FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

「Yojiさんのところが落ち着く」
 小学生の部は,比較的少人数です。だから,分からないところがあると,すぐに来て習うことができます。

 それはいいのですが,ぼくの机の上で問題を解き続けようとする子が少なくありません。ぼくに教えてもらうというのではなく,自分で説明を読んで自分で解いているのです。自分の机でもできる作業です。

 先日も,K咲さんとK子さんが算数の問題を解いていました。

「自分の机でやってきたらいいのに。その方が,落ち着いてできるんじゃないか。ぼくなら,先生の前で問題を解いたら,緊張していやだと思うな」と言うと,

「Yojiさんの前の方が落ち着いてできるよ」とK咲さんから返ってきました。K子さんも,そうだそうだ,と同調します。

 ぼくの前が落ち着くと言われたら,悪い気はしませんね。
 でも,別の子が習いに来たので,
「さあ,じゃまだから自分の席にもどって」と言うと,しぶしぶ戻っていきました。
スポンサーサイト




フレネ教育と「自由」
 mixi「セルフラーニング」に書き込んだコメントです。

フレネ教育を語り合う


 フレネ教育における「自由」について,「子どもをのばす自由教室」のp127~p131にかけて,あちこち抜粋します。

 私は彼がこの学校に、どんな期待を寄せて、子どもを学ばせているのか聞いてみた。
 彼は「息子をここで学ばせてもらえなかったら、こんなふうに人の前で、話せるようにならなかったでしょう。ここでは子どもたちが自由で、先生の教育が子どもを開花させてくれるのです。それに学校の自然環境もいいし。」という。

  そばできいていたカルメン先生が、つけ加えた。「自由なだけではないのです。フレネ学校は、子どもを野放しにするという人がいますが、子どもの教育活動が組織化されていて、規律があるから、一人ひとりが自分を開花させることができるのです。」と。

(中略)

 「フレネ学校ではやることなすこと、すべて子どもの興味あることばかりです。子どもが好きなことばかりやる学校です。」
もう五十の坂をとっくに過ぎたマダム・スュネは、そういいながら、ほこりだらけの子ども のザックを取り出してきた。

(中略)

 そこにスュネさんが入ってきた。彼はいきなり、「やあ、セレスタン・フレネは賢い人だった。やさしい暖かい人でしたよ。」という。私ははじめ、大げさにものをいう人だと思ったが、きいていて、それがもっとも当を得た表現だということがわかってきた。

 彼は、フレネの教育の中で大切なことは、子どもが自由に、自分の考えを表現できるようにすることだという。子どもたちが自分の好きな勉強にとりくんで、自分で表現するようにしむける、そのために、フレネは、教室に印刷器を置いていた。さらに、フレネは子どもたち一人ひとりがもっている、よい面をすべてひき出すために、子どもたちに庭師とか、電気技師とか、昆虫採集家などの免許状を与えていたという。ほかの学校では評価の対象にもならないことを、フレネは人間にとって大切なものとして重視した。おそらくこのこともあってであろう。学校にはよく専門家を呼んできた。フレネには教育を学校の中だけでするとか、教師だけでするという考えはなかったというのである。

 

 「自由」を与える,「自由」を重視する,しかし,それは「放任」ではないですよ,ということです。

 それはよく分かります。ぼくも「自由」はいいが「放任」はいけないと思います。

 「自由」と「放任」はまったくちがうものでしょうが,その境界はとてもあいまいです。それをどこで分けるか,が問題。

 ぼくの読んだ本では,そこのところがよく理解できませんでした。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.