FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

よもぎ(フーチバー)
yomogi.jpg
 伊佐Shinyuさんから封書が届きました。びっくりしました。Shinyuさんから封書が届いたことに対してです。そんなのが来る人ではありません。

 伊佐Shinyuさんは心臓を患っていて、今帰仁村で療養をしています。去年の5月にそこに見舞いにいきました。

真喜屋滝,沢のぼり,沖縄の秘境

 手紙を開くと、印刷物がはいっていました。韓国の麗水療養病院に療養に行ってたとのこと。3カ月間です。今帰仁村の療養所もキリスト教関係のでその関係で韓国に行ったのでしょう。自然治癒力を高める療法のようです。肉はあまりとらず野菜中心の食事にすること、酒やたばこをやらないこと、などが書かれていました。この3カ月間で大分体調が良くなったようです。以前は少し動くと息切れがしたのが、少しいや高い山にも登ることができるようになったそうです。

  その中に、ヨモギの葉のことが書かれていました。ヨモギのことを沖縄の方言ではフーチバーといいます。フーチバーは薬草として沖縄では生活にかなり入っています。

 子どものころに、薬という言われて、フーチバージュースを飲まされたことがあります。とても苦くて嫌いでした。でも、昔から継がれてきたので薬としての効用はかなりあるのではないかと思っています。高血圧にもいいそうです。

 それで、僕もそれを生活の中に入れようかと考えました。民商の仲間と話し合うとみんなヨモギはいいよと話していました。ヨモギは簡単に栽培ができそうです。

 セルフ塾の庭にも以前、自生していました。現在も生えているかがあちこち探して見ました。すると、そんなに多くはないのですが見つけることができました。
 芝生や雑草に隠れていました。芝生や雑草を取り除くと、まあまあ生えています。まったくほったらかしにしていたのですが、生き延びています。生命力が強いのですね。
 それを増やしていこうと考えています。
スポンサーサイト




反応していない銅は何グラムか。
 次の問題ができないと習いにやってきました。

銅の粉は12.0gをステンレス皿にとって加熱したところ、一部が反応せず、加熱後の質量をを測ったところ14.5gであった。ステンレス皿の中には、反応していない銅は何グラム残っていたか、答えなさい。


その前の小問で銅と酸化銅の質量比が 4 : 5 であることはわかっています。
また、銅が酸化して酸化銅になるときの化学反応式(2Cu+O2→2CuO)もわかっています。

 まず、次のような囲の字表を作りました。※しるしはブランクです。

囲の字表

2Cu、O₂、2CuO
4  ※  5 
※  ※  ※

 そして、化合した酸素の比を考えさせます。銅4に対して酸化銅が5できたのですから酸素をが1化合したことはすぐにわかります。

2Cu、O₂、2CuO
4  1  5 
※  ※  ※

銅粉は12.0gが加熱後14.5gになったことから、酸素が何グラム化合したかを考えさせます。
14.5g-12.0g=2.5g の酸素が化合したことはすぐに分かります。

2Cu、O₂、2CuO
4  1  5 
※ 2.5g   ※

 次に、ブランクのところを田の字表で計算し、求めます。
田の字表って何?

2Cu O₂ 2CuO
4   1   5 
10.0g 2.5g  12.5g

 ここまでは、何とか理解できるようです。ただその次にどう考えていいのか、難しいところです。答えの一歩手前まできているのですが、ここでどうすればいいのか全くわからないようです。

それで、ここまでの経過を図にして説明します。

最初、12.0gの銅があります。
dou.jpeg

  その銅に、2.5gの酸素が化合したのです。次のようになります。
sankadou.jpeg

そして、この囲んだところが酸化銅になったところだよ。その重さは12 5gだねと言います。と、そして全体の重さが14.5gになった。とすると反応しなかった銅はいくらになる?

 2.0g(14.5g-12 5g)

 自信なげに答えていましたが、これで何とかわかったようでした。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.