FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

N宗根一樹くん,大学編入
kazuki.jpg
 セルフ塾卒業生のN宗根一樹くんが,大学編入することになっとと報告に来ました。

 一樹くんは,沖縄工業高等専門学校の1期生。卒研も終わって,もうすぐ卒業だそうです。そして,もうすでに,長岡技術科学大学材料開発工学課程3年への編入が決まっているとのことです。成績優秀で,授業料免除で,奨学金ももらえるとのこと。

 2時間ほど,ゆっくりとおしゃべりをしました。
 高専に進んだことに後悔はないが,進路がせばまることは確かだ。
 大学院まで進むことになるだろう。
 雪の多いところで,楽しみと不安。
 三角関数など,実際に使う中で理解が深まった。
 沖縄を飛び出して,一度は本土で生活するのはいいことだ。

 などなど。その他同期生の近況なども。
(メモしたわけではないので,内容はてきとうに)

 卒業生ががんばっているのでうれしいです。
スポンサーサイト




S袋和美さんのこと・・・主婦,高校卒業,大学進学
 S袋和美さんのことを書きます。

 ぼくと同じ年齢だそうです。主婦で子どもは2人。2人ともセルフ塾の卒業生で,もう立派な大人になっています。長男は以前学習援助者をやってもらいましたし,長女は現在学習援助者をやってもらっています。

 和美さんは,家庭の事情で,高校を中退しました。そして,結婚し,子どもができ,子育てに励みました。自分が高校中退ということもあってか,教育熱心でした。

 その和美さんが今年県立泊高校を無事卒業しました。卒業式では,みんなの前で答辞を読んだそうです。自分の言葉で自分の気持ちを素直に書きつづったそうで,それがよかったということで,校長先生も涙していて彼女にお礼を言っていたということです。

 妻のKyokoとは友達関係です。子どもたちに勉強を教えていたことがきっかけです。

 先日,和美さんが菓子を持って,無事卒業できた報告に自宅にやってきました。泊高校に行ってよかった。そこに行くようになったのは,セルフ塾のおかげだと感謝されたとのことです。

 和美さんが泊高校に入学したのは3年前です。その1年近く前に高校に進学したい旨をKyokoにもうち明け,相談に乗ったのです。そして,話すなかでセルフ塾で中学の勉強をやってみようということになりました。

 高校を中退してもう30数年もたっているので,勉強に自信をなくしていたのですね。しかし,高校は卒業したいという気持ちは強く,子育ても終わって子どもたちも自立し始めたので,行きたいという気持ちが出てきたようです。

 それで,彼女のセルフ塾通いが始まりました。午前中です。午前の10時すぎに来て,英語と数学をやりました。午前のチェック係もいます。チェック係も主婦なので気楽に楽しそうにやっていました。

 ぼくは,コンピュータで教材を作りながら質問を受ける態勢にいました。しかし,ぼくには質問に来ずに,チェック係りに教えてもらうのがほとんど。ぼくは怖かったのでしょう。

 とにかくそのようにしながら勉強を進めていきました。
 そして,泊高校に無事合格,高校生としての生活が始まったのです。

 入学後はいろいろ楽しみながら学園生活を送ったようです。泊高校はいろんな人を受け入れる学校で,主婦もかなりいたそうです。ときどき妻がその状況を聞いてきては話してくれました。

 勉強からずいぶん離れていた和美さんが高校に進むことに不安を覚えていたが,セルフ塾に通って勉強を進めるうちに,少しずつでも自信を持てるようになったのはうそではないと思います。
 自分の子どもたちも通った友人の塾に通うということで通いやすかったでしょう。また,中学生にまじってというとやりにくかったかもしれませんが,午前のうちの学習も気が楽だったと思います。

 セルフラーニングなので,特に一人のために授業を行うわけではありません。テキストを与えて自分で学習を進めていくだけです。

 ぼくはコンピュータに向かっていただけです。チェック係りは一人分多くチェックをしただけです。といってもつまずいたところは教えてくれていました。

 それでも,そのようなことで手伝うことができてうれしく思っています。ぼくにとっては大変なことをしてあげたつもりはないのですが,彼女にとっては大きかったのだろうと思います。

 その和美さん。この4月からは沖縄国際大学の学生になります。大学への進学が決まっているのです。大学でもがんばってくれることを期待しています。

 *  *  *  *  *  *  *  *  * 

 以上のことをKyokoを遣いに出して,和美さんに読んでもらいました。ブログとセルフニュースに載せたいので了解を得るためです。載せることを快諾してくれました。

 そして,次のように話してくれました。

 高校に行こうと考えたのはセルフ塾で漢字検定を受けたのがきっかけです。
 私は,書道をしています。長い間やっているので,段も上がりました。難しい漢字も書くようになりました。しかし,自分が書いている字の読めないのです。手本をまねてきれいには書けるのですが,意味も分からない。
 それで漢字の勉強をしたいと思いました。

 セルフ塾で漢字検定を受けることができると聞き,7級から受験しました。そして3級まで進みました。何度も失敗をしました。しかし,やっと3級までやってきました。

 そして3級になって気づいたのです。私の引き出しの中にはこれ以上の知識はまったくないのだということを。だから引き出しようがないのです。

 もっと学びたいという気持ちがそのときに生まれました。

 そしてセルフ塾で学ぶことになったのです。

 Kunikoさんにはとてもお世話になりました。生協でいっしょなので仲良しです。私の方が年上なので教えにくかったかもしれません。でも,ていねいに分かりやすく教えてくれました。Kunikoさんにはとても感謝しています。(Kunikoさんは,セルフ塾の学習援助者です)

Yoji さんはよくみていますね。Yojiさんは怖くて習いに行けなかったです。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.