FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英検2次合格おめでとう
 財団法人日本英語検定協会のサイトで、2009年度第2回検定二次試験の「合否結果閲覧」が開始された旨のメールが届きました。
 さっそくのぞいていたしました。
 セルフ塾で受検した3人は見事に全員合格です。おめでとうございます。
 合格者は次の通りです。

準2級  T山Y貴
3級  C花Y太・M城R太
スポンサーサイト




蛇(ハブ?)現る
 昨日,久しぶりに蛇と出合いました。ハブかもしれません。懐中電灯は持っていましたが,暗闇の中。首のところが細くなっているのは確認しましたが,頭はそれほど三角形ではないように思いました。縞模様は見えますが,色ははっきりしません。体長は1,5mくらいでしょうか。
 カメラを持っていなくて残念。

 ハブは,首が細くて頭が三角形になっています。縞模様で緑色なのが普通です。

 沖縄県では,ハブ咬傷注意報発令中だと放送されていたように思います。

 夜中の11時ごろ。昨日は休みだったので,いつもより少し早めに,塾を出発。スロージョギングをしながら,ねこのよし子を捜しに出かけました。食事時にいなかったのです。よくわることです。
 昨夜は雨がふったりやんだり。急に大振りになることもあります。傘を持って,塾の裏の農道に。走り出す前に傘を道の端に置きました。

「よし子!よし子」と呼んでもすぐには出てきません。10秒ほど走ると「ミャー」とよし子の鳴き声が聞こえました。

 あっ,よし子だと思い,「よし子」と声をかけました。よし子もゆっくりかけてやってきます。
 ねこは自分の名前をよく知っていて,捜しにいくと,このように出てきてくれます。

 ぼくも軽くかけながらよし子の方に進みました。農道ですが道路はアスファルトで舗装されています。その道路もこの辺りだけは両サイドとも雑木林になっています。

 すると,ぼくとよし子の間にひものようなものが横たわっています。Sの字のようにくねくねと。ぼくははっとして立ち止まり,懐中電灯を向けました。へび(ハブ?)です。

 「よし子,危ないよ。」言いながら,ぼくはへびのしっぽの方からまわってよし子の方に向かいました。もちろん,できるだけ離れて。

 よし子がいうことをきかないのです。へびの前や後ろにまわりこんで様子を見ています。ぼくは,「よし子,どきなさい」と大きな声で叫びました。
 よし子は以前,ハブに咬まれたことがあります。そのときはすぐに回復しましたが,ハブに咬まれて死んだセルフ塾のねこは数匹います。

 へびはしばらく動かなかったのですが,その後ゆっくりと雑木林の方に向かって進みます。よし子は雑木林に入って,正面から見ていました。ぼくは近くに切り倒されていたギンネムの木を拾って,枝の方でへびの近くに振り下ろしました。殺すというよりも追い払って,逃がしてしまおうという気持ちです。すると,へびはどこに行ったのか見えなくなりました。

 同時によし子の姿もぼくは見失ってしまいました。「よし子!よし子!」と呼び続けました。5分くらいしたでしょうか。もうそのころは時間の感覚もありません。不安のせいか,とても長い時間だったように感じます。
 そして「ミャー」と弱々しい鳴き声がしました。まだ雑木林にいます。名前を呼び続けるとやっと出てきました。

 しかし,よし子も興奮しているようです。抱き上げようとすると,激しく拒みました。いつもと様子が違います。そして,へびのいた場所を横切って帰ろうとするのですが,ついてきません。しかたなく,ずっと遠回りをして帰りました。しばらくするとよし子も落ち着いたのか,静かに抱かれました。

 先日(11月15日日曜),字の清掃奉仕作業に参加しました。休憩時間に,「最近長いものを見ますか?」「見なくなったね」という話をしていました。ぼくもしばらくお目にかかっていません。
 「台湾から帰化したへびが飲み込むそうだ」ということも言っていました。

 昨夜,へびがあらわれたところで以前は数回見たことがあるのですが。また,数年前は,道の上に車に轢かれて死んでいる蛇をよく見たのですが,最近はありません。

 ハブも絶滅の危機に陥っているのではないでしょうか。これは保護すべきかどうか。いくら毒があるといっても絶滅させるのはだめだと思うのですが。 

セルフ塾,来週までの日程
 セルフ塾,今週と来週は,通常とは少々異なるので,お知らせします。

11月24日(火)~26日(木) 古堅中期末テスト{塾は通常通り}

11月27日( 金) 11月のスペシャルオフ

12月 1日 (火)~2日(水) 沖縄県統一プレ入試(中3)(午後7時15分~){1,2年生は通常通り}

12月 3日(木)~4日(金) 中学部,テスト勉強代休


子泣き爺と相対性理論
 子泣き爺,児啼爺(こなきじじい)を知っていますか。

 次のページから引用します。
http://www.japro.com/mizuki/migi/visdic/konakiji.html

深山で赤ん坊の泣き声が聞こえる。見つけて抱き上げるとしがみついて離れない。逃げだそうとすると重くなり(50貫、約190kg)動けなくなってしまう。この妖怪が泣くと地震が起こるとも言われる。山の中に捨てられた赤ん坊が妖怪化したものであろうか。
konakiji.jpg


 だんだんと重くなっていくのですね。

 それで,話を思いつきました。

 創泰(そうたい)くんが,山の中をサイクリングしていました。すると赤ん坊の泣き声が聞こえてきました。見ると年寄りの顔をした赤ん坊が横たわって泣いているのです。
 こんなところに赤ん坊が,と気味悪く思いましたが,そのままほっておくわけにはいかないだろうと思い,背負ってつれていくことにしました。いいことに帯も持っていました。
 
 背中に赤ん坊を負ぶって,自転車に乗り,ペダルを踏みました。赤ん坊は創泰くんの背中にしがみついています。すごい力です。

 とにかく人里まで行って,おまわりさんにとどけてしまおうと,ペダルを強く踏み,スピードをあげました。するとスピードがあがるにしたがって,背中の赤ん坊の重さがどんどん重くなってくるのです。重くなってくるのでペダルを必死になって踏み続けてもスピードはあがりません。
 
 思い荷物をつんだダンプカーが坂道を必死にあえいでいることがありますね。重いとなかなかスピードがあがらないのです。

 創泰くんは,だんだん怖くなりました。それで早く街の中に入ることだけを思って必死にこぎ続けます。しかし,スピードはそれ以上あがりません。こいでもこいでもスピードはあがらないのです。背中の赤ん坊が重すぎるのです。

 「もうだめだ。疲れ切ってこれ以上自転車をこぐことはできない」
 創泰くんは,そう思ってペダルを踏むのを諦め,自転車を止めました。するとどうでしょう。背中の赤ん坊の重さが急に軽くなっていったのです。そして,振り返ってみると,赤ん坊はいなくなっていました。



 さて,いま相対性理論をいろいろ読んでいます。相対性理論によると,スピードをどんどんあげて光の速さに近づくにつれて,ロケットの質量が大きくなるそうです。そして,質量が大きいのでどんなに加速していっても光の速度を超えることはできないのです。

 上の子泣き爺と似ていませんか。相対性理論の「子泣き爺現象」と言ってもいいのではないでしょうか。
 きのう,ぼくが考えついたのですが,ほかでも言われているのかな?

英語と自然な日本語の間に,英語らしい日本語
 mixi「授業の工夫」に次のような質問がありました。

息子が中2の母親です。

問題集の問題で、
「私は何かおもしろい読みものがほしいです。」の日本語を英文に直す問題です。
答えは
I want something interesting to read. です。

この問題の狙いは、somethingのあとに形容詞がくることです。

しかし、「何かおもしろい読み物」というのをこのように英文にするのをどう説明したらいいでしょうか?

不定詞を「読むための何か面白いもの」とでも日本文にしてあると息子もぴんときたようです。
やはり、日本文と英文を覚えて無意識に出てくるように覚えるしかないでしょうか?


 (ぼくの回答コメントです。)

 ぼくは直訳主義でやっています。

 英語と自然な日本語の間に,英語らしい日本語があると思っています。だから,英語入門期の中学生には,英語らしい日本語を与えて,英訳させるようにしています。例えば,「私は一人の兄を持っている」を与えて I have a brother. に訳させるようなことです。

 英文和訳の場合も,自然な日本語にすぐ訳すよりも自然でなくてもいいから英語をそのまま訳すようにさせています。

 直訳ができてから,それを自然な日本語にさらに訳すようにするのです。そこは日本語力の問題になります。
 自然な日本語にすぐ訳す子は,フィーリングで単語と単語をつなげていることが少なくありません。そのままで進むと微妙なところで間違えた訳になることがあります。

 それで,ご質問にある
I want something interesting to read.
 も「私は読むためのおもしろいあるものが欲しい」という文を与えて,英訳させます。もちろん,それで終わったのでは入試では訳にたたないので,自然な日本語をいったん英語らしい日本語に自分でかえることができるようにしなければいけません。

 なお,something interesting ですが,昔は,some interesting thing だったんだよ。しかし,このsome とthing はよくいっしょに使われるようになって,合体し,something になった。間にあったinterestingははじき出されてしまい,前に行こうか後ろにいこうか迷った。someの前につくのもおかしいな,と思ってsomethingの後ろについたんだよ,と教えています。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.