FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中3生のみたセルフ塾の教材(健伍・葉・彩香・太瑞樹)

中3生のみたセルフ塾の教材の5回目,最終です。



英語はbe動詞の意味など基本的な事も全くわからなかった
T山 健伍  

 僕は、セルフ塾の教材の中で英語の教材は分かりやすくてとてもいいと思います。僕は、セルフ塾に入るまで、英語はbe動詞の意味など基本的な事も全くわかりませんでした。しかし、1年間セルフ塾で勉強をして、英語が得意とまではいきませんが、とても点数もあがりました

 この英語の教材のいい所は、まず基本がしっかりと身につくようにできていて、そのうえ応用などもありとても頭に入ります。それにわからない所は、先生方に聞いて教えてくれます。

 それは全部の教科で言えます。英語のほかにもセルフ塾には、色々な教材があります。
すべてが自主学習で、とても頭に入りいいと思います。この教材はぜひともおススメします。



一般動詞とbe動詞の区別を教えてくれた,セルフ塾の英語教材
C花 葉  

 セルフ塾はとてもすばらしい物がいっぱいありました。とくに私は、英語と数学の教材がすごいと思います。

 私は、塾に入る前は英語と数学はまったくできませんでした。とくに英語は一般動詞とbe動詞の区別がつきませんでした。そんな時、私に区別の仕方を教えてくれたのはセルフ塾の英語の教材です。2年生になって入ったのに、英語は1年生からだったので、初めから英語をやり直す事ができました。そのおかげで、今ではキライだった英語が得意な教科になりました。

 数学は、教材のおかげで理解できるようになったけど、まだ少し苦手です。でも、数学もセルフ塾の教材のおかげでここまで理解してくる事ができたので、セルフ塾の教材、それを作ってくれた庸次さんに感謝してます。



授業でもすらすら問題が解けるし、先生にほめられる
H嘉 彩香  

 セルフ塾の教材、とくに私がとくにいいと思うのは、英語です。なぜかというと、セルフ塾の英語の教材は、1年から3年生までの基本がキレイに学べるし、読むだけで、ちゃんと意味がわかるのでとても役に立ちます。

 私は中学2年生でセルフ塾に入塾しましたが、英語だけが1年生からでした。初めは、「にりー。」とか思っていたけど、いざやってみると基本が自然に身につき、単語もいつのまにかたくさん覚えていました。そのおかげで、単語の並べ方がわかり、テストの点数がだんだんと上がりました。

 授業でもすらすら問題が解けるし、先生にほめられるなど、キライだった英語が得意になりました。それもこれも全部セルフ塾のおかげだと思います。

 だから私は、セルフ塾の教材に感謝しています。


ちゃんと頭に入ってくれる
M城 太瑞樹  

 僕が、セルフ塾の教材の中で1番いいと思ったものは、数学です。セルフ塾の数学はとてもわかりやすく、とても頭に入りやすいです。

 その理由は、直接練習の問題などがあるわけではなく、問題の解き方の説明があり、直接練習問題ばかりやらされるよりも頭にはいりやすいです。

 それと、この教科は1日のページ数が少なめで、無理なくしっかり学習する事ができます。

 勉強をするうえで、ちゃんと頭に入ってくれるということはとても必要なことで、とても大切だと思います。

 そのように、セルフ塾の教材はわかりやすく、数学はその中でも1番頭にはいりやすく,成績がよくなるので、セルフ塾の数学はみんなに薦めたいです。
スポンサーサイト




1度に2つのことをするな
 すりは,改札口で切符を買うときをねらうというのをテレビで見たことがあります。
 人間というのは,一度に二つのことに注意を集中することができないからだそうです。
 切符を買うという動作を行っているときには,すりのことなど考えもしないのでしょう。ポケットに手をつっこまれても気が付かないのでしょうね。

 さて,1度に2つのことをするな,ということをぼくはよく生徒に言います。

 算数,数学の問題を解いているときです。

 1(2/5)÷1(3/4)の計算です。
{1(2/5)は帯分数で,1と5分の2を表しています。}

 この計算では,まず,帯分数を仮分数に直します。そして,分数のわり算ですから,分母と分子をひっくりかえしてかけ算にします。つまり,わり算を逆数のかけ算に直します。

 この,(1)帯分数を仮分数に,(2)わり算を逆数のかけ算に
 という2つのことを1度にやる生徒が少なくありません。そして,間違えるのです。
 間違えたら,習いにきます。計算課程が書かれているので,そこを1度にやっているのがすぐに分かります。

 「だから,1度に2つのことをするな,って言っているではないか」と,叱るのですね。

 数学では,手を抜いてもいいところと抜いてはいけないところがあります。こういうところは手を抜いてはいけません。何度も繰り返すうちに身に付くものでしょう。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.