FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

真喜屋滝,沢のぼり,沖縄の秘境
 きょうは,Hよしひろくんが沖縄の秘境に連れていくということなので,ついていきました。数人に呼びかけたのですが,結局集まったのはぼくら夫婦とよしひろくんの3人だけ。

9時04分 セルフ塾を出発。ぼくの運転で。
 沖縄は梅雨入りして,雨が多くなっています。天気予報では,きょうは雨。朝方かなりの大雨がふったので,心配していましたが,出発のとき雨はあがり,曇り空。

10時23分 名護市仲尾次の部落から山(多野岳)に入り,しばらく上ったところで降りて,歩き始める。
歩き始め
多野岳案内板


10時34分 橋を渡る。けっこう立派な橋だ。観光地化をねらったのだろう,しばらくそのような感じで続く。
橋


10時47分 普久滝(真喜屋滝)で,写真を撮す。川の名前は知らない。
普久滝

10時48分 滝から少しもどり,道でないところを歩く。かなり激しいところ。
沢上り
2番目の滝に到着。滝の名前は知らない。
2番目の滝


10時58分 沢を上る。大きな岩が続く。今朝の雨のせいもあり,滑りやすい。滑らないように気をつけながら歩く。大変なところだ。
善弘に助けられて

60歳をすきたTさんもさそったのだが,参加しなくてよかったと思うほど大変なところだ。Kyokoはまだいいが,他の女性だと無理だろう。Mさんの奥さんもさそったが参加しなくてよかった。
崖上り


11時29分 Kyokoはよしひろに助けられながら上る。
沢を歩く


 水道もひいている。
水道橋


12時11分 3番目の滝 小さな滝だが1つの岩をけずりながら落ちてくる。記念写真。
3番目の滝


12時33分 山の道へ上っていく。まったく道らしいところがない。よしひろくんは「沖縄の秘境」とは言っていたが,こんなに大変なところだとは思わなかった。沖縄にもこんなところがあるのかと感心した。もっと楽なところだと安易に考えていた。でも,いいところを紹介してくれて感謝している。
道はない


12時54分 しばらく歩きやすい道。上の方に水道のための施設があったがそれを作るために作った道かもしれない。しだが茂っている。そこを下っていく。
シダの道


12時55分 こけ。きれいに広がっている。

1時07分 アスファルトの車道に出る。
1時11分車に乗る。歩き始めてから2時間48分かかった。雨ですべりやすいためにゆっくりゆっくりした。

2時ごろ,今帰仁に入り道沿いの食堂「くろちゃん」で昼食。ソーキそばを食べる。
ソーキそば


2時30分から3持30分 読谷村の知人Shinyuさんを訪ねる。Shinyuさんは今帰仁城址近くのハーブという山菜レストランのそばにある療養施設で療養中。心臓が悪いとのこと。しかし,ここでの食事療法などでとてもよくなったとのこと。確かに顔色もよく天気そう。からすの話などで盛り上がる。
真勇さん


 本部富士です。
本部富士


 途中すいかなどを買う。そして,5時ごろ,塾に到着。

 

大きな地図で見る
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.