FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

10月17日(土) セルフ塾で「英検」受検
 以下のように,セルフ塾を会場として,「2009年度第2回英検」を実施します。多くの方の受検を希望します。セルフ塾は英検の準会場として登録されていて,今回は,セルフ塾を会場としての5回目の英検です。

 受検希望者は,検定料を持参し,申込用紙に必要事項を記入して,申し込んでください。申込用紙はセルフ塾にあります。希望級など,相談に応じます。お気軽にお尋ねください。

申込受付締切:
第1次締切 9月24日(木)午後11時
最終締切  9月25日(金)午後11時
{インターネットによる協会締切が9月25日(金)午後12時(深夜)になっています。セルフ塾での最終受付締切から1時間しかありません。なにか事故があった場合には申し込めないこともありえます。できるだけ第1次締切までに申し込むようにしてください。}


一次試験 10月17日(土)  会場 セルフ塾学習室

級 集合時間 終了予定時間
2級 13:00 15:15
準2級 10:30 12:35
3級 13:00 14:40
4級 10:30 12:05
5級 13:00 14:20

検定料
2級  3,900円
準2級 3,400円
3級  2,300円
4級  1,300円
5級  1,200円

● 税込みです。納入された検定料は返金できません。また、次回以降への充当もできません。
スポンサーサイト




8月皆出席54.3%
8月は、19人の生徒が皆出席でした。19人は、在籍35人中の54.3%にあたります。

 7月は、22人、61.1%だったので、3人6.8ポイント下回りました。

 学年別にみると、他の学年は7月とそう変わらないのですが、3年生が6人から3人と半減しています。3年生の皆出席の減少分がが全体に影響しています。

 毎年8月は夏休みで低くなります。去年は10人しかいなかったのに比べるとよくがんばっていると思います。

 新型インフルエンザもいまからです。健康に気をつけて9月はアップすることを期待しています。

(小学部)

4年(1人/1人) N嘉山 蓮

5年(3人/7人) I嶺 佳子・H元 理子・H嘉 彩里

6年(4人/1人) Y良 記咲

(中学部)

1年(4人/8人) I波 彩佳・O原 美和・K吉 明日香・S吉 孝大

2年(4人/9人) O原 千佳・N宗根 幸宏・波平 萌子・H嘉 貫太

3年(3人/9人) I波 綾香・M城 亮太・O城 加奈子

人間には質に違いがある
 ぼくは、高専に進学志望の生徒に対して、普通高校の方がいいのではないかとよく話をします。高専はすばらしいところです。高専に進んでよかった生徒はたくさんいます。

 それでも、なぜ高専志望の子にも普通高校を勧めるかと言えば、人間には質に違いがあるからです。

 サヴァン症候群の子は極端ですが、多くの人はあれの薄まったような感じでだと思っています。つまり、数学の得意な子がいるし、美術の得意な子がいる。文学の得意な子もいる。いろいろです。

 食べ物に好き嫌いがあるように、職業にも好き嫌いがあります。

 Aくんにとっては高専はいいかもしれないが、Bくんは文学に進んだ方が、もっと力を発揮できるかもしれないということです。だれにとっても高専がいいというものではないのではないか、と思うのです。

 それぞれの子にとってふさわしい人生の道があるのではないか、それを見つけて欲しい。
 自分の性格、能力、好き嫌い、そして、世の中にはどのような学問があり、どのような職業があるのか、それを知って自分の人生を考えて欲しいのです。

 そのためには、中学卒業のころにどの道を選ぶか決めるのは難しいと思うのです。それをあと3年間延長してもっとゆっくり、自分探しをした方がいいのではないか。

 そう思って高専に行く子に、普通高校を勧めています。

 高専に進んだ子の話を聞くこともあります。自分は高専に進んだことを後悔はしていない、しかし、弟や妹に高専を勧めたくはない、と言っていました。



 以上は、ぼくが管理しているmixiの「セルフラーニング」コミュに書き込んだコメントに少々手を加えたものです。

http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=46242060&comm_id=1037793  

 関連
進路指導「普通高校 or 職業高校」

2点を通る直線の式もエクセルで
 きのうは、連立方程式の解の公式を導き、それをエクセルで計算できる方法を紹介しました。

 昨夜、中学2年生に数学を教えているときに、懸命に2点を通る直線の式を導いていました。あれもけっこう面倒です。

 それをみて、これもエクセルでできるな、と思って、生徒が帰ってかれ、鉛筆を走らせました。

 2点をA(x1,y1)、B(x2,y2)とします。

 変化の割合は、
 (y2-y1)/(x2-x1)です。

 初期値をbとすると、

 y=(y2-y1)x/(x2-x1)+b

 A(x1,y1)を代入すると
 y1=(y2-y1)x1/(x2-x1)+b

 bについて解くと
 b=(x2y1-x1y2)/(x2-x1)

 よって、求める直線の式は、

 y=(y2-y1)x/(x2-x1)
    +(x2y1-x1y2)/(x2-x1)

 これを使って、エクセルで計算できるようにしました。

 Aの座標とBの座標を入力すると、直線の式は一発で出てきます。約分はできませんが、整数、小数の式もできます。

 次のエクセルで1次関数の式をクリックしてダウンロードしてください。

 黄色のセルに、座標を入力してください。
 下の青のところに、関数の式が出てきます。
 分数と整数(小数)の2種類がでます。

 エクセルで1次関数の式
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.