セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

must のイメージ
 助動詞 must は、「(とにかく)~しなければならない」という意味です。

 つまり、「反対しがたい、他からの強制力が働く」ということ。だから義務を表したりします。

 I must go. で「私はとにかく行かなければならない」ということです。行くことについて、反対できない。とにかく行かなければ、という感じです。

 だから、この場合、go を must がぐいぐい押して、行くことを強制しているというイメージが出てきます。図示すると、次のようになります。

mustgo.jpg

 一般化して、「SがOをとにかくVしなければならない」は次のようになります。このようなイメージをもって理解すれば頭に入りやすいです。

mustv.jpg

 中学で学ぶmustの用法には、もう一つ確信文があります。

 He must be a teacher. 「彼は教師であるにちがいない」といったもの。

 これも、反対しがたい、他からの強制力が働いて、彼が教師であるということは避けられない、だから教師であることを確信する、と考えればいいです。

 だからmust がぐいぐい押していくイメージでいいですね。
スポンサーサイト

科目別、これからの伸び
 おとといの高校受験夏期学習では国語の過去問をさせました。それで昨日はそれの間違い直しを一緒にしました。

 間違い直しに入る前に、
「国語は、数学や英語よりやりやすかったでしょう」と問いかけました。

 すると生徒の反応も
「国語はやりやすかった」でした。

 「でもね、国語はこれから後はそれほど伸びはしないんだよ」とぼくは言いました。

 すると生徒は「えぇ~~」と落胆した声を出しました。

「もちろん作文の書き方や古典の勉強をすれば、それは伸びていく。それに読解力の練習もすれば少しは伸びはする。しかしほかの科目のようには伸びは大きくないんだ」と話ました。

 そして黒板におおざっぱな僕のだいぶ主観的なグラフをかきました。
「国語の伸びはこのように傾きがとても小さいんだ」

kamokubetunobi.jpg
「それじゃあ数学は?」という声が上がったので、

「数学はこれくらい急激に上がるよ。だから、これから数学はとてもとても伸びていく。今は 30%や40%しかできないだろうけども 入試の時には満点を狙う人も出てくるくらいだよ。実際にこれまで満点をとった生徒が何人もいる。自己採点でね」と話ました。

 「それでは英語は?」という問い掛けに、

「英語は数学ほどの伸びではないが、国語よりは伸びるよ」ということで黒板に英語のグラブをかき入れました。

「社会は?」
「社会はね」
 と僕も少し考えてから。

「こんなふうに徐々に伸びて、入試直前にぐ~んと伸びていくよ。だから社会は直前まで勉強することが大切なんだ」

「理科は?」

「理科はね、社会ほどではないけども直前にぐんと伸びていくよ」

 このグラフは僕のかなり主観的なこれからの科目別の伸びです。これまでの経験で感じている伸びです。

 もちろん国語もこれからの勉強を軽視するわけにはいきませんが、やはりほかの科目の伸びの方が大きいと思われます。

 そういうことも正直に話して生徒に理解してもらった方がいいと思い、話しました。

なぜあんな重い船が浮かぶのか
 先日、酒の場での話です。どういう流れだったかは忘れましたが、

 Mさんが
「なぜあんな重い船が浮かぶのか、不思議だ」と云いました。

 僕は、「鉄1kgと綿1kgでは何が重いか」というような質問をし、重さだけではなく、体積というのを考えさせ、比重の概念を理解させる方向で話しをしましたが、よく理解してくれませんでした。酒の場ですからくどい説明はできません。

 あとで、もっとうまい説明の仕方はないかなと考えてみました。

 まず、次のような質問をしてみます。

「釘一本と大きな丸太一本では何が重いか?」と。

もちろん「丸太が重い」と答えてくれるでしょう。

 そして「それでは釘と丸太はどちらが浮かぶか、どちらが沈むか?」と質問してみます。

 もちろん「釘は沈み。丸太は浮かぶ」と答えてくれるはずです。

 それによって、浮かぶか、沈むかは重さだけではなく、体積が関係するということも分かってくれるはずです。

 そして、次のような質問をします。

 酒の場ですからビールの空き缶は目の前にたくさんあります。

 「この空き缶は浮かぶでしょうか?」

 「もちろん浮かぶさ」と答えるでしょう。

 次に、このビールの空き缶をつぶしてしまいます。アルミの塊ができます。そして

「これはを浮かびますか?」

 「沈むだろう」と答えるでしょう。

 このように、同じ物質であっても形が違って、空洞になっていれば浮かぶというのが理解してもらえるはずです。

 そのあとで、船というのも大きな空き缶のようなものなんだ、空間があるんだ、それで浮かぶんだよ、と説明すればわかってくれるのではないでしょうか。

 次に機会があれば試してみたいです。

お母さん,ぼく高校だめかもしれない
 「高校入試対策夏期学習」が始まりました。忙しい時期に突入です。

 さて,「夏期学習」では,過去問題を解かせます。

 なぜ,過去問をするかについては,次の記事をお読みください。

「過去問」をまずやる・・社会人の「勉強の技術」

 第1日目が終わって帰るとき,Kくんがお母さんに次のように言ったそうです。お母さんはセルフ塾のチェック係をしています。

「お母さん,ぼく高校だめかもしれない。きょうの入試問題まったく解けなかった」

 ぼくは次の日。みんなを前にして次のように言いました。

 きのうの数学の問題,ほとんど解けなかったでしょう。つまり,あなたたちの今の力では高校に入れないということだよ。

 でも,心配することはない。これは全員がそうだ。S塾(近くの塾)の生徒も同じようなものだ。沖縄県の中学生はみんなそうだ。

 いまの力では高校入試に合格することができないということを分かるのも過去問を解く目的でもある。

 これからあなたたちの力はどんどん伸びていく。ぼくがびっくりするくらいだ。若いってすごいなあ,と思う。

 特に,高校入試直前の1,2ヶ月の伸びはものすごい。急カーブで上昇していく。

 ぼくが塾を始めた最初の夏,ぼくはとてもあせっていた。みんなの力のなさを知ったとき。季節でいうと今頃だ。

 こんなになにもできない生徒をあと半年で入試合格まで導くことができるのか,と思ってね。

 でも,大丈夫だった。みんな驚くほど力をつけていったからね。

 だから,あなたたちもこれから伸びていく。

 しかし,これはのんびりできないということでもあるよ。全体的にはどんどん伸びていく。そこでのんびりしていたら,次々に抜かれていくということだからね。

テレパシーでいろいろ便利に
 きのう,NHKテレビの「地球ドラマチック」『未来の世界 ~超人の誕生!?~』を見ました。2010年 7月22日(木) 18:55~19:35 放送ですが,録画してあったのです。

「地球ドラマチック」『未来の世界 ~超人の誕生!?~』

 SFの世界がもうすぐ現実になるようです。いろいろおもしろいことができそうです。どれもすごいと思いましたが,その中の一つは,ぼくがいますぐにでも欲しいと思うものでした。

 それは,「テレパシー」。

 テレパシーは,いままでまったく信じていませんでした。でも,科学の力で,言語,身振りなどに頼らずに,こちらの考えを他人に伝えることができるようになりそうです。

 あごの下あたりにセンサーをくっつけると,声には出さなくても信号が出てくるようです。それをキャッチすると何を言っているのか分かるというもの。

 番組では,パーティーで帰りたくなったら,夫に,「もう帰りましょうよ」とテレパシーで伝えられる。テストのカンニングに悪用されてしまうかもしれないと言っていました。

 そういえば,別の番組でしたが,考えるだけでそれが動くような義肢もあるとのこと。

 さて,なぜぼくがそれを欲しがっているのか。
 
 ぼくはボイスレコーダーを使っているからです。手書きのメモを残すのではなく,ボイスレコーダーに声を吹き込んでメモにしています。とても便利です。

 でも,欠点があります。声がまわりに聞こえないか,気になるのです。聞こえないように注意するのですが,何だろうと振り向く人がいるとちょっと恥ずかしいです。悪いことをしているわけではないのですが。

 テレパシーで音声メモができるといいでしょうね。そうすればまわりを気にすることもありません。ちょっと恥ずかしいことでもメモすることができます。

 もうひとつは,音声入力です。vistaの音声入力は認識率がかなり高く便利です。だから,利用しています。

 でも,これもまわりに人がいると恥ずかしくてできません。

 いま,ぼくはキーボードをたたいて入力しています。この時間にはぼくだけではなく,職員もいます。彼女たちに聞かれては少し恥ずかしいので,音声入力はできないのです。だれもいないときだけしが音声入力はできないので,そういう意味で不便です。

 それがテレパシーでできるようになればまわりにだれがいようと音声入力ができます。

 ぼくは携帯電話を持っていないのですが,携帯電話も便利になるでしょうね。

 電車の中などは,「携帯電話はご遠慮下さい」と言われます。でも,電車の中であろうと携帯電話で話すことが必要なときがあります。

 テレパシーなら,どんなに満員であってもまわりを気にせずにおしゃべりを楽しむことができるでしょうね。

蕎麦Cafeせい家
 日曜日の昼食は,嘉手納にある蕎麦Cafeせい家でとりました。ちょっと外出したので,ついでです。

 Kyokoが琉球新報の記事を読み,関心を持ったからです。大宜見の蕎麦を使っていること,ヤマトゥンチュで沖縄に移り住んで蕎麦屋を始めたとのこと。

 喫茶店といった感じのお店です。落ち着いた雰囲気。

 店主の趣味でしょうね。レコードがたくさん並んでいました。

 八割そばで,とろろそばと薬味そばをいただきました。白いそばでおいしかったです。

100_6019.jpg
100_6021.jpg
100_6022.jpg
100_6026.jpg


引っ越したら,裏返し
 中学2年生のNくん。1年の方程式の解き方が身に付いていないので,その復習をしています。

 でも,何度やっても移項がうまくできません。移項したのに符号を変えない,移項していないのに符号を変える,といった状態です。

 方程式は「てんびん」なんだよ,だから釣り合うためには両辺に同じことをしなければいけない。
 例えば,
 5x-3=12 では,両辺に3を加える。
 5x-3+3=12+3 
 5x=15 

 などなど。図を描いて何度も説明してあげました。

 それでも,身に付きません。

 きのうは

 5x-3=2x+12

 のように,x項,定数項を移項する問題です。だいぶ混乱しています。

 それで,ぼくは紙片を4枚準備し,それぞれの紙片に項を一つずつ書きました。

 「5x」「-3」「2x」「+12」 というように

 そして,その裏には反数(正負が反対の数)を書きました。
 「5x」の裏に「-5x」,「-3」の裏に「+3」,「2x」の裏「-2x」,「+12」の裏「-12」というように。

 「5x」「-3」と「2x」「+12」を別々のところに置きます。左のエリアと右のエリア。

 「xのついているものはこの左のエリアに,xのついていないものは右のエリアに集める。

 5xはそのままだね。「-3」はいま左のエリアにあるが,右のエリアに引っ越さなければいけない。引っ越しをするときには,裏返しになるんだよ。だから「-3」は「+3」になる。

 「2x」も引っ越さなければならない。だから引っ越しをして裏返り「-2x」になる。

 「+12」は引っ越してはいけない。だからそのまま「+12」

 この説明で分かってくれたようです。

 でも,またすぐに忘れるのだろうな。もう根気比べです。

 まだ2年の連立方程式に進めません。もう一度1年の復習です。

beは「~になる」か?
I will be a teacher. この英文を日本語にすると、「私は、教師になるつもりです」のようなります。

 be が「~になる」というような意味になってしまいます。

 be動詞の基本的な意味は「~という状態にある、存在する」です。

 There is a book on the desk. 「その机に接触して1冊の本がある」
 He is by the door. 「彼はそのドアののそばにいる」

 では、be(is)は、「ある、いる」と存在を表しています。

 He is a boy. は「彼は1人の少年です」となるように be動詞(is)は「です」という意味です。しかし、基本は「彼は1人の少年として存在します」ということです。

 It is good. 「それは良い」も、「それは良い状態で存在する」と考えます。

 このように基本的には、be動詞には「~になる」というような意味はありません。

 「なる」は,

 今までと違った状態・形に変わる。「氷が水に―・る」「血と―・り肉と―・る」 [ 大辞泉 提供:JapanKnowledge ]



「なる」を英語にすると,become または get でしょうね。

I will be a teacher. は、「(未来のある時点で)私は一人の教師として存在する」というのがbeを基本語義に忠実に訳した場合の日本語です。

 でも、これではあまりにも不自然な日本語です。

 「(未来のある時点で)私は一人の教師として存在する」ということは「私は教師になるつもりだ」ということです。自然に訳するには、こちらになりますね。

 でも、未来の文になったら、急にbeが「~になる」という意味を持つのはなぜかは、説明したほうがいいのではないでしょうか。

be動詞の原形はbe、現在形は, is , am , are
 be動詞の原形はbeです。そしてbe動詞の現在形は, is , am , areです。それだけのことではあるのですが、それをきちんと教えさせるが理解させる必要があります。

 僕のテキストでは、原形beが出てくるのは、未来の文、willの文でです。そこでは一節2ページを割いて、will be の学習に充てています。

僕自身、このbeをだいぶ後まできちんと理解することができず、混乱していたように記憶しています。それは僕が先生の説明をきちんと聞かなかったせいかもしれません。中学校のころまじめな生徒ではなかったので。

 be動詞は、一般動詞とだいぶ異なります。一般動詞の場合、原形と現在形はほぼ同じです。三単現のsのついた動詞は現在形ではありますが、それは少し変わったものと生徒は認識しています。だから助動詞willを学ぶ場合でも、その後ろに何が来るか、それほど混乱することなく学習します。

 しかし、be動詞の場合はだいぶ異なります。

 これまでは、「~である」は、その文の主語に合わせて、is, am, are を用いました。しかし、未来の文になると、それがまったく形の異なる be というものを用いなければならなくなります。

だから、現在形と原形は異なるんだよ、ということをきちんと把握させなければいけないのです。

 それを、何となく一般動詞の説明でwillの後ろは原形だよ、と教えたので、そのままbe動詞の場合もすぐわかるだろうと思っては、大きな間違いです。

 現在形と原形は異なることをwill be が出るときに、きちんと説明し、納得させることは大切なことだと思い出す。

保護者面談2日目
昨日(7月23日金曜日)は保護者面談2日目、最終日です。10人の生徒の保護者がいらっしゃいました。両日で28人です。
mendan2.jpg
 足下に梅子が。

○家事はよく手伝わせています。掃除や洗濯物干しも。洗濯物干しでは雑な干し方をするので、きびしく指導していますが・・・。

○図書館からわたし(お母さん)が本を借りてきます。20冊くらい借りてくることもありますが、それを 1日で全部読んでしまおうとすることがあるので、ある程度制限を設けたりします。

○おとなしい性格の高校二年生のお姉さん(セルフ塾の卒業生)が珍しくオーストラリアのオーストラリアへのホームステイを希望したそうです。お母さんも私どもも、お姉さんのその成長ぶりを喜びました。

○不器用で定規を用いて線を引いても、ゆがんでしまうのです。

○最近Yojiさんは中学2年の男子に腹を立てて大きな声をよく出している。それで血圧が上がってしまい、健康に悪いのではないか、と心配しているようです。

○セルフ塾に入ったのはいいのですが 1か月もすると音を上げて、やめてしまうのではないかと心配していました。でもよく頑張って続けています。

○しっかりしてきていて、学校のテストの点数もだいぶ良くなってきています。

○音楽マスキングの話しをすると、そんなにおしゃべりが多いのですかと不思議そうにしていました。

○塾に入って、期末テストの席次が大幅に上がったのでびっくりしています。

セルフ塾保護者面談
 きのう(7月22日木曜日)は,保護者面談をしました。午後2時から10時まで。18人の生徒の保護者がいらっしゃい,いろいろ話しをしました。ひとり15分間。
 きょう23日も面談です。

mendan_20100723114143.jpg


○ 塾から帰って,もう疲れたから宿題はやらずに寝ようと,電灯を消して寝るのですが,いつの間にか電灯がついているんです。のぞいてみたら,やっぱり宿題するといってやっているんです。

○ がんばり屋でよく習いに通いながら,学習を進めています。

○ マンガが大好きになって,マンガだけになって,読書をしなくなりました。このマンガおもしろいよ,と言って私(母)に勧めることもあるのですが,・・・・。

○ 大目玉をくらうものだと覚悟を決めて来たのですが,いい話も聞けてよかったです。

○ 塾でこんなに居眠りをしているとは思っていませんでした。がんばっていて,課題もきちんと終わっていると思っていました。

○ 塾に入って成績も上がっています。先生がほかの生徒に○○さんに教えてもらいなさい,と言っていることもあるようです。

○ 中学2年で塾に入れてよかった。もっと成績が伸びるのを期待しています。

○ 手を焼くでしょうが,よろしくお願いします。少しでも勉強が分かるようになればと思っています。

○ お兄さんの進学によって,本人も影響を受けて,その高校にしようかと考えているようです。

○ 小さいころに読み聞かせも十分にしてあげられなかったので,セルフ塾で読書もすると聞いて,よろこんでいます。

○ 静かな子です。部屋は,お姉さんの部屋よりきれいに片づいています。

○ 学力は高いが内申点が悪い子に,入試で学力テストと内申点でどのように合否が決まるかを説明すると,お母さんの方がショックを受けていました。

○ マンガが大好きです。そして,すぐに他人のせいにします。

○ 自分でセルフ塾に入りたいと言ってきました。毎日だと聞いて私(母)が躊躇しました。でも,いまでは毎日ということにもだいぶ慣れてきました。

○ テストの成績がよかったので,とても気分をよくしています。そして,学習に対して前向きになってきました。

○ 友人が遊びにきて,しばらくはいっしょに遊んでいました。でも,遊びに飽きると友だちはほっていて,自分は夏休みの宿題をやっていました。

○ 塾に入っても,成績が上がらないと言って,くやし泣きをしていました。

○ 塾に入り,成績が上がって喜んでいます。


育伸社の月例学力テスト
 セルフ塾では,県立高校入試の模擬テストとして,沖縄県統一プレ入試を利用しています。県立高校への合格可能性が出てくるので,進路指導にはなくてはならないものです。

 ところが,このプレ入試は県立高校だけが対象です。

 ときどき,県立高校以外の高校を受験希望する生徒がいます。
 今年は,興南高校を受験したい生徒がいます。私立です。

 その子に,「育伸社の月例学力テスト」を受けさせることにしました。

 このテストは,「月例」という名の通り,基本的に毎月行うようになっていますが,毎月でなくてもできます。

 以前,毎月行ったこともありましたが,それに振り回される感じで大変でした。

 いまは,必要なときだけ利用させてもらっています。今度は,まずは8月だけ受けさせます。必要なら,12月ごろに受けさせてみたいです。
 この8月はまとめのテスト的なので,模擬テストとしていいと思われます。

 なによりもいいのは,興南高校などの私立の高校の志望校判定もしてくれることです。

 全国版ですから,高校の入試傾向などにはほとんど対応していませんが,それなりに学力を測って,志望校への合格可能性などを出してくれます。

 いまは,自分の位置がまったく分からないのですが,これを受けることにより,少しは自分の位置が分かってくると思います。

育伸社の月例学力テスト

 なお,興南高校ですが,春の甲子園で優勝したので,人気が高いです。先の入試では嘉手納高校が甲子園出場したために,入試倍率が上がり,合格発表の日は心配しました。

 興南高校は,春に全国制覇,そして夏の甲子園の出場も決まりました。倍率が上がることは必至です。また,心配が増えます。

興南高 全国制覇で 困難高

福嶋隆史 (著) ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集
 福嶋隆史 (著) ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集〔小学生版〕 [単行本(ソフトカバー)]
 が届きました。

 おもしろいと思います。使ってみたいです。実際に「本当の国語力」が身につくことを期待できそうです。

 ただ,問題集,参考書はぼくら教える側が見ただけでは分かりません。実際に生徒に使わせなければ,いいかどうかは分かりません。

 もう今年度は走りはじめているので,来年度は使ってみたいという気持ちがあります。

 ただし,課題が。

 中学生に使わせたいと思っているのですが,国語というのは,読解だけではないのです。

 例えば,詩の形式(自由,形式,口語,文語),短歌,俳句の知識,またまた古典。歴史的仮名遣いなどです。

 読解だけのために,1生徒1470円で,その他の問題集を準備しないといけないので,大きいです。

 いまは「くもん」の問題集を使っていますが,すべてそろっているので便利です。

 「中学生用は?」という質問に,福嶋氏は「中学生でもこの問題集でいいです」とあったように思います。
 ぼくも読解に関してはそう思います。基本的に,読解に関しては,小学生も中学生もありません。

 ただ,そういうつもりなら(小学生版)というのはどうにかならなかったのかなあ,と思います。

 中学生にもプライドがあります。中学生なのに「小学生」のレベルをさせられているのかと思うとプライドが傷つけられます。

 ぼくは,中学3年で入塾する生徒にも英語は中1レベルからさせます。最初は不服そうです。後では中1から始めてよかったと言ってくれますが,・・・。

 (小学生から中学生まで)というふうにすることなど考えられなかったかと思います。

 または,早急に基本的には同じ流れで,少し変えて「中学生版」を作ったらどうでしょうか。

 小学生の部では,現在民衆社の「こくごだいすき」を使っています。
 こちらも,漢字語彙,読解,作文,文法が載っています。読解はあまりよくありませんが,その他はけっこうよくできていると思います。読解の部分だけ,ふくしま式ができればいいのに,と思いますが,2つの問題集を用いると費用の問題が出てきます。



曽根信一著「読谷山路を行く」
 曽根信一著「読谷山路(ユンタンザジ)を行く」について前の記事で書きました。

 著者の曽根信一は舅になります。つまり、妻京子の父親です。もう亡くなりました。

 ずっと同居していて、ずいぶん影響を受けました。

 ここに「読谷山路を行く」の「まえがき」や「目次」を載せておきます。関心のある方はショッピングカートからご購入ください。

曽根信一著「読谷山路を行く」

まえがき

「道端の小石でも、拾えば玉になる」という言葉があります。この冊子は、それを試みてみようとしたものです。

路傍の石も苔を払ってやれば、そこから、読谷山一帯の歴史物語、あるいは、沖縄歴史と結びつきのある物語が見つかるのではなかろうか、という思いからです。

読谷山とは、今の読谷村のことです。この村は、太平洋戦争終戦直後の、一九四六年十二月十五日までは、ずっと昔から、読谷山と称えていたのです。

この冊子は、その読谷山時代のことで、今でも、目で見、じかに指さすことのできるものに限って書いたものです。それで、誰でも、現場に行きやすいように、案内地図を作成しました。おおまかな道順は、比謝橋を渡って、国道五十八号線沿いに北行してから、左廻りに読谷村内をー巡しました。

沖縄の女流歌人、よしやについては、比謝橋のところで書くべきはずですが、つい欲張って、彼女のことをいろいろ余計に書いてしまったので、この本の一番最後のところにまとめておきました。



目次

まえがき
掲載地図・写真について

比謝橋 ・石造比謝橋のこと そのレクイエム

米人の見た比謝橋・・・ペリー提督の『沖縄訪問記』も比謝橋のために特にぺージを割いている
尚巴志王三代の墓・・・琉球歴代国王中の大王 尚巴志王三代の基のこと

喜名番所・・・中山の最北端、いよいよ山原路へさしかかる

喜名番所の絵・・・アメリカの従軍画家の描いた一四〇年前の喜名番所

道路元標・・・ただー基で、読谷山の三文字を守り続けている「読谷山村道路元標」

村教育発祥の地・・・現在の喜名小学校敷地

読谷山窯跡・・・那覇壺屋より早く開け 突如として消えた読谷山窯のこと

観音堂と土帝君・・・喜名観音堂と土帝君の祠

坊主井・・・国王を追って、王妃・王子・摂政三司官らが読谷山に駆けつけた事件のこと

石碑の命・・・小さい石碑たちにメッセージを託する老人クラブ

座喜味城跡・・・沖縄の城の特徴を知るのに手ごろな城

美しい座喜味城 ー六〇〇年前・十五世紀の美術作品

シラシ御獄 ・・・おもろに歌われ、首里城へ蜂火も送ったという御獄

読谷山基督教教会・・・日本メソジスト読谷山教会のこと

掩体壕 ・・・日本軍の残したもの

渡慶次小学校・・・「沖縄障害児教育発祥校」の碑のこと

読谷山の馬追・・・農村にその痕跡をとどめるカタノーシンマウィ

ザンバ岬・・・海の向こうはユーラシア大陸

ザンバ岬を称える・・・「風を早める白帆煙を吐く汽船さながら 手に取るがごとき残波岬」

ザンパ岬の牛・・・かつて、ザンパ岬の広大な草地は、恰好な牧場であった

寂しい残波岬・・・沖縄を愛し、折りにつけ残波岬に思いをよせた折口信夫

瀬名波泉井・・・おもろ時代から今日まで、 波うちぎわに湧き続けている瀬名波泉井

赤犬子・・・琉球音楽の神様となった赤犬子

赤犬子はユタ・・・赤犬子はよたであったとおもろは歌う

阿麻和利の墓・・・戦国時代最後の英雄、勝達按司阿麻和利の墓のある所

続 阿麻和利の墓・・・こんな所に阿麻和利の墓がある経緯について

続々 阿麻和利の墓 ・・・阿麻和利の墓を守った人々

楚辺暗川・・・地底に下りて清水を汲む

釈迦空の歌・・・楚辺処女を「あはれと思ふ」歌三首

おいしい芋・・・もうーつの楚辺暗川

御獄・・・読谷山の御獄及び徳武佐のこと

付 比嘉秀平銅像

渡具知木綿原遺跡・・・渡具知木綿原遺跡のこと

渡具知東原遺跡・・・沖縄の歴史を、一挙に、三千年も遡らせた遺跡

梵字碑・・・アメリカの砲弾も避けて通った渡具知の梵字碑

海底電信線・・・沖縄海底電信線記念碑のこと

渡具知・・・沖縄縄文人、薩摩侵略軍、そしてアメリカ軍まで迎え入れた渡具知湊

女流歌人よしやのこといろいろ
・・・童女、遊女に売られて比謝橋を渡る
  ・・・「恨む比謝橋や」の歌のいろいろ
  ・・・よしやは三三八年前に死んだということ
  ・・・よしやの「島もとなどな」の歌
  ・・・「よしや」という名の由来」
  ・・・よしやと仲島の大石

あとがき
編集を終えて


「吉屋チルー」は本来の呼び名ではないらしい
 多くの沖縄の人が「恨む比謝橋や ~~~」の琉歌をよく知っています。とても有名な歌です。

そして、

「その作者は?」と問いかけると、

 ほぼ100%の人が自信満々に「吉屋チルーさ」と答えます。
沖縄ではそれくらい有名です。首里の王様の名前は知らなくても「吉屋チルー」の名前は知っています。

 ぼくもその中の一人でした。「恨む比謝橋や」の作者は「吉屋チルー」だと思っていましたのです。

 しかし、この「吉屋チルー」というのは本来の呼び名ではないようです。

 曽根信一著「読谷山路を行く」のp160~161にかけてを引用します。

「よしや」という名の由来

私たちがいま、「吉屋チルー」と呼んでいるのは、彼女の本来の呼び名ではないらしい。

昔からの色々な歌書も、殆ど単に、よしや(吉屋)とだけ書いてある。それをチルーと付けて呼ぶのは、明治以後の芝居のせいではないかという。

 しかし、チルーという名が、彼女と全く無関係ということでもない。前にあげた平敷屋朝敏作の「苔の下」の中に、
「つる君とてよしやにつかいけるうかれめそばに来て云々」とある。

 つまり、 つる(チルー)とはよしやの小間使いをしている禿(かぶろ)(先輩遊女に使われる少女)の名だったことになる。

 それを、あるいは吉屋を、彼女が召し抱えられている女郎屋と勘違いして、それにチルーを付けて吉屋チルーという姓名風にしたのだろう。

しかし、よしやとは、屋号ではなくて、彼女に付けられた渾名(ニックネーム)だったのではないかという説(島袋全発氏)がある。

(中略)

これが当時「かぶき者」と呼ばれた旗本奴である。その旗本奴のいくつかのグループの中でも、特に人々の口の端に上っていたのに、吉屋組というのがあった。この吉屋が、わがよしやの津名の起こりだというのである。

(後略)



 なお、この曽根信一はぼくの舅です。もうなくなりました。
 この「読谷山路を行く」は、ぼくが販売もしています。

曽根信一著「読谷山路を行く」

よしや(吉屋チルー)を訪ねる
 先月は、恩納ナビーを訪ねました。琉球の2大歌人は、ナビーとよしやです。それで今月はよしやを訪ねる旅に出かけました。

 よしやは、吉屋チルーとしてよく知られていまが、「よしや」の方が正確なようです。名前については明日書きたいと思います。

 まずは、ヤフー辞典で調べたよしやについて。

よしや思鶴(よしやうみつる) [ 日本大百科全書(小学館) ]

琉歌(りゅうか)の女流歌人。生没年ともに不明だが、ほぼ18世紀初頭の人と推測される。
擬古文の物語『苔(こけ)の下』(平敷屋朝敏(へしきやちょうびん)作、1730ころ)の主人公でもある。沖縄中部読谷山(よみたんざ)で育ち、遊廓(ゆうかく)に売られて那覇に出、悲恋のうちに18歳の生涯を閉じたという。
「恨む比謝橋やわぬ渡さともて 情ないぬ人のかけておきやら」は、故郷から那覇仲島の遊廓に行くよしや8歳の作だという。伝説じみてはいるが、恨みの情を主調とするよしやの歌の特徴がみられる。恩納(おんな)なべと並ぶ代表的歌人であるが、作風は、懸詞(かけことば)や縁語をはじめ和歌の心と修辞を自在に琉歌に写し、洗練された美意識を表出する。 [ 執筆者:外間守善 ]


午前 11時43分 京子を家で迎えて座喜味の家を出発する。

11時49分 読谷村農協給油所でガソリンを入れる.

12時03分 比謝橋のたもと、吉屋チルーの歌碑」
   

 「恨む比謝橋や 情けないぬ人の 
    わぬ渡さともて かけておきやら」

  上の外間守善の説明にある歌と少々異なる。
  平成17年にできたもので、ぼくも初めて来た。まだ新しい。
yoshiyakahi.jpg


12時18分 嘉手納町の福祉センターの駐車場に車をとめる。比謝橋からほんの少し南に行ったところである。そこに「旧比謝橋模型碑」がある。
  それには吉屋チルーの歌ものっていて、それについてもふれられている。でも、かすれていてほとんど読めない。以前、舅曽根信一に連れられてきた記憶がある。
 新しい歌碑ができたので、ここは忘れ去られそうだが、ふるいのはそれだけでも価値があると思う。
 歌碑を訪ねてきた人は、ほんの数分南下すればいけるのでぜひ行ってほしい。
yoshiyakahi2.jpg

1時34分 昼食をとるためにレストランに。

2時46分 仲島の大石の写真を撮る。バスターミナルの一隅にある。
  バス誘導係のおじさんが、ここは歩くな、むこうの歩道を歩けなどとうるさい。でも仕事だから、ご苦労様です。
yoshiya3.jpg

 よしやは、この近くの遊郭にいたとのこと。
表示板から抜粋「この付近に仲島の遊廓があり、多くの遊人が訪れ賑わっていた。歌人として有名な「よしや(吉屋地チルー)」も、この遊廓で短くはかない生涯を終えたと伝えられている。」

4時32分 親鸞聖人像のあるところに来る。読谷側から北上しているときは木の陰に隠れて分からなかった。マリブハウスのところでUターンし、南下したらすぐに分かる。
 そこに「よしやの墓」と言われているところがある。
yoshiya4.jpg


http://midori.ti-da.net/e1018399.html のページにあった。真偽のほどは分からない。
 でも、少しでもそういうことが伝わっているなら、地元で「よしやの墓と伝えられている」というような説明板でも作れば、定着してしまうのではないだろうか。観光にも一役かうかも。

4時58分 座喜味の家に到着。


退室時刻証明
 生徒のお母さんから、次のような情報が寄せられました。

 あす(金曜日)の夜、生徒の中学生の徘徊を取り締まるパトロールがあります。塾に行ってたことがわかるような証明書があれば、すぐに帰してもらえます。


 それで、次のような「退室時刻証明」を作り、印刷しました。

退室時刻証明
当塾の生徒(       )が
本日午後(  )時(  )分に
塾を出たことを証明します。
201 年   月   日
 セルフラーニングの世界
 (098-958-****)


 それに印鑑を押して出来上がりです。中学生が帰る時に名前と日付時刻を入れて渡せば、それでOKです。

 準備万端で当日を迎えたのですが、中学生にそのことを伝えるのうっかり忘れてしまいました。そのままだれもこの証明書をもらわずに帰って行ったのですが、たれも補導されていないでしょうね。

セルフニュース243号発行
 セルフニュース243号発行を火曜日に発行しました。

(もくじ)

① 英検 5人が合格 

② 漢字検定合格、おめでとう

③ 6月皆出席

④ 家庭からの通信

⑤ 年間出席率、賞品配布

⑥ 高校受験生特別学習開設

⑦ プレ入試8月22日・23日に!

⑧ ごみ係の効果,抜群

⑨ おしゃべり防止に音楽マスキング

⑩ 音楽マスキング、一般生徒にも効果

⑪ クーラー禁止令

⑫ 保護者面談は、22日(木)・23日(金) (中学3年生は9月に)

⑬ 漢 字 検 定 を8月20日(金曜日) に実施

⑭ 『セルフ塾』の夏休み

⑮ 夏休みの学習時間

⑯ セルフ塾 予定表

セルフニュース243号

セルフ塾この1週間の予定
 セルフ塾この1週間の予定をお知らせします。

明日月曜日20日は海の日で公休日、塾も休み

火曜日21日、中学部はスペシャルオフです。

水曜日22日は、通常通りの学習です。この1週間で唯一の学習日。

木曜日と金曜日は、保護者面談です。学習はありません。

例題をただ機械的にまねる
 N君が習いにやってきました。数学の方程式の問題です。中学2年生なのですが、中学1年の方程式がきちんと身についていないので、中学1年のものを復習しています。

 例題を見ながら
 x+7= 17
 x+7-7 = 17 -7
x=10
 とやってあります。

「ここまではできたのだけれど、その次にどうするの?」とやってきたのです。

 これで方程式の解は求められています。何を尋ねているのだろう、と不思議に思っていたら、例題を見てわかりました。

 例題は次のようになっています。
 2x+5= 20
2x+5-5 = 20-5
2x = 15
2x = 15
x= 15/2

つまり、移項して後で、例題ではxに2という係数がついているので xの係数2で両辺を割り、xの解を求めるということをやっています。
 そのことについては前のページまでに学んでいます。

 例題ではxの前に2という係数のがあるのですが、問題の一つは移項しただけでもう xの係数が1なので解がすでに出ているのです。

 例題をただただ機械的にまねているだけなので x=10という方程式の解が出たにもかかわらず、それをどうすればいいのかと戸惑っているのです。

 つまり、何をしたらいいのか、今何をしているのか、その目的がはっきり分からないまま、例題を見ているのです。これまで学んだことと有機的に結びついていないのです。

 このような学習をしていたのでは、ちょっとひねった問題が出たら、もうどうしようもなくなるでしょう。

 そういう生徒にどのように教えていくのか、大きな課題です。

 とりあえずは、パターン化したものをまずはできるようにし、そしていろいろなパターンの問題を混ぜて与えて、どのパターンで解いたらいいのか、考えさせるのです。

 でも、そういう子はひとつ一つ解くのにも時間がかかるので、なかなか進みません。

 テストにおいて、点を稼げないでしょうね。

タイムアウト
 行動療法のひとつの方法に、「タイムアウト」というのがあります。

 好ましくない行動が起ったときには、それを引き起こした刺激、そしてその行動を強化する刺激があると考えます。

 例えば、おしゃべり。おしゃべりをするのは、まわりにおしゃべり相手がいるからです。

 以前、おしゃべりをして楽しかった友人がいる。勉強をするよりも、彼とおしゃべりをした方が楽しい。それで、話しかける。すると、友人はその話しかけに応えてくれる。それで、おしゃべりが続いてしまいます。

 そういうとき、その好ましくない行動を引き起こし、強化した刺激を一定時間、遮断するというのが「タイムアウト」です。

 具体的にいえば、別のところに席を移したりするのです。

 mixiともだちのコメントに「島流し席」というのをもうけたことがあるとありましたが、それは、まさにタイムアウト法です。

 そのときに大切なのが、ある一定の時間を最初から定めるということ。10分なり、15分なり決めて「15分間、島流し席に行きなさい」と言って、島流しにし、15分たったら自席に戻すということです。

 ずっと長い時間になると、そこでの時間の過ごし方を見つけてしまって効果がなくなること、罰の意味を持ってくると、罰の悪い面が出てくる、ということだったと思います。

 タイムアウトは「罰」の一種とも考えられますが、それが長く続くと副作用が出てくるようなものです。

 それから、「島流し席」には楽しいものはないようにすること。漫画などがあってそこで楽しむことができたら、逆効果になります。

 実は、木曜日にそのタイムアウトを実施しました。

 いま一番の問題のMくんです。音楽マスキングをさせても、音楽がおもしろくないと言ってイヤホンを外したり、J-POPを聞いたり。

 それで、おしゃべりがあり、まわりに迷惑をかけています。迷惑をかけているという意識はまったくないようです。

 それで、おしゃべりが多いときに、隣室に島流しをしました。隣室はぼくの席の後ろの窓からのぞくことができます。ふだんはテスト前に一斉授業をするところです。

 タイムアウトはまだ一度しかやっていないの、効果のほどは分かりません。

「英語の勉強をする」と「英語を勉強する」
 
 ①「私は英語の勉強をする」,
 ②「私は英語を勉強する」
 
 どちらも日本語としてはOKですね。たぶん。

 それを英語にすると,
 I study English. になります。

 ①「私は英語の勉強をする」を無理に英語に直訳すると

 「英語の勉強」を English study ,「する」をdoと考えて,

 I do English study. になります。こんな英語は見たことないので,たぶん間違いでしょう。

 こんなめんどうな文を作った中学生はまだいません。だから,この2つの違いなんて考えなくてもいいんだよ,と自分でも思いながら,つい考えてしまいます。
 中学生の英語の力もあいまいなので,そんなに深く考えないでしょう。 

 中学生に学習させる上では
 ②「私は英語を勉強する」
 を与えた方が,やはりスムーズに I study English. が書けるのかもしれません。

 でも,
 ①「私は英語の勉強をする」,
 を与えても I study English. に訳せる必要はありますね。

 あなたが勉強しないのは,塾にとってもマイナス
 音楽マスキングを素直にしないで,J-POPなどを聞いている子がいました。ぼくはその子に次のような説教をしました。

 このような音楽を聴いていると,それに集中して学習に集中できなくなる。言葉の入った音楽だから言葉の脳を使う。勉強も言葉の脳を使うのだから,勉強のじゃまになる。

 そうすると,成績も下がる。

 塾に通っていても,成績が下がってしまう。それはまずあなたにとってマイナスだろう。成績を上げたくて塾に毎日通っているんだろう。

 塾に来る子,みんなが成績をアップして欲しいとぼくは思っている。もちろん,あなたもふくめて。そういう意味で,あなたがJ-POPを聞いて成績が下がるとぼくにとってもマイナスだ。

 でも,それだけではない。

 あのセルフ塾は,学習時間中にJ-POPを聞くこともできるよ,といううわさが広まる。

 そして,あそこに通っても成績は下がっていくだけだよ,といううわさも広まる。

 そうすると,塾に入ろうとする子もいなくなる。

 そういう意味でも,セルフ塾にとってもマイナスなんだ。

 だから,あなたがちゃんとぼくのいう通りにして欲しい。

 ぼくのいうとおりにやって,それで成績が下がるのなら,それはぼくの責任だ。でも,言うとおりにしないで,ぼくの責任にされては困るんだよ。

宵の明星金星を見る
 夕方、西の空には金星がとても明るく光っています。

 7月12日月曜日、午後8時過ぎ.生徒たちに金星を見せてあげました。一番星の宵の明星です。西の空を見ると、ほかの星に比べてとてもとても明るく光っているので、すぐにわかります。

 3年の理科、天体では「宵の明星」の学習もするので、見せておいた方がいいと思ったのです。

 それを見た生徒の一人は、
 「あれは人工衛星じゃないの」といっていました。明るすぎるからでしょう。

 それから南東の方向にはさそり座がみます。8時ごろは空に出たばかりなので立ち姿のままです。それでも何とかさそり座のSの形がわかりました。

 赤く輝いているのが心臓のあたりだと説明しました。

 夜12時前にスロージョギングをしていますが、さそり座はそのころが見ごろです。

 南の空にきれいに横たわって見えます。

 空の星を見せることができるのは、夜やっている塾の特権でしょう。学校では星を見せることができませんから。

 なお、偶然ですが、星を見ているときに停電になりました。まわりの家も停電でした。10数分間続きました。塾をやって初めてのことです。

 夕方5時20分ごろには地震もありました。震度2だったとか。

英語を学ぶことによって,日本語の言語感覚もみがかれる
rinkaanさんからコメントのつづきです。

しかし、子供に英語を教える目的ははたして英語を話せるようになれること、あるいは英語を読めるようになることだとは言い切れないところがあります。言語感覚だとか、日本語や英語の文法について敏感になることを目標にしても良いかもしれないではないですか。補語と目的語の差異について、じっくり考えてみるとか、です。それならば、時間をかけて、文法を吟味する授業が良いような気がします。



 このことに関しては,「子どもたちに」というより「ぼく自身に」,いいと思っています。

 英語を学び,英語を教えるようになってから,日本語の文法的なことも気をつけるようになっています。主語は?,述語は? などなど。

 英語の文法は,単純です。(ぼくがまだ初心者だから,そう思っているだけかもしれまえんが)

 それをもとにして,日本語を単純な日本語にして書いたりしています。

 英語を学ぶというのは確かにそういう側面もありますね。

文末が「ます」なら一般動詞
rinkaanさんからコメントをいただきました。ありがとうございます。2回に分けて紹介いたします。

be動詞について
レスいただきました。ありがとうございました。

さて、be動詞を子供が忘れてしまうのには、正当な理由もあると思ってはいるのです。たとえば、SVOCでは、O=S'で C=述語’で、Cの部分には動詞か分詞、あるいは、ふつうの補語にあたる名詞または形容詞がきますよね。OとCに間には、動詞は省略されないのに、be動詞は省略されています。be動詞は英語からみても、あんまり必要性は感じられないということなのでしょう。だったら、日本の子供が忘れても仕方ない。。。そういうことなのでしょうね。

あるいは、次の教え方はどうでしょうか?日本語の形容詞と形容動詞(名詞+断定の助動詞だ)の場合は、be動詞で、動詞の場合は一般動詞なのだよ、と。これは、非常にキビシイ教え方ですよね。そんなに難しいことは、わかりっこない。。。



 日本の子供が(be動詞を入れるのを)忘れても仕方ない,
 ということ,同感です。

 教え方について,中学生は形容詞,形容動詞などもよく知らないので,非常にキビシイです。ぼくもそう思います。

 ぼくのテキストでは,練習問題は和文英訳です。だから,be動詞を抜かすのはなんとかしなければならない。

 rinkaanさんの書かれたキビシイ教え方に似ていると思います。

 日本語の最後のところ(文末)を見る。そこの言葉が「ます」か,「ます」に変わる言葉なら,それは一般動詞(do動詞)だよ。
 例えば,「泳ぐ」は「泳ぎます」,「買う」は「買います」になるね。だから「泳ぐ」「買う」はdo動詞。

 文末が「です」か,「ます」に変わる言葉がないときはbe動詞を入れる。
「空は青い」の文末は「青い」。これは「青います」にするとおかしい。だからこれは英語にするとbe動詞を入れなければいけない。

 ただし,例外はある。「好きです」はもともと「好む(like)」だからdo動詞。

 また,「ある」「いる」は,「ます」に変わるけど,be動詞なんだよ。

 と。一応は分かってくれますが,決定的ではないですね。

音楽マスキング,別の音を聞く
 おしゃべり防止に音楽マスキングを行っています。


 昨日,何を聞いているかチェックしてみました。

 一人の生徒は,なんとFMラジオを聞いているのです。あきれてしまいました。

 ぼくは,
もう一度FMラジオを聞いているのを見つけたら,そのソフトを削除する。その作業のときに,ほかの機能をこわしても責任を負わない,と告げました。

 もう一人は,何とぼくの入れた,モーツアルトの曲と学力向上の曲を削除して,J-POPを入れて,それを聞いているのです。

 これには頭にきました。

 壊れていたコンピュータが直ったので,入れ直そうとしたが,ぼくから借りたCDはコピーものだったから入れることができなかった,という言い訳。

 それでも,おしゃべりが少なくなっていることは確かです。まだまだ試行錯誤が続きますが,続けてみたいと思っています。

be動詞抜きの英文を平気で書く
 rinkaanさんからのコメントの続きです。

コメント,メールのブログ掲載について

それから、 「ぼくは,一般動詞から教えます。」ということですが、出来ない子はbe動詞抜きの英文を平気で書くようになる傾向があるように思います。どうしても、be動詞を思い出せなくなってしまうようなのです。なにか良い解決法はありませんでしょうか。



 ぼくもそれには頭を悩ませています。

「空は青い」を英訳させると, The sky blue. で平気な顔をするのです。「空(sky)」などにはtheがつく,というのを教えているところなので,theはついているのですが。

 決定的な方法ではないのですが,英語では一つの文に一つの(述語)動詞がある,ということを教えています。

 また,英語の文はbe動詞の文とdo動詞の文があることも。

  The sky blue. の動詞は何? と問いかけて,

 そして,動詞がないけどどうする?と持っていって,気づかせるようにするのですが,なかなかですね。

 何かいい方法があったらぼくも教えてもらいたいです。

一般動詞,普通の動詞,do動詞
 rinkaanさんからコメントをいただきました。ありがとうございます。2回に分けて考えてみます。
コメント,メールのブログ掲載について

こんにちは。

ちょっと考えたのですが、「一般動詞」と言う言葉は、勉強の出来ない子には分かりにくいのではないでしょうか? そこで僕は「普通の動詞」だと言ってみました。



 「普通の動詞」・・・いいですね。一般動詞よりとても分かりやすいと思います。

 さて,ぼくはこのブログでは,「一般動詞」と使っていますが,生徒には「do動詞」として教えています。

 英語を何とかしましょう会(著)「英語プリント(入門編)」(麦の芽出版)にあったのをお借りしたのです。

 do動詞,最初は覚えにくいですが,覚えてしまったら利点があります。

 do動詞は,doに助けてもらって,否定文,疑問文を作るんだよ,ということが分かりやすいのですね。

 is, am, are, was, were, been, の代表選手が be だからbe動詞。

 like, write, swim, run などの代表選手が do だからdo動詞,

 といった感じです。

 「この文はbe動詞の文?それともdo動詞の文?
 それなら,その疑問文は?・・・」

 などと生徒に質問しながら文を完成させています。


6月皆出席
 6月は、23人の生徒が皆出席でした。 23人は、在籍人数の50.0%にあたります。5月は,31人66.0%だったので,16.0ポイント下回りました。入塾時の緊張感が少し緩んできたのでしょうか。1年生はほとんどが皆出席でした。

(小学部)
小3(0人/1人) 
小4(1人/1人) 伊波 Taiki
小6(4人/7人) 神谷 Kana・長浜 Marin・濱元 Riko・比嘉 Ayari

(中学部)
1年(4人/5人)新垣 Yuma・糸数 Shotaro・神谷 Akito・比嘉 Mirei
2年(8人/17人) 伊波 Saika・末吉 Kodai・鈴木 Mikuno・當山 Shuya・吉山 Seiryu・金城 Takuho・濱元 Shin-ichiro・平田 Mone
3年(6人/16人) 古謝 Kenta・仲宗根 Makoto・波平 Yuka・比嘉 Kanta・比嘉 Suzuka・町田 Munehiro
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.