では,0÷0 はどうでしょうか。 

 馬がいます。脚が0本あります。馬は何頭いるでしょう。

 0÷4=0 です。0頭だと脚も0本ですから。

 0は何で割っても0だよ,などと教えています。
 0÷1=0
 0÷10=0
 0÷100=0
 0÷100000000000=0

 だから
 0÷0=0

 でしょうか。考えてみましょう。

 0÷0 というのはどういう場合の式でしょう。

 それは,次のような場合です。

 へびがいます。脚は1匹0本。脚が0本あります。へびは何匹いるでしょう。

 0匹だと脚も0本。 だから0÷0=0 
 正解な気がします。

 でも,でも

 1匹でも脚は0です。0÷0=1 でもいいのです。また,
 2匹でも脚は0です。0÷0=2 でもいいのです。また,
 3匹でも脚は0です。0÷0=3 でもいいのです。また,
 100匹でも脚は0。だから 0÷0=100 でもOK

 要するに,0÷0 の答えは何でもいいのです。1つに決まらないのですね。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.