FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

文字式用,スコアボード式正負の加法
  「スコアボード式正負の加法」については前に書きました。(すみません。名前を変えました。考えてみたら加減法ではなく加法だけなので,)

 さて,文字式用といっても,ほんのちょっと応用しただけです。

 中学2年でこの4月に入塾した生徒で,正負の計算がうまくできない生徒がいます。中学2年では,正負の計算は当然出来るものとして,文字式の展開などをします。正負の計算ができないので,それでつまずいてしまいます。

 そこで,彼らに教えているのが,文字式用のスコアボード式正負の加法。

 3a-2a の場合 +aチームと,-aチームの試合となります。そして,+aチームが何点,-aチームが何点ということで考えさせるのです。
 スコアボードに

+a │ 3
──┼────────────
-a │ 2

 何組の勝ち?

>>>+a組

 何点勝っているの

>>> 1点

 だから+1a だけど1は書かないから+a,

そういう感じです。これは理解力の低い子でもよく理解してくれます。

 いま考えているのは,同類項でないものを計算しようとする場合です。a+2b=3abとしてしまうのです。

 aは大人のチーム(adult), bは少年チーム(boy)だから,試合はできないんだよ,と教えたら分かってくれるでしょうか。まだ試してありません。
 cは子ども(chilf)チームでいいですね。
 dはまだ思いつかないが,あまり出てこないのでいいか。

 x, y は,遺伝子で xは女性,yは男性ということにするかな。難しいかな。
スポンサーサイト




幽霊の正体見たり枯れ尾花
すみまさん,考えがあって,この記事,一時削除します。

 コメント,拍手の方,特に申し訳有りません。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.