FC2ブログ
セルフ塾は閉めましたが、そのままの名前でブログを続けます。独学,独習。教わるより,学ぶを重視。 セルフラーニングの方法,英語,数学などの情報を発信するつもりです。

相対性理論、速度の加算・・・セットメニュー現象
僕は、相対性理論の入門書を書いています。そこで最初の導入の部分ではたとえの世界を描いています。

 速度の加算の問題があります。列車の中でボールを投げるとします。時速50kmの列車の中で進行方向に時速100kmのボールを投げます。すると、列車の外から見た人にとってはそのボールの時速は150kmになります。このように普通の世界では速度は足し算をすることができるのです。

 しかし、光速に近い速度で飛んでいるロケットの中では速度の単純な加算はできません。秒速25万kmの速さで飛んでいるロケットから秒速25万kmの小型ロケットを打ち出すとします。

単純に考えると 25万 + 25万 = 50万 で、50万km/秒になります。

 光の速度は秒速30万kmです。光の速さを超えるものはありません。

 だから光速に近い速度の場合には足し算ができないのです。それを僕は「セットメニュー現象」と名付けました。

 カレーライスが\700、コーヒーが\300、ケーキが\300とします。それを単純に足すと\1300になります。しかし、セットメニューというのがありますね。それだとカレーライスとコーヒーとケーキを一緒にセットに注文すると\1000などというふうに単純な足し算ではなくなります。

 これが相対性理論の速度の加算とよく似ていると思うのです。それで次のような小話を作りました。

ウエートレス「いらっしゃいませ。メニューをお持ちしました」

客「ありがとう。カレーライスは700円か。それからコーヒーが300円で、ケーキが300円なんだね」

ウエートレス「セットメニューがありまして、カレーライスとコーヒー、ケーキをセットで注文していただくと、1000円になります」

客「カレーライス700円、コーヒー300円、ケーキ300円を加えると 1300円なのだけども、セットで注文すると1000円になるんだね」

ウエートレス「はい、そうです」

客「とすると、セットメニューだとコーヒー150円、ケーキが150円だと考えていいんだね」

ウエートレス「まあ、そう考えてもよろしいかと思います」

お客しばらく考え込む。

客「それでは、セットメニューのコーヒーとケーキをお願いします。カレーライスはいらないから」

ウエートレス「!?!? (^_^;) 」
スポンサーサイト




コンセントにシャープペンの芯
 mixiともだちで高校の同期生のあんらぎくんのmixi日記に次の記事が紹介されていました。

非常口座席の乗客がこっそりレバーを…、離陸直後の飛行機が緊急着陸―浙江省杭州市
 彼の日記に書き込んだコメントです。

 ぼくの塾の生徒のことです。

 もう1ヶ月ほど前。
 生徒の一人が,「だれか来ているよ」というので玄関に出てみました。するとお隣の外人さん(奥さん)が立っています。お隣はアジア系アメリカ人。だんなさんは米軍基地につとめているエンジニア。

 聞くと,塾の生徒がピンポンダッシュをしたとのこと。もちろん,ぼくは平謝り。
 日ごろ仲良くしているので,ニコニコ顔ではあったのですが。

 お隣さんが帰ったあと,「だれがやったんだ」と生徒に尋ねると,3人が出頭。すぐにお隣さんのところにつれていき,謝ってきました。
 そして,数日後,お菓子箱を持って,謝罪に。
 にこにこして「子どもがすることだから,分かるけど・・・」
 「またやったらすぐに知らせてください」
 「またやったら困るわよ」


 次の事件は,2週間ほど前か。

 塾の学習時間中に,電気の明かりがチカチカとしました。そのときは軽く何が起こったのだろうと思っただけ。

 翌日,職員が,発見。
 トイレの前のコンセントが黒く焦げているのです。そして,近くに本があり,それも焦げています。

 やりそうな生徒は見当がついています。呼び出して聞いてみると正直に白状しました。3人ですが,ピンポンダッシュと2人は重なっています。

 シャープペンシルの芯を本にはさみ,コンセントに差し込んだそうです。そうしたらショートするというのを聞いていたのでやってみたとのこと。

 非常口座席の乗客がこっそりレバーを…、
 とよく似た心理でしょう。ぼくも理解できます。だから,謝って,これからはしないことを約束したら,今回は許してあげるよ,でおさめました。

 ぼくもやりたい気持ちは分かります。しかし,まじめな妻はまったく理解できないようでプンプンしています。

 非常口座席の乗客より,罪は軽いよ,って妻に言ったら分かってくれるかな。でも,もっと怒り出すかもしれない。いまはおさまっているから寝た子を起こさないようにだまっていよう。


 妻との話の中で、

 エジソンは小川をせき止めて何か実験をしたそうだ。そのダムをそのままにして帰ったものだから、水があふれ出て村が大変なことになり、村人たちが怒鳴り込んできたらしい。

 というような話をしたが、妻はまったく受け付けない。

 エジソンは偉くなったからいいのよ。あの子たちはもう・・・・。
 
 こうなると何を言っても分かってもらえないので、静かにするだけだね。

2010年6月の拍手数の記事別統計
 過去30日間で,拍手のあった記事です。拍手の多い順に載せます。この30日で55の拍手がありました。3回の拍手の記事が2, 2回の拍手が15でした。
 これまでの合計は1974です。

 その中で累計が多かったのは

12回
単語(国文法) 3.6% 2 (12)
9回
「つりあい」と「作用・反作用」 3.6% 2 (9)8回
心理学を学ぶ意義 3.6% 2 (8)


拍手数の記事別統計
エントリー名 グラフ

拍手数3
フレミングの左手の法則の変則 5.5% 3

学力の低い子にテスト勉強は大変 5.5% 3

拍手数2

like : 似ているから好きになる 3.6% 2

「つりあい」と「作用・反作用」 3.6% 2 (9)


わいせつ、もしくは公序良俗に反すると判断された表現が含まれています 3.6% 2

MHCが離れている者同士惹かれ合う 3.6% 2

3年の下りのエスカレーターは速くなる 3.6% 2

なぜ,フレミングの左手の法則? 3.6% 2 (4)

マスコミが法人税引き上げを言えないのは 3.6% 2

540÷5=180 ??? 3.6% 2

70年代、80年代の日本はよかった 3.6% 2

心理学を学ぶ意義 3.6% 2 (8)

skiは、「スキーする」or「スキーをする」 3.6% 2

漢字検定合格おめでとう 3.6% 2

単語(国文法) 3.6% 2 (12)

理解力の低い生徒は厳しい先生 3.6% 2

国語とは「論理的な読み方・書き方」を学ぶ科目 3.6% 2
食塩水を混ぜる問題 1.8% 1

拍手数1

strongly と strong 1.8% 1

三角形の合同条件 1.8% 1

合計 55
Copyright © セルフ塾のブログ. all rights reserved.