FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

恨(はん)の碑
 昨日は読谷村瀬名波にある「恨(はん)の碑」に行きました。

 妻京子が新聞で知ったとのことで以前から行きたかったそうです。

 インターネットで場所を確認ししましたが、少しあいまいでした。渡慶次小学校の横から上がっていくと「恨(はん)の碑」への道しるべがあったのでほとんど迷わずに到着することができました。

 渡慶次小学校の裏手、民家の裏手にあります。近くには墓もありました。少しこんもりしたところで緑があり、よく手入れがされていました。

 こういう過去もあるのだということを知ることは大切なことだと思います。

 インターネットで碑文を検索したのですがのっていません。それでここに載せておきます。

 また、少々あいまいではありますが、多くの人に行ってもらいたいので、地図もここに載せます。道しるべがあるので近くまで行くと迷わずに行けると思います。緑の矢印のあたりです。


 アジア太平洋、沖縄戦において日本は朝鮮半島から 100万人以上と言われる人々を強制連行し、日本軍夫・性奴隷として使役した。慶尚北道から軍夫たちが沖縄に送り込まれたのは 1944年6月頃。

 姜仁昌さんは慶良間諸島の阿嘉島に、徐正福さんは宮古島に配置された。沖縄の地上戦は1945年3月26日に始まった。二人は同胞たちの死を目のあたりにし、また同胞への処刑や虐待などに立ち合わされた。

 私たちは朝鮮半島と沖縄に向かい合う二つの同一の追悼碑を建立することを決めた。そして不幸な過去を心に刻み、平和・共生への決意の印と、多くの賛同者、団体の寄付により、この碑を立てた。レリーフは金城実さん、碑文は安里英子さん、翻訳は河東吉さん。

 2006年5月3日、韓国からの姜仁昌さん、徐正福さんと共に除幕式を行った。

 アジア太平洋戦争・沖縄戦被徴発
朝鮮半島出身者恨の碑建立を進める会



hannohi.jpg
hannohi2.jpg



大きな地図で見る

スポンサーサイト

英語の疑問文は倒置法
 日本語の短歌や詩などの修辞法に倒置法というのがあります。普通の語順をひっくり返していう修辞法です。例えば「花が咲いた」を「咲いた 花が」というふうに主語と述語をひっくり返すのです。

とうち‐ほう〔タウチハフ〕【倒置法】
文などにおいてその成分をなす語や文節を、普通の順序とは逆にする表現法。語勢を強めたり、語調をととのえたりするために用いられる。「どこに行くのか、君は」「起きろよ、早く」など。[ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]

 倒置法の「倒」というのは、「逆さま」という意味もあるんだよ。逆立ちのことを「倒立」というでしょう、と説明します。

 さて日本語の場合には主語と述語を入れ替えても基本的な意味は変わりません。ただそれを読む人に、少しおかしいぞという気持ちを持たせ、その文を注意して読ませます。そうすることでその文が強調されるのです。

 英語の場合には語順というのがとても大切です。日本語の助詞にあたるものがないので、語順によって主語、目的語、補語なのかが決まります。

 それで勝手に語順をかえると意味が違ってきます。

 でも語順を変えることがあります。疑問文です。

 This is a pen. の語順を変えて、Is this a pen? とするとそれが疑問文になるのですね。

 一般動詞の文では,強調の文から考えます。

 You do like apples. 「あなたは本当にりんごが好きです」の倒置文
 Do you like apples? は「あなたはりんごが好きですか」という疑問文になります。

 can, will などの助動詞の文もそうです。 

日本語の倒置法と似ているのは、読む人の注意をひくということです。

 疑問文というのは、相手への質問になります。だから最初のところでいつもの語順ではないので、読む人は「あれ、おかしいぞ」と思います。

 「注意して聞いて下さいよ」と聞く人に伝えることになります。

 そうすることによって、これから話すのは疑問文ですよというのが伝わるのです。

 そういうふうに語順を変えることによって英語は疑問文にするんだよと生徒には教えています。

 ある意味では日本語よりもいいですね。

 日本語の場合には、話し手が何か説明しているだけなのかと思っていたら最後に「ですか?」と来て、自分に対する疑問、質問だったんだ、と改めて注意しなければいけないからです。

 日本語というのが、奥ゆかしくて、ささいなことから話し始めて、大事な点を最後までとっておくからなのですか?

 のように。
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.