FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

読まず嫌い
 「シェイクスピア物語,おもしろいね」
 シェイクスピア物語を読み終えたM子さんが笑顔で言いました。



 あのM子さんが,と思うと少しおかしくなります。

 はっきりした性格のM子さんは「読書は嫌い」と公言してはばからなかったのです。
 小学4年のときからセルフ塾にいます(たぶん)。小学生のころから読書を避けていました。

 学年トップの席次をもらったこともある子です。学力は高いです。でも,読書は嫌いだったのです。

 しかし,セルフ塾にはノルマとして読書があります。嫌いであっても読まなければいけません。M子さんもしかたないので読んでいたのでしょうね。
 そして,しばらく「読書はきらい」という言葉も聞かなくなっていました。

 そして,先日「シェイクスピア物語はおもしろいね」という言葉が発せられたのです。
 読書がおもしろいとはまだ思っていないかもしれません。しかし,少なくともおもしろい本というのはあるんだということは感じたのでしょうね。

 「食わず嫌い」というのがあります。「食べたことがなく、味もわからないのに嫌いだと決め込むこと。また、その人」ですね。

 ぼくの飲み友だちShueiさんはピーマンが大嫌いです。つまみに出された野菜炒めにピーマンが入っていると,細かいものまで一つひとつよりわけています。

 嫌いだと思うと,もう食べません。食べないから食べられるようになるはずがありません。

 読書はもっとひどいでしょうね。読書はおもしろくない,と思いこんだら,読書をしようとは思わないでしょう。ただでさえ読書は面倒です。長い時間,本とにらめっこをしなければいけません。それに比べると嫌いなピーマンと一口,口に入れるのは楽なことです。

 とにかく,食べなければ食わず嫌いは直りません。読まなければ読まず嫌いは直りません。

 前に,NHKのためしてガッテンで,高所恐怖症をやっていました。高いところが怖いと思って,高いところを避け続けていたらそのまま恐怖症のままです。たいていは,高いところに上ると怖いものですから,すぐに下りてくる。何度やってもすぐに下りてきたら高所恐怖症のままです。
 でも,怖くても高いところにしばらくそのままいるようにすると,高いところが平気になるそうです。
 ぼくも高所恐怖症です。まだ試したことはないのですが。

NHKためしてガッテン「誰も教えてくれなかった!高所恐怖症のナゾ
2007年12月12日放送

 セルフ塾では,嫌いな子にも強制的に読書をさせます。
 無理に食べさせられたために,もっと嫌いになる食わず嫌いはいるでしょう。
 無理に読ませられたために,もっと嫌いになる読まず嫌いはいるでしょうね。

 そうなったら残念ではあるのですが,まあしかたないかと思います。読まず嫌いの子は,セルフ塾で読むようにならなければ,たぶんそのまま読まず嫌いのままでしょう。
 しかし,中には読まず嫌いが直る子がいるのですね。M子さんのように。ぼくはそういう子は少なくないと思っています。だから,そういう子のためにも読書をさせ続けていきたいと思っています。

 読書はとにかく大切なものなのです。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.