FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

頭はよくなる・・T親くんのこと
 きょうで県立高校入試は終わります。きのうは,塾での最終の学習。

 きょう受験の科目,数学と社会の学習を行いました。予想模擬問題をまずは自分で解くように指示し,その後解答と説明を行いました。

 数学の問題に少し難しい問題がありました。相似の問題です。ぼくもいろいろ考えながら解きました。

 その後,T親くんがやってきて「ぼくは別のやり方で解いたよ。」と言います。
 「どうやったの?」と問うと,
 こうこうした,とのこと。正しい解き方です。ぼくの解いた方法とはまったく違うのですが,いい解き方でした。よく分かりながら解いています。

 T親くんがセルフ塾に入塾したのは3年前。中学1年のときでした。兄のT希くんが体験学習にやってきたときに,いっしょに体験学習をしました。最初は,入塾のつもりではなかったそうです。しかし,学習法が気に入ったのか,T親くんも入りたいということで,入塾しました。

 とてもまじめな生徒です。こつこつと課題に向かっていました。しかし,はっきりいって切れがありません。分からないところを習いに来たときに教えていてもすーっと理解してはくれないのです。数学や国語の読みとりに苦労しました。読書でも赤線がうまく引けず,間違い直しにぼくのところによく来ました。

 ただ,先にもふれましたが,まじめです。毎日課題に集中してやっていました。兄のTT希くんもまじめで遅くまで課題をやっていました。兄が終わるまでの間,T親くんは翌日以降の課題をやっていました。セルフ塾はセルフラーニングなので,その日の課題が終わったらその後の課題をやっていてもかまわないのです。
 だから,T親くんには,ストックがたくさんありました。難しい問題に出合っても大丈夫。前日までにその日の課題は終わっているので,時間が来たらさっさとそれを出して帰ることができます。だから,来た日の課題のこなしはパーフェクトでした。

 とにかくこつこつとがんばっていました。

 そして,そのうちに理解力がよくなったように感じるようになりました。頭がよくなったのですね。説明をしてもすーっと理解してくれます。口数の少ない子なので,その場ではどうという反応はないのですが,問題を解けるようになってきたのです。

 セルフ塾作成の学習書を終わり,入試向けに問題集を始めました。セルフ塾の教材は一歩一歩上るような感じの本ですが,問題集はそうはいきません。何が出てくるか分からないのです。それでもT親くんはよく解いていました。分からなくて習いにやってきても,よくよく考えたなあと感心するほど書き込みがされていました。そして,それが的を射たものです。よく理解しながらやっていることが伝わってきました。

 生徒がぼくに「頭がよくなりたい」と言ってくることがあります。

「頭のよくなる方法を教えてあげようか」
「うん,教えて」
「それは頭をよく使うこと。勉強することだよ」
 生徒は,なあんだという反応。もっと簡単に頭がよくなる方法を教えてもらいたのでしょう。

 運動をして体をきたえたら,筋肉がついて力が強くなるでしょう。頭もそれと同じだよ。頭は使えば使うほどよくなるんだよ。だから,せっせと勉強すること。

 そのことをT親くんは立派に証明してくれていると思います。

 T親くんと似た例として,Y里乃さん,M友里さんの顔も浮かびます。こつこつとやっているうちに,気が付くと,この子頭よくなったなあ,と思うのですね。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.