FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

英和中間語
 昨日の記事を書いてる時に、「英和中間語」という言葉を思いつき、すぐに使用しました。

 「中間語」というのは、以前ネット上のどこかで見つけて、僕にとって便利な言葉だと思い、使い始めていました。

 でも、それだけだと何語と何語の中間語なのかわかりません。

 僕が使いたいのは日本語と英語の中間の言語です。それで中間語の前に「英和」を付けて「英和中間語」にしたらいいと思ったのです。

 日本語の語順はある程度入れ替えても意味が通ります。

 それで英語の語順に沿いながら日本語の単語などを当てはめたのを「英和中間語」ということにします。

英文:I know that you like baseball. 

和文:私はあなたが野球が好きだということを知っています

の英和中間語は
「私は知っている 次のことを、あなたが野球が好きだ」になります。

 もちろん日本語も語順が完全にどうでもいいというわけではないありません。だから英語の語順に直した日本語というのは自然な日本語からはほど遠いものになります。

 しかし、英語を学習する場合においてこのような英和中間語というのはとても便利だと感じています。

 英文を読むときには、前に戻ったり後ろにいったりするのではなく、頭から順序よく訳した方がいいという意見があります。僕もそう思います。

 そのようにして訳した日本語は英和中間語となっています。

 普通は、このように英語を日本語に訳す時に英和中間語にいったん訳するということになります。

 僕はそれを和文英訳に使おうとしているのです。

 英語を学び始めたばかりの中学生に、自然な日本語を与えて、それを英語に直させるという課題は無茶です。

 だからこれまでもある程度は英語に近い日本語をである英和中間語を中学生に与えて和文英訳をさせてきました。

 それを今回の改訂でさらに徹底していこうと考えているのです。

 従属説を導く接続詞when, becauce などについては前に書きました。そして名詞節を導くthatについてはきのう書きました。

 このように接続詞の日本語訳を工夫をすることにより、英和中間語が出来上がります。

 これでも結構日本語として理解できると思います。

 ただ、自然な日本語というのも付録として、与えるようにしました。

 次の日本語を英語にしなさい。

(1) 私は知っている 次のことを、あなたが野球が好きだ
(私はあなたが野球が好きだということを知っています)


のような感じです。

 僕が今回は英和中間語をもちいることにしたのは、中学生の負担を少なくするというのが第一の目的です。

 ただ、副産物としてこの英和中間語に慣れ親しむことにより、英文を読むときにこの英和中間語に訳していくということが自然にできるのかできるかも知れないと期待はしています。

 ただ、何度も書きましたが、悪くなる面もあります。

 英和中間語による和文英訳は自然な日本語の和文英訳に比べるとかなり楽になります。楽になるということは生徒が苦労しないということで、甘やかすことにも通じ、英語力が落ちるかもしれません。
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.