FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

anyとsomeの違い
 きのうはeverのことを書きました。その関連でanyの記事を貼り付けようとしたら、anyについてまだ書いていないのですね。anyでブログ内検索してヒットしませんでした。

 それで、きょうはanyとsomeについて書きます。

 ヤフー辞書の[ プログレッシブ英和中辞典 提供:JapanKnowledge ] から

some
1 いくらかの, 多少の, 少しの.
2 人[物]によると…(もある), なかには…もある.
3 ある, だれかの, 何かの

「any」
1 ((疑問文))何か, いくらか, どれか, だれか, いく人か
[語法]anyとsome―
(1)原則として疑問文・否定文・条件文ではanyを, 肯定文ではsomeを用いる.
(2)肯定の答えを期待しているときは, 疑問文でもsomeを用いる
2 ((否定文))何も, どれも, だれも, 少しも
3 ((条件文や疑念を表す文))何か, どれか, だれか, いくらか, いく人か
4 ((肯定文))どんな…でも, いかような…でも, あらゆる, みんなの, すべての


 someとanyのちがい、よく分かりません。
(1)原則として疑問文・否定文・条件文ではanyを, 肯定文ではsomeを用いる.
(2)肯定の答えを期待しているときは, 疑問文でもsomeを用いる

 という説明があり、それでだいたいは間に合いますが、なぜそうなのかすっきりしません。

 「エクスプレスEゲイト英和辞典」から

 

some  はっきりとはしないが、いくつかの いくらかの

 any (疑問文、否定文で)数・量が不特定であることを表す
(肯定文で)特定しないで「どれでも」


 少し分かってきました。

 「図解英語基本語義辞典」の説明です。

some いくらかの、ある
 「対象が確実に存在しているが、その数量や携帯の輪郭をぼかして明確に描かないことを表す。someの核となる意味は『ぼかし』と言える」

any 何か どれでも
 「形容する対象が無限定に存在しているようすを言う。感覚的には雲をつかむような、とらえどころのなさを表す」

 someはいいのですが、anyの説明は分かりにくいですね。

 同じ著者による「英語語義イメージ辞典」から

 some ある 「someのこころは『ぼかし』である

 any (これ、それ、あれの)どれでも/どれほどでも




 「ヴィスタ英和辞典」から

some (中心)ある一定の範囲の (日本語では)いくらかの、ある

any (中心)どれでも 




 だいぶはっきりしてきました。

 some はあることはあるが「ぼかし」が入っているのです。some pens だとペンがあるのははっきりしている、しかしぼかしが入っていて、数ははっきりしない。1本かもしれないし、2本かもしれない。

some.jpg


 ヤフー辞書のある例文から
 some years ago 数年前 「いくらかの年の前」

・ some friends of mine 私の友だち数人  
   「私のもののうちの、いくらかの数の友人」

 「いくらか」とぼかしが入っていて数がはっきりしないということで読むとよく分かりますね。

 any は「どれでも」という無限定です。
 それで、any=「どんな数(量・種類)でも」とします。
any.jpg

 
数の場合は any pens は、1本でもいいし、2本でもいいし、3本でもいい、何本でもいいけどね、という感じ。数を限定しない。

 I don't have any pens. 「私はどんな数のペンも持っていません」
 
 Do you have any pens? 「あなたはどんな数のペンでもいいけど持っていますか」

 ほら、分かりますよね。

 ヤフー辞書の例文

  ・ Do you have any questions [milk]?
   何か質問がありますか[ミルクありますか]
「どんな種類の質問でもいいですが、持っていますか」
「どんな量のミルクでもいいですが、持っていますか」

 ・ I don't have any questions.
   「質問は何もありません」
   「どんな種類の質問も持っていません」

 ぼくは分かりやすいと思っています。

any 「どんな数(量・種類)でも」

 Any time you say.
  いつでもいいよ
 「どんな時間でも、あなたの言う」

 否定文、疑問文では、肯定文ではなどとする必要がありません。それが英語に近い感じの意味でしょうね。
 
スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.