FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

見る・視る・観る see, look, watch
see, look, watchについては以前に書いたつもりでいて、昨日の記事にURLを貼り付けようとしたら、ブログ内検索でさがせませんでした。

 それで、ダブるかもしれませんが、書きます。

「違いがわかる漢字辞典」で、見る・視る・観るを調べてみました。


【みる】見る・視る・観る・看る・診る

見・・・「目+ひとあし人」の組み合わせ。ゲゲゲの鬼太郎の父のような目玉人間の図形でもって、物の姿が目に入ることを暗示している。一般に「みる」ことである。
 ▲遠くの景色を見る・エンジンの調子を見る・面倒を見る。

視・・・「示(まっすぐ差す}十見」の組み合わせみで、視線をまっすぐ向けることを暗示している。注視する場合に「視る」を使う。
「幽霊を視るような眼だった」(隆慶一郎『かくれさと苦界行』34ペ)

観・・・字源は「観」で説明した通り、全体を合わせて見渡すこと。普通は、芝居映画・試合などを見物する場合に「観る」を使う。
「まるで白黒映画を観ているようだ」(島田荘司『異邦の騎士』310べ)


 次に、「図解英語基本語義辞典」に書いてある、see, look, watchの説明です。


see[si:](動詞)見る;わかる
①外界のようすが視覚器官に映ること・・・物が見える.
②外界のようすをとらえて状況をつかみ,納得すること・・・事が見える.

look[luk] (動詞)目を向ける;ようすが・・・に見える (名詞)見ること;ようす

①関心をもつ対象に視線を送ると同時に,
②対象のようすが目に入ってくる.これら一連の動きを look と言う.もちろん①は《意志的》あり、②は《無意志的》である

watch(動詞)注視する
対象の動きや,ようすの変化に注目して,視線を投げかけること,

 どうですか。ぼくは、「見る」とsee、「視る」とlook、「観る」と, watchがかなりよく対応していると思います。違うところもあるでしょうが、そこは目をつぶってもらって、

 「見る」=see、「視る」=look、「観る」= watch としました。

 現在の日本語では、なんでも「見る」を使っているように思いますが、微妙な違いが漢字にはあるのです。

 だから「私は彼を見た」は、 I saw him.
 (「彼の姿が目に入った」という感じです)

「視なさい、次の一点を 私(私を視なさい)」は Look at me.
 (「注意して私を視なさい」という感じ)

「彼は野球を観ています」は He is watching baseball. となります。
  (「野球を観戦している」という感じ。「観戦」するから「観る」になります)

「見る/視る/観る 違い」で検索すると次のページに出合いました。

http://www.zenken-net.or.jp/rodo/anzen/anzen01_09.html
見る・観る・視るの違いを知って作業に生かしてください。

「見る」は様子をみるとか、単に状態を知る程度、いわば低レベルと思ってください。

「観る」は念をいれてものを見るとか、ぐるりと見回すといった意味があります。

そして「視る」は目を止めてジッと見る、ハッキリと見て取るといった意味があります。



 ことわざの「「心ここに在(あ)らざれば視れども見えずは、lookしれもseeできないという意味でぴったりです。





Yoji著「セルフ塾の英語 単語・熟語 わかる教え方」を Amazon Kindleから出版







スポンサーサイト



Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.