FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英英辞典を使うなかれ。英和辞典で
きのう紹介した「英語は英語で勉強するな―日本語の知識を活かせば効率100倍」のp68~70を引用します。

英英辞典を使うなかれ。英和辞典で
文脈に合った日本語の訳語を瞬時に選びましょう

 大学の英文科の学生や、英会話学校などに通う方の中に「英英辞典」を持ち歩いている人がいます。教師から勧められるのかもしれませんが、そのようなものが、木当にみなさんのお役に立っているとは思えません。

 英語教師の中には「本当に英語がうまくなるには、英英辞書だ」とか「英英辞書を引くことで、より多くの表現に触れるチャンスがある」と説く人が少なくありません。しかし、実際に英英辞書を使いこなせる人というのは、英語の表現力はかなり身についてそのうえ、さらに表現の幅を広げようというレベルに達しています。言ってしまえば、そのような人には、この本はあまり必要なものではないかもしれません。

 この本を熱心に読んでくれている読者のみなさんは、きっと1つの単語の意味を知るのに英英辞典を引き、そこに書かれた英文の説明の中にも、知らない単語が出てくるという方だと思います。では、その説明の中のわからない単語をどうしたら、いいのでしょう。やはり英英辞典を引くのでしょうか。そんなことを繰り返していたら、時間ばかりかかり一生答えにたどりつけないではありませんか。

 ですから、みなさんにはっきり言いますが、英英辞典など無理に使うことはありません。英和辞典で調べれば10秒で済むことに(電子辞書を使えば3秒ほどで済む)、何分も時間をかけていてはいけません。悠長に辞書を引いている時間があれば、何度も英文をリピートして、頭に入れることです。私が対訳つきの記事を教材に用いるのは、辞書がなくても意味がわかるからなのです。

 単語を1つ1つ辞典で引いて100%わからないと気持ち思いという潔癖症は受験英語型です。私か勧めるのは文章の意味をさっさと把握することです。意訳で十分です。某大学である学生が私に言いました。「先生、それは意訳でしょう。それでいいのですか」と。受験英語に芯から毒されているのです。

 それでもなお、「英英辞典」にこだわりたいと言うなら、いい比較を出しましょう。次の①と②の英文は、ある単語を説明した「英英辞典」のー節。

① of or having to do with a known or perceived object as distinguished from something existing only in the mind of the subject or personal thinking

② of , affected by, or produced by the mind or a particular state of mind; of or resulting from the feeling or temperament of the subject

即座に意味がわかりますか。①はobjective, ②はsubjectiveという形容詞の説明。
"Webster's New World College Dictionary"からの引用ですが、objective や subjectiveの説明に、object, subject という単語があるのですからお手上げです。でも、「英和辞典」で引けば「客観的な」「主観的な」とー発ですぐ意味がわかります。



 ぼくはまだ英英辞典を使いこなしたことがありません。これまで英和辞典,和英辞典でやってきました。電子辞書もよく使います。だから,英英辞典がどんなものかきちんと分かるわけではありません。
 でも,かなりの力がないと使いこなせないことは確かです。

 最近の日本の英和辞典類はとてもすばらしいです。進化しています。それでついつい新しい辞書を買ってしまうことがありますが,それぞれに工夫がされています。
 ぼくの英語の力はまだまだですが,いまは英和辞典で十分だと思っています。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.