FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英語は英語で勉強するな
 以前読んだ「英語は英語で勉強するな」という本を引っ張り出してきました。ぼくの考えにとてもよく似ていると思います。 著者は、「同時通訳の経験と30年にわたる大学での英語教育」の実践があるとのこと。そういう方も同じ考えだと思うと心強く思います。「まえがき」と「目次」を書き出します。それだけでも本の内容がある程度は分かってもらえるでしょう。

 アマゾンの「カスタマーレビュー」の評価はかなりきびしいです。でも、英語学習の基本はやはりこれだと思っています。




<読者のみなさんへ>・・・目からウロコの英語学習法を初公開

この本は、「大人だからこそ、この方法が可能なのです」という大人のための英語学習法を紹介したものです。

私の、同時通訳の経験と30年にわたる大学での英語教育で実践を重ねた方法を、この1冊に詰め込みました。名付けて、「荒井メソード」。

最近では、英語を学ばせるには2才からがよいなどと、母親が子供をネイティブの英語塾に通わせたりしていますが、この本はそんなチンタラチンタラ・ムードで学ぶための本ではありません。

それには、どうすればいいのでしょうか。

一言で言えば、今までの日本語知識を活かし、大人だけが持つ、豊かな経験、理解力、判断力などを用いることです。ここに上達の秘訣があります。

 英語を学ぶとき、まず第1に活用してほしいのが日本人として得た膨大な知識です。今まで得たものは年をとればとるほど、より多く活かされます。知識も経験もない幼児・子供と同じではないのです。大人は彼らが持っていない能力を使うことができるからです。

 構成能力、予測能力、まとめる能力などは大人ならではの能力と言えましょう。
そうした大人の能力を使って、早く英語が話せるよう努力しましょう。
  この意味において、年をとっても英語は上達します。

  今まで英語をやってきてもものにならなかったと落胆し、意気消沈する必要はありません。この本をきっかけに、学習の方法を変えてみましょう。
 そもそも日本人は、英語で考え、英語で話す英語圏のネイティブとは違います。
 英語で考えるといっても土台無理。日本人は日本語で知識を得、頭が日本語で思考を発するようにできているのです。であるなら、日本語を無視しないで、むしろそれを活用して英語で早く話せるようにすればいいのです。この本はそれを目指しています。

  英語は特殊な学問ではありません。世界の人々とコミュニケーションするための1つの道具です。

 読者のみなさんは、「なぜ今まで誰もこんな学習法を教えてくれなかったのか」、「斬新な方法で目からウロコが落ちました」と驚かれるかもしれません。でもこの方法こそ、最短で最も効率のよい「大人のための英語学習法」なのです。
この本で、多くの大人が世界の人たちと英語でコミュニケーションをとれるようになることを願ってやみません。

2001年8月

荒井佐よ子



英語は英語で勉強するな  目次

第1章 大人は日本語の知識を活かせば、英語の上達は眼りなく早い。
  英語は英語で考えるなんて間違ったことをするから、時間がかかるのです

第2章 なぜ大人になって英語を学ぶ必要があるのか 目的意識【motivation】をしっかりと。
英語で意思を発信することで、自信を持って人とつきあうことができます

第3章 日本人は英会話が苦手なのであり、その他の英語能力は備わっています。あとは、好奇心と努力だけ
 英語を学ぶ環境は自分で作ることができまた作らねばなりません

第4章 英会話は書いて覚えるな、口に出して頭にたたき込んでいくべきです。
ビデオよりもカセットテープのほうが丈人の英語勉強には効率がよく、時間の無駄がない

第5章 必ず先に日本語で文意を理解してから、英文を読むこと。この逆は時間の無駄です。
  辞書引き引きの中途半端な苦労、早く英語をマスターしたい大人がやってはいけません

第6章 先に日本語で内容を理解してから英語を聞くこと。BGMとして聴いても無意味。
  同時通訳のヒヤリング術「リピーティング」を伝授しましょう

第7章 日本人の英語を堂々としゃべれ。日本人的な発音でいいではありませんか。
 日本語をしゃべるときにも、S・V・O・Cで思考する癖をつけておきましょう

第8章 英会話学校のネイティブ先生に吹き込んでもらったテープこそ最良の教材。
  一見いいように思える「マンツーマン教育」・・・プラスになるとは限りません

第9章 私の通訳歴は、終戦直後のアメリカ人とのやりとりがその原点でした。
  英語を身につければ生き方そのものが変わる、異文化との出会いに感動することもできる

第10章 心臓でしゃべる「おばさん英会話」が「おじさん英会話」より通じる。
  少ない単語でもシンプルな表現でも説得力ある英語をしゃべることができます

第11章 最後はやはり日本語の語彙・教養がものを言う。大人こそ英会話の達人なのです。
  日本語できちんと議論ができない人は英語でも議論はできません



 どうでしょうか。ぼくにとっては「目からウロコ」ではなかったのですが、同時通訳経験者もこのように考えるということで、心強く思っています。
 英語を英語で学ぶということよりも、これまで身につけた日本のの上に英語を学んでいくということが大切だと思うのです。

 ぼくは、中学生にセルフラーニングで学ばせているので、読み、書きが中心になります。その後、テープ中心ということが必要になるのでしょう。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.