FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

甲子園の魔力
 きのう,県立高校の入学願書が締め切られ、県立高等学校入試志願状況,倍率が発表されました。

 嘉手納高校の倍率が上がることは予想はしていました。なぜなら,嘉手納高校野球部の甲子園出場が決まったためです。

 だいぶ前になりますが,読谷高校が甲子園に出場したことがあります。その年,読谷高校の倍率が極端に上がったのです。

 野球をする生徒が甲子園出場校に受験するのは分かります。しかし,まわりの話を聞くと,どうもそうではないようなのです。女生徒も多くなっているとのこと。また,男の子でも,まったく野球をする気もないが読谷を受けるというのです。

 まだよくその子たちの心理は理解できませんが,甲子園出場ということで有名になったから,という単にそれだけの理由で,受験校を決めているようなのです。

 それで,今年,嘉手納高校の甲子園出場が決まって,嘉手納の倍率が上がるだろうと予想していました。去年は倍率が1以下です。ここ何年も嘉手納はかなりの空き定員があります。
 でも案の定,今年は倍率は1.35,49人もオーバーしています。甲子園の魔力です。

 ぼくにはまったく理解できません。野球をするなら十分理解できます。野球をするものにとっては,甲子園出場はあこがれですから。
 しかし,野球のためではない子がなぜ嘉手納に受験することを決心したのでしょうか。

 進路について,よく考えていないのではないでしょうか。
 自分は何がしたいのか,十分に考えていればそのような行動は出てこないと思うのです。ぼくの考えが古いのでしょうか。

 セルフ塾にはそういう子はいません。嘉手納を受ける子も甲子園出場だからということで,嘉手納に決めたわけではありません。ぼくもその子が嘉手納を受けることは納得しています。
 とにかく,倍率があがったというのは現実なのですから,気を引き締めて,受験勉強に励み,合格してもらいたいものです。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.