FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

中3生の見たセルフ塾の学習法(3)(祥子・葉・宙・和彦
ちょっとしたヒントで、分からない所も、理解 S久本 祥子  

 私はセルフ塾の学習援助者に、分からない所は聞きに行くというやり方は、良い考えだと思います。セルフ塾は自分で勉強を進めていくので私の場合、難しい所や解き方を忘れてしまってっ出来ない所にぶち当たると、中々先へ進めません。そんな時に、京子さんや庸次さん、学習援助の方に、求め方だったりちょっとしたヒントを教えてもらうと、分からない所でも、少しずつ理解できてくるのでとてもありがたいです。

 でも、質問予約表に名前が書かれている順に名前が呼ばれるので、自分で全部解けるだろうと高を括って予約表に名前を書かないでいる時にかぎってどうしても解けない所にぶつかったりするので、塾に来たら、まず名前を書きに行かないと後から困ると思います。


習いたい所だけ一対一で習える   C花 葉  

 セルフ塾では、自分で考え分からなければ質問表に名前を書いて、教えてもらうという勉強方法です。私はまさに『セルフ』だと思いました。私はこの勉強方法が大好きです。

 私は授業制でおこなうのは、嫌いです。自分が習いたいところは習えないし、授業についていけなくなったりするからです。でも、セルフ塾は習いたい所だけ習える、また一対一で習えるから理解するまで習えるのがよかったです。私のように、理解できないままで、次に進んでしまう人にはいいと思います。

 また英語は、何年生から入っても、一年生からやるので基礎基本ができなかった私にとって、とてもいい事でした。そのおかげで、セルフ塾に入ってからは成績も上がり、苦手だった教科もだんだんと好きになってきました。セルフ塾の学習方法は、とても私にピッタリでした。


自己学習は決っして楽ではないが,勉強に集中できる   K友名 宙 

 セルフ塾の学習でまず思ったのは自己学習です。

 セルフ塾の自己学習は全員を一回で教えるのではなく、教わる順番がくるまで、自分で今日のノルマをこなし、自分の番に来たらどの教科でも教えてくれます。しかし自己学習というのは決っして楽ではなく友達ともしゃべれません。しかしその分確実に集中できて勉強できるのが自己学習制のいい所です。また学習援助者の方々は、五教科すべてをわかるまでていねいに教えてくれて、とても助かります。

 セルフ塾の学習は毎日あり,大変じゃないとはいえませんが、集中力や問題を問く方法を教えてくれます。


5ポイント休暇は,ユーモラスな一石二鳥の学習方法    K 和彦  

 セルフ塾の学習方法は、他の塾とはちょっと違うのがあります。

 一つ目は,「自己学習」です。普通他の塾ならみんな一斉に授業みたいな感じで学習すると思うんですけど、セルフ塾では「自分で学習する」をモットーにしているので、自分で集中しながら問題に入れるのでとてもやりやすかったです。

 次は「5ポイント休暇」です。セルフ塾では、5日間連続で、ノルマをクリアしたら1ポイント、それを5週間達成したら5ポイントもらえて、そのポイントで、休みがとれると言う、ユーモラスな学習方法があります。これは、休みもとれるし、勉強もしっかりできて、一石二鳥だと僕は思いました。今まで、本当にありがとうございました。
スポンサーサイト




進行(現在)分詞は,もう動詞ではないよ
  単純な文で説明します。

 「彼は勉強しています」を英訳すると

 He studying. としてしまう子がいます。

 その子は,ing がつくことで,「~している」という意味になることは理解しています。

 だから,彼は勉強している は,He studying. で十分だろうと思うのでしょうね。

 ぼくはそういう生徒には,次のように教えます。

 studying のようにing がつくと,もう動詞ではなくなるんだよ。だから,この文( He studying. )には,(述語)動詞がないんだ。では,どうする?」

 すると,be動詞を入れたらいい,と気づくようです。

 ing がつくと,動詞の意味は残るが働きとしては形容詞になるのです。動詞と形容詞に分かれる詞だから,「分詞」と呼ぶのです。

 英語の文には述語動詞が必ず一つは必要だということも強調します。

 そして,ingは,もう動詞ではないから He studying. ではいけないよ,というように持ってくると,生徒は理解してくれます。
 なお,理解はしてもすぐに身に付くわけではありません。その後も何度か間違いを繰り返しますが。

 それだけでbe動詞が出てこない子には

 studying の意味は「勉強しているところ」だ。
 「彼は勉強している」は,「彼は勉強しているところです」と考える。
 「彼は」は he, 「勉強しているところ」は studying ,じゃあー,この「です」はどうする?

 ここまできたら教えすぎかもしれませんね。

 なお,ぼくが,現在分詞ではなく,進行分詞と呼んでいる理由は次のページにあります。

 現在分詞・能動分詞・進行分詞
 
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.