FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

並行に走っているとき,どこを目標にパスする?
自転している地球上でジャンプしても,なぜ同じところに落ちる? のつづきです。

 生徒たちに向かって話します。

 バスケットボールやサッカーをしているとしよう。あなたがボールをキープしている。Aくんにボールをパスしようと決めた。Aくんが走る。すると,ボールをどこに投げる(蹴る)かというと,Aくんが走るのとボールが進むのを計算して,ちょうどそれがあうところに投げるだろう。Aくんがまだいないところに向かって投げる。ボールが届くときには,そこまで走っているだろうところに。そうだね。
(図に描くと簡単ですが,言葉だけだと難しいですね。

  (Aくん現在地)○ Aくんが走る→→→→→×(ここを目標に投げる)



  あなたがいる場所


 さて,次。
 あなたとAくんが並行に走っている。2人同じ速さで同じ向きに。あなたはAくんにパスをする。どこを目標にパスする? さっきと同じように,Aくんがボールを受け取る地点に向かって投げるの?

  (Aくんの現在地)○ Aくんが走る→→→→→×




  (あなたの現在地)□ あなたが走る→→→→→


 いつもやっていることですが,そう問われて戸惑うようです。

 そういうときはね,Aくんの現在地に向けてパスしているんだよ。上の図で○に向かって。
 同じように走っているから,ボールもあなたといっしょに動いている。いまいるAくんに向かって投げると,ボールも前に進んで,Aくんが走っていくところにボールも行くんだ。

 これも慣性だよ。あなたたちは慣性を頭では知らなくても自然に利用しているんだよ。
スポンサーサイト




「わかる解けるできる中学数学」の欠点は「校正ミス」が多いこと
 まきまきさんから,コメントをいただきました。

 こんにちは。ウチの塾での始まりの言葉は「沖縄問題集の宿題でわからない所ない?」です^^
 コメントの通り重たいのが子供達には不評です。英数2冊ですから。
 ただ、それをやり遂げた時、あの分厚い問題集を見て「こんな厚いのよくやったなぁ~」って皆感動しています。

 わたしからの注文とすれば、訂正がかなり多いこと。あと、数学の解答が冊子で取り外せたら嬉しいです。いつもカッターで切り取っています^^;

 中身については言うことなし!!
 子ども達はあのすごい目次に腰引けてますが・・・。(英語)
 ただ、子ども達にもとてもわかりやすいと好評です!

 小学生の問題集での田の字はとてもいいですね!
 ただ、こちらも分厚いため、図形書いたりしにくいようです。
 また、分厚いので小学生の小さい力では上手く開けずに、バタンとすぐ閉じてしまうことが多いようです。

 ま、でも中身はいつも素晴らしいと思っています。
 今後出される本があればとても期待しています。
 では、暑い折ご自愛下さい



(Yojiから)
 まきまきさん,コメントありがとうございます。

 間違いが多いのはとてもとても大きな欠点です。校正が甘かったなあと,猛省しています。申し訳ありません。これに関してはどんな申し開きもできません。

 解答が別冊になっていないことに関して,
 ぼくは出版社には,別冊にして欲しいと申し入れはしたのです。。でもコストの面で無理だと言われました。本代もできるだけ安くするように交渉していたので,それ以上は言えませんでした。
 別冊になっていたらどんなにいいかとぼくも思っています。妻が苦労して切り離しています。

 分厚いことは,確かに欠点ではありますが,まきまきさんの書かれているように,やり遂げたときの達成感は格別なようです。昨夜も,中学3年生の男の子が英語をすべて終わりました。
 「終わったか。よくがんばったね」と握手すると,
 「小学6年のときからやっていたからね」とにっこりしていました。

 分厚いために図形を描くのには苦労しています。ぼくも同じです。別の本を下に敷いて水平にしたりはしているのですが,大きな欠点ですね。

 小学算数に関しては,2年から6年まで一応できあがっているので,出版を検討しています。教科書が変わりますね。それがはっきりしてからその新指導要領に合致したものを出したいと思っています。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.