セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

Akemiさん,10年間ありがとうございました
 10年間,セルフ塾でチェック係をしていただいたAkemiさんが3月で辞めました。

 Akemiさんは,Kyokoの同級生です。10年前に,Kyokoがチェック係を依頼したところ,大変だろうからお手伝いにでもなればという気持ちで,快く引き受けてくれました。

 これまで,チェック係の中心になってやってもらいました。高校入試後3年生が休みに入ると,チェック係も2人はいらないだろうと,Akemiさんがいろいろ考えて,出勤日を考えてくれました。ぼくらは,Akemiさんに負かせれば大丈夫だと,もうすっかり頼り切っていました。

 きのう(3月30日)は,送別会として,読谷村長浜のレストラン「ル・シャノン」で昼食会を行いました。

 Akemiさんは,「セルフ塾で10年間,チェック係をやってこられてよかった」と語っていました。10年間やって,もう大丈夫だろうということで10年を節目にして,辞めることにしたとのことです。

 Akemiさんは夫婦2人住まい。ご主人は,Akemiさんが塾から帰って11時ごろ夕食をするそうです。ご主人の理解があったからですね。塾というとご主人は不満も述べなかったそうです。

 このような人たちに支えられられながら,セルフ塾はなりたっているんだと改めて思いました。感謝です。

 Akemiさんの抜けた穴はとても大きいのですが,残りのメンバーでなんとかカバーしてくれると期待しています。Akemisan.jpg
スポンサーサイト

セルフ塾の生徒は,友人を誘わない
 中学生1年のY子さんが,友人が入塾したいとのことで,妻にいろいろ聞いていました。
 そばにいた同じ1年のAさんが
「えっ,○○が入るの?○○はできるから塾に入らなくてもいいんじゃない」
 と言っていたそうです。

 Aさんも成績はいいです。○○さんがどの程度の人かは知りませんが,たぶん似たようなものでしょう。

 他の塾の生徒は知りませんが,どうも,うちの塾の生徒は友人を塾に誘うことが好きではないようです。話しを聞くと,その子が入ったら,成績が上がり,自分よりも上になってしまうかもしれないと思い,それがいやなようです。特に成績のいい子を誘わないように感じます。

 確かに,他の生徒に負けたくはないですね。その心理も分からないわけではありません。

 そして,うちの塾の生徒が,毎日の学習が確実に身に付いていくのを実感しているからだろうと,有る面ではうれしく思います。しかし,塾経営者としては複雑な心境ですね。

tire のイメージは「(動きが止む)→活気を失う」
 tiredを「Express E-Gate英和辞典」で引いてみました。

 (1)疲れた (2)飽きている,飽きる


 とあります。日本人にとっては,「疲れる」と「飽きる」とは,違う概念ですね。でも,何か共通点がありそうな感じもします。

つか・れる【疲れる】
1 体力や気力を消耗してその働きが衰える。くたびれる。「働きづめで―・れる」「神経が―・れる」「生活に―・れる」
2 長く使ったために物の質や機能が悪くなったり弱ったりする。「―・れた油」「―・れた上着」
3 飢える。

あ・きる【飽きる/×厭きる/×倦きる】
1 多すぎたり、同じことが長く続いたりして、いやになる。「勉強に―・きた」「彼の長話に―・きた」
2 十分に味わったり経験したりして、それ以上欲しくなくなる。「牛肉を―・きるほど食べたい」
3 動詞の連用形に付いて、いやになるほど十分に…するの意を表す。「見―・きる」→飽く「聞き―・きる」[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]


 次に「英語語義イメージ辞典」を引いてみました。

 tire 疲れる。疲れさせる。(源)止める (イメージ):(動きが止む)→活気を失う

 なるほど。
 働きすぎて,もういやだ。働くのを止めたい。働く意欲をなくした。それが「tired(疲れた)」。

肉を食べ過ぎた。もう食べるのを止めたい。食べる意欲をなくす。それが「tired(飽きる)」ということですね。

 何か,tiredの意味に一歩近づいた気がします。





  

珍しく不平が出ていないのは教材の良さのお陰か
北海道のMさんからメールをいただきました。ありがとうございます。

今晩は!北海道のMです。昨日、教材が届きました。お忙しいところ有難うございますm(__)m

昨夜は職場からまっすぐ合唱の定演を聴きに札幌に行き、22時半に帰宅しましたら教材が届いていました。お礼が遅くなり大変失礼しました。

今日から早速取り組んでいます。珍しく不平が出ていないのは教材の良さのお陰かと感じています。
まずは初日。これから習慣と出来るよう伴走していきます

今日は快晴から一転、昼から雪が5cm以上積もりました。まだまだタイヤ交換は先でしょうか。
有難うございます。また近況を報告させてください。お休みなさい。


(Yojiの返信)
 連絡、ありがとうございます。教材が無事に届き、よかったです。

 ぼくの教材で、さっそく学習を進めているとのこと。また、

>>>珍しく不平が出ていないのは教材の良さのお陰かと感じています。

 とありますが、それが本当ならうれしいです。

 きょうは、糸満のいとこの家まで車を走らせました。暑いのでエアコンを入れました。同じ日本でも北海道と日本はちがいますね。

 なにかありましたら、お気軽にメールください。
 
コメント,メールのブログ掲載について




「中学生には英英辞典は無理」にコメント
 rinkaanさんから、「中学生には英英辞典は無理」にコメントをいただきました。ありがとうございます。

re:中学生には英英辞典は無理
>英英辞典を使うなら、英検準二級程度でしょうか。準二級程度でも結構厳しいと思います。

こんばんわ。私も、賛成です。

よく、最初から英語でとか、英単語や英語の文章は、頭の中にそのイメージを思い浮かべればよいという人がいます。そういうのは、週5回の少人数クラスならば可能かも知れませんが、日本で、日本人が、現状で実行するのは、きわめてムツカシイと思います。というか、無理でしょう。だから最初は、直訳的な和訳をさせる方向で授業すべきではないでしょうか。

さて英英辞典ですが、私見では英検2級合格くらいからならば、利用できるのではと思います。つまり、最初は英和対照方式で進め、ある程度英語ができるようになってから、英語脳に組み替える方式が現実的ではないかと思います。ということで、セルフ塾さんに大賛成です。

ところで、セルフ塾さんのような正論に反対する人は、どういう授業体験をしているのでしょうか? 私は非常に不思議に思えます。


 このコメントにすべて賛成です。

>>>最初は、直訳的な和訳

 ぼくもそう思います。自然な日本語よりも、直訳的な和訳で学習を始めた方がいいですね。

 英英辞典、準2級から、と前に書きましたが、2級というせんが無難かもしれません。
 ありがとうございます。

コメント,メールのブログ掲載について




首里中学校のクラスメートと
昨日は首里中学校のクラスメート 3人とお酒は飲みながら,会話を楽しみました。

昨日集まったのは上原Atsushiくん。山田Takashiくん、翁長Yokoさん、そしてぼくの4人。

 集まった場所は首里大名町にある酒処「長屋(ちょうや)」。そこには、僕と、小学校、中学校、高校と同期の玉城Riekoさんがいます。旦那さんと二人でやっているお店です。開店から1年半ほどたっているとのこと。
 そこに行ったのは、昨日はじめてです。店の前にある大きな垂れ幕(カーテン)がとてもすてきです。
choya1.jpg

中にはいると、そこはまたとても落ち着いた雰囲気が醸し出されていました。全体的に濃い茶系統の色で統一されています。シンプルな感じですがとても品のあるお店です。
choya3.jpg


 僕は高速のバスに乗り、那覇インターで降り、そこから45分ほど歩いてこのお店に到着しました。いい運動になるなりました。

 4人で楽しくおしゃべりをししました。特に、山田君とは歴史の話しで盛り上がりました。堂門冬二や司馬遼太郎、そして城山三郎が好きだということです。僕も好きな作家です。城山三郎は前から気にはなっていたのですが、まだきちんと読んだことがありません。彼と話しをするうちに今度はきちんと読んでみようと思いました。
choya4.jpg



 出された料理もすべて満足のいくものでした。楽しいひとときを過ごすことができました。
choya2.jpg
choya5.jpg


 午後7:00に店に入り、店を出たのは 午前1:00になっていました。4時間があっという間に過ぎた感じです。




母,手編みのベストとセーター
 ぼくの母(江美)が,ベストとセーターをぼくと妻にプレゼントしてくれました。母の手編みです。それで,それを着て記念写真。

 母は,81歳になります。父,母,ぼくは,3人とも辰年生まれです。父が36歳,母が24歳に生まれました。だから,父,母の年齢はぼくの年に36,24を足せばいいので,楽です。
hahateami.jpg

中学生には英英辞典は無理
 コメントをいただきました。ありがとうございます。

英語本来の意味に少しずつ近づく

 についてですね。


「日本語訳を覚えないで,どのような学習をするのでしょうか。」

とありますが、英英辞典がありますよ。
いちいちtiredを疲れたと覚えてそこから英語の広がりをとらえていくなら、最初から英語で意味を理解する方が早くありませんか?

LONGMAN英英辞典なんて使いやすいですよ。


それと文法書なんですが
「grammar in use」がおすすめです。
日本語の文法書よりより的確でわかりやすいですよ。



 英英辞典に関してですが、それを使うことができるには、それなりの英語力が必要になります。tiredが出てくるのは中学2年のころです。地元中学が使っている英語の教科書「TOTAL ENGLISH」では、中学2年の教科書にtiredがあります。中学二年生には 英英辞典は使えない,と僕は思っています。無理をすれば使えるでしょうが、大変です。その無理をすれば、英語が嫌いになるのではないかと思います。

 僕がこのブログで英語学習者の対象は中学生が主です。僕の学習塾が中学生までしかやっていないからです。
 かなりの力がつけば英英辞典もいいでしょう。だから、tiredを覚えるのに英英辞典を使うことは勧めません。
 英英辞典を使うなら、英検準二級程度でしょうか。準二級程度でも結構厳しいと思います。

 なお、入門期に習う単語は日本語と英語が一対一対応してないことが多いのですが、ハイレベルの英語はかえって日本語と英語がだいぶ一対一対応しているという感じを僕は持っています。入門期に習う単語は日常をよく使う単語です。

 それに対してハイレベルの英語になると専門用語がはいってきます。専門用語といってもそれほど大したものではありません。例えば中学生が理科や社会で習う用語です。「酸素」と「oxygen 」はほとん一対一をしているのではないでしょうか。
 だから、英英辞典を使うなとは言いませんが、そういう単語は英和辞典でも十分だと僕は思っています。

 また文法書も英語で書かれたもの中学生に読ますわけにはいきません。これも力がついた人を対象にした考え方だと思います。

 それで、入門期には、パーフェクトを求めず、70点主義ぐらいにして、英語の意味も覚え、そして、力がついたころに英英辞典などを活用して、英語の意味を本来の意味に近づけるということでいいのではないでしょうか。

 セルフ塾,合格祝い
 きのうはセルフ塾の合格祝いを行いました。

 7時15分に開始。レストランにお願いしたバイキング料理。そして差し入れもたくさんでした。
 食事をしながらおしゃべりを楽しみ,そしてビンゴゲーム,百人一首もやり,それぞれが勝手に遊んでいました。
1nenjo.jpg
3nenjo.jpg
2nenjo.jpg
2nendan.jpg
3nendan.jpg

 卒業生も多数かけつけてくれました。
 高校生の,Yoさん,Ryoくん,Shokoさん,Tazukiくん,Kazuhikoくん,Itsukiくん,Yukihitoくん,Kitaruくん,Kentaくん,Koくん,Tatsukiくん。それにRyoくんの友人1名。
sotu4.jpg

sotu2.jpg


 今年高校を卒業したYuyaくん,Kaitoくん,Aiさん,Mariさん
sotu3.jpg

 大学生のTsuraneさん,Yurikaさん,Oribeくん,Risaさん
sotu1.jpg

 以上,20人。

 Kaitoくんは高知大の物理に進学が決まったとのこと。今年は大学浪人をすることになったYuyaくんとMariさんに,先輩のTsuraneさんらが,予備校選び,勉強法など,いろいろアドバイスする姿も見られました。

1年間「がんばた会」
 翌日からセルフ塾は,春休みに入ります。1年間の締めくくりとして,小学部はきのう25日,「がんばった会」を行いました。
 レストランにバイキングをお願いし,食事も準備しました。

 5時30分,まずは食事を各自で皿に盛り,乾杯。自由にたくさん食べました。
 その後,百人一首大会をしました。ぼくが上の句から読み上げます。下の句を読み上げてから,みんな一所懸命いカードをさがして,楽しみました。小学5年のRikoさんは,「ちはやぶる・・・」の句は覚えていたそうで,上の句をぼくが読み始めると,すぐにその札をとりました。それには,ぼくもびっくり。
 その後,ビンゴ大会もしました。

 小学6年生のKisaさんは,これで卒業です。5年生の女子が中心になって,色紙に,寄せ書きを集め,プレゼントしていました。学年の壁のないセルフ塾らしい光景だとうれしく思いました。贈呈するときの写真をとらなかったのは残念。

 遅刻はいたのですが,その日は全員そろいました。これで,1年の学習は終わりです。4月から新たな気持ちでがんばってもらいたいです。

ganbatta.jpg

発音もパーフェクト主義に陥らずに
  先のコメントの続きに,発音について書いてありました。

 それと、以前このような記事を見かけましたが

『 「日本人英語でいいんだ」と居直ることです。

 インド人はインドなまりの英語を使います。フランス人はフランスなまり。方言があるように英語もいろいろです。日本人は日本人英語でもいいのです。完璧にアメリカ,イギリス人のような発音,アクセントでなければ通じないというものではありません。

 日本人のカタカナ発音で構いません。ただし,アクセントには,気をつける必要があります。日本語にはアクセントがほとんどないので,大げさなくらいアクセントをつけましょう。

 それでもまったく完璧な英語を使う必要はないのです。日本人は日本人英語でいいんだ,と居直ると英語はけっこう話せるようになるものです。

 ぼくは日本人英語で通していますが,けっこう通じています。』



これについて少し疑問があったので書かせていただきます。

そのインド英語やフランス英語は英語の音に似ていますが、日本語はそれらの発音とは全く異なっていると感じます。

「日本人英語」と定義しているものがどれほどのレベルであるかはわかりませんが、カタカナ発音だと相手に何が言いたいかをまず理解してもらうことが必要になりスムーズなコミにケーションができないのではないでしょうか。

まあこれは私なりの考えです。他にも書きたいことがあったのですが長ったらしくなりそうですしやめておきます。すいません



 これについては,誤解を与えたかもしれません。
 ぼくがあの記事で書きたかったことは,「パーフェクト主義に陥るな」ということでした。確かに,カタカナ発音では通じないこともあります。できるだけ,ネイティブの発音に近づける努力は必要です。その点はご指摘の通りです。

 例えば,look を「ルック(rukku)」と発音したのでは通じないと思います。lの発音は舌を上の歯茎につけて,[k]は,[ク(ku)]ではないよ。「u」はないんだよ,ということは大切ですね。
 
 だから,そのような発音の練習は必要です。でも,それが完全にできなければ通じないということはありません。
 
 英語の発音は,70点くらいでいいのです。70点から100点にあげるのには,並々ならぬ努力が必要です。そういう努力をするのなら,単語をできるだけ覚えることに費やした方がいいと思っています。単語が分からなければ,話せないことがありますからね。

 英語の[e]は,日本語の[エ]とはまったく違うそうです。eggと[エッグ]はまったく違うのだそうです。ぼくは,その[e]を練習しましたが,うまくできませんでした。
 でも,[エッグ]で通じます。この英語の[e]をきれいに発音するのに時間をかけるのはかなり英語が上手になってからでいいと思っています。

 何の本で読んだか覚えていませんが・・
 英会話教室に通って,英会話を練習しました。初めに交わす,あいさつ言葉を何度も何度も練習に,完璧に近い英語の発音ができるようになりました。
 そして,実践。最初のあいさつはパーフェクトにできました。すると,そこにいたネイティブの人は,この人は英語が上手だ,と思ったのでしょう。ものすごい速さ(ネイティブには通常の速さ)の英語で話しかけてきたのです。
 あいさつ英語しか練習していないその人は,沈黙を守るしかなかったとか。

 それよりも,最初はたどたどしい英語でいいのです。すると,相手は,この人は英語はあまり上手ではないな,と気を遣って,ゆっくりした英語で話しかけてくれます。

 なお,インド人,フランス人のなまりはかなりひどいです。それに比べると,中学,高校を出た日本人の方が,英語の発音は上手ではないかと思っています。これは主観的ですが。


コメント,メールのブログ掲載について


英語本来の意味に少しずつ近づく
コメントをいただきました。ありがとうございます。2点に関してのご意見なので,2つの記事に分けて,回答いたします。

「こつこつと文法を学び、英単語覚え、そして熟語覚える」

これは私も正しいと思います。
ただ、私が疑問を抱くのはその学習方法です。

英単語、英熟語を覚える、というのは多分そのことばに当てはまる日本語と関連づけて覚える、ということでしょう。

しかし、その単語熟語には英語の世界というものがあって、日本語の定義とずれていることが多いです。
(例として挙げるならtired など。NY帰りの友達に聞いてみたところ「疲れた」だけでは表現できない。tiredはtiredだから!)といわれました。

もちろんこれだけではありません。だから、英和辞典を使う勉強法には無理があるのでは?と思ったのです。

それに、英語と日本語を一対一で覚えてしまうと英語を話そうとしたとき、その言葉のイメージがなかなか思い浮かばないと思います。

英語は英語で学習する方が効率的ですし、またそうでないとマスターするまでに相当な時間がかかってしまうのではないでしょうか。



 ご指摘の,「その単語熟語には英語の世界というものがあって、日本語の定義とずれていることが多いです」については,ぼくも同感です。英語と日本語には,ずれがあります。一対一対応をしていません。

 これはとても大切なことです。
 tired ≒ 疲れた です。イコールではない。

 でも,ぼくは,「 tired = 疲れた 」と覚えることから始めていいと思っています。でも,そのうちに,「tired = 疲れた」 では,おかしい文に出合う。そのような経験を積むうちに,単純に「tired = 疲れた」ではいけないのだな,と微調整をするのです。最初からパーフェクトではなくても,とにかく学習を進めていく,ということです。

 「疲れた」だけでは表現できない。tiredはtiredだから!

 と言われて,日本語訳を覚えないで,どのような学習をするのでしょうか。少しずつその英語の単語の意味に近づいていく,ということの方が学習は進むのではないか,と思います。

 tired ではうまく説明できないので,high を使って。
 high は日本語の「高い」とは違います。
 「彼女は背が高い」というつもりで
 She is high. と言ってはおかしいです。その場合は,She is tall. と言わなければいけません。

 でも,最初は high = 高い ということで覚えてもいいと思うのです。使っているうちに,high = 高い ではなく,high ≒ 高い だということに気づく。その一歩は英語の意味に近づく一歩です。
そして,tall, high の違いを学習する。このように一歩一歩近づいていけばいいと思うのです。最初からパーフェクトを目指しては,なかなか進みません。

高い(high と tall)

 なお,覚えるときに大切なのが,コアで覚えることです。田中茂範先生のコア理論はいいです。単語のコアを覚えれば,英単語の意味に早く近づけます。エクスプレス
 エクスプレスEゲイト英和辞典はお勧めです。


コメント,メールのブログ掲載について


倍数で,生徒から尊敬
 生徒を教える場合,生徒から尊敬されていると指導はとてもうまくいきます。そのために、手品のようなことをして,生徒がすごいなと思われるようなことをときどきやってみるのも一つの手です。
今流に言うと,「カリスマ性がある」とうのでしょうか。

 2の倍数は、1の位が偶数,つまり,2,4,6,8,0ですね。

 5の倍数は1の位が0か5のときです。これは誰でもが知っていることです。

 3の倍数は各くらいのするの和がが3の倍数であれば,3の倍数になります。これは中学一年生が文字式を習う時に証明問題として出てきたりします。それを使うと,少しカリスマ性をもたらすことができます。

 けた全部を足すというのは面倒なので簡単には行きません。二つの数を足すというのは楽にできます。3と6を加えると9になり3の倍数です。4と8を加えると12になりこれも 3の倍数です。
 このような二つのを足して3の倍数になるのいくつも並べるのです。
 例えば,36 48 51 78 18 のような数です(もちろん,間を空けませんよ)。隣り合う二つの数を加えると3の倍数だというのがすぐわかります。しかし生徒はそういうことには気づきません。

 生徒に電卓を持たせて,ぼくは黒板の前に立ちます。そして,黒板に,さっさと数字を並べます。そして,「これは3で割れるよ」と言って,生徒に電卓で確かめさせます。そして,実際に割れるので感心してくれます。

 9の倍数も同じようなものです。9の倍数の各くらいの数を加えると9になります。これも中一年生の文字式の時に証明が出てきます。これも二つの隣り合う数が 9の倍数でなる数を作ればいいのです。27 54 36 81のような数ですね。

4の倍数は下二けたが4の倍数なら 4の倍数です。これも証明は簡単にできますが,ここでは省略します。ずらずらと数字を書いて,下二けただけを4の倍数にすればいいのです。下二桁を4の倍数にするのは難しくありません。

 8の台数は下三桁が8で8の倍数であれば8の倍数です。これもいくつか適当なをいって最後の三ケタだけを8の倍数にするようにすれば 8の倍数になります。54873248のような数です。248は,240+8です。 24が 8の倍数で,8が倍数なので,このように分けて考えると8の倍数も簡単に作ることができます。

 6の倍数というのは2の倍数でもあり3の倍数でもある数です。3の倍数の時のように和が3の倍数であって,そして1の位が偶数であればいいのです。これも3の倍数の時のようにやり、1の位を偶数になるようにすれば簡単に作ることができます。

 7の倍数の特徴をぼくは知りませんでした。でも,ネットで調べると,あるのですね。けっこう難しそうです。

明治の3戦争の年代は10年ごとに
 多くの参考書に書かれていることなのですが,
 日清戦争(1894年)、日露戦争(1904年)、第1次世界大戦(1914年)は,10年間隔で起こっています。

 このことは,多くの生徒が知らないので,受験前には教えてあげます。

 「日清戦争は何年?」と生徒に問いかけます。時期にもよりますが,ほとんど知りませんね。当てずっぽうに「1600年」などと言う生徒がいるので,「日清戦争は何時代にあったんだよ」などと言いながら,年代をせばめていきます。「1900年」には,「もう少し前だね」などと言いながら,1894年を出します。
 黒板に,「日清戦争・・・・1894年」と書きます。

 「では,日露戦争は?」これもなんとか「1904年」
 「日露戦争・・・・1904年」

 そして,「第一次世界大戦・・・1914年」
 
 日清戦争  ・・・・1894年
 日露戦争  ・・・・1904年
 第一次世界大戦・・・1914年

 どうなっている?
 と問うと,「10年ごとだ」と気づきます。
「だから,日清戦争の年号だけ覚えて,あとは10年ごとと覚えればいいんだよ」と言います。

もっと前を開けて
 生徒が教材を持って習いに来ます。ぼくは,参考ページを開かせるために,
「もっと前を開けて」と言います。すると,逆に後ろをめくる生徒が少なくありません。

「なぜ,逆を開けるんだよ。前を開けるんだよ。戻るんだよ」と言って,
「本の前というのはね,ここなんだよ」と,説明を付け加えます。

 前半,後半というのがあるのですから,ページ数の若い方が前になるのですね。この「若い」というのも通じないので困ることがあります。それは置いて。

 「なぜ,『前に』と言って,逆に行くのかな?」と妻に言うと,
 「たぶん,こうだからよ」と説明下のが,次。

 子どもたちは,「前」というのは,自分が向かっている方向を指すと思っています。もちろん間違えていません。顔のある方が前です。そして,「前へ進め」というときは,「先に進め」という意味です。これも間違えていません。
 だから,本でもこれから読もうとするところが「前」になるのです。これから進もうとするページだからページ数の大きいところが「前」になるのですね。

 それで,「もっと前を開けて」と指示されたら,「先に進め」と解釈して,後ろの方を開けるのですね。なるほど。

授業時間にテレビ
 昨日、甲子園で高校野球がありました。沖縄県からは嘉手納高校が出場し、花咲徳栄(埼玉)と対戦しましたが、0―4で敗れました。嘉手納町は僕の住んでる読谷の隣にあります。そして嘉手納高校にはセルフ塾の生徒が何人かいます。そのせいもあり、応援していたのですが、残念です。

 昨日は高志保園まつりがあり、そこに出かけました。フクちゃんと一緒に、ステージの前に設けられている椅子に坐って、舞台鑑賞をしていたのですが、嘉手納の試合が気になります。フクちゃんは嘉手納に住んでいるので、僕以上に気になるようです。それで、携帯電話を取り出し、それでテレビを見始めました。小さいし、室外でもあるので、はっきり見えはしません。でも、試合の状況は何とかわかります。舞台そっちのけでテレビを見ていました。

 さて、しばらく前は大学ではおしゃべりがひどくて、授業が成り立たないということを聞きました。しかし、その後大学の授業がとても静かになったということを聞きました。それはなぜかと言うと、携帯電話でメールのやり取りなどをしていておしゃべりをしないというのです。時代はどんどん変わるものだと思いました。

 昨日舞台そっちのけでテレビを見ている自分を顧みて、思いました。そしてフクちゃんに言いました。
「昔、僕らが中学生のころには、学校の授業で先生の話しは聞かずに漫画を見ていたけれど、最近の子どもたちは携帯電話でテレビを見てるかもしれないな」と。
 フクちゃんも同感だといいました。

 実際はどうなのでしょうか。
 僕の塾の生徒中学生も、だいぶ携帯電話を持つようになりました。もちろん、塾の学習時間に携帯電話を使用するのは禁止です。でも、休み時間にやることなどは許可しています。ときどき、携帯電話の呼び出し音が鳴りだして生徒が慌てて対応しています。もちろん僕らは注意をします。

 たまにではありますが、学習時間中に携帯電話でメールを確認している子もいます。授業時間にテレビを見ている子がいるのは十分にあり得ると思います。
 セルフ塾では課題をこなさないと帰れないので、ただただ学習時間中にテレビを見るということはないでしょうが・・・・。

フートバー(よもぎ),食す
 数日前,塾に庭にあるフートバー(よもぎ)を初めて食べました。お汁に入れて。

 おいしいとはいいませんが,特にまずくもありません。薬のつもりで食べていこうと思います。でも,まだ毎日食べるほどはできませんが。
fuchiba.jpg
fuchiba2.jpg

ねこはなぜハブの毒で死なないのか?
東京のO様のメールに

三四郎さん、退院おめでとうございます。本州に住んでいるとハブ毒というものは非常に致死性の高いもの、という認識があります。ネコはなぜ平気なんでしょうか・・・


 とあったので、ここに記事を別にして書きます。僕は、専門家ではないので、動物病院のお医者さんから聞いた知識とぼくの個人的な意見を書くだけです。

 ハブの毒はとても致死性の高いものです。とても恐ろしいです。ハブにかまれて死ぬ人が年に何人もいます。
 ただ、ハブはとても臆病な動物です。いつも草むらに隠れています。それをとらえようとした人がかまれるということが多いようです。ハブは高い値段で売れるので、生きたまま捕まえようとする人がいるのです。

 ハブもちゃんとした生き物ですから、生きる権利があります。だから、僕は散歩のときに出会うハブは逃がすようにしています。ただ、敷地内で見かけたときは、危険ですから殺します。子どもたちが咬まれたら大変です。生きたままつかまえるのではなく、棒を使って殺すということは比較的簡単にできます。

 猫は基本的にハブよりも強いようです。だから、猫はハブをつかまえようとするのです。ねずみをいたぶることがありますね。そんな感じのときもあります。または殺そうとします。それでハブに向かっていくのです。

 ハブに向かっていくのですから、頭が先になります。そしてちょっとしたすきを狙われて頭をかまれてしまうのでしょう。頭には頭がい骨があますね。だから頭をかまれても歯はそれほど中に入らないのです。だからハブの毒が量的にそれほど入らないですむようです。

 かまれる場所が頭ではなくおなかだったりすることがあります。その時は大変です。死ぬことが多いですね。僕の飼っている猫がかまれて死んでしまったことが何度もあります。

 犬は猫のようにハブに向かうのではなく、吠えながらまわりをぐるぐる回るのだそうです。それで頭をかまれるのではなく、おなかあたりをかまれることが多いとも聞きました。塾で飼っている梅子も幼い時にハブにやられたことがあります。

 ただ、人間は少量の毒で死んでしまうこともあるようです。それに比べると猫は頭をかまれて少ししか毒が入らないにしても生き続けることが多いです。毒に対する耐性が人間よりは強いかもしれないと僕は推理しています。

 ハブは臆病な動物です、と書きましたが、最近、台湾から獰猛な省がはいってきて帰化している、という噂を聞きました。それが本当なら恐ろしいことです。


導入が大切
 東京のO様からメールをいただきました。ありがとうございます。

仲松様

(前略)

1年生テキストの件、了解しました。たしかに自力で読んで、自力で答えるという学習は、1年生には難度が高そうですね。現在、私も4月に小学生となる女の子を一人担当しています。数の概念(と呼んでいいのか・・・)を把握させ、足し算あたりまでやっていますが、やはり大変です。本人が非常に楽しそうに来塾してくれるのが救いですね。

この仕事をしていて痛切に感じるのはあらゆる分野の「導入」をいかに為すか、です。これが本当に難しい。仲松さんのテキストを拝見させていただいて、少しヒントも見えてきましたが、まだまだ道半ばです。特に世間が言うところの「LD・ADHD」という特性を持った子ども達にどうやって教えるのか。時間をかけて考えていきたいです。

三四郎さん、退院おめでとうございます。本州に住んでいるとハブ毒というものは非常に致死性の高いもの、という認識があります。ネコはなぜ平気なんでしょうか・・・


導入部分はとても大切だと僕も思っています。僕は、故遠山啓先生の「水道方式」を参考にして生徒に教えていますし、テキストも作りました。

 「水道方式」では、なぜそうなるのか、という「わかる」ことをとても重視した教え方をします。だから、導入部分はとても丁寧に行っています。
 僕のテキストは、その水道方式を自分でも学べるセルフラーニング方式に変えただけといってもいいくらいです。水道方式についてはこのブログでもを書いていますので参考にしてください。ブログ内検索で「水道方式」を検索してみてください。

水道方式とは

反抗期は、ホルモンのせいだよ
 Kyokoがテレビを見ていると、アグネス・チャンが話しをしていたそうです。その話しが面白かったと言って、僕に話してくれました。

 アグネス・チャンの息子たちが反抗期を迎えようとしたときのことです。反抗期になる前に、アグネス・チャンは息子にこう言ったそうです。
 これから、あなたはいろいろといらいらすることがあります。しかし、それはあなたのせいでもないし、そしてまたお母さんのせいでもないのよ。それはホルモンというもののせいなのよ、と。

 とても面白いと思いました。

 子どもによっても違いますが、中学生のころは、第二反抗期といわれています。これは、子どもから大人への変わり目です。子どもでも大人でもない時期です。子どものころは、大人の言うことを素直に聞いていたのですが、大人の言うことを素直に聞かなくなります。それまでは大人がえらいもんだと思っているので、素直に聞けるのですが、大人を客観的、批判的に見ることができるようになるのです。だから、大人は子どもが反抗的になったと見るのです。

 心理学では、そのころを反抗期ということで否定的に見るのではなく、子どもから大人に変わるとても大切な時期だとみます。

 しかし、子どもにとっても、大人にとっても、その時期はぶつかり合うことが多くなり、いらいらすることが多くなることは確かです。高校生にもなると、大分大人になって落ち付いてきます。だからある意味では、嵐のようなもので、ただただ通過するのを待った方がいいのです。

 そういう時期が訪れる前に、お母さんから、これからのことをお母さんのせいでも自分のせいでもない、と教えられると、気分的にとても落ち着くのではないでしょうか。そして、お父さんのせいでも、先生のせいでもないと考えます。このイライラがホルモンというもののせいにすることができれば、かなり落ち着いていろいろと考えることができると思います。
 親にとっても、ホルモンのせいだと思えると精神的に楽になります。

 この「ホルモン」というのは、実際に私たちの心理にとても大きく影響しているようです。私たちは自由意志によって何でも自分が考えて決定しているように思っていますが、ホルモンによって私たちの意志が決定されていることが少なくないようです。例えば、恋愛というのはホルモンによってきまる、という本を前に読んだことがあります。それがすべてだとは思いませんが、かなり大きな影響を与えるものだとも考えられます。更年期障害というのもホルモンのせいだと言われていますね。

 だから、中学生のころに訪れる反抗期というものがホルモンのせいだというのは、決して口から出まかせということものではないと思います。実際に、性的にもこのころに変わります。体も変わってきます。ホルモンの出方がだいぶ違ってくるのでしょう。その変化が精神的にも落ち着かなくしていることは十分に考えられます。

 それで、反抗期のようなものをモルモンのせいにして、そのうちに過ぎ去っていくという見通しが立てば、かなり落ち好いて反抗期を迎えることもできるのではないでしょうか。

 とてもいい考えだと感心しました。



お祝いのことば

 高校入試,全員合格に寄せられたことばです。


● おめでとう
高校はめっちゃ楽しいからenjoyしてね(よう)

● 凄いです(>_<)
セルフに結果を聞きに行こうかと、考え中でした。
関わった全ての皆さん\(^_^ )( ^_^)/お疲れ様でしたm(_ _ )m

● 全員 合格 おめでとうございます!!塾の皆様や、受験生の 親御様 お疲れ様でした!と言う思いでいっぱいです!晴れて 25日は頑張った会 ですね(^_^)v

● 合格百パーセントおめでとうございます。毎年、気を使う時期,お疲れ様。姪の○○には、色々面倒かけて見て頂き,大変ありがとうございました。お陰様で、合格出来たのもセルフ塾だから,と強く感じ、感謝でいっぱいです。

● 素晴らしい おめでたうございます。
報われましたね。素晴らしい・・・おつかれ様でした。

● おめでとうございます!ワタシは5年連続成らず…でした。、
 また、一からの出直しですよ~全員合格は本当にうれしいですね~子供たちも一つ階段を上った~って実感できるときです。彼らの人生の中で、「やった~!」って実感出来るとき…そう有りはしませんから~その傍に居られる「塾」人は幸せですね~!本当に連絡待ちの時はこちらが落ち着きませんね~きょうは、祝杯!ですね~!お疲れさまでした!

● おめでとうございます!!
うちは若干名まだつぼみがいます(涙
この経験が彼らの人生の肥やしになるよう
全身全霊でケアしたいと思っています。

● おめでとうございます!!
 お正月のないようなお仕事ですから、大変ですよね。

● 全員合格おめでとうございます!!
日記を読むと、頑張った顔や、満足した顔が浮かびます。
発表の日に、私は塾で待機していたのですが、学校まで先生が行かれると、皆も心強いですね!
わたしは今年こそ、全員合格をめざしたいと思います!
先生も一安心ですね。お疲れさまでした!

● 全員合格おめでとうございます (*^-^)ノ♪
YOJIさんの暖かい励ましと指導の賜物ですね
僕も今年の発表で生徒達に勇気をもらいました
この合格タスキを次の世代につないだいきましょう  (・∀・)/☆  

● おめでとうございます
これで一安心ですね

桜満開,全員合格!!! (^_^)v (^_^)v



 きょう午前10時、沖縄県県立高校入試の合格発表がありました。セルフ塾の受験生13人,全員合格です。桜満開。

読谷高校普通・・宮城 Ryota, 比嘉 Shun, 幸地 Yohei , 瀬名波 Yosuke , 與古田 Rina , 伊波 Ayaka , 桃原 Shoko , 新垣 Shoya , 村吉 Taiki
嘉手納高校総合・・・大城 Kanako
球陽高校理数・・・知花 Yuta
美里工業高校調理・・・岸本 Wakaho
浦添商業高校国際観光・・・前川 Yuka

 きょう時間を間違えて,9時に嘉手納高校へ(生徒の情報が間違えていた)。新聞報道で10時とあったので,やはり,と思い,いったん塾に。

 そして,10時に再び嘉手納高校へ。掲示板に近づきながら,○○3番を探すと,すぐに見つかりました。
「合格です」よかった。心配でした。Kanakoさんはいないか探しました。すぐには見つからなかったので,掲示板を撮しました。そして,再度探すと,いました。
「Yojiさん,受かったよ」とKanakkoさん。
 一人だけの記念写真です。
kadena_20100318111553.jpg


 その後,すぐに読谷高校に行きました。
 心配の受験番号○○2番を探します。これもすぐに見つかりました。「よし,これで全員合格だ!」と思いました。心配だった2人が合格です。後は大丈夫だろうとそのとき思いました。

 そこにShokoさんが「Yojiさん,受かったよ」とやってきました。「おめでとう」と言ってから,二人でセルフ塾の後のメンバーの番号を一人ひとり確認。全員ありました。
 そして,そこにいた生徒7人で合格撮影。
yomitan.jpg


 塾にもどって,残り3人の連絡を待ちました。「高校合格発表,中間報告」を「セルフ塾中学部」の人にメールを送ると,美里工業と浦添商業の2人の合格が確認できました。後は,球陽高校の1人。

 しばらく待っても連絡が来ないので,やきもきしていても仕方ないと思い,球陽高校にバイクを走らせました。大丈夫だとは思うのですが,確認しないと落ち着きません。
 11時50分,球陽高校に到着。そして,○2番を確認。もう掲示板の前には人影はありませんでした。

 その後,先ほど,12時30分,Yutaくんから合格報告の電話が入りました。

 これで,全員合格です。1次で終わりました。

 合格祝いは,予定通り25日に行います。

 合格者へ送る言葉を募集中です。

ねこの三四郎、退院
 ご心配をおかけしました。「三四郎大丈夫?」という声も寄せられました。ありがとうございます。
今朝は、無事に退院することができました。
ねこの三四郎、ハブにかまれる

 朝、11時ごろ動物病院から電話がありました。三四郎が食事をとるようになったからもう退院させてもいいとのこと。京子が動物病院に行き、三四郎を連れて帰りました。
 昨日、面会に行った時には、とても元気がなかったようですが、今日は京子が行くといつものような声で鳴いていたとのこと。三四郎は普段からけだるそうな声で鳴くのですが、そのような声で、鳴いていたそうです。

 帰って来たとき、顔はまだだいぶはれていました。頭には、ハブの歯形がしっかり残っています。

 ねこの比叡と三四郎の仲は悪いので、時々喧嘩をします。今、比叡にけんかを売られたら、それを受けて立つ元気はないだろうと思い、ケージに入れておくことにしました。しかし、三四郎はそれがまったく気に入らないようです。いらついています。そして、中に入れておいたえさや水の皿をひっくり返し、砂場のボール箱も引きちぎっていました。かわいそうだけれども、仕方ないと思い、そのまましていたら、そのうちに静かになりました。

 昼食から帰ってみると、静かに寝ていました。でも、僕が帰って来たのを感じると、また鳴きはじめました。
 裏の事務所の窓やドアを全部閉めて、三四郎を中に入れました。いつもそこによくいるのです。僕が昼寝をするリクライニングチェアーに三四郎が寝てしまいました。いつもの場所で、リラックスしているようです。僕は仕方がないので床の方にゴザを敷いて昼寝をしました。

 三四郎は、その後もそのままずっと昼寝をつづけました。夜7時ごろのぞいてみると、何か食べたそうに皿のそばにやってきました。ミルクを入れてあげるとよく飲みました。そしてドライフードをいれるとかなり食べています。もう大丈夫だと思います。そして外に出たがるのでドアを開けると、ゆっくり出て行きました。トイレに行ったのでしょう。

 10:30になっていつものように猫の食事を準備していると、ドアの外で三四郎が鳴きます。僕はとてもうれしくなりました。もすっかりもとの三四郎です。

sansiroato.jpg


 

自分の指導技術向上のために
 東京都のOさまからメールをいただきました。ありがとうございます。

仲松様

こんばんは。以前、書籍「わかる 解ける できる 中学数学中1~中3」の正誤表を送っていただいた、東京のOです。先ほどネットにて「プログラム学習算数小2~小6」を注文いたしました。よろしくお願いいたします。算数1年生用も欲しいのですが、これは販売分は無いのでしょうか?それとも、もともと存在しないのでしょうか?

仲松さんの書籍に関しては、今回のも含めて自分の指導技術向上のために購入しています。「わかる 解ける~」は導入も含めて非常に参考になります!私が教えるより、黙ってこのテキストを解いてもらうほうが、よほど効果がありそうです(笑)

仲松様のブログ、新着記事から過去の記事まで、少しずつ楽しく読ませていただいています。M出版社にて新刊のお話がすすんでいるそうで、(親御さん向けとのことですが)大変期待しております。私、実は以前都内の書店で働いていたことがありまして、教育書も退職直前まで2年ほど担当していました。仲松さんの「わかる 解ける~」も棚に常備していましたが、まさか自分が読んで使う側になるとは思ってもいませんでした。今度の書籍が、どのような内容のものかわかりませんが、かならず困っている人の役に立つと思います。いまもし書店員に戻れたら「沖縄発、わかる、解けるフェア」と銘打って、仲松さんの書籍を並べてみたいですね。教師向け書籍でなく、学習参考書として扱っても面白いかもしれません。

猫の三四郎さん、元気になるとよいですね。

それでは、注文品の到着を楽しみにしています。


 (Yojiから)
 Oさま,メールありがとうございます。
 ご注文もしていただきまして,ありがとうございます。

 小学1年の算数は作ってありません。セルフ塾では,自分で説明を読んで自分で学習するというスタイルをとっているので,小学2年からになっています。ぼくの教材は生徒にさせながら作ったものなので,塾生に小学1年生がいないので,作っていないのです。

 ぼくの教材を技術向上のために使っていただいているとのこと,とてもうれしく思います。精一杯作ったものですから,それがお役に立つというのはうれしいのですね。

 ブログも読んでいただいているとのこと。ありがとうございます。ぼくも子どもたちと同じで,認めてもらうといい気になり,やる気になります。

 「親は最悪の教師(仮題)」は,まだ出版検討中とのことですが,実現すればなあ,と思っています。

 書店にいらっしゃるときから,お世話になっていたのですね。ありがとうございます。

 ねこの三四郎,きのう妻が面会に行くと,まだ元気はなかったそうです。数日かかりそうです。元気に帰ってきて欲しいです。

コメント,メールのブログ掲載について




西回りと東回り
 国頭村奥は沖縄本島の北の端っこになります。国道58号線の沖縄での起点になっています。

 年に一度、その奥に行くことがあります。ちょうどゴールデンウィークのころですが、そのころ 58号線はとても渋滞するのです。それで、58号線を避けて東回りで行ったこともあります。車は少ないです。でも、それがとてもとても遠い感じがします。地図で見るとそんなに変わりはないように思うのですが、実際に車走らせるといつまでも到着しないという感じがするのです。それで実際に遠いのかどうかグーグルマップによるルート案内を使って調べてみました。それが次の結果です。

グーグルマップによるルート案内、車による
沖縄県中頭郡読谷村座喜味2974-1{セルフ塾}から
沖縄県国頭郡国頭村奥への運転ルート
自動車道利用
名護経由、西海岸
101 km – 約 2時間10分

自動車道を使わない。
名護経由、西海岸
96.6 km – 約 2時間20分

東海岸周り
123 km – 約 3時間33分


 確かに遠いです。1時間あまり、26kmほど差があります。渋滞を避けて東回りでる行くかどうかやはり考え込んでしまいます。

大きな地図で見る

、「ピカソと20世紀美術の巨匠たち」
 きょうは、浦添市美術館に行き、「ピカソと20世紀美術の巨匠たち」を鑑賞してきました。次の記述は浦添市美術館のホームページからです。

浦添市美術館開館20周年記念
・ルートヴィヒ美術館所蔵・ ・・ピカソと20世紀美術の巨匠たち
ピカソやマティス、ウォーホルなど、20世紀美術を代表する巨匠たち41名の作品、60点を紹介します。沖縄では西洋現代絵画を鑑賞する機会はなかなかなく、当美術館でも西洋絵画は12年ぶりの展示。この機会にぜひ、20世紀最高の感性と知性の結晶であるアートの魅力をご堪能下さい。


よかったです。ピカソという名前のせいか、とてもいいように感じました。あれだけいいと言われていると、先入観が入りますよね。でも、うまく言えませんが、たしかに何か感じるものがあります。「剣を持つ銃士」は特に印象に残っています。また、ピカソによるマネの『草の上の昼食』の変奏は、もとの絵ともうまったく違っていて、おもしろかったです。
 上がマネの「草上の昼食」、下がピカソによるもの。似ていますか?
soujounochuushokunane.jpg
soujounochuushoku.jpg


 でも、正直なところを言うと、途中からはとても眠くなり、絵画鑑賞どころではなかったです。
 その直前に、沖縄ソーキそばをの大きいもの食べておなかがいっぱいだったのです。そして今朝は、入塾受け付けがありいつもより 1時間以上も早く起きたのです。そのうえ、いつも昼食後3時から4時ごろまでは昼寝をとっています。この三つが重なってかなり眠気がきつかったです。

 それで、妻より先に駐車場に戻り、車の中で仮眠をとりました。そのために、いつもは必ず写す「やってきた」証拠写真を撮ることができませんでした。

歴史年代暗記は時代区分をから
 高校入試も終わりました。沖縄県の社会科の問題では、単に暗記すればいい問題がよく出るので一問一答式な問題をたくさんするように言っていました。年代も覚えるようにいました。

 そして、年代を覚えるときは、まず時代がわかるようなものを先に覚えるようにと強調しました。具体的には、

平城京の 710年。
平安京の794年。
鎌倉時代の始まる 1192年。
そして鎌倉時代が終わる 1333年。
徳川家康が将軍になった1603年、または関ケ原の合戦の1600年。
明治維新の 1868年。以上です。
それに、豊臣秀吉が全国統一をした1590年も加えてもいいですね。

 室町時代が始まる年代よりも、鎌倉時代が終わる1333年の方が有名です。それは鎌倉時代が終わって後醍醐天皇による建武の新政があり、その後南北朝が続くといった状況で、室町幕府がひらかれた年というのが、そのころの日本では比較的重要なことではなかったからではないかと僕は推測しています。

 いずれにしても1333年に鎌倉幕府が倒されて、そして後醍醐天皇による建武の新政がその次の年から行われ、そして足利尊氏による室町幕府が 1338年に開かれます。このあたりは流れを押さえておいて 1333年の鎌倉幕府滅亡をきちんと覚えておけばいいでしょう。

 これらの歴史区分をきちんと暗記すると、ある年代が出て来たときに、これは何時代のことなのかというのがはっきりします。
 例えば1221年に承久の乱がおこったということが何かで出て来たときに、1192年に鎌倉幕府がひらかれて1333年に鎌倉幕府が滅亡したというのを押さえておけば,これは鎌倉時代の出来事だというのがすぐに理解できます。
だから、時代を区分する年代をきちんと暗記するというのはとても大切なことなのです。

 大きな流れをおさえてから、細かいことを覚えるようにするのです。

それで、僕はこの時代を区分する年代をまず覚えなさい、と生徒には何度も言いました。上にあげた年代はやはり大切なようで、よく出てきます。ごろ合わせもよくつくられています。だから生徒も結構覚えてはいるものです。


原稿、出版の方向へ
 今日お昼ごろ、M出版社からお電話がありました。僕の数学の本を出していただいている出版社です。

 以前に「親は最悪の教師・・・最良の教師への道」という原稿を送り、出版をお願いしてあったのです。

 2カ月近く前、その出版社からメールをいただきました。出版する方向で検討していきたい、2カ月ほど待ってほしいとのことでした。
 それでその返事かなと思い、電話を受けました。ても、単純にその返事ということではなく、その出版社の別の方(お偉い方)が、改めて検討したいことのようです。
 「親は最悪の教師」という題にこだわっているのかどうか、またM出版社は教師向けの本が主で、親向けの本はほとんどないが、それでもいいのかということでした。
 僕は題にこだわってはいない、またM出版社で構わない旨を伝えました。

 とにかく、僕の書いた原稿が本という形になれば満足です。1か月ほど待ってほしいとのことでもちろん了承しました。出版されること期待しています。

(M社からの出版がうまくいかなかったので、電子出版しました)


ねこの三四郎、ハブにかまれる
 ねこの三四郎がハブにかまれました。
 今朝、10:20ごろバイクで塾に行きました。すると、庭に三四郎をがいます。みると、顔がまん丸に膨らんでいます。ハブにやられたのです。このように顔がまん丸にふくれるの何度も見てきました。
 「三四郎」と呼んで近づくと、三四郎は逃げていきます。いつもは、僕が名前を呼ぶとごろんと横になって「抱いて」という感じにします。今日はやはり感じが違います。追いかけると、逃げて行き、やぶの中に入りました。でも、すぐ見えるところです。名前を呼んでも弱々しく鳴くだけで出てきません。それで、僕がやぶの中にはいっていくと、そのままだかれました。そぐに、塾につ連れて帰りました。

 実は、三四郎は昨日1日中帰って来ていません。きのう夕方、犬の梅子と一緒に散歩に出かけたときに、三四郎を見かけています。梅子が大きな声でほえるので、行ってみると三四郎に向って吠えているのです。あまりないことです。
 「三四郎」と呼びながら近づいて行くと、三四郎はものすごい勢いで逃げて行きました。暗くもあるし、あまり近づいてないので顔も見ていませんでした。今考えると、梅子は三四郎の顔がいつもと違うので、それでほえたのでしょう。それでも、姿は見ていたので1日帰ってこなくても、心配ではありませんでした。たまにあることなのです。

 猫はハブにかまれても意外に大丈夫なのです。これまでもハブにかまれて顔がパンパンに張れたことが何度もあります。三四郎も以前にかまれたことがあります。でも大丈夫でした。

 今朝、三四郎を見た時も大丈夫だとは思ったのですが、大事を取って動物病院に連れて行きました。先生は、中度の症状だとおっしゃいました。そして血液検査をして脱水症状を起こしていて、腎臓の機能が低下していることでした。入院させて、点滴を行った方がいいとのことでした。

 検査の間、僕が待合室で待っていると、心配そうな、三四郎の鳴き声が聞こえました。それで、先生に、家に連れて帰って様子を見てみたいのだがと提案したのですが、やはり点滴はどうしても必要だということなのでそうすることにしました。三四郎にはしばらく我慢してもらいましょう。

sansiro_20100318005819.jpg



旅行は取りやめて良かったかも、
 「セルフニュース」を発行するために高校入試の日程を確認しようと沖縄県教育委員会のホームページをみました。今年は、新型インフルエンザの影響で大幅に高校入試の日程が狂っているのです。16日火曜日が高校入試の合格発表日でしたが、中学生の話しで18日に変更されているとのこと。変更したのは、新型インフルエンザの新型インフルエンザにかかった生徒のために追試が行われるからです。そのことを知ったのは2週間ほど前。それを聞いていなければ 16日に合格発表確認で、高校巡りをしてむだ足を踏んだことでしょう。

 さて、その他の日程も大幅に狂っています。合格発表の後、二次募集があり、そして最終二次募集の合格発表があります。最初の予定では26日の金曜日に二次募集の合格発表でした。セルフ塾では合格祝いを 25日木曜日に設定し、26日からは春休みの予定でした。しかし、万が一、一次募集で不合格者が出てきたら、その子のために合格祝いを26日に延期するつもりでした。そしてその旨をセルフニュースなどで保護者にも伝えていました。

 しかし、沖縄県教育委員会の高校入試の予定を見ると、二次募集の合格発表が30日の火曜日に延期されているのです。26日が金曜日で、そして27、28日と土曜日、日曜日を挟むためでしょう。仕方ないことでしょう。

 それでセルフ塾もそれに伴って、変更が加えられます。一次で全員合格した場合には予定通り25日に合格祝いを行います。しかし、もし一次で不合格者が出た場合には30日に合格祝いを行わなければいけません。きょう発行のセルフニュースでもその旨掲載しました。

 ところで、僕ら夫婦は毎年のように春休みには旅行に出かけています。まとめてもらえる休暇はそこしかないからです。妻の京子は旅行が大好きで、それをとても楽しみにしています。ところが、今年は都合が悪くて、旅行を中止することになりました。京子はとてもとても残念がっていました。しかし、最近はしかたがないとあきらめていました。

 今回 26日から30日に 合格祝いが変更されたことにより、行かないことにしてよかったと思いました。もし、旅行に行くつもりで旅行の申し込みをしていたら、今ごろはキャンセルをどうしようか、キャンセル料金はいくらになるだろうか、などと頭を悩ましていたことでしょう。

 何がどう変わるのかわかりませんね。まさに「塞翁が馬」だと思います。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.