セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

山陰の旅のアルバム
7 山陰の旅のアルバムを作りました。ICレコーダーで記録した日程の間に写真の配置しました。入場券なども。

 とても好評です。特に奥さん方に。だんなさんがちゃんと旅のことを話さないようで、どこに行ったのかも知らなかったが、このアルバムでよく分かったと言っています。

 コンピュータで作成し、コンビニのカラーコピーで増刷しました。カラーコピーがA3で15枚。カラーコピーの代金1200円だけはいただきましたが、2000円でも安いよ、と言ってくれます。

arubam1.jpg

album2.jpg

album3.jpg
 
スポンサーサイト

保護者面談2日目
 保護者面談2日目の29日(火曜日)は、15人の生徒の保護者(12人)が参加しました。
 1日目の合計で21人の生徒の保護者の出席でした。51.2%の出席です。今回はだいぶ低い率です。

 2日目もいろいろな話が出ました。

● 勉強も両立させながら、朝練もがんばっていて、バスケットのレギュラーにもなって、自信をつけたようです。

● セルフ塾が家みたいに思っているようです。遊びに行く感覚で塾に行っているので欠席をしないのでしょう。

● 友達が好きで、その子といっしょに同じ高校に行きたいと行っています。

● 数学の先生に職員室まで連れていかれて注意を受けたそうですが、その後はあっけらかんとしています。

● 中学入試に行ってきましたが、ほかの生徒は直前まで問題集とにらめっこをしたり、終わったらとても緊張して答え合わせをしていました。私たち親子はぼっーとしていて・・・・。

● こんなに大幅な遅刻、欠席が多いとは知りませんでした。今後は気をつけていきたいです。

● 小学校のころから算数は苦手でした。「かくれているのは何人でしょう」という問題が出ると、紙をすかせて隠れている人を見ようとしていました。

● やはり、お姉さんなんですね。妹にいろいろ忠告を与えたりしています。

● とても幼いように感じます。自分を客観的にみることができないようで、自己評価はとても高いんです。

● 自分で何をすればいいのかを判断して、時間もうまく使っていろいろやっています。

● U商業高校に入学し、国際コミュニケーションに進んで、そして大学に進学し、英語の教師になりたいです。

● とてもいい成績です。でも、まだ合格というゴールをしたわけではないので、気をゆるめずに2ヶ月間がんばって欲しい。大丈夫だと思ってしまうのが一番怖いよ。

● テストの点数は悪くないが、内申点がとても悪いね。提出物を出していないでしょう。このままなら1年後には後悔するよ。このままなら1年後に「あのときにもどりたい」と思うだろう。さあ、1年後からタイムマシンに乗ってもどってきたとして、がんばってみよう。

● セルフ塾は基礎をきちんとつけてくれるからいいんだ、と言っています。分かってはいるようです。

5日ぶりに三四郎帰る
 ねこの三四郎が12月17日(木曜日)からいなくなっていましたが,5日目の21日(月曜),無事帰ってきました。

 塾では出入り自由でねこを飼っています。
 食事は1日に2回与えます。17日(木)お昼のご飯のときに三四郎がいません。そういうことはよくあるので,まったく気にしませんでした。

 しかし,夜10時半のご飯のときにも戻りません。よし子は長い間いないということがあるのですが,三四郎が1日いなくなることはありません。とても心配して,あちこち捜し回りました。名前を呼んでも出てきません。塾のねこは名前を呼ぶと,やぶの中から鳴いて出てきます。しかし,どこで呼んでもだめです。

 翌日も帰りません。その間,とても寒いですし,冷たい雨も降っています。
 そのころには,かなりあきらめていました。でも,時間を見つけては探し歩いていました。何か,ふっといつもの調子で現れるのではないかと思うのです。

 18日に
鳴いてドアを開けさせるねこ を書きました。前に撮っていた動画です。このままいなくなってしまうのかなあ,と三四郎を思いながら,アップしたのです。

 5日目,21日夕方5時20分ごろ。小学生の部が始まる直前です。
 ねこの比叡がうなっています。比叡はほかのねこと仲が悪く,よくうなるのです。

「だれかな?」と言うと,生徒の一人が「シャムっぽいの」と答えました。

 えっ,シャム系は,三四郎しかいないが,と思って駆けつけると,三四郎がちょこんと座っているえはありませんか。涙が出そうになりました。

 少し元気がありません。後ろ右脚でびっこをひいています。
 ねこの多くは,体調が悪いときにはやぶの中に隠れているのです。そのまま死んでしまうこともあります。

 その後,順調に回復し,いまではすっかり以前の三四郎です。

 言葉を話すのなら,何があったのか,とっても聞いてみたいです。

sanshiro.jpg

英語学習は,急がば回れ
 きのうは,
同じ結果か,良い結果になるのなら,楽な道を行け を書きました。

 では,英語の学習についてはどうでしょうか。

 細かいことを言えば,いろいろ楽で効率的なこともあります。

 多くの意味を持つ英単語も,その中心となる意味をしっかり覚えればいい,
 語源を覚えれば,多くの単語を関連して覚えることができる

 などは,効率的でいいと思います。

 ただ,ぼくは,
 勉強しないで聞き流すだけ
突然 口から英語が飛び出す
 苦痛なく、暗記もせずに英語をマスターできる
などは,眉唾だと思っています。

 多くの人が高校,大学を出ても話せない。だから,学習法が間違えているんだ。もっといい方法があるはずだと思っています。

 だから,そこにつけこんで,大げさな宣伝文句で,高額な教材を売ったりするんです。

 新聞に大きな広告が出る教材を友人が買いました。それを聴かせてもらいましたが,聴くだけで英語が上達するものではありませんでした。
 英語の教材としては悪くありません。基礎的な英語を学んだ人にはいい教材です。しかし,ゼロからそれだけでできるものではありませんでした。

 英語学習は「急がば回れ」です。

 英文法をしっかり学び,英単語,英熟語を覚え,多くの英文を読み,英文を暗記して,ラジオ講座を聴き,・・・・ といった努力を積み重ねることが必要です。

 「急がば回れ」の英訳はいくつかあるようです。その中に

The slow and steady wins the race.
 というのがありました。直訳すると,
「ゆっくりで着実なことがレースに勝つ」でしょうか。

 遅くてもいい,確実に一歩一歩進むことが英語の学習においても大切なのです。
 

保護者面談
 きのうときょうは保護者面談です。午後2時から10時。

mendan_20091229111524.jpg


 きのうは,16人の生徒の保護者が参加しました。兄弟姉妹がいるので,保護者の数は14人。いろいろな話が出ました。

● 入塾時に比べると,机に座るのも慣れて,集中力もつきました。漢字の練習も早く終わるようになりました。

● (家で)次の5ポイント休暇を何日にとろうかな,カレンダーを見ているんですよ。とても楽しそうです。

● 「セルフでよかった。だれともおしゃべりをせずに,勉強が出来るから」と言うんですよ,どうしましょう。

● 父親が,熱心にこの子を励ますんです。熱心すぎて,裏目に出ることもあるようです。

● 学習時間中にぼけっとしていることがあります。受験まであと2ヶ月。気を引き締めてもらいたいですね。

● 英語の単語が覚えきれないのです。どのようにしたらいいでしょうか。

● Q高校への校内推薦に落ちて,かえって火がついたようです。Q高校に絶対に合格してやると張り切っています。

● 自分の納得するまで質問をします。学習援助者がたじたじになっていることもあります。いい勉強をしています。

● わり算はまだ定着していませんが,だいぶ上手になりました。分数で仮分数を帯分数に直すのも上手になりました。辞書を引くのもとても早くなってびっくりしました。

● (地元芸能の)棒術の練習と塾の学習をうまく両立していますね。途中塾を抜けて,棒術の練習に行き,それが終わると戻って学習に取り組んでいます。感心しています。

● (高校入試)校内推薦は通ったそうですね。推薦で決まればいいですが,それが分かるまでは一般入試で合格できるようにがんばってもらいたいです。

● まじめな子ではあります。おとなしいものですから,質問にもよく通っていると聞いて安心しました。

● 高校に入る前に,大学はどこに進むつもりかと問われて困っています。これからゆっくり考えればいいと思うのですが。

● 英検面接の練習で,叱られたとき,Yojiさんがとても怖かったと言っていました。

● (通知票で)数学の点数が低いけど,あなたは数学は決してできないと思わないな。習いにきたときに話をしていて,よく理解できるから。これまで勉強してこなかったでしょう。

● K高校が甲子園に出場することになったね。そういうときには,倍率が急に上がるんだよ。野球をするわけではない女の子も多くなる。だから,厳しくなると思って気を引き締めなくてはね。

『セルフ塾』の冬休み(年末・正月休み)など
 きょう12月28日(月)と明日29日(火)は,保護者面談です(午後2時~10時)。
 それで両日とも学習は休みです。

 あさって12月30日(水曜日)から 1月4日(月曜日)までは冬休みです。
 中学生は5日(火曜日)から,小学生は6日(水曜日)から学習開始です。

 ただし,中学3年生は,きょう明日と1月1日は休みですが,30日からずっと勉強がありますよ。

同じ結果か,良い結果になるのなら,楽な道を行け
 つい先日,ぼくは根性論は嫌いだ,楽で効率的な方がいいと書きました。
英語の学習法も自然淘汰される

 少し詳しく書きます。

 生徒には,「同じ結果か,良い結果になるのなら,楽な道を行け」と言っています。「楽な方法は,間違いも少なくなることもあるよ」とも。

 いま,中学3年生は学年末テストに向けての学習をしています。二次関数も範囲です。そこに変化の割合を求める問題が出ます。

 変化の割合=yの変化量 / xの変化量 で求めます。詳しくは省略しますが計算が少しめんどうです。この二次関数の場合,変化の割合を簡単に求める方法があります。

 y=ax² において,xがpからqに変化した場合は
 変化の割合=a(p+q) です。

 とても簡単です。しかし,学校ではそれを教えません。また,いま使っている教科書準拠の問題集の例題にもありません。

 ぼくは,これがなぜ成り立つか証明し,それを覚えなさい。これが楽だし,計算が簡単なだけ,間違いも少ない,と言っています。

 このような場合は,楽な方がいいのです。根性論で,苦労すればいいというのはぼくの性に合っていません。

 ただし,楽をしようとして,間違える場合が少なからずあります。少しでも確率的に間違いが多くなる場合,ぼくは楽な道を進むな,ここで手抜きをするな,と厳しく言います。

 例えば,式の展開。かっこを外しながら計算までする生徒が少なくありません。ぼくは,一度に2つのことをするな,ひとつひとつていねいにしなさい,と注意します。

 2(x+3) -3(2x-5) などです。これはまずかっこを外すことだけに集中してやらなければ間違えます。
2(x+3) - 3(2x - 5)
= 2x +6 - 6x + 15
= -4x + 21

になりますね。その途中の式を抜かして,暗算でやったり,ちょこちょことメモのようなことを書いてやろうとする生徒が多いのです。

 そういうのを厳しくチェックするのです。
 こういうのは,楽をしようとしたために間違える確率が高くなるのです。

 一律に楽な方がいい,悪いとは言えません。

 楽をしようとして,人間は進化してきたところがあるのです。(進化と言えるかどうかはいろいろ意見があると思いますが)

 一方,「楽あれば苦あり」という場合もあります。

 だから,それを区別するために
「同じ結果か,より良い結果になるのなら,楽な道を行け」と生徒にも,ぼく自身にも言っています。

Y良 Kisaさん、沖尚附属中に合格!
 喜名小学6年生のY良 Kisaさんが、沖縄尚学高等学校附属中学校の推薦入学試験に合格しました。

 試験は去る20日(日)に行われ、結果は24日に届きました。

 セルフ塾では、2ヶ月ほどはその試験に向けて対策しました。それまでは普段の学習で、ペースをあげてやりました。この2ヶ月間は算数を中心に過去問題と市販の入試問題を行いました。最初はまったくできなかったのですが、だんだん解けるようになっていました。これまでつけてきた基礎力があったためだと思います。

 Kisaさんのお姉さんは、沖尚附属中に在籍していますが、とても楽しいとのことで、Kisaさんもそこに進学したくなったようです。1年ほど前の保護者面談でその話が出ました。

 私立中学進学塾には、通わせたくないというお母さんの要望がありました。セルフ塾は、進学塾ではないので、本格的な対策はとれないが、2ヶ月ほどなら過去問題を取り組むことは援助できると話し、その方向でこれまでやってきました。

 Kisaさんは理解力もあり、こつこつとがんばってきました。その成果ですね。おめでとうございます。
kisa_20100107130319.jpg

話法と、式の展開(分配法則)
 英語で話法を学びますね。
    Sanshiro said “I am busy.” 三四郎は「私は忙しい」と言った。

 このようなのを直接話法と言います。“ ”、「 」を使います。

ちょくせつ‐わほう【直接話法】
文章の中で他人の言葉を引用するとき、そのままの形で書き表す表現方法。


 それに対して
   Sanshiro said he was busy.

を間接話法と言います。

かんせつ‐わほう【間接話法】
他人の言ったことを文章の中に表現するとき、そのまま引用することをしないで、書き手の立場からその内容を間接的に述べる話法。


ぼくは、英語の直接話法と間接話法の関係は、式の展開、分配法則に似ていると思います。

 -3×( 2a - 4 ) = -6a + 12 になります。かっこをはずすときに、かっこの外の数をかけていきます。 だから、負の数をかけると、すべて正負が逆になります。( )の中が変わってしまうのです。

 Sanshiro said “I am busy.”のクオーテーションマークを外すときに、Sanshiroが言ったのですから、それがクオーテーションマークの中にかけられます。だから、I は he になるのです。三四郎が言ったということが“ ”内に影響するのです。

 Sanshiro said と過去の文になっています。だからクオーテーションマークの中に過去という概念がかけられます。だから、am は過去になって、was になる。

 それで、
 Sanshiro said “I am busy.” は、  
Sanshiro said he was busy.  になるのですね。

 式の展開(分配法則)にとてもよく似ていると思いませんか。

 日本語の直接話法、間接話法をみてみると、式が展開されない、分配されるのではなく、ただただカギ括弧「」を外していることが多いようです。

 だから、

三四郎は「私は忙しい」と言った。

 は、

三四郎は私は忙しいと言った。

となるのが普通です。カギ括弧がなくなっただけです。

 三四郎は、彼は忙しかったと言った。

 となると、かえって意味がつかみにくいです。日本語らしくない。

 前に書きましたが、ぼくの仮説では、カギ括弧は後で輸入したので、厳密に式の展開的なことが行われないのではないでしょうか。

 日本語でも、複雑な話をするときは、間接話法をきちんと使います。

 昨日三四郎にあったが、彼は「私の妻は明日忙しいそうだ」と言った。

 は、
 昨日三四郎にあったが、三四郎の奥さんは、きょう忙しいそうだ。

 になるでしょうか。

 昨日会って「明日」って言っていたから、「きょう」のことになりますね。その辺はきちんと確認しないと日本語では誤解を招きます。
 

結婚式で Congratulations! は?
 congratulation は、「おめでとう」ですね。

 ただし、日本語の「おめでとう」とcongratulationはだいぶちがうようです。

 「誕生日、おめでとう」とぼくらはいいますが、誕生日にcongratulationは使いません。明けましておめでとう、でもcongratulationはだめ。

 何かの説明で、誕生日や新年、クリスマスは、何も努力しなくてもやってくるから、congratulationは使えないと書いてあったように思います。
  
 congratulation には、あなたはよくがんばったね。その努力をたたえたいというようなところがある。

 そのときに、結婚式でもcongratulationは使ってはだめです、というのを読んだ気がします。いま、確かめきれないのですが。

 特に女性に対してはだめ。なぜなら、あなたよくがんばったね。その男性と結婚するために必死になって努力したね。
 のようなニュアンスがあるからだ、というのです。

 何か、あなたには魅力がないから、努力したでしょう、と言っているような感じなのでしょうか。魅力のある女性なら努力をしなくても男は寄ってきて結婚できる、というのです。

 でも、映画を見ているとよく結婚式で女性に対しても「Congratulations!」と言っていますね。実際には、そんなに失礼になる表現ではないのでしょうか。それとも時代が変わったのか。

 いまヤフー辞書の国語辞典を引いてみると

コングラチュレーション【congratulation】
[感]おめでとう。受賞式や結婚式などで成功・幸福などを祝していう語。新年やクリスマスなどの「おめでとう」には用いない。

 とありました。結婚式でも使うのですね。

 ヤフー辞書の英和辞典には、結婚式のことは書いてありませんでした。


「英語語義イメージ辞典」には、

Congratulation

祝賀、[~s]でおめでとう

[源]共に[con] 祝う[gratulation]

[イメージ]おめでとう !

[解説]日本人がこの語を用ぃる時,よくCongratulation! と言っているのが聞かれる.お祝いの気持ちがー杯ですの意味合いを込めるために常に複数形を用いる.お悔やみの意のcondolencesも同様の気持ちから複数形を用いる。
Congratulations + on ~ の形をとるのは喜びの気持ちを相手に浴びせかける気持ちからである。

[関] grateful 感謝する / gratitude 感謝の気持ち

[例] Congratulations on your daughter's marriage 娘さんの結婚おめでとう


英語の学習法も自然淘汰される
 コメントをいただきました。ありがとうございます。

タイトル:英語は根性論ではない
もうあなたの英語論は負け惜しみにしかすぎない。



 ぼくは,根性論は大嫌いです。できるだけ楽をして,効率よく学ぶことが大好きです。
 「負け惜しみ」ということですが,どういう英語論がぼくの英語論を負かせているのですか。
 最近の英語の教科書はだいぶ会話中心になっています。文法はおろそかにされています。そういう会話中心の英語論がいま勝ち組なのですか?
 
「日本語力と英語力」 を読んでください。 

日本にいる外国人とコミュニケーションをとるくらいならそれでもいいのかもしれませんね。
ですが私はさらに上を目指します。
別にアメリカ人やイギリス人と同じ発音を使用という訳ではありません。
国際語としての英語を学ぶのです。

和文英訳英文和訳を何度もやっていれば英語脳ができるのでしょうか。
もっと効率的な学習法があるのではないでしょうか。
「インターネットで情報を得て、インターネットで情報を発信する。」
とありますが、まさにネットの70%は英文で書かれてあるそうです。
しかし私たち日本人の中でどれだけの人がインターネットから情報を得て発信していけるのでしょうか。
中学高校、また大学、これだけ長い時間英語を学習してきたにも関わらず、
ろくに英語の雑誌、小説、WEBページも読めないのが現状なのではないでしょうか。
もう、方法論に問題点があるとは思いませんか!?


 何度も書きますが,中学,高校,大学だけでは英語はマスターできないのです。大事業なのです。簡単にマスターできるはずだという,見積もりの間違いが英語の勉強を挫折するのに通じるのです。
 それについては
英語学習「見積もりの誤り」


 楽に,短時間に英語をマスターできる方法があるのであれば,ぼくはすぐにでも白旗をあげて,その組につきますよ。

 英語学習の方法も,進化論の自然淘汰と同じように,悪いものは淘汰されるはずです。だれでもが楽をして短時間で英語をマスターしたいと思っているはずです。まあ一部には変な人もいるので,「だれでも」ではないかも知れませんが。

 新聞,雑誌などで,大きく宣伝が載りますね。
 「聴くだけで」とか「勉強しないで」とか「苦労しないで」とか。

 あれが本当なら,もう日本中が英会話が上手な人であふれているはずです。
 英会話教室もあんなに多いのに,英語が達者な人は少ないですね。

 もしあなたが,いい方法論を持っているのなら,それを実践すればいいのです。英語塾を開いたらどうですか。そして,楽に短時間で英語をぺらぺらしゃべる英語脳の人をどんどん作り出す。すると,多くの人が集まってきますね。その方法がどんどん広まる。すると,これまで英文法中心にやっていた,ぼくの塾のようなものはすぐにつぶれてしまうでしょう。自然淘汰されるのです。学校の英語教育も大きく変わるでしょう。

 先にも書きましたが,ぼくは楽に短時間でマスターできた方がいいと思っています。ぼくが学生の頃もう40年近く前になりますが,そのころから,文法中心はダメだ,という意見はありました。あなたが書いてあるように「中学から何年もかかって学んでいるのに・・・」というのは,そのころからありました。

 そして,あの頃はカセットテープでしたが,売られていました。ぼくも手に入れました。はっきり覚えていませんが,もらったと思います。やりましたよ。悪くはなかった。でも,それだけで話せるとは思いませんでした。英語学習の一つの方法です。

 ぼくの塾の生徒は,英語を好きになる傾向があります。英文法を学んで,英単語を覚えて,というぼくの方法でです。そして,ホームステイに行ったり,留学したり。大学で英語を専攻したり,英語の教師になったり。少なくないです。だから,ぼくは少なくとも今のところ,負け組だとは思っていません。この方法でうまくいっていると思っています。

 あなたが,別の方法で,どんどん英語脳を持った人々を作り出すことを待っています。

バンザイねこ(Surprised Kitty )
 昨夜,たまたまテレビをつけたら,ねこがバンザイをする動画。おもわず笑ってしまいました。
 ねこ好きなあなた。ぜひ見てください。もうすでに見たのかな。

Surprised Kitty (Original)


時制の一致と クオーテーション‐マーク,カギかっこ
  きょうの文は,まったくぼくの推理,仮説です。そのつもりで読んでください。

 英語で,引用文の前後につける記号。「“ ”」「‘ ’」など,引用符をクオーテーション‐マーク【quotation mark】 といいますね。

 そして,日本語の場合,文章表記中などで用いる 「」『』〔〕などの記号。会話や引用、注意語句などを示すのに用いるのを,かぎかっこといいます。

 ちゃんと調べたわけではないのですが,カギかっこは,英語が入ってきたときに,クオーテーション‐マークに似せて作られたのではないでしょうか。それ以前はクオーテーション‐マークにあたる記号がなかったのではないでしょうか。

 He said “Thank you.”. というのを見て,

 なるほど,会話文をこのようにくくれば分かりやすいな,と思った。それで,

 三四郎は,ありがとうと言った。 

 という文を

 三四郎は「ありがとう」と言った。

 にすると,なかなか分かりやすいな,といういうことで使い始めたのではないでしょうか。

 ただし,そのクオーテーションマークにあたるカギかっこを導入するときに,ただ単にそれをつけることだけを導入してしまった。

 もともと日本語には,カギかっこがなかったので,会話文を地の文で表していたのでしょう。

 三四郎は,私は忙しいと言った。

 のように表していたのです。それは,

 三四郎は「私は忙しい」と言った。

 のつもりで書いていたのでしょう。頭の中には会話文ということで「 」があったのだが,そういう記号が発明されていなかったので,そのままに書いていたのです。

 しかし,カギかっこがあると分かりやすいということで,会話の部分にカギかっこをつけたのでしょう。

 しかし,それを導入するときに,地の文と会話文の違いをきちんと区別することまでは導入しなかったのでしょう。

 三四郎は「私は忙しい」と言った。

 それを英訳すると, Sanshiro said “I am busy”. ですが 
 “ ”がなくなった文では

 Sanshiro said he was busy. になりますね。時制の一致が行われるし,人称の一致も起こります。クオーテーションマークが外れて地の文になると,そのままで判断できる表現にしなければいけません。

 地の文の I(私)は,あくまでもそれを書いた筆者です。
 Sanshiro said “I am busy”.  では,クオーテーションマークにくくられているので,このIはSanshiroのことになりますが,それが外れるともうI = Sanshiro ではなくなります。地の文になるとheにしなければならない。時制もそうです。

 しかし,日本語にはそういう発想はないのです。日本語の「」は,単に会話文だということをはっきりさせるための記号でしかないのです。「」がなくなると,地の文になって,いま見ているような時制,人称ではなくなるという考えはないわけです。そこで,英語を学ぶときになって,「時制の一致」という概念を学ばなければいけないわけです。

地球一地点の方位
 「夏の夜、東の空に見える星座は何ですか?」
 「冬の真夜中,オリオン座はどの方位に見えますか?」

seiza.jpeg

 のような問題が図入りで出ますね。



それを指導するとき,ぼくは次のような図を生徒に描かせます。それについてはすでに前の方のページで学んでいるので,それを写させるのです。
tikyuuhougaku.jpeg


 そして,それをぐるぐる回しながら考えなさいといいます。一つだけ例をやってみせるのですが。

 まだまだ生徒は方位がはっきりしません。そして,地球が自転すると方位がどうなったのか,頭で考えるのは難しいのです。だから,まずはこの図を使いながら理解していくというようにさせます。この図はしばらく使うので,名前を書いて保管させています。

佐藤栄作氏のノーベル平和賞は取り消すべし
 きょうの沖縄タイムスのトップ記事は

核密約文書が存在 沖縄へ持ち込み容認/佐藤元首相遺族が保管

 沖縄返還交渉中の1969年、当時の佐藤栄作首相がニクソン米大統領と交わした有事の際の沖縄への核持ち込みに関する密約文書を、佐藤氏の遺族が保管していたことが22日、判明した。佐藤氏の次男佐藤信二元運輸相が明らかにした。(以下略)


 でした。

 やはりという感想です。

 さて、

 佐藤栄作は非核三原則やアジアの平和への貢献を理由としてノーベル平和賞を日本人で初めて受賞した人でもあります。

 受賞のころから、「なぜ、佐藤栄作が?」という声があり、ぼくも同じ感想でした。

 こんどの密約文書のことで、それがうそによって勝ち取られたものだということがはっきりしました。

 ノーベル平和賞というのは、取り消しできないのでしょうか。このようにうそによって得られたノーベル平和賞には、まったく価値がありません。取り消すべきだと思います。

 それにしても佐藤栄作氏は、自分が一番ノーベル平和賞に値しないというのを知っていたはずです。それでもそれをよくもらえたものだとあきれてしまいます。

 それに比べると、今回密約文書を公表した佐藤氏の次男佐藤信二元運輸相は、立派です。

下手な英語でも理解するよう努めてくれる
 英語を話していて感じるのですが、相手はこちらの下手な英語を一所懸命に聴いて理解しようと努めてくれるのです。

 赤ちゃんの話を聴くときにぼくらもそうしますね。発音のはっきりしない言葉を使っても、彼(彼女)が何を言いたいのか理解しようと努めます。

 「ブーブー」
 「ブーブー? お水が飲みたいの?」
 のように。

 少し横道にそれますが、
 先日、クローズアップ現代で言葉のことをやっていましたが、それがあだになっているところもあるようです。小学生になっても一語文で話す。それをお母さんは理解するものですから、子どもの話し言葉が発達しないということでした。

 とにかく、ぼくらは相手の言葉を理解しようと努めるものなのです。

 英検のリスニングなどでは、聞き手が理解していなくても、放送は続きます。しかし、実際の会話というものはそうではありません。ぼくらの下手な英語をいろいろ工夫して理解してくれますし、分かってもらおうとゆっくりゆっくり話してくれます。

 映画の英語を聞き取るのも難しいですね。でも、あれが聞き取れるくらいにならないと英語の会話ができないかといえばそうではありません。相手に合わせた会話というのがあるからです。

 お店でものを買うとき、店員さんは買ってもらいたいのです。ぼくらは買いたいのです。何とか努力して、相手の言うことを理解し、そして商品を売りたいのです。それは両方にとっても利益です。だから、下手な英語でも大丈夫なんです。

 だから「英語は度胸」ということでぶつかっていけば、下手な英語でもけっこう通じるものなのです。


ウラシマ効果,竜宮城現象
 相対性理論で,時間が遅れる現象を「ウラシマ効果」といいます。浦島太郎が竜宮城にいたのは数日だったが,地上ではもう何年も経っていたという話が相対性理論と似ているからです。

 ぼくは,「ウラシマ効果」と「竜宮城現象」というのを区別してみてはどうかと思っています。

 浦島太郎というときは,数日過ごして竜宮城から地上にもどってみると,もう何年も過ぎていたというイメージが強いです。
 村はもうすっかり変わっていた。近くで遊んでいた子どもたちに,浦島太郎(自分)のことを訊いてみると,「そういえば,昔昔,そういう若者がいて,亀に乗って海にいったというのをおばあさんから聞いたことがある」と返ってきたとか。

 双子の兄がロケットで飛び立ち,弟が地球に残っている。しばらくして兄が地球に帰ると,弟はすっかり年をとっている。これは浦島太郎によく似ています。

 ただ,このような現象は,一般相対性理論の世界だそうです。

 一般相対性理論の世界は,加速度運動も扱うのですが,
 特殊相対性理論の世界は,等速直線運動までの世界です。

 特殊相対性理論の世界では,運動しているものの時間は遅れるという現象が起こります。しかし,運動しているものから見ると静止しているものは逆に運動しているように見えます。だから,運動しているものにいる観測者から見ると,静止しているものの時間が遅く見えるのです。

 加速度を扱う一般相対性理論でなければ,地球にもどった兄が若かったり,地上にもどった浦島太郎が地上の世界は何年もすぎていたという現象を味わったりすることはないのです。

 それで,考えてみました。

 特殊相対性の世界の現象を「竜宮城現象」と呼びましょう。
 地上から竜宮城を見る。すると,竜宮城の時計はゆっくりゆっくり進んでいる。そういう現象を竜宮城現象と呼ぶことにするのです。
 そして,たぶん竜宮城から地上を見ると,地上の時計はゆっくりゆっくり進んでいることでしょう。

 それに対して,一般相対性理論の世界では,「ウラシマ効果」が起こるのです。
 竜宮城で過ごした浦島太郎の時計はゆっくりゆっくり進んでいたのです。それに対して地上の時計は速かったのです。だから,浦島太郎が戻ったとき,地上はもうすっかり変わっていたのです。昔の恋人はすっかりおばあさんになっていたでしょう。昔話に恋人は出てきませんが。

540÷5=180 ???
 中学2年生のYさんが数学の問題を習いにやってきました。数学といっても,実際は算数です。

 正5角形の一つの内角の大きさを求める問題です。
 5角形の内角の和が540°というのは分かっています。正5角形ですから,540を5で割ればいいのです。それも分かっています。でも,何度やっても答えは180°になるそうです。それでは,正解にならず,×でもどってくるのです。

 原因ははっきりしています。わり算の計算では,きれいに位をそろえて計算をしないと間違えます。その典型のようなもの。

 ぼくは,ノートに次のように書いて,「では,これを計算してごらん」といいました。
540waru5.jpeg

数字の間を極端に離し,そこに縦棒をうすく書くだけです。

 それを計算して,自分の間違いに気づいたからでしょう。笑いながら「108だ」と言って戻っていきました。
 同じような間違いをする生徒は少なくないです。

アインシュタインの発見


 可もなく,不可もなく,でしょうか。よくまとめてはあると思います。入門書としては,悪くないかもしれません。

 いま,最低,はくは特殊相対性原理はきちんと理解したいと思って,いろいろ読んでいますが,ぼくを満足させるものではありませんでした。
 「数式なしの超入門」と帯にあります。数式というのは,この本に限らず,悪者扱いですね。ぼくは数式をきちんと理解することで,本当に分かると最近は思っています。これまで読んだ本で,特殊相対性は,難しい数式を使わなくても理解できそうです。それをきちんと説明している本を求めています。

 さて,この本から引用します。

 第二次世界大戦後まもなく,「中間子論」ですでに物理界で名を馳せていた湯川秀樹は,プリンストン高等研究所に招聘された。湯川が渡米したとき,飛行場に出迎えてくれたのはアインシュタインであった。アインシュタインは湯川のそばに寄り,目に涙を浮かべながら「もともと原爆はドイツを目標につくられたが,不幸にして日本に二度も投下されてしまった。本当に申し訳ないことをした」と握手を求めたのである。


 特にコメントはありません。そういうこともあったんですね。


 (量子力学について)
 本書執筆辞典で,アインシュタインが正しかったのかどうかの完全な決着はついていない。これは「量子力学の解釈問題」として現在なお残されている問題である。


 そうなんですね。ぼくはアインシュタインが間違えていることが完全に定説になっていると思っていました。

 そもそも量子力学が数学的なものなのだ。


 やはり,そうなんだ,という感想です。量子力学についても入門書をいくつか読んでいますが,まったく理解できません。入門書は数式を用いないようにしています。量子力学は数式を用いないと理解できないのではないかと薄々は感じていました。

日本人英語でいいんだ
 昨日は,英語が話せるようになるために,「英語は度胸」ということを書きました。

 そのこととダブりますが,

 「日本人英語でいいんだ」と居直ることです。

 インド人はインドなまりの英語を使います。フランス人はフランスなまり。方言があるように英語もいろいろです。日本人は日本人英語でもいいのです。完璧にアメリカ,イギリス人のような発音,アクセントでなければ通じないというものではありません。

 日本人のカタカナ発音で構いません。ただし,アクセントには,気をつける必要があります。日本語にはアクセントがほとんどないので,大げさなくらいアクセントをつけましょう。

 それでもまったく完璧な英語を使う必要はないのです。日本人は日本人英語でいいんだ,と居直ると英語はけっこう話せるようになるものです。

 ぼくは日本人英語で通していますが,けっこう通じています。

 ぼくが英語を話しているのを聞いた知人が,「Yojiさんの英語はまだまだだなあ」と言ったことがあります。沖縄では基地労働者がいて,耳から入った英語を使います。それは英語らしい発音なのですね。ぼくは目から入った英語なので,カタカナ発音なのです。まあ,それでも相手は分かってくれるので,それでよしとしています。

AiさんとSakuraさんが進路報告に
 18日(金曜日)セルフ塾の卒業生で,読谷高校3年生のY田AiさんとF地Sakuraさんが訪ねてきました。
 2人とも進路が決まったとの報告です。

Aiさんは,美作大学生活福祉学部児童学科保育士幼稚園教員養成コース
 Sakuraさんは,中部美容専門学校です。

 2人ともついこの前までセルフにいたような気分ですが,もう3年経ったのですね。おめでとうございます。

aisakura.jpg

英語は度胸
 ぼくは、英語の学習では、英単語を覚え、英文法を学び、英語の本を読んで・・・といったことをよく言っていますし、書いています。こつこつと学習することが大切だよ、と。

 しかし、そうやって高校を卒業するまで勉強しても英語をしゃべることができないではないか、という批判がよく来ます。

 それに対する答えのひとつは、英語をマスターするって大変な事業なんだよ、高校までの学習ではまだ十分ではないんだよ、です。

英語学習「見積もりの誤り」

 さて、もうひとつの答えは、英語力のほかに話すためのプラスアルファーが必要だよ、です。
 英語力をこつこつ身につけることは大切ですが、それに少し加えることがあるのです。

 その一つが「度胸」です。

 若い頃に、英語は度胸―商社マンの通じる英語 (ゴマセレクト) を読みました。細かい内容は忘れました。
 覚えているのは、タイトルにあるように「英語は度胸」です。

 下手な英語でもいい。とにかく度胸を持って当たって砕けろ、というようなものです。

 ぼくは下手ではありますが、英語を話します。この「英語は度胸」の教えを素直に実行しているからです。

 度胸を持って話してみれば、けっこう通じるものです。間違えてもいいのです。いま持っている英語力を最大限にいかして、ぶつかっていくことです。ぼくは、外国旅行をしたり、居酒屋で近くに外人さんがいたら、話しかけてみます。「それなりに」話はできるのです。

 英語を話したい人の前には、一つの大きな壁があります。それは臆病さ、恥ずかしさです。

 それを乗り越えれば、高校まで学んだ英語でも、それなりに通じるのです。ぼく(わたし)の英語で大丈夫だろうか、という気後れが英語を話せなくしているのです。

 英語は度胸です。思い切って使って見てください。

鳴いてドアを開けさせるねこ
[高画質で再生]

鳴き声でドアを開けさせるねこ

[広告] VPS



[広告] VPS 窓を開けるねこを前に書きました。

 三四郎(ねこ)は,自分で開けるようなことはしません。ぼくらに開けさせるのです。

 ぼくがドアの近くにいるのを察知するのでしょうか,外で鳴くのです。鳴くから開けます。ぼくはドアボーイだと思っているのでしょうか。

 動画でねこの鳴き声が聞こえますか。

セルフ塾ニュースレター236号出来る
セルフ塾ニュースレター236号が出来あがりました。きょう発送します。明日にはお届けできると思います。

 ネット上にもアップしました。

セルフ塾ニュースレター236号

( も く じ )

① 英検2次試験,全員合格 

② 冬休み 12月30日(水)~1月4日(月)}

③ 11月皆出席

④ 沖縄県統一プレ入試行う

⑤ 第3回「沖縄県統一プレ入試(最終)」(予定)

⑥ 高校受験生冬期学習

⑦ 高校受験生,1月からは 土,日も

⑧ 雨水タンクのゲージできる

⑨ 保護者面談は、28日(月)・29日(火)

⑩ セルフ塾 予定表

雨水タンクのゲージできる
 12月1日,セルフ塾の雨水タンクのゲージが出来ました。作ってくれたのは,友人の松田安功さんです。

 セルフ塾のトイレの水は雨水を利用しています。屋根に降った雨は,地下のタンクにたまります。約5トンだったと思います。

 とてもいいのですが,水がどのくらい残っているのかまったく分かりません。トイレに水が上がらなくなってから,水道の水をタンクに入れ,エア抜きをします。けっこうめんどうです。

 そのことをなんとなく話をすると安功さんが,ぼくが作ってあげようということでやってくれたのです。いろいろ工夫して作るのが好きな安功さん。材料費だけを請求しています。うきを利用したとのことです。

 総合計 \11,940{内訳:セメント\1000,砂\1260,バラス \1400,鉄筋 \600,ビパイプ \1622,ふた \276,うき \500,滑車 \600,鋼パイプ \1820,鋼パイプ \2862}
yasunorisan.jpg
gage.jpg

アインシュタインの謎を解く 誰もがわかる相対性理論 (PHP文庫) (文庫)


 アインシュタインの謎を解く 誰もがわかる相対性理論 (PHP文庫) (文庫)
 を読みました。とてもいい本です。

 著者の三田 誠広は,小説家です。

 小説家でありながら,物理学をこんなに深く理解しているってすごいなあと感じました。
 この本は,中身が深いです。難しい内容を文だけで説明しています。とにかくすごく勉強しているなあと思います。アインシュタインの理論もよく分かるように書いています。

 ぼくは,いま特殊相対性理論だけでもきちんと理解したいということで,その方面の本をいくつも読んでいます。その中の一つとしてこの本を読みました。

 この本は初めにも書きましたが,とてもいい本です。しかし,文だけで理解させようとすることには限界があると感じました。図,式がまったく出ないのですね。そういう条件の下ではこれ以上分かりやすくできないというところまで来ていると思います。

 しかし,まだまだ納得いきません。

 相対性理論を理解するには,式の理解が必要だと思います。これまで学んだ段階で,特殊相対性理論を理解するのにそんなに難しい式は必要ありません。それをていねいに解説すれば普通の人は理解できると思っています。もう一歩でぼくは理解できると思っています。

 著者の三田誠広氏の本は,いちご同盟,パパは塾長さん,をこれまでに読んでいました。今回この本に出合い,とても興味を持ちました。そのほかに,宗教関係,そしてマルクスの本も書いているのですね。物理学をこんなに深く理解している作家が宗教,そしてマルクスをどのように書いているのか,ぜひ読んでみたいと思っています。

火のありがたさは分かるか?
 ぼくの家は「IHクッキングヒーター」を使っています。

 今朝,妻がIHクッキングヒーターの近くに紙を置くので
「コンロのそばに紙を置くと燃え移って大変だよ」と冗談を言いました。

 その後で考えました。

 これからの子どもたちは,火,炎を見ないで育つのではないか,と。

 ぼくの回りを見渡してみると,火がほとんどありません。IHクッキングヒーター後はコンロの火も見なくなりました。
 ぼくは蚊が嫌いなので,蚊取り線香をつけます。ライターで。そのときには炎を見ます。仏壇に焼香するときに火を用います。
 その他は,・・・・。思いつきません。

 蚊取り線香を使わないで蚊取りマット,ノンマットを使っている家が多いのではないでしょうか。
 仏壇のない家も多いでしょう。

 とすると,炎を見ないで育っていく子どもは多いのではないでしょうか。

 キャンプファイアーのときに,獣のように炎を恐れるのではないでしょうか。

 歴史では,人類にとって大きなできごととして,二足歩行,言葉の使用と並んで,火の使用が出てきます。これからの子どもたちは,それが実感として理解できないかもしれません。

 ギリシア神話では,プロメテウスが天上の火を盗んで人間に与え,ゼウスの怒りをかったというのがあります。それが理解できないのではないでしょうか。

 IHヒーターはとても便利です。でもそれと引き替えに,火の大切さが分からない世の中になるのは,さびしい思いがします。

セルフ塾 予定表
12月23日 水 公休日

12月26日 土 高校受験冬期学習{~4日(月)まで・1月1日だけは休み}

12月28日 月 保護者面談{~29日(火)}

12月30日 水 年末,年始休暇{~1月4日(月)}

1月 5日 火 セルフ塾通常の学習開始

1月7日 木 古堅中3年,学年末テスト{8日(金),12日(火)}

1月8日 金 読谷中3年,学年末テスト{12日(火),13日(水)}

1月 9日 土 沖縄県統一プレ入試{~10日(日)}

1月 10日 日 中学校3年生テスト勉強{~11日(月)}

1月11日 月 成人の日(公休日)

1月18日 月 読谷中2年,修学旅行休暇{~22日(金)}

1月18日 月 県立高等学校連携型入学・推薦入学願書受付{~19日(火)}

1月19日 火 中学部スペシャルオフ

1月29日 金 県立高等学校連携型入学・推薦入学選抜結果の通知期限

イングリッシュ・バイブル
 英語と自然な日本語の間に,英語らしい日本語の記事に


これ一度読んでみてはいかがでしょうか?


 というコメントを頂いたので読んでみました。

 以下は,アマゾンの「出版社 / 著者からの内容紹介」からです。

英語それぞれが持つ固有の意味、本来の意味、本当の意味を「イメージで直感的に捉える」こと、そしてそれが出来るようになる、ということ第一目標とした本。「英語は、出て来た言葉の順番に直感的に理解していく」「熟語の日本語訳暗記はかえってマイナス」など、英語勉強法10則を紹介。


 ぼくの考えにかなり近い本だと思います。

 英語勉強法10則の1つは,

「辞書の意味を全て覚えようとするのは間違い。一つだけの意味を感じるだけで良い」

 です。

 同感です。
図解 英語基本語義辞典 という本のがあります。残念ながら,絶版になっているようです。
図解 英語基本語義辞典の復刊を望む」という記事を書いたこともあります。
 

 中心となる語義を図解してあり,とても分かりやすいです。ぼくはもうぼろぼろになるくらい使っています。こういう本が絶版になるとはとても残念です。

 同じ著者(政村 秀実)による,英語語義イメージ辞典というのもあります。単語数はとても多くなっていますが,ぼくは「図解」の方がずっと役に立っています。

 とにかく,その語の基本となる意味をしっかりつかむということです。
「教える」と「教え込む」
tell, talk, speak, say の区別
makeの意味は?
see,look,watch と 「見る」「視る」「観る」
 も参考にしてください。

 それから,

 この辞書も基本語義をとても重視しています。
ヴィスタ英和辞典
 さて,このイングリッシュ・バイブルの法則の一つは

熟語の日本語訳暗記はかえってマイナス


 です。

最初のところに

 by the way のことが書かれています。それを「ところで」と訳すのは良くないというのですね。

 なかなか結論がこの本では出ないのですが,結論を言えば,
「その話の筋道からちょっと脇に外れてください」というイメージを持つ方がいいというのです。

 大賛成です。

 ぼくの本

 の第5章は熟語です。そこでは,日本語らしい訳ではなく,それを構成しているそれぞれの単語の意味を重視しています。

 例えば,get up は,「起きる」とただ単に覚えるのではなく,
 up(上に)の状態をget(手に入れる) つまり,起きあがった状態になる のだから,「起きる」ということになるんだよ,と説明しています。

 ぼくも中学,高校では,熟語はそのまま全体として覚えなさいと教わりました。しかし,それを構成する一つひとつの意味もおさえながら覚えると理解しやすいし,覚えやすいと思います。

 イングリッシュ・バイブルの10則の一つは

 前置詞は日本語の「てにをは」ではなく,それぞれとても重い意味を持つ


 です。それも大賛成です。

 ぼくは,inは「範囲」,atは「一点」,onは「接触」と教えています。これも図解語義辞典におうところが大きいです。それから,
田中茂範氏のコア理論はとてもいいです。
コア(コアイメージ)とは


 上の本も参考にしてください。

保護者面談は、28日(月)・29日(火)
  2009年度第2回の保護者面談を、次のように行います。 目的:家庭・塾での生徒の様子を話し合い、今後の学習に役立てます。

 対象:すべての塾生の保護者

日時 : 12月28日(月)・29日(火) 午後2時~午後10時、 一生徒につき15分間。 予約時間制です。 電話(958-0374)で都合のよい日時を予約してください。 または、生徒に予約時間を記入させてください。予約時間表は塾の電話の近くにおいてあります。

 新型インフルエンザ学級閉鎖の影響で,読谷中学の終業式は28日になったと聞いています。終業式の日ですが,間に合う時間に予約下さい。

時間は、正時~15分、15分~30分、30分~45分、45分~正時

場所 : 『セルフ塾』学習室

持参品 : 通知表 (出席できない場合は、後日にでも生徒に持たせてください)

出席者 : 保護者。 生徒の同伴の判断は保護者におまかせいたします。

※12月28日(月)・29日(火)の両日は、塾の学習は休みます。


Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.