FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

通分の導入(タイルを使って)
 約分の意味については,前に書きました。

 きょうは,通分の導入を書きます。タイルってこんなに便利だというのを知ってもらいたいです。

 まず,1/3 と 1/2 は,どちらが大きいでしょう,という質問をします。

 数字だけを見ると,3の方が2より大きいので,1/3 が大きいという子が少なくないです。

 タイルで表すとすぐに分かります。これを見せると
yakubun.jpg

 全員が 1/2の方が大きい,と答えます。

 次に,では,1/2は1/3より,どれだけ大きいですか,という質問にはまず答えられませんね。どこかですでに習っている場合はのぞきます。

 そこで,1/2のタイルに縦線を2本ずついれ(3つにわけ),3/6にします。線を入れただけですから,大きさは変わりません。

 次に1/3のタイルには縦線を1本ずつ入れ(2つに分ける),2/6にします。
yakubun2_20090505105322.jpg


 これで,1/2は3/6に,1/3は2/6になりました。

 3/6と2/6だと,1/6だけ3/6が大きいことが一目瞭然です。子どもたちも納得です。
 要するに通分すると大きさの違いがよく分かるよ,ということですね。

 タイルのすごさ分かったでしょうか。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.