FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

big:おっきい large:大きい 
 きのうは,littleは「ちっちゃい」、 smallは「小さい」について書きました。

 きょうは,「大きい」について。

 ヤフー辞書から


[類語]bigとlargeは基準を超えて大きいことを意味するが, 同じ大きいものでもbigが重さ, 重み(重要度)の側面を強調する傾向があるのに対し, largeは量や広がりといった側面を強調する傾向がある. そこから, bigにはしばしば主観的な評価の意味合いが伴うのに対し, largeは比較的客観的にサイズを問題にしている感じがある. 反意語としてはbigとlittle, largeとsmallが対応.



 ここにもありますが,

 「反意語としてはbigとlittle, largeとsmallが対応」します。

 主観的な大小がbigとlittle
 客観的な大小がlargeとsmall

 いま使っている教科書準拠の問題集に,smallの反意語がbigのようなことが書かれていましたが,明らかに間違いです。

「エクスプレスEゲイト英和辞典」から

little : big, large はともに「大きい」という意味だが,bigの方が口語的で話し手の主観が含まれることがある。また「重大な」という意味ではbigを使う。客観的な規模(サイズ)・数量の大きさについてはlargeが使われる。



「図解英語基本語義辞典」から

 対象の規模・数量が大きいとき、客観的にはlargeと言うが,感情を加えてこの状態を表現するときにはbigと言う。



「英語語義イメージ辞典」から 

 largeが(大きい)なら,bigは(おっきい,でっかい),これはtall(高い):high(高ーい),あるいはsmall(小さい),little(ちっちゃい)の関係も同様



「ヴィスタ英和辞典」から
bigとlarge の意味のちがいは説明ありません。

 
 ぼくが作った現在のテキストでは、big「大きい(感情を加えて)」、large「大きい(客観的に)」ということで区別しています。

 「小さい」同様に、子どもたちはよく間違えます。今回の改訂で変更しようと思っています。

big:おっきい または でっかい
large:大きい

big:大きい
large:大型

 big:おっきい large:大きい がいいかな。
スポンサーサイト




中学,地区総合体育大会特別休暇
 セルフ塾から中学生の部関係者に連絡です。
 明日は休みではありません。

 通常第3火曜日はスペシャルオフで休みですが,明日はそうではありません。
 6月の最初の週に中体連体育大会があります。スペシャルオフは,その直前に移動します。

6月4日(金)~6日は,沖縄県中頭地区中学校体育連盟の第37回総合体育大会です。

 それで,以下のように休みを集中させました。

○ 6月4日(金曜日)は,中学地区総合体育大会特別休暇とし,中学の部は休みとします。

○ 5月のスペシャルオフを1週間繰り下げ,6月のスペシャルオフを繰り上げ3日4日も休みとします。それで,中学地区総合体育大会前の水曜日~金曜日は連休になります。

 毎年6月には,中学地区総合体育大会が行われます。中学生にとってはとても大きな行事で,その前は部活中心となり,塾の勉強にもなかなか身が入らないようです。

 勉強も大切ですが,部活でもがんばってもらいたいです。

 セルフ塾も応援します。


普天間基地包囲行動に参加
昨日は普天間基地包囲行動に参加しました。かなり大粒の雨が降る中でした。それでも多くの人が参加して、人間の鎖はぐるりとつながったそうです。

 この激しい雨の中で、包囲行動が成功したのは、かなり意味が大きいのではないかと考えています。

 昨日は午前中、古堅中のテスト勉強がありました。それを12:30に終了し、1時過ぎに、京子と二人で出かけました。

 天気予報でも強い雨が降るとのことでしたが,その予報通り、出発する時はかなりの雨が降っています。大雨警報も出ていることでしょう。

 この雨のために参加を取りやめる人がいるかも知れないと心配になりました。

 二人とも雨合羽を来てスクーターに乗りこみました。雨にうたれながら走りました。雨の中でめっとにスクーターに乗らない京子は,「雨が痛いね」と言っています。

 そして人間の鎖が始まる2時前には現地に到着することができました。

 僕の所属する民商グループの旗を探して、走りました。スクーターは便利です。民商グループの前にスクーターを駐車してみんなの中に入りました。

 よく知った仲間たちです。

 2時、2時半、3時の3回手をつないで基地をぐるりと囲みました。

 3回のうち2回は切れ目なく手をつなぐことができたそうです。

 そこにいる時も雨はよく降っていました。時々は小降りになりますが、雨が続いています。梅雨時なのでしょうがないことでしょう。

 人間の鎖は 1回につき3分ほどなので、そのほかの時間は近くにいる仲間とおしゃべりを楽しみました。

 僕は民商のグループにグループの一員として参加しましたが、一般市民の参加も多いように感じました。県民大会後、県民の意識は高まっているようです。

 目の前は大きなスーパーマーケットがあります。そしてその通りにはお店や民家がずっと立ち並んでいます。普天間基地のすぐそばがこのような人家が立ち並んでいるのです。本当に危険な場所だと改めて感じました。

 日本政府が代替基地を探すというよりも、この危険きわまりない基地をすぐにでも無条件に撤去することが必要だと思います。そして、そのあとアメリカ軍基地をどこに作るかなどは、アメリカ政府の責任にすればいいのです。そういう気持ちを込めながらみんなと手を握っていました。

futenma1.jpg
futenma2.jpg
futenma3.jpg




琉球朝日放送 報道部
基地の無条件返還を! 普天間包囲行動に1万7000人
普天間基地の即時閉鎖・無条件返還を求めて人間の鎖で基地を取り囲む「普天間包囲行動」が16日、市民らおよそ1万7000人が参加して行われました。

Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.