FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

けさ早く大きな地震がありました
 けさ早く大きな地震がありました。

 僕は沖縄本島の中部読谷村に住んでいます。熟睡をしているときです。揺れが起こったので目をさましました。結構大きな揺れです。ガタガタと震えました。それがすぐにはやまずに長い間続きました。僕の感覚では 10秒ぐらいは続いたのですが、実際にはどうだったのでしょうか。

 揺れがおさまってから、テレビのリモコンを探し、テレビのスイッチを入れました。もうすでに緊急情報が入っています。それによると、5:31に地震が起こったとのこと。津波の心配もあるようです。僕の住んでるところは結構高台にあるので津波の心配はありません。。

 しばらくテレビを見ていました。震度5弱という大きさです。

 これまで57年間生きてきましたが、こんなに大きな地震は初めてです。でも、特に被害はありません。それで、眠りに再び入りました。

 9:00に携帯電話のアラームで目をさましました。そして塾に行って塾をあけ家に帰りました。今日は日曜日で10:00から受験対策があるからです。朝早くやってくる生徒がいるのです。そして家で朝食。

 妻と話しても、地震の被害は特にありません。東京の知人から、地震見舞いの電話が入りました。

 つい数日前、中学三年生のShun君が「沖縄には地震はないよね」と言っていたのを思い出しました。「そんなことはないよ、沖縄も地震地帯の中にはいっているんだよ」と答えました。

 それで、Shun君の顔を見たときに、「Shunがあんなことを言うから、沖縄にも地震があるんだよということを教えるために地震が起こったんじゃないか」、とからかいました。

 
  ほとんどの生徒が、今日の地震は怖かったといっていました。

 ネットで調べると
http://tenki.jp/earthquake/detail-2222.html

2010年2月27日(土) 発表時刻:5時37分 発生時刻:5時31分 震源地:沖縄本島近海 マグニチュード:M6.9 最大震度:5弱


 とありました。
スポンサーサイト




地球上の 2点の最短距離
 地図中に示したロスアンゼルスと東京の間の最短距離にあたるものはどれか。最も適当なものを地図中の アからエから一つ選び、記号で答えなさい。

 という問題が出ました。

 こういう問題では、言葉でいくら説明してもよく理解してくれません。だから、地球儀と糸を使って実際に最短距離を調べてみるのが一番いいです。
saitan.jpg


 地球儀の上で、糸の端を東京にあてます。そして別の端をロスアンゼルスにあてます。それをぴんと張るのです。すると東京ロスアンゼルス間の最短距離になります。緯線にそってではなく,北の方にふくらんだ,弧を描いたようになります。

 問題に出てくる地図はメルカトル図法の地図です。つまり、経線は平行直線、緯線は経線に直交する平行直線になる地図です。一番よく見かける世界地図ですが、最短距離ははっきりわかりません。

 本当の地球は、球になっています。それを、2次元、平面で表すのですから正確なものにはなりません。

 一人の生徒が、「最短距離は直線になるんじゃないの?」とやってきました。
 平面の上では最短距離は直線です。数学で最短距離の問題が出たら、直線を考えるように教えています。

 しかし、地球は、本当は球なのですから、それを平面にした地図では直線にならないのです。メルカトル図法の地図では緯度が高くなるほど面積が広くなるようになっています。だから、最短距離が地図上の直線と一致しないのです。

 そういうことは、言葉でいくら説明してもよく理解できません。だから、地球儀と糸を使って実際に測ってみる方が一番よくわかるのです。
 百聞は一見に如かず、というのがこれほどはっきりするのも、あまりありません。

 僕も、頭では理解していたつもりだったのですが、地球儀で実際にやってみて、びっくりしました。感動に近いものを感じました。

 日本からヨーロッパに行くときにその最短距離は、ロシア(北極近く)を通ります。それも、地球儀と糸を使ってやると本当によくわかります。

 そのためにも、地球儀は手元に置いていた方がいいと思います。理科の天体でも地球儀はよく使います。利用価値はかなりありますよ。

(指摘があったので、一部修正しました)
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.